法人カードでの電子マネー(iD・QUICPay・他)と使いどころ。おすすめの電子マネー付きカードは?

法人カードでの電子マネー(iD・QUICPay・他)と使いどころ。おすすめの電子マネー付きカードは?特徴別ランキング

法人カードと電子マネーについて

法人カードの電子マネーは、「iD」・「QUICPay」・「Apple Pay」・「コンタクトレス決済」が代表的です。

  • iD
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • コンタクトレス決済

カードによってさまざまですが、法人カードは個人カードと比べると使える電子マネーの種類が少ない傾向にあります。

▼数少ない電子マネーが使えるおすすめ法人カード▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • iD・QUICPayに加えて、Apple Payも利用可能。マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。

  • オリコEX Gold for Biz M
  • iD・QUICPayに加えて、コンタクトレス決済も利用可能。特典と価格のバランスがよくはじめての1枚に最適。

    電子マネーの種類、分類を軽く整理

    「iD」や「QUICPay」など法人カードで使える電子マネーの多くはポストペイ型です。

    • プリペイド(先払い)
    • ポストペイ(後払い)←これが便利
    • ApplePayなどスマホでの利用についても要チェック
    • 非接触決済(Visa payWave・Mastercardコンタクトレス)も登場

    ポストペイ型は後払い式の電子マネーで、事前チャージが不要です。

    利用分はカードの利用明細にあがるため、通常のカード利用と一緒に利用額を把握しやすいのが特徴。

    プリペイド型はチャージ式の電子マネーで、「nanaco」や「WAON」などが有名です。

    Apple PayはiPhoneのカード決済サービスで、スマホで決済すると「iD」や「QUICPay」で支払うことができます。

    ApplePay

    その他、最近は「Visa payWave」や「Mastercardコンタクトレス」といった非接触決済が使える法人カードも増えています。

    ※非接触決済については、まだあまり普及していない印象があり、店員さんに伝えても上手く伝わらないことがあります(2020年10月時点)。

    選択肢が限られるが、法人カードでも電子マネー付帯、対応のカードは増えてきている

    法人カードは電子マネーの選択肢が限られますが、「iD」や「QUICPay」などのポストペイ型を中心に対応カードは増えています。

    今後も、キャッシュレス化の流れに沿って電子マネーを使える法人カードが増えてくると予想されており、手持ちカードのスペックが変わる可能性があります。

    電子マネーを使えると便利ですが、法人カードは「社員用追加カード」や「限度額」などほかにも重視したい条件がたくさんあります。

    現状はほかの条件を優先し、電子マネーは「iD」や「QUICPay」は使えれば十分でしょう。

    電子マネーが便利なおすすめ法人カード

    法人カードは、各カードによって電子マネーの対応状況が大きく異なります。

    • ポストペイ型
    • プリペイド型
    • コンタクトレス決済

    上記の3種類は法人カードの代表的な電子マネーです。

    それぞれの電子マネーが使えるおすすめの法人カードを見ていきましょう。

    ポストペイ型電子マネーiD・QUICPay・Apple Payが便利に使える法人カード

    「iD」や「QUICPay」のポストペイ型を使える法人カードは、「オリコ EX Gold for Biz」「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。

    ▼電子マネーが使えるおすすめ法人カード▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • iD・QUICPayに加えて、Apple Payも利用可能。マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。

  • オリコEX Gold for Biz M
  • iD・QUICPayに加えて、コンタクトレス決済も利用可能。特典と価格のバランスがよくはじめての1枚に最適。

    オリコ EX Gold for Bizは「iD」と「QUICPay」に加え「Apple Pay」・「Mastercardコンタクトレス」・「Visaタッチ決済」を使えます。

    ポストペイ型を利用したいときは「Apple Pay」、その他はコンタクトレス決済で「Mastercardコンタクトレス」と「Visaタッチ決済」という使い分けになります。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは「iD」と「QUICPay」と「Apple Pay」を利用可能です。

    特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
    【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!
    オリコの鬼コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
    設立初期にもおすすめのオリコEX Gold for Bizとは?限度額、追加カード、ETCカード、空港ラウンジの利用可否、付帯保険、コンシェルジュの有無、おすすめの利用シーンなど実際のユーザーの口コミも交えつつ徹底解説!

    コンタクトレス決済が便利に使える法人カード

    コンタクトレス決済がおすすめの法人カードは、「オリコ EX Gold for Biz」です。

    • オリコ EX Gold for Biz

    オリコ EX Gold for Bizは、「Mastercardコンタクトレス」と「Visaタッチ決済」を利用可能です。

    また、ポストペイ型なら「Apple Pay」も使えます。

    オリコEX Gold for Biz公式サイト・今すぐ申込み
    コンタクトレス決済は、導入が追いついていないところもあるので要注意。

    ※「地方店舗」や「タクシー」など、コンタクト決済に対応していても教育が追い付いておらず、うまく使えない場所が多いです。

    法人で電子マネーが便利なシーン

    法人カードも電子マネーが使えるほうが便利なシーンは多いです。

    普通にカード決済するよりもスピーディーな支払いが可能であり、これが電子マネーの大きなメリットです。

    ①喫茶店等での会議の支払いをスムーズにする

    ビジネスは喫茶店などのお店でちょっとした会議や打ち合わせを行うことがあります。

    そんな時に電子マネーを使えると、レジの支払いで時間がかかることもなく便利です。

    しかも、ポストペイ型やコンタクトレス決済など、支払いはカードの請求と一緒にあがるので経費管理も楽です。

    ②打ち合わせや接待会場までのタクシー移動などの交通費支払いをスムーズにする

    タクシーを利用するときも電子マネーが使えると便利です。

    最寄り駅や接待会場など、移動手段としてタクシーを利用することは多いですね。

    とくに時間ギリギリで移動している場合は、電子マネーのスピードに救われることもあります。

    気をつけるべきこと

    法人カードの電子マネーを使うときは、公私混同しないように気をつけましょう。

    電子マネーだからプライベートで少しくらい使ってもいいというわけではなく、請求は法人カードにいくのですからプライベートでは使えません。

    プライベート利用の買い物にも法人の電子マネーを使ってしまう:公私混同

    法人カードは、自社で決められているルールに沿って使う必要があります。

    • 経営者がやると「脱税」行為
    • 追加カードを発行された従業員やると「業務上横領」行為

    経営者がプライベートで使うと、「脱税」となってしまうケースがあるので注意。

    社員がプライベートで使うと、「業務上横領」となってしまうケースがあります。

    電子マネーはついプライベートでも使いたくなりますが、法人カードは経費を支払うためのカードという点を再認識しておきましょう。

    Suicaを法人の交通費として計上し、コンビニなどで私的利用する行為もやめましょう

    法人カードの電子マネーを使って「経費をごまかす行為」も当然NGです。

    たとえば、Suicaを交通費として計上しているのに、コンビニでプライベートな買い物に法人カードを使うといった行為も許されません。

    電子マネーも利用明細でわかってしまうので、不正利用してもバレてしまいます。

    法人カードの不正利用の事例&対策まとめ!社員による使い込み・横領を防ぐ社内規定やルール案・管理のコツまで
    社員用の法人カードで、社員が使うときの注意点を徹底解説!私的利用は業務上横領にあたる?社内規定や秩序を保つためのポイント、カード会社による補償可否などまとめました。

    まとめ

    法人カードの電子マネーは、対応種類が少ないことから選択肢が限定されます。

    • iD:ポストペイ型
    • QUICPay:ポストペイ型
    • Apple Pay:ポストペイ型
    • Suica:プリペイド型
    • Mastercardコンタクトレス:コンタクトレス決済
    • Visaタッチ決済:コンタクトレス決済

    代表的な電子マネーの種類は「ポストペイ型」と「コンタクトレス決済」で、これらの電子マネーを使える法人カードは多いです。

    今回紹介した「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」「オリコ EX Gold for Biz」は、他のスペックもあわせて選びやすい法人カードです。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度22,000円(税込)
    2年目以降22,000円(税込)
    ポイント・還元率基本1.125%
    上限1.375%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    条件達成に応じて最大9,000円相当(1,800ポイント)をプレゼント!
    1.入会翌々月末までに10万円以上の利用:6,000円相当(1,200ポイント)
    2.同期間中に「1」+キャッシングの利用:1,500円相当(300ポイント)
    3.同期間中に「1」+追加カードの発行:1,500円相当(300ポイント)

    その他のキャンペーン情報

    初年度年会費(22,000円相当)が無料!(2021年5月6日まで)

    編集部レビュー

    最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。コンシェルジュ付き、JALマイルが最高ランクの高還元率・空港ラウンジ使い放題のプライオリティパス等の特典も全部込みで年会費2.2万円/税込です(利用額により最大半額に割引)。

    EX Gold for Biz M
    EX Gold for Biz M
    年会費・還元率
    年会費初年度0円(税込)
    2年目以降2,200円(税込)
    ポイント・還元率基本0.60%
    上限1.20%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドVISA,Mastercard
    入会特典

    最大7,000円分のポイントプレゼント!

    その他のキャンペーン情報

    初年度は年会費無料!

    編集部レビュー

    最も多くの法人さんへ1枚目の法人カードとしてオススメしたいオリコの新シリーズ。年会費・還元率・追加カード・その他特典どれをとってもバランスよくユーザー第一に作られたクレジットカードです。

    特徴別ランキング

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました