法人カードの年会費は一括経費(全額損金算入)!年会費無料カードではなく、背伸びして高級カードを持つべき理由もお伝えします。

法人カードの年会費は一括経費(全額損金算入)!年会費無料カードではなく、背伸びして高級カードを持つべき理由もお伝えします。 クレジットカードの基礎知識

法人カード「年会費」の仕訳、勘定科目は?消費税は?

はじめての法人カードでは、「法人カードの年会費は経費になるのか?」という疑問がよく持たれます。

法人カードの年会費は全額損金算入、つまり一括経費として計上することが可能。

そのため、個人用クレジットカードのようにそこまで年会費を気にする必要がなく、黒字の会社であれば高級カードでも持ちやすいです。

支払手数料 or 諸会費

法人カードの年会費を経費計上する際に「勘定項目はどれになるのか?」も気になりますね。

  • 支払手数料
  • 諸会費

多くの企業は法人カードの年会費を「支払手数料」か「諸会費」で計上しています。

法人カードは経費を支払うために使うため、「支払手数料」という考え方はとてもわかりやすいですね。

また、クレジットカードを持つということは会員になるということなので、「諸会費」という考え方もあります。

毎年、同じ勘定項目にしておけば、どちらを選んでも問題ありません。

申告する度に異なる勘定項目にすると、「どうして去年と違う勘定項目なのか?」という指摘を税務署から受ける可能性があります。

消費税は課税対象

法人クレジットカードは課税対象なので、消費税がかかります。

クレジットカードは年会費を「税込」「税抜」で表記されており、多くのカード会社は税抜価格の年会費を紹介しています。

プライベート用のカードは経費にならない

法人カードの年会費が経費になる理由は、ビジネスの支出をカード払いするために必要な年会費だからです。

そのため、プライベート用の個人用クレジットカードは目的が異なるため、年会費を経費にすることができません。

しかし、プライベートとビジネスの両方で使っているカードの場合、ビジネスの利用が5割程度あれば経費にできることもあるようです。

これは「プライベート用のカード」と「法人カード」はどちらも可能、また判断については割合は重要ではあるものの、合理的な考え方かどうかを意識しなければなりません。

利用割合が高ければ必然と合理的な考え方になりやすいですが、逆の考え方をすると「プライベートでも使える」となります。

自宅兼事務所の電気代を経費にする場合を例にすると、「仕事で使っている部屋をプライベートで使えない状況にする」のが確実です。

その部屋にベッドやテレビがあってプライベートでも使える状況だと、その部屋に対する電気代がすべて経費になるという考え方はできません。

クレジットカードもこれと同じで、確実に経費として認められたいなら法人カードを作るのがベストです。

そもそも公私混同を避ける意味でも、1枚のクレジットカードを個人用・法人用で混同して使ってしまうことはオススメしません。経理も大変です。

基本的に「経費になるかどうか?」や「年会費の何割を経費にできるのか?」は税理士によって答えはさまざまで、職業や状況によっても変わってきます。

確実に年会費を経費にしたいなら、申告前に税理士に相談してみてくださいね。

法人カードの年会費は全額経費扱いで問題ない

法人カードの年会費は全額経費扱いで問題ないため、スペックや特典を考慮しながら高級カードを持ちやすいメリットがあります。

プライベート用のカードだと、年会費が高いカードは持ちにくいですよね。

利益が出ている企業であれば節税効果がある

黒字経営に成功しているなら、法人カードを持つことで節税効果も得られます。

利益にかかる税金は「収入」-「経費」=「所得」となるため、経費が多いほど所得額が小さくなるので節税効果が高くなります。

少し背伸びをして、コンシェルジュ・プライオリティパスがついているような高級カードにチャレンジするのもアリ!

法人カードは高級カードになるほど「空港ラウンジ」や「コンシェルジュサービス」など、魅力的なスペックになります。

節税効果も加味して考えると、少し背伸びして高級カードにチャレンジしてみるのもアリですね。

また、高級カードは特典が充実しているため、使い方によっては年会費が安いカードよりもコスパがいいです。

法人を持っている社長は、法人で高級カードを持ち、個人では年会費無料カードを持つという使い分けもできる

企業の社長は、「法人で高級カードを持つ」+「個人で年会費無料カードを持つ」という使い分けも可能です。

法人の高級カードは年会費を経費にできるメリットがあり、個人の年会費無料カードはコストゼロです。

個人として年会費の高いカードは持ちずらい場合でも、こうした使い分けから異なるスペックのカードを満喫できますね。

おすすめカードはセゾンアメックス法人用のプラチナカード・ラグジュアリーカード

法人カードの中でも、高級カードとしておすすめなのが「セゾンアメックス法人プラチナ」と「ラグジュアリーカード」です。

  • セゾンアメックス法人プラチナ:20,000円(税抜)
  • ラグジュアリーカード(ゴールド):200,000円(税抜)
  • ラグジュアリーカード(ブラック):100,000円(税抜)
  • ラグジュアリーカード(チタン):50,000円(税抜)

セゾンアメックス法人プラチナは1種類、ラグジュアリーカードは3種類あります。

どれも高級カードとして有名であり、ステータスも兼ね備えた最強カードです。

セゾンアメックス法人プラチナ

セゾンプラチナアメックス
セゾンアメックス法人プラチナは「個人事業主」と「法人代表者」を対象として、本人確認書類だけで申し込むことができます。

年会費は20,000円と経費計上の節税効果が高く、ポイント還元率は1.25%と節約効果も高いです。

ポイントは「永久不滅ポイント」と「JALマイル」の2種を同時に貯めることができ、これは法人カードの中では珍しいスペック。

社員用の追加カードは4枚まで発行可能なので、中小企業に最適ですよ。

旅行保険は「海外最高1億円」・「国内最高5,000万円」が用意されており、フライト出張も安心です。

さらに「コンシェルジュサービス」が24時間365日体制で利用可能、「プライオリティパス」まで付いています。

プラチナ法人カード最強コスパ!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています。 そんな「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」ですが、人気の選...

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカード
ラグジュアリーカードも「個人事業主」と「法人代表者」を対象として、本人確認書類だけで申し込むことができます。

こちらは3券種から選ぶことができ、経費計上の節税効果を重視するならもっとも年会費の高い「Gold:200,000円」がおすすめ。

ラグジュアリーゴールドはポイント還元率が1.5%で、法人カードの中で最高クラスの還元率です。

社員用の追加カードは4枚まで発行可能であり、中小企業にとって最適。

旅行保険は3券種とも「海外最高1億円」・「国内最高1億円」が用意されており、補償額も最高クラスです。

「コンシェルジュサービス」と「空港ラウンジ(国内主要28空港)」も備わっており、「プライオリティパス」も利用可能。

年会費からスペックまで、本当に高級カードです。

法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)チタン・ブラックを所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
アメリカン・エキスプレス・カードに先立ち、2016年より金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイスとともに日本上陸したラグジュアリーカード。 高級感だけでなく、独特な特典、還元率の高さは魅力的。法人代表者が法人カードとして所有する...

まとめ

法人カードの年会費は、全額を経費にできます。

勘定項目は「支払手数料」か「諸会費」にするのが一般的で、毎年同じ勘定項目にしておけばどちらでもOKです。

年会費を経費にできることから節税効果も高く、あえて高級カードを選ぶのもアリ。

プライベートでは年会費が高いことから持ちずらい高級カードも、法人カードでは選びやすいです。

「コンシェルジュサービス」や「プライオリティパス」など、スペックや特典が優秀な高級法人カードを検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードの基礎知識法人*クレジットカード法人*税務・経理
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード編集部をフォローする

初年度・1枚目にオススメ!申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
オリコ EX Gold for Biz
オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz

年会費は初年度無料、2年目は2,000円+税と、非常に申込・維持のハードルが低い法人カード。

ポイント還元率は通常0.6%、使うほどにステージアップし1.1%まで上がります。

保険・空港ラウンジ特典の他、追加カード・ETCカードも3枚まで発行費、年会費無料で発行可能。幅広い法人、個人事業主を対象にカバーしているコスパ◎のクレジットカードです。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました