利用先限定ビジネスカードとは?ライフカードなら年会費無料で0.5%還元!経費が多く限度額を上げたい人におすすめ

ライフカードの利用先限定カード一般カード

ライフカードより2021年5月に新たに登場したのが「利用先限定ビジネスカード」です。

利用先を限定して限度額を上げているのが大きな特徴です。

この特徴以外にも、年会費無料キャッシュバック0.5%と高いスペックを持っています。

本記事では、本カードのスペックだけでなく聞きなれない「利用先限定ビジネスカードとは?」という点についても解説していきます。

【注意】:利用先限定ビジネスカードには特典がほぼついていません。旅行保険などの特典が必要な方は下記カードもあわせてご検討ください。

▼還元率と特典のバランスがとれたオススメカード

  • セゾンプラチナアメックス
  • マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。従業員カードは4枚まで発行OK!

  • アメックス法人ゴールド
  • ANAマイル還元率1.0%&アメックスの高ステータスが魅力。入会特典で最大30,000ポイント&初年度の年会費(34,100円)が無料のキャンペーン中!

    利用先限定ビジネスカードとは?

    利用先限定ビジネスカードとは?

    利用先限定ビジネスカードとは、その名の通り「利用先が制限されているカード」です。

    通常のクレジットカードでは、VISAやMastercardなどカードについてる国際ブランドに応じて利用できるお店が決まります。

    基本的に、その国際ブランドに対応しているお店やリアル店舗、国内外を問わずにどこでも使えます。

    本カードはこのような国際ブランドによる利用可否だけでなく、具体的に「使えるお店・使えないお店」を指定するのが特徴です。

    事前に指定した業者でしか使えないカードだと考えてください。

    指定できる業者は、WEB広告会社PCサーバー会社などサービス提供会社です。

    物の購入には使えませんのでご注意ください(たとえば、Amazonでの備品購入が多くてもAmazonは利用先として登録できません)。

    登録できる業者数に制限はありません(何社でもOK)。

    パーチェシングカードとどう違うの?

    パーチェシングカードは大企業を対象に発行される「特定の支払いを目的とした専用カード」です。

    パーチェシングカードは主に企業の支払い業務を集約させるために導入されています。

    一例として、「三井住友パーチェシングカード」のフロー図を見ていきましょう。

    ※画像はタップで拡大可能です
    パーチェシングカード

    このように経費の支払いを一本化するという目的は似ていますが、導入する企業の規模感が異なります。

    【会社の規模】

    • パーチェシングカード:大企業
    • 利用先限定カード:中小企業や個人事業主

    どのようなシーンに向いているの?

    利用先限定カードでは物購入はできないため、先ほども紹介した通り「WEB広告費」「サーバー代」の支払いに向いているでしょう。

    とくに、今まで1枚の限度額では広告費の支払いが足りず複数枚のカードで支払っていた方は、カードを1枚にまとめられて経理が楽になるはずです。

    ほかにも、物は買えなくていいから経費の支払いに大きな限度額のカードがほしいという方にも向いています。

    カードの限度額は作成後も上げられるチャンスがありますが、恒久的な限度額UPはなかなか難しいです。

    今後のビジネス拡大を見越して、大きな限度額が見込める利用先限定カードを作っておくのもいいでしょう。

    Web広告費の支払いにおすすめの法人カード徹底解説!Google・Yahoo・Facebook・Twitter広告に
    ウェブ広告費の支払いはクレジットカードがおすすめ!キャッシュフロー改善効果、ポイントがザクザク貯まるなど様々なメリットが。一方限度額の問題も…各媒体に対応しているおすすめカードを徹底解説!

    ライフカードの利用先限定ビジネスカード

    ライフカードの利用先限定カード

    カード名称ライフカードの利用先限定ビジネスカード
    年会費無料
    申込対象法人または個人事業主
    使途事業費決済(利用先を限定)
    キャッシュバックあり(年1回・0.5%)
    ポイント還元なし
    国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
    ショッピング枠200万円~
    保険なし
    空港ラウンジなし

    ライフカードではすでに複数種類の法人カードを出していますが、今回新たに加わったのが「利用先限定ビジネスカード」です。

    通常のクレジットカードや法人カードとは仕組みが異なるため、次の章で解説するカードの特徴をご確認ください。

    特徴①年会費無料

    ライフカードの利用先限定ビジネスカードは年会費無料で利用できます。

    法人カードの年会費は個人カードと異なり有料となっているものが多いです。

    そんな中で、支払いできる先が特定されているとは言え、限度額の大きいカードを年会費無料でもてるのは大きなメリットです。

    【法人カードの年会費目安】

    • 年会費無料:少ない
    • 年会費格安:1枚1,250円~

    特徴②限度額に制限がない

    利用先限定ライフビジネスカードは、高額決済を想定しているため限度額に制限がありません。

    今まで複数のカードで広告費等を支払っていた会社なら、「広告費はこのカード」と使用カードを1枚にまとめられます。

    経費用カードが1枚にまとまれば毎月の経理も楽になるでしょう。

    ただし、公式サイトには以下のような文言が書かれており、限度額は状況によっては希望限度額が受けられない可能性もあります。

    ※本商品は月間100万円以上のお支払先が対象です。
    ご利用予定金額や、その他のお申込状況によっては、本商品の対象外となる場合がございます。

    引用:ライフカードの利用先限定ビジネスカード(公式サイト)

    ダイナースやアメックスも限度額に制限はないとしつつも、実際は与信や利用実態に応じてある程度の枠が決まっているとされています。

    特徴③0.5%キャッシュバック

    利用額に応じて年に1回0.5%のキャッシュバックが受けられます。

    ※通常のクレジットカードと異なり1ヶ月ごとのポイント付与ではない点にご注意ください。

    たとえば、月額100万円ずつこのカードで決済した場合、年間利用額は1200万円となり6万円のキャッシュバックが受けられます。

    月額200万円なら12万円、月額300万円なら18万円となります。

    法人カードではポイント還元やキャッシュバックが受けられないカードも多いです。

    そんな中で、年会費無料で0.5%のキャッシュバックが受けられる利用先限定ライフビジネスカードの水準は優秀だと言えます。

    キャッシュバック制度のた面倒なポイント交換がないのも嬉しいポイントです。

    利用先限定ライフビジネスカードのデメリット:特典がない

    利用先限定ライフビジネスカードには、一般的な法人カードに多く付帯している旅行保険や空港ラウンジといった特典がついていません。

    決済以外の用途でも法人カードを活用した人には不向きなカードです。

    特典だけでなく、ETCカードが付帯しないのも大きなデメリットでしょう。

    仕事で車を使う方は、会社用ETCカードの用意やETCカードを付帯させられる法人クレカを用意してください。

    法人向けETCカードのすべて!法人カード付帯がもっともお得な理由&オススメの法人カードまで紹介
    法人がETCカードを発行するには、以下の3パターンがあります。 【ETC発行パターン】 クレカ付帯のETCカード 法人ETCカード ETCコーポレートカード クレジットカードと一緒に発行したい方は「E...

    【補足】すでにライフカードビジネスをもっている場合

    すでに別のライフビジネスカードをもたれている場合でも、利用先限定カードに申し込めます。

    ただし、2枚のカードの限度額が200万円を超える場合は、別途決算書等の提出が必要になります。

    利用先限定ライフビジネスカード以外の選択肢はある?

    利用先限定ライフビジネスカード以外の選択肢はある?

    利用先限定ビジネスカードを検討されている方の多くは「大きな限度額」に魅力を感じているのではないでしょうか。

    法人カードの限度額を上げる方法はいくつかあります。

    利用先限定カード以外の方法もあわせてご確認ください。

    手持ちカードの限度額を上げる

    限度額の大きいカードが必要な方ですでに法人カードをお持ちの方は、手持ちカードの限度額を上げるのもいいでしょう。

    法人カードの初動の限度額は審査で決まりますが、カード所有後にも限度額を引き上げることは可能です。

    • 利用実績を積んで限度額引き上げのお知らせを待つ
    • カード会社に限度額引き上げを相談する(恒常的な引き上げ/一時的な引き上げ)

    法人カードの限度額は、カード所有後からの利用実績に応じて自動的に引き上げられることも多いです。

    個人向けカードでも同様の自動引き上げがあります(1度経験された方も多いかと思います)。

    今すぐに引き上げて欲しいときは、自分からカード会社に連絡して相談する方法もあります。

    カード裏面の電話番号に連絡し、限度額を上げてほしいと伝えると毎月に利用実績などによっては限度額UPが認められます。

    なお、恒常的な限度額引き上げは、カード発行から6ヶ月以上経過していないと難しいとされています。
    法人カードの限度額・利用可能枠を上げる方法!限度額の高いおすすめ法人カードやインビテーションについても紹介!
    【クレカの高額決済の多い法人さま必見】法人カードの限度額を上げる方法は「利用実績」「担当窓口への相談」などにあった!高額決済にピッタリの「限度額なし」でおすすめの法人カードも紹介!

    限度額が高いビジネスカードをもつ

    クレジットカードはカード会社やカードランクによって、付与される限度額に大きな違いがあります。

    高い限度額が必要な場合は、プラチナカードなどのハイステータスカードに申し込むのがセオリーです。

    一般的にクレジットカードの限度額は「一般」→「ゴールド」→「プラチナ」の順で高くなります。

    以下では、高額な限度額が期待できるハイステータスカードを2枚ご紹介します。

    ハイステータスカードが1枚あれば、限度額だけでなく特典面も大幅に強化されるため、手元に1枚あると非常に安心です。

    とくに、プラチナカード以上についている「コンシェルジュサービス」は日常の予約代行を行ってくれるため、忙しい経営者にとって大きな戦力になるはずです。
    法人カード特典、コンシェルジュの使い方・依頼内容のアイデア・おすすめカードは?
    【徹底解説】飲食店の予約など秘書のように使えて便利なコンシェルジュサービス。おすすめの使い方や、コンシェルジュ付帯のおすすめ法人プラチナカードなどを解説します!

    2.セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    セゾンプラチナビジネス

    ※セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを本記事では以下「セゾンプラチナ・ビジネスアメックス」と表記します。

    カード名称セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス
    年会費22,000円(税込)
    ※割引あり
    申込対象個人事業主または経営者の方
    限度額100万円~1,000万円
    追加カード4枚まで発行可能
    ETCカード無料で発行可能
    ポイント還元率JALマイル最大1.375%
    空港ラウンジ世界中1,000以上利用可能
    保険最高1億円
    当サイトの解説こちらをクリック

    セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、個人事業主でも申し込める法人カードです。

    筆者の周囲では設立直後の合同会社でも審査に合格しています!

    面倒な法人書類(登記簿謄本など)は一切不要で、本人確認書類だけで申し込めます。

    年会費22,000円(税込)でコンシェルジュサービスまで付帯しているコスパ最強プラチナカードです。

    最初からある程度の限度額が必要で、特典とのバランスがとれた法人カードを1枚作りたい人におすすめです。

    セゾンプラチナビジネス公式サイト・今すぐ申込み

    2.ラグジュアリーカード BLACK CARD

    ラグジュアリーカードブラック

    カード名ラグジュアリーカードブラック
    年会費110,000円(税込)
    申込対象個人事業主
    法人の代表者
    限度額審査により通知
    追加カード年会費:27,500円(税込)
    発行枚数:最大4枚
    ポイント還元率1.25%
    空港ラウンジ世界1,000以上
    国内主要空港
    保険最高12,000万円
    当サイトの解説こちらをクリック

    インビテーションなしで持てる最高峰カードがこの「ラグジュアリーカード BLACK」です。

    金属製のメタルカードが目を引くだけでなく、ブラックカードとして内容も充実しています。

    最高1.2億円の付帯保険チャット対応可能なコンシェルジュサービスなど1枚あれば、ビジネスのあらゆるシーンで助けになります。

    限度額は未発表ですが、カード所持者の口コミ等から推測すると最初は約100~300万円前後で発行されるようです。

    また、「事前入金サービス」もスタートし、事前入金があれば普段の利用枠を超えた大型決済ができるようになりした。

    法人ラグジュアリーカード公式サイト・今すぐ申込み

    複数枚のビジネスカードをもつ

    1枚のカードの限度額を上げるのが難しいときは、複数枚のカードをもち全体の利用枠を大きくしてみましょう。

    たとえば、限度額50万円のカードが3枚あれば全体として150万円分の利用枠ができます。

    起業したての方やビジネスの種類によっては、これくらいの限度額で十分足りる方もいるでしょう。

    以下では、起業したての方や独立直後の方でも作りやすい法人カードを紹介していきます。

    1.三井住友 for Owners(クラシック)

    三井住友 for Owners(クラシック)

    カード名称三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)
    年会費本会員:1,375円(税込)
    申込対象個人事業主と法人の代表者
    (20歳以上)
    限度額10~150万円
    追加カード年会費:440円(税込)
    発行枚数:制限なし
    ETCカード年会費:550円(税込)
    ※初年度年会費無料
    ※年1回の利用で無料
    ポイント還元率0.5%
    空港ラウンジなし
    保険最高2,000万円
    当サイトの解説こちらをクリック

    三井住友ビジネスカード for ownersは本人確認書類だけで簡単に申し込めます(決算書等は不要です)。

    ポイント還元率は0.5%と低いものの、セキュリティの高さに定評のある三井住友カードブランドで安心です。

    年会費も初年度無料、以後も1,375円(税込)と継続して持ちやすい価格に抑えられています。

    年会費が格安なため「今のカードだけでは限度額が不安」「予備にもう1枚法人カードがほしい」といった希望を叶えやすいです。

    三井住友VISAビジネスfor owners公式サイト・今すぐ申込み

    2.アメックスビジネスゴールド

    アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・ゴールド・カード

    カード名称アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
    年会費34,100円(税込)
    申込対象個人事業主
    法人代表者
    限度額制限なし
    追加カード13,200円(税込)
    ETCカード550円(税込)
    ポイント還元率基本:0.3%~1.0%
    空港ラウンジ国内28空港
    海外2空港
    付帯保険最高1億円
    当サイトの解説こちらをクリック

    「アメックスビジネスゴールド」ステータス性が高く、限度額が柔軟な点で人気があります。

    アメックスのプロパーカードは、一律の限度額が設けられていないため、事前に相談すれば柔軟に限度額の調整をしてもらえます。

    事前に一定額を入金しておくことで限度額を上げられるデポジット制も魅力のひとつです。

    アメックスビジネスゴールドカードは世間のイメージがとは異なり、「法人設立年度でも持てる法人カード」です。

    申し込みのハードルが低いもののスペックは非常に充実しています!

    アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・ゴールド・カード
    公式サイト・今すぐ申込み

    ライフカードの利用先限定ビジネスカードだけでは心配なとき

    特典の充実したカードをあわせて持とう

    ライフカードの利用先限定ビジネスカードは「特定の経費支払い」に特化したカードです。

    よって、付帯保険や空港ラウンジサービスなど一般的な法人カードに付帯している特典はついてきません。

    法人カードにビジネスサポートを期待している方は、このカード1枚では物足りないでしょう。

    また、ライフカードの利用先限定ビジネスカードでは「物品の購入」ができません。

    消耗品購入等には使えないため、カードの性質から考えてももう1枚別の法人カードがあったほうが安心です。

    先ほど紹介した「セゾンプラチナ・ビジネスアメックス」は、年間200万円以上の利用で年会費が11,000円(税込)になります。

    プラチナカードであり、コンシェルジュサービスも付帯しながらこの年会費は破格としか言えません。

    法人カードにコスパを追求する経営者の方にぜひおすすめしたい1枚です。

    セゾンプラチナビジネス公式サイト・今すぐ申込み
    特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
    【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

    まとめ:利用先限定カードは特定の経費が高額がビジネスにおすすめ

    利用先限定カードは、WEB広告費などの特定の経費が多い会社におすすめです。

    今まで別々のカードで分けて決済していた支払いを1枚のカードにまとめられます。

    ただし、「物品の購入ができない」・「特典がついていない」というデメリットがあるため、このカード1枚で全てに対応するのは困難です。

    デメリットを補える別の法人カードもあわせて作成するといいでしょう。

    ▼利用先限定ビジネスカードとあわせてもちたい法人カード

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度22,000円(税込)
    2年目以降22,000円(税込)
    ポイント・還元率基本1.125%
    上限1.375%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    条件達成に応じて最大9,000円相当(1,800ポイント)をプレゼント!
    1.入会翌々月末までに10万円以上の利用:6,000円相当(1,200ポイント)
    2.同期間中に「1」+キャッシングの利用:1,500円相当(300ポイント)
    3.同期間中に「1」+追加カードの発行:1,500円相当(300ポイント)

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。コンシェルジュ付き、JALマイルが最高ランクの高還元率・空港ラウンジ使い放題のプライオリティパス等の特典も全部込みで年会費2.2万円/税込です(利用額により最大半額に割引)。

    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)
    三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)
    年会費・還元率
    年会費初年度0円(税込)
    2年目以降1,375円(税込)
    ポイント・還元率基本0.50%
    上限0.55%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険×
    ショッピング保険
    国際ブランドVISA、Master
    入会特典

    新規入会限定キャンペーン(期間:2021年7月1日~)

    ▼券種別のキャンペーン金額合算(入会+利用でポイントプレゼント)
    クラシック:最大20,000円相当分のVポイント
    ゴールド:最大23,000円相当分のVポイント
    プラチナ:最大30,000円相当分のVポイント

    その他のキャンペーン情報

    セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドでの支払いで「いつでもポイント+2%還元」が受けられます!
    ※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり
    ※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり

    編集部レビュー

    年会費初年度無料・赤字や法人設立すぐでも申込OK、非常にハードルが低く持ちやすい1枚目にオススメの法人カードです。

    アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
    アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度0円(税込)
    2年目以降34,100円(税込)
    ポイント・還元率基本0.3%
    上限1.0%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    カードご入会後1年以内に200万円以上のカードご利用で、メンバーシップ・リワード®のポイント30,000ポイント獲得可能

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。

    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    年会費・還元率
    年会費初年度110,000円(税込)
    2年目以降110,000円(税込)
    ポイント・還元率基本1.25%
    上限1.25%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドMaster
    入会特典

    ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

    その他のキャンペーン情報

    ご満足いただけなければ、初年度の年会費を「全額返金保証」

    ※ご入会日より半年以内に年会費含む50万円以上(税込)お支払いただいた方で、ご満足いただけず退会される場合、お支払いただいた年会費全額を返金いたします。

    編集部レビュー

    インビテーション無しで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚。メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。還元率も常設1.25%あり、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。

    画像の出典

  • 出典:ライフカードの利用先限定ビジネスカード(公式サイト)
  • 一般カード 法人カードの券種紹介

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました