Airカードは還元率1.5%(業界No.1)の法人カード!JCBとリクルートの提携で登場したものの、特典重視ならほかのカードもアリ

Airカード一般カード

2021年1月26日にリクルートより業界No.1還元率の法人カードが登場しました。

新しく登場した「Airカード」の還元率はなんと1.5%です!

還元率1.5%は、ポイント還元なしのカードもある法人カード業界で驚きの高さです。

本記事では、「Airカードの基本情報」や「メリット・デメリット」などを解説していきます。

【注意】:Airカードには特典がほぼついていません。旅行保険などの特典が必要な方は下記カードもあわせてご検討ください。

▼還元率と特典のバランスがとれたオススメカード

  • セゾンプラチナアメックス
  • マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。従業員カードは4枚まで発行OK!

  • アメックス法人ゴールド
  • ANAマイル還元率1.0%&アメックスの高ステータスが魅力。入会特典で最大30,000ポイント&初年度の年会費(34,100円/税込)が無料のキャンペーン中!

    Airカードの基本情報

    Airカード

    カード名称Airカード
    年会費本会員 5,500円(税込)
    使用者 3,300円(税込)
    申込対象法人または個人事業主
    ポイント還元率1.5%
    ※税金・公共料金等の支払いは0.5%
    国際ブランドJCB
    限度額10万~100万円
    追加カードETC / QUICPay
    保険海外ショッピング保険(最高100万円)のみ
    空港ラウンジなし

    Airカードは株式会社リクルートとJCBの提携カードです。

    リクルートと言えば、個人用カードの「リクルートカード」でもお馴染みですね。

    Airカードもリクルートカード同様に「リクルートポイント」が貯まります。

    ※ポイントシステムの詳細については次の章で説明します。

    ポイント還元率は業界No.1の1.5%

    Airカード

    冒頭でも紹介した通り、Airカードのポイント還元率は業界No.1の1.5%です。

    法人カードは個人カードと異なり、ポイント還元がないカードも多く還元率0.5%程度が一般的な水準です。

    Airカードは一般的な法人カードの3倍もの還元率があるため、経費額の多い企業では貯まるポイントに大きな差が出ます。

    ▼月々10万円の経費を支払った場合のポイント数

     Airカード(還元率1.5%)他社カード(還元率0.5%)
    1ヶ月1,500ポイント500ポイント
    1年18,000ポイント6,000ポイント
    3年54,000ポイント18,000ポイント

    獲得できるポイントの差(3倍)は、年単位で見るとかなり大きな違いになってきますね。

    一部の支払い(税金や公共料金など)では、還元率が0.5%になります。
    還元率が0.5%になる支払いについては、こちら(公式サイト)でご確認ください。

    リクルートサービスの利用でさらにポイントが貯まる

    リクルートグループ内でAirカードを使うと、利用先に応じてさらにポイントがもらえます。

    出張の手配は「じゃらん」、会食の予約は「ホットペッパー グルメ」など上手く活用しましょう。

    • じゃらん:宿・ホテルの予約で2%ポイント還元
    • ホットペッパー グルメ:ネット予約で人数×50ポイント
    • ポンパレモール:買い物で3%以上のポイント還元

    貯まったポイントの使い方

    Airカード

    貯まったポイント(=リクルートポイント)は、リクルートの各サービスで基本的に1ポイント1円で利用できます。

    リクルートは提供しているサービスの幅が広いため、ポイントの利用で困ることはないでしょう。

    ポイントの汎用性を高めたいときは、リクルートポイントをPontaポイントに交換するのもオススメです。

    Pontaポイントなら、より多くの提携店(ローソンやオリックスレンタカーなど)でポイントが使えます。

    ポイント還元率を業界No.1にした狙いとは?

    リクルートとJCBはポイント還元率を業界No.1にした理由について、プレスリリースで以下のように説明しています。

    法人カードとして業界No.1のポイント還元率1.5%を実現することで、これまで法人カードを導入する機会がなかった法人・個人事業主のみなさまの新規導入のきっかけになると考え、新たな「Air ビジネスツールズ」の一つとして本カードの提供を開始いたします。

    引用:PRTIMES-JCBとリクルートが提携し、経費管理がラクになりポイントもたまるおトクなビジネスカード「Airカード」を本日より提供開始

    業界No.1還元率という目立つ特徴で、今まで法人カードに興味をもってなかった層へのアプローチが狙いのようですね。

    筆者個人としては、非常にいい戦略だと思っています。

    法人カード導入のメリット

    【法人カード導入の代表的なメリット】

    1. 経理処理が楽になる
    2. キャッシュフローが改善する
    3. 会社とプライベートの線引きができる
    4. ポイント還元が受けられる
    5. 特典が受けられる

    【結論】法人カードはどんな規模の会社、個人事業主であっても導入すべきです!

    経費はすべて法人カードで支払うため、経費とプライベートな支払いを明確に分けられます。

    経費処理の観点でも、領収書の整理や立替精算が減り経費処理の時間を大きく減らすことができます。

    また、カードの特典(ポイント還元や保険など)を受けられるのも大きなメリットです。

    法人カード導入の6つメリットとは?実務上の注意点も交えて徹底解説【法人クレジットカードを初めて作る方へ】
    法人カードって作るべきなの?様々なメリット(「経理処理」「ポイント還元」「キャッシュフロー改善」「追加カード・ETCカード」「空港ラウンジ」「コンシェルジュ」など)のある法人カードの魅力を徹底解説!
    なお、Airカードには特典がほぼついていません。
    充実した保険や、空港ラウンジなどが必要な方は、別途オススメカードを紹介していますので、こちら(ページ内で移動します)をご覧ください。

    【コラム】キッシュレス決済の必要性が高まっている

    2020年10月1日に「電子帳簿保存法」が改正されました。

    この法改正により、今まで以上にキャッシュレス決済による経費精算が楽になります!

    【電子帳簿保存法改正の内容】

  • キャッシュレス決済時は領収書が不要
  • 領収書の代わりとしてデータの利用明細書が使える
  • 経費のキャッシュレス化を加速させることは、結果として経理業務の効率化にもつながります。

    この法改正をきっかけに、ぜひキャッシュレスの導入を検討してみてください。

    ▼還元率と特典のバランスがとれたオススメカード

  • セゾンプラチナアメックス
  • マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。従業員カードは4枚まで発行OK!

  • アメックス法人ゴールド
  • ANAマイル還元率1.0%&アメックスの高ステータスが魅力。入会特典で最大30,000ポイント&初年度の年会費(34,100円/税込)が無料のキャンペーン中!

    Airカードのメリット:Airビジネスツールの1つとして使える

    Airカード

    Airカード最大メリットはもちろん1.5%の高還元率ですが、ほかにもメリットがあります。

    Airカードはリクルートが提供する「Air ビジネスツールズ」の1つとして提供されています。

    Air ビジネスツールズについては、すでに「Airレジ」や「Airペイ」のサービスでご存知の方も多いかもしれません。

    ▼Airレジの画像
    Airレジ

    同じ会社が作る同じシリーズの法人カードということで、親しみやすいでしょう。

    ※Airカードリリース時点では、ほかのAir ビジネスツールズとの連携等は発表されていません。

    >>Air ビジネスツールズについては、こちらの記事(リクルート公式サイト)が参考になります。

    Airカードのデメリット:特典がほぼない

    還元率の高さが特徴のAirカードですが、法人カードによくある特典がほぼついていません。

    唯一ついている特典は、ショッピング保険(海外)のみです。

    海外旅行保険や空港ラウンジ、コンシェルジュといった特典は一切ありません。

    特典がない=年会費のもとはポイントでとるしかない

    法人カードの年会費は全額経費として処理できます。

    とは言え、できれば年会費の元が取れるくらいお得にカードを使いたいですよね。

    通常、法人カードにはさまざまな特典がついているため、特典+ポイント還元で元を取っていきます。

    Airカードには特典がほぼついていないため、年会費の元はすべてポイント還元で回収していく必要があります。

    年会費5,000円分のポイントを得るには、約34万円の決済が必要です。

    経費の支払いが少ない方などはこの点も考慮してカードを選んでみてください。

    還元率と特典とのバランスのとれたカードを紹介

    法人カードを決済機能だけでなく、ビジネス全般で使用したい方にAirカードは不向きです。

    特典が充実した法人カードへの申し込みをおすすめします。

    【よくある特典の例】

  • 各種保険:旅行保険やショッピング保険など
  • 空港ラウンジ:空港にある有料ラウンジを無料利用できるサービス
  • コンシェルジュ:ホテルやレストランなどの予約手配を代行してくれるサービス
  • その他予約サービス:レストランやホテルの優待予約
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    セゾンプラチナビジネス

    カード名称セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス
    年会費22,000円(税込)
    ※割引あり
    申込対象個人事業主または経営者の方
    限度額100万円~1,000万円
    追加カード4枚まで発行可能
    ETCカード無料で発行可能
    ポイント還元率JALマイル最大1.375%
    空港ラウンジ世界中1,000以上利用可能
    保険最高1億円
    当サイトの解説こちらをクリック

    セゾンプラチナビジネス・アメックスは年会費22,000円(税込)で、高還元率(1.125%)で空港ラウンジ特典やコンシェルジュがつくコスパ最強カードです。

    年間200万円以上の利用で次年度年会費が半額となるため、条件を満たせば維持費が11,000円(税込)で済みます!

    追加カードも4枚まで無料で発行できるので、社員さんなどにカードを持たせられるのも嬉しいポイントです(ETCカードも発行できます)。

    価格コムの年間アワードにて「法人カード部門」と「プラチナカード部門」で1位を2年連続で獲得している実力あるカードです!

    セゾンプラチナビジネス公式サイト・今すぐ申込み
    特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
    【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・ゴールド・カード

    カード名称アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
    年会費34,100円(税込)
    申込対象個人事業主
    法人代表者
    限度額制限なし
    追加カード13,200円(税込)
    ETCカード550円(税込)
    ポイント還元率基本:0.3%~1.0%
    空港ラウンジ国内28空港
    海外2空港
    付帯保険最高1億円
    当サイトの解説こちらをクリック

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはステータス性が高いカードとして広く認識されています。

    メタル製カードで高級感がありずっしりとした質量が魅力です(サブカードとして従来のプラスチックカードも発行してもらえます)。

    実際、特典も充実しており、保険や空港ラウンジなどよく利用するサービスは一通りそろっています。

    また、ステータス性は高いものの、実は申し込みのハードルは低く、設立初年度かつ赤字決算でも大丈夫です(個人事業主でもOK)。

    初年度年会費は無料なので1年間お試しで使ってみてもいいでしょう!

    >> このカードの申し込みはこちら(公式サイトへ)

    アメックスビジネスゴールドは、法人設立したて&個人事業主でも発行可能な特典充実・ステータス法人クレカ!
    「アメックスビジネスゴールド」ステータス性が高く、特典が充実していることで人気があります。 この記事では、アメックスビジネスゴールドの基本スペック・特典・おすすめ申込対象者などについて解説していきます。 ※当記事では「アメリカン...

    Airカードの口コミ

    twitterでもAirカードの話題を取り上げる方がいました!

    まとめ:還元率1.5%はすごいものの特典を重視するなら別カードもアリ

    Airカードは業界No.1の還元率(1.5%)をもつ法人カードです。

    法人カードは「決済機能さえあればいい」と考える人にはおすすめです。

    ただし、特典がほぼないため、会食や出張といったビジネスシーンで法人カードを活用したい方は別のカードも検討してみてください。

    ▼還元率と特典のバランスがとれたオススメカード

  • セゾンプラチナアメックス
  • マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。従業員カードは4枚まで発行OK!

  • アメックス法人ゴールド
  • ANAマイル還元率1.0%&アメックスの高ステータスが魅力。入会特典で最大30,000ポイント&初年度の年会費(34,100円/税込)が無料のキャンペーン中!

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度22,000円(税込)
    2年目以降22,000円(税込)
    ポイント・還元率基本1.125%
    上限1.375%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    条件達成に応じて最大9,000円相当(1,800ポイント)をプレゼント!
    1.入会翌々月末までに10万円以上の利用:6,000円相当(1,200ポイント)
    2.同期間中に「1」+キャッシングの利用:1,500円相当(300ポイント)
    3.同期間中に「1」+追加カードの発行:1,500円相当(300ポイント)

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。コンシェルジュ付き、JALマイルが最高ランクの高還元率・空港ラウンジ使い放題のプライオリティパス等の特典も全部込みで年会費2.2万円/税込です(利用額により最大半額に割引)。

    アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
    アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度0円(税込)
    2年目以降34,100円(税込)
    ポイント・還元率基本0.3%
    上限1.0%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    カードご入会後1年以内に200万円以上のカードご利用で、メンバーシップ・リワード®のポイント30,000ポイント獲得可能

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。

    画像の出典・参考情報

  • 出典:Airカード(公式サイト)
  • 出典:Airレジ(公式サイト)
  • 参考:PRTIMES-JCBとリクルートが提携し、経費管理がラクになりポイントもたまるおトクなビジネスカード「Airカード」を本日より提供開始
  • 一般カード

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました