法人カードの年会費は一括経費(損金算入)!消費税も含めた勘定科目や、ちょっと背伸びして高級カードを持つべき理由まで。

法人カードの年会費は一括経費(全額損金算入)!年会費無料カードではなく、背伸びして高級カードを持つべき理由もお伝えします。コラム

はじめて法人カードを作るときによくある疑問が、「法人カードの年会費は経費になるのか?」です。

実は、法人カードの>年会費は全額損金算入(=経費)として計上できます!

そのため、個人用クレジットカードのようにそこまで年会費を気にする必要がなく、黒字の会社であれば高級カードも持ちやすいです。

▼法人カードとして持ちたい豪華特典つきおすすめカード2選▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • 高還元&年会費に対してのスペック・特典(空港ラウンジ・コンシェルジュ)が最高です。従業員カードは4枚まで発行OK!

  • ラグジュアリーカードブラック
  • 金属製のカード、豊富な特典にコンシェルジュサービスもついたハイステータスな1枚。還元率も1.25%と高い!

    法人カードの勘定科目:支払手数料 or 諸会費

    法人カードの年会費を経費計上する際は「勘定項目はどれになるのか?」が気になりますね。

    • 支払手数料
    • 諸会費

    多くの企業は法人カードの年会費を「支払手数料」か「諸会費」で計上しています。

    法人カードは経費を支払うために使うため、「支払手数料」という考え方はとてもわかりやすいですね。

    また、クレジットカードを持つということは会員になるということなので、「諸会費」という考え方もあります。 

    毎年、同じ勘定項目にしておけば、どちらを選んでも問題ありません。

    申告する度に異なる勘定項目にすると、「どうして去年と違う勘定項目なのか?」と税務署から指摘を受ける可能性があります。

    消費税は課税対象

    法人クレジットカードは「課税対象」として扱われるため消費税がかかります。

    実際、クレジットカードの年会費は「税込」か「税抜」で表記されています(税抜価格を表記している会社が多いです)

    プライベート用のカードの年会費は全額経費にできない可能性も

    法人カードの年会費が経費になる理由は、ビジネスの支出をカード払いするために必要な年会費だからです。

    プライベート用の個人向けクレジットカードでは目的が異なるため、年会費を経費にすることができません。

    法人カードが作れず、個人用のカードを法人の経費決済のみで使用している場合は、経費として認められるケースもありますが、おすすめの方法ではありません。

    確実に経費として認められたいなら法人カードを作るのがベストです。

    ※さらに申告前に税理士に「経費にできるか?」を相談しておけばより確実性が増します。

    カードの公私混同を避ける意味でも、1枚のクレジットカードで個人・法人の両方を決済するのは絶対にやめておきましょう。
    後々の経理作業が大変です。

    法人カードの年会費は全額経費扱いで問題ない

    法人カードの年会費は全額経費扱いできるため、スペックや特典の高い高級カードを持ちやすいです。

    プライベート用の個人向けカードとは違う選び方ができます(個人向けカードでは年会費の高いカードは選びにくいですよね)。

    利益が出ている企業であれば節税効果がある

    黒字経営に成功しているなら、法人カードを持つことで節税効果も得られます。

    税理士によるコメント

     法人税など、法人にかかる税金は法人の「所得」をベースに計算されるものがほとんどで、「所得」は「収入」から「経費」を差し引くことで計算されます。
     そのため、経費が多くなればその分所得が小さくなり、結果的に節税効果が高くなります。  

    会計事務所タクシス

    東京都内を中心に、「クラウド会計に強い税理士」として活動中。税務顧問だけでなく、事業所に合わせた管理会計の整備や創業融資の資金調達支援も行う。

    ▼法人カードとして持ちたい豪華特典つきおすすめカード2選▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • 高還元&年会費に対してのスペック・特典(空港ラウンジ・コンシェルジュ)が最高です。従業員カードは4枚まで発行OK!

  • ラグジュアリーカードブラック
  • 金属製のカード、豊富な特典にコンシェルジュサービスもついたハイステータスな1枚。還元率も1.25%と高い!

    少し背伸びをして、コンシェルジュ・プライオリティパスがついているような高級カードにチャレンジするのもアリ!

    法人カードは高級カードになるほど、「空港ラウンジ」や「コンシェルジュサービス」といった魅力的な特典がついてきます。

    節税効果も加味して考えると、少し背伸びして高級カードにチャレンジしてみるのもアリですね。

    高級カードは特典が充実しているため、特典をたくさん使えば年会費が安いカードよりもコスパがいいです。

    法人カードは高級カード、個人カードは年会費無料カードと持ち分け・使い分けができる

    企業の社長は、「法人で高級カードを持つ」+「個人で年会費無料カードを持つ」という使い分けも可能です。

    法人の高級カードは年会費を経費にでき、個人の年会費無料カードはもともとコストゼロです。

    個人として年会費の高いカードは持ちたくない場合でも、こうした持ちわけで異なるカードの特典を享受できます。

    【コラム】当サイトの編集者はどんなカードを持っているの?

    当サイト(法人カード調査部)の運営者が実際にもっているカードを紹介します。

    ▼法人7期目の編集者Aパターン

  • ラグジュアリーカードブラック(法人):高還元率(1.25%)+豊富な特典
  • SPGアメックスカード(個人):マイル、旅行に強い
  • ▼法人2期目の編集者Bパターン

  • セゾンプラチナビジネス(法人):コスパ最強!年会費10,000円(割引後)でコンシェルジュつき
  • SPGアメックスカード(個人):マイル、旅行に強い
  • 2名の編集者が両方とも所有している「SPGアメックスカード」は、マリオットボンヴォイグループ※で無料宿泊特典部屋の無料アップグレード特典などが使えます!

    ※マリオットホテル、シェラトンホテル、リッツ・カールトンホテルなどの高級ホテルが加盟

    また、マイル還元率が高く全世界40ヶ所以上の航空会社のマイルに交換できるのも魅力です。

    公式サイト・今すぐ申込み
    【注意!】SPGアメックスカードは「個人向けカード」しか発行されていません。
    法人カードとして持つことはできませんのでお気をつけください。
    【社長さん必見!】クレジットカードの法人向け・個人向けのベストな組み合わせ例を提案します。もう持ち分けで悩まない!
    夜の飲食店めぐりを楽しみたい、海外空港ラウンジが気になる、事業をさらに伸ばしたい・・・ そんな社長さんのためにクレジットカードの法人・個人のベストな組み合わせをご提案!

    法人カードの年会費は全額経費!特典が豊富な高級カードを選んでみよう

    高級な法人カードの中でもとくにおすすめなのが、「セゾンプラチナアメックス」「ラグジュアリーカード」です。

    • セゾンプラチナアメックス:20,000円(税抜)
    • ラグジュアリーカード(ゴールド):200,000円(税抜)
    • ラグジュアリーカード(ブラック):100,000円(税抜)
    • ラグジュアリーカード(チタン):50,000円(税抜)

    セゾンアメックス法人プラチナは1種類、ラグジュアリーカードは3種類あります。

    どれも高級カードとして有名であり、ステータスも兼ね備えた最強カードです。

    セゾンプラチナアメックス

    セゾンプラチナビジネス

    セゾンアメックス法人プラチナは「個人事業主」と「法人代表者」を対象として、本人確認書類だけで申し込むことができます。

    年会費は20,000円+税(割引後は10,000円+税)と経費計上の節税効果が高く、ポイント還元率は1.25%と高く節約効果も見込めます。

    ポイントは「永久不滅ポイント」「JALマイル」の2種を同時に貯めることができる珍しいタイプです。

    社員用の追加カードは4枚まで発行可能なので、中小企業に最適ですよ。

    旅行保険は「海外最高1億円」・「国内最高5,000万円」が用意されており、フライト出張も安心です。

    さらに「コンシェルジュサービス」が24時間365日体制で利用可能、「プライオリティパス」まで付いています。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト・今すぐ申込み
    特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
    【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

    ラグジュアリーカード


    ※画像はラグジュアリーカード ブラックです

    ラグジュアリーカードも「個人事業主」と「法人代表者」を対象として、本人確認書類だけで申し込むことができます。

    こちらは3券種から選ぶことができ、経費計上の節税効果を重視するならもっとも年会費の高い「Gold:200,000円」がおすすめ(1番人気はブラックとのこと)

    ラグジュアリーゴールドはポイント還元率が1.5%で、法人カードの中で最高クラスの還元率です。

    社員用の追加カードは4枚まで発行可能であり、中小企業にとって最適。

    旅行保険は3券種とも「海外最高1億円」・「国内最高1億円」が用意されており、補償額も最高クラスです。

    「コンシェルジュサービス」と「空港ラウンジ(国内主要28空港)」も備わっており、「プライオリティパス」も利用可能。

    年会費からスペックまで、本物の高級カードです。

    法人ラグジュアリーカード公式サイト・今すぐ申込み
    法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)Black Cardの所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
    ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック

    まとめ:法人カードは思い切って高級カードを選ぶのもアリ

    法人カードの年会費は、全額を経費にできます。

    勘定項目は「支払手数料」か「諸会費」にするのが一般的で、毎年同じ勘定項目にしておけばどちらでもOKです。

    年会費を経費にできることから節税効果も高く、あえて高級カードを選ぶのもアリです。

    個人としては持ちづらい「コンシェルジュ」や「プライオリティパス」特典つきの優秀な法人カードを検討してみてはいかがでしょうか。

    ▼法人カードとして持ちたい豪華特典つきおすすめカード2選▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • 高還元&年会費に対してのスペック・特典(空港ラウンジ・コンシェルジュ)が最高です。従業員カードは4枚まで発行OK!

  • ラグジュアリーカードブラック
  • 金属製のカード、豊富な特典にコンシェルジュサービスもついたハイステータスな1枚。還元率も1.25%と高い!

    税理士によるコメント

    本文の通り、法人カードの年会費は経費にできます。
     、ただし法人カードを法人の事業活動以外の目的で使用しすぎると経費として認められない可能性もあります。
     また、法人カードは当然ながら法人口座から引き落としされるため、プライベートの支出を法人カードで決済することは、いくら法人の経費からその支出を除外したとしても会社のお金を私的に使うこととなり「どんぶり勘定」の状態を作ってしまいます。
      経費性および資金管理の観点から、法人の出費は法人カードで、プライベートの出費は個人のカード、という形で明確にされることをおすすめいたします。  

    会計事務所タクシス

    東京都内を中心に、「クラウド会計に強い税理士」として活動中。税務顧問だけでなく、事業所に合わせた管理会計の整備や創業融資の資金調達支援も行う。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度20,000円(税別)
    2年目以降20,000円(税別)
    ポイント・還元率基本1.125%
    上限1.375%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    条件達成に応じて最大9,000円相当(1,800ポイント)をプレゼント!
    1.入会翌々月末までに10万円以上の利用:6,000円相当(1,200ポイント)
    2.同期間中に「1」+キャッシングの利用:1,500円相当(300ポイント)
    3.同期間中に「1」+追加カードの発行:1,500円相当(300ポイント)

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。コンシェルジュ付き、JALマイルが最高ランクの高還元率・空港ラウンジ使い放題のプライオリティパス等の特典も全部込みで年会費2万円(利用実績によって、年会費はさらに半額まで下がります)。

    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    年会費・還元率
    年会費初年度100,000円(税別)
    2年目以降100,000円(税別)
    ポイント・還元率基本1.25%
    上限1.25%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドMaster
    入会特典

    ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

    その他のキャンペーン情報

    ご満足いただけなければ、初年度の年会費を「全額返金保証」

    ※ご入会日より半年以内に年会費含む50万円以上(税込)お支払いただいた方で、ご満足いただけず退会される場合、お支払いただいた年会費全額を返金いたします。

    編集部レビュー

    インビテーション無しで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚。メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。還元率も常設1.25%あり、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。

    コラム

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました