法人カードでの電子マネー(iD・QUICPay・他)と使いどころ。おすすめの電子マネー付きカードは?

法人カードでの電子マネー(iD・QUICPay・他)と使いどころ。おすすめの電子マネー付きカードは? 法人カードのケース別おすすめ比較

法人カードと電子マネーについて

法人カードの電子マネーは、「iD」・「QUICPay」・「Apple Pay」・「コンタクトレス決済」が代表的です。

  • iD
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • コンタクトレス決済

カードによって使える電子マネーはさまざまですが、法人カード全体で見ても個人用のクレジットカードよりも電子マネーの対応種類が少ない傾向があります。

電子マネーの種類、分類を軽く整理

電子マネーはさまざまな種類がありますが、「iD」や「QUICPay」など法人カードで使える電子マネーの多くはポストペイ型です。

  • プリペイド
  • ポストペイ(これが便利
  • ApplePayなどスマホで使えるととても楽なのでチェックしておくこと
  • 最近ではVisa payWave・Mastercardコンタクトレスも登場、カードの国際ブランド自体が非接触化機能を持っていく時代か

ポストペイ型は後払い式の電子マネーで、事前チャージが不要です。

利用分はカードの利用明細にあがるため、通常のカード利用と一緒に利用額を把握しやすいのが特徴。

プリペイド型はチャージ式の電子マネーで、「nanaco」や「WAON」などが有名です。

ApplePay

Apple PayはiPhoneのカード決済サービスで、スマホで決済すると「iD」や「QUICPay」で支払うことができます。

その他、最近は「Visa payWave」と「Mastercardコンタクトレス」が使える法人カードも増えています。

これは国際ブランドの電子マネーで海外ではよく利用されていますが、国内ではまだまだ普及率は低い状況で、「コンタクトレス決済で」「PayWaveで」と伝えても、そもそも店員さんに全く伝わらないこともしばしば。

2019年4月時点では、個人用クレジットカードのほとんどはApple Payを利用可能です。しかし、法人カードについてはApple Payを使えないカードもあります。

選択肢が限られるが、法人カードでも電子マネー付帯、対応のカードは増えてきている

法人カードは電子マネーの選択肢が限られますが、それでも「iD」や「QUICPay」などのポストペイ型を中心に対応カードは増えています。

今後も、キャッシュレス化の流れに沿って電子マネーを使える法人カードが増えてくると予想され、電子マネーを重視してカードを選ばずにスペック改定を待つのも1つの方法です。

電子マネーを使えると便利ですが、法人カードは「社員用追加カード」や「限度額」など他にも重視したいスペックがたくさんあります。現状、さまざまな種類の電子マネーを使える法人カードがないため、スマート決済は「iD」や「QUICPay」などを使えれば十分といった感じです。

電子マネーが便利なおすすめ法人カード

法人カードは、各カードによって電子マネーの対応状況が大きく異なります。

  • ポストペイ型
  • プリペイド型
  • コンタクトレス決済

上記の3種類は法人カードの代表的な電子マネーです。

それぞれの電子マネーが使えるおすすめの法人カードを見ていきましょう。

ポストペイ型電子マネーiD・QUICPay・Apple Payが便利に使える法人カード

「iD」や「QUICPay」のポストペイ型を使える法人カードは、「オリコ EX Gold for Biz」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。

  • オリコ EX Gold for Biz
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

オリコ EX Gold for Bizは「iD」と「QUICPay」を利用可能でしたが、2019年4月時点では「Apple Pay」と「Mastercardコンタクトレス」と「Visaタッチ決済」を使えます。

ポストペイ型を利用したいときは「Apple Pay」、その他はコンタクトレス決済で「Mastercardコンタクトレス」と「Visaタッチ決済」という使い分けになります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、「iD」と「QUICPay」と「Apple Pay」を利用可能です。

プラチナ法人カード最強!?初年度年会費無料のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています。 そんな「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」ですが、人気の選...
オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...

プリペイド型電子マネーモバイルSuicaが便利に使える法人カード

プリペイド型を使える法人カードのおすすめは、「ビュー法人カード」です。

ビュー法人カード

ビュー法人カードは、モバイルSuicaに登録して「Suica」を利用できます。

JR東日本を利用する企業にとっては、Suicaを使える法人カードはとても便利ですね。

コンタクトレス決済が便利に使える法人カード

コンタクトレス決済がおすすめの法人カードは、「オリコ EX Gold for Biz」です。

  • オリコ EX Gold for Biz

オリコ EX Gold for Bizは、「Mastercardコンタクトレス」と「Visaタッチ決済」を利用可能です。

また、ポストペイ型なら「Apple Pay」も使うことができ、Apple Payを利用するときは「QUICPay」が使えます。

オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...
コンタクトレス決済は、場所によっては導入が追いついてところもあるので要注意。「地方店舗」や「タクシー」など、コンタクト決済に対応していても教育が追い付いておらず、うまく使えないこともあります。まだまだ普及は厳しい印象です。

法人で電子マネーが便利なシーン

法人カードも電子マネーが使えるほうが便利なシーンは多いです。

普通にカード決済するよりもスピーディーな支払いが可能なので、これが電子マネーの大きなメリットですね。

①喫茶店等での会議の支払いをスムーズにする

ビジネスは喫茶店などのお店でちょっとした会議や打ち合わせを行うことがあります。

そんな時に電子マネーを使えると、レジの支払いで時間がかかることもなく便利です。

しかも、ポストペイ型やコンタクトレス決済など、支払いはカードの請求と一緒にあがるので経費管理も楽です。

②打ち合わせや接待会場までのタクシー移動などの交通費支払いをスムーズにする

タクシーを利用するときも電子マネーが使えると便利です。

最寄り駅や接待会場など、移動手段としてタクシーを利用することは多いですね。

とくに時間ギリギリで移動している場合は、電子マネーのスピードに救われることもあります。

気をつけるべきこと

法人カードの電子マネーを使うときは、公私混同しないように気をつけましょう。

電子マネーだからプライベートで少しくらい使ってもいいというわけではなく、請求は法人カードにいくのですからプライベートでは使えません。

プライベート利用の買い物にも法人の電子マネーを使ってしまう:公私混同

法人カードは、自社で決められているルールに沿って使う必要があります。

  • 経営者がやると「脱税」行為
  • 追加カードを発行された従業員やると「業務上横領」行為

経営者がプライベートで使うと、「脱税」となってしまうケースがあるので注意。

社員がプライベートで使うと、「業務上横領」となってしまうケースがあります。

電子マネーはついついプライベートでも使いたくなりますが、法人カードは経費を支払うためのカードという点を再認識しておきましょう。

社内外の不正利用から守れ!法人カードの悪用(社員による使い込み・横領)も防ぐ社内規定やルール案・管理のコツをまとめました
法人カードは限度額が大きい金額が認められやすいです。また、実際に決済する金額も会社の成長に合わせて大きくなっていきます。 そこで気になるのが、セキュリティ・不正利用のへの対策ですよね。この記事では、社内・社外それぞれで起こりうる悪用や...

Suicaを法人の交通費として計上し、コンビニなどで私的利用する行為もやめましょう

法人カードの電子マネーは、経費をごまかす行為もNGです。

たとえば、Suicaを交通費として計上しているのに、コンビニでプライベートな買い物に法人カードを使うといった行為も許されません。

電子マネーも利用明細でわかってしまうので、不正利用してもバレてしまいます。

まとめ

法人カードの電子マネーは、対応種類が少ないことから選択肢が限定されます。

  • iD:ポストペイ型
  • QUICPay:ポストペイ型
  • Apple Pay:ポストペイ型
  • Suica:プリペイド型
  • Mastercardコンタクトレス:コンタクトレス決済
  • Visaタッチ決済:コンタクトレス決済

代表的な電子マネーの種類は「ポストペイ型」と「コンタクトレス決済」で、これらの電子マネーを使える法人カードは多いです。

個人用クレジットカードのように「nanaco」や「WAON」などのプリペイド型を使える法人カードはほとんどないため、限られた選択肢の中で法人カードを選ばなければなりません。

今回紹介した「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」や「オリコ EX Gold for Biz」は、他のスペックも合わせて電子マネー重視で選びやすい法人カードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました