コーポレートカード・パーチェシングカードと法人ビジネスカードの違い・メリット・デメリット

コラム

法人で使うクレジットカードを探していると、カードの名称がいくつも出てきて困ることがあると思います。

法人カード、ビジネスカード、パーチェシングカードなど、すべて法人が使うカードですが、何が違うのでしょうか?

今回はこの中でもっとも馴染みが薄い「パーチェシングカード」を中心に、法人が使えるカードの名前と役割について解説していきます。

まずは、法人が使える代表的なカードとその役割を簡単に確認してみましょう(詳細はのちほど解説します)。

  • 法人カード:事業用クレジットカードの総称
  • ビジネスカード:個人事業主や中小企業を対象としたカード(法人カードと同じ意味で使うことが多い)
  • コーポレートカード:大企業を対象としたカード
  • パーチェシングカード:大企業を対象とした経費管理用カード←本記事で解説

本記事で解説するパーチェシングカードは、大企業向けの経費使用に特化したカード(利用先やカードごとの上限金額を制限できる)です。

カードによってさまざまな制限をかけられるため、従業員による不正利用のリスクを大きく減らせます。

ただし、「大企業向けカード」のため、中小企業では導入しにくいのが難点です。

中小企業には、パーチェシングカードと同様に各カードに上限金額を設定できる「Bizプリカ」をオススメします。

カード1枚ごとに月額100円の費用がかかりますが、年間1,200円で経費管理が楽になる法人用カードが作れると思うと格安です。

プリペイド式のため(=カード会社は貸し倒れリスクがない)、クレジットカードのような与信審査がないのもメリットです。

Bizプリカ公式サイト

その他、個人事業主・中小企業向けでパーチェシングカードの代わりになるオススメなカードを2枚紹介します。

追加カードが枚数無制限で発行可能!年会費は400円。三井なのでセキュリティも万全です。

従業員カードは4枚まで発行OK!マイル還元率がトップクラスに高い&年会費に対してのスペック・特典が最高です。

※「パーチェシングカード」はパーチェスカードと表記することもありますが、本記事ではパーチェシングカードで統一しております。

パーチェシングカードの概要:どのようなカード?

パーチェシングカードは大企業を対象に発行される「特定の支払いを目的とした専用カード」です。

パーチェシングカードは主に企業の支払い業務を集約させるために導入されています。

一例として、「三井住友パーチェシングカード」のフロー図を見ていきましょう。

※画像はタップで拡大可能です パーチェシングカード

左の図のパーチェシングカード導入前は、各部門ごとの経費をとりまとめて、経理部がそれぞれの会社に支払いをしていました。

取引先や部門数、支社の多い会社では経費のとりまとめだけでかなりの手間がかかります。

パーチェシングカードを導入すれば、このバラバラだった支払いを一本化させられます。

この経費精算の一本化がパーチェシングカード最大の特徴です。

パーチェシングカードは「パーチェスサービス」「パーチェスカード」とも呼ばれ、大手カード会社のほとんどがこのサービスをリリースしています。

※パーチェス(purchase)とは購入や購買を意味します。

パーチェシングカードのメリット

先ほど述べた通り、経費精算の一本化が最大の特徴かつメリットですが、ほかにもパーチェシングカードにはさまざまなメリットがあります。

カードごとに細かい機能は異なりますが、どのカードも主な機能とメリットは4つです。

【パーチェシングカードのメリット】

  • 支払先を一本化できる
  • カードの利用先を制限できる(特定の加盟店のみでカードを使用できる)
  • 部署単位・経費単位で発行できる
  • カードレスで発行できる

支払いを一本化できるだけでなく、カードごとに細かい設定をつけることができます。

パーチェシングカードは、個人名義以外でも発行できるため、部署単位・経費単位で発行してもいいでしょう。

たとえば、支社が多い会社では「水道代用カード」を発行し、全国の水道代金を1枚のカードに集約させられます。

カードごとに利用できる加盟店(=お店)を特定できるため、水道代用カードは水道会社でしか使えないように設定できます。

このようにカードごとに利用できるお店を特定しておけば、支払いミスや従業員による不正利用のリスクを減らすことが可能です。

また、パーチェシングカードは、カードレス発行ができるのもメリットです(プラスチックカードが発行されないので、紛失盗難のリスクも減らせます)。

パーチェシングカードのデメリット

【パーチェシングカードのデメリット】

  • 発行対象が大企業向け
  • 社員ごとの自由な決済には不向き

パーチェシングカードの大きなデメリットは、基本的に大企業しかカードを発行できない点です。

個人事業主や中小企業は同じような用途のカードが必要な場合、別の方法を考える必要があります。

次の章では個人事業主や中小企業でも使えるおすすめカードを紹介していきます。

大企業の場合、パーチェシングカードは発行できますが、使用目的によってはメリット(カードごとに用途や上限額を決められる)がデメリットになることがあります。

>>デメリットの解消方法としてはこちら(ページ内で移動します)をご確認ください。

個人事業主・中小企業には「法人カード」or「Bizプリカ」がおすすめ

個人事業主・中小企業には、「法人カード」or「Bizプリカ」の使用をおすすめします。

「どのように会社の経費を管理したいか」によって選ぶカードが変わってきますので、下記を参考に自社に向いていそうなカードを探してみてください。

  1. ポイント還元やカード特典を受けつつ経費管理をしたい:法人カード
  2. パーチェシングカードのように経費支払いに特化したカードがほしい:Bizプリカ

「とにかく早く経費をカードで効率的に管理したい」という場合は、審査不要で持てるプリペイドカード式のBizプリカがおすすめです。

1,法人カード:ポイント還元や特典がほしい

ポイント還元や特典を受けつつ経費管理を楽にしたい場合は、法人カードがおすすめです。

法人カードを発行し、従業員用追加カードを社員に持たせることで経費の管理がよりスムーズになります。

新設法人や社員数2ケタ前半であれば、法人代表者が審査対象となる一般的な法人カードを選びましょう。

法人カードを利用する方がお得度も高いです。

今回は従業員カードをたくさん発行でき、コスパのいいカード2枚を厳選しました。

▼追加カードをお得に発行できるおすすめ法人カード▼

追加カードが枚数無制限で発行可能!年会費は400円。三井なのでセキュリティも万全です。

従業員カードは4枚まで発行OK!マイル還元率がトップクラスに高い&年会費に対してのスペック・特典が最高です。

オススメのビジネスカードを知りたい方は当サイトの「社長におすすめの法人カードは?失敗しない法人用クレジットカードの選び方を公開中!」をご覧ください。
社員向けおすすめ法人カードはこれ!選び方と不正利用の防止方法までまとめ
法人カードの、従業員用追加カード・家族カードやパートナーカードについて徹底解説!用途別・コスパ別のオススメカードや、不正利用を防ぐ社内規定についてもまとめてみました。

2,Bizプリカ:パーチェシングカードに似たカードがほしい

Bizプリカイメージ画像

Bizプリカは、企業の小口現金・立替払いの最効率化を目指した新しい法人キャッシュレスサービスです。

Bizプリカはプリペイドカード式なので、事前にチャージした金額しか使えない仕組みです。

このチャージ機能を使えば、スタッフ一人ひとりに対し違った金額の予算を持たせられます。

Bizプリカ

カードごとに上限額を決められるパーチェシングカードに近い仕組みですね。

費用は1枚月額100円と格安で、チャージやチャージした金額の回収には手数料が一切かからないのもメリットです。

また、部門ごとに「さいふ」を作ることでグループ単位での予算管理ができます。

Bizプリカ

Bizプリカは、パーチェシングカードに似た機能を使いたい中小企業にぴったりのカードです。

プリペイド式のため(=カード会社は貸し倒れリスクがない)、クレジットカードのような与信審査がないのも魅力です。

Bizプリカ公式サイト
Bizプリカは法人向けプリペイドカード!評判は?仮払金・小口現金・立替払いの最効率化を目指す、運営会社にインタビューもしてきました!
法人・店舗ビジネスにおける小口現金・現場の立替金に対して非常に使いやすいカード「Bizプリカ」の紹介・運営者会社のTOMOWEL Payment Service株式会社に迫るインタビュー記事です!

パーチェシングカードと法人カードの比較

ここまでは、パーチェシングカードについて解説してきました。

ここからは、パーチェシングカードと法人カードの違いについて見ていきます。

冒頭でも少し紹介した通り、法人カードとはあくまで「事業用クレジットカードの総称」です。

会社の規模により、法人カードはさらに細かくわけられます。

【法人カードの種類】

  • ビジネスカード:個人事業主や中小企業を対象としたカード
  • コーポレートカード:大企業を対象としたカード

なお、実際は必ずしも上記の通りにわかれているわけではなく、「法人カード=ビジネスカード」として使われることが多いです。

この章でも法人カード=ビジネスカードとして、パーチェシングカードとの違いを解説していきます。

法人カード(ビジネスカード)とは?

法人カード(ビジネスカード)とは、一般的に「個人事業主や中小企業を対象としたカード」です。

個人用のクレジットカードと使用感はほぼ同じですが、限度額が大きくなり法人向けの特典がついてくることが多いです。

法人カードは、個人事業主や中小企業が「経理処理の効率化」や「キャッシュフローの改善」を行うときによく導入されます。

【法人カードのメリット】

  • 経理処理が楽になる
  • キャッシュフローが改善する
  • 付帯サービスを受けられる
  • ポイント還元が受けられる
【法人カードのデメリット】

  • 法人カードは審査対象が「法人代表者」であることが多く、個人のクレヒスが悪いと審査に悪影響が出る

基本的に、法人カード導入によるメリットはデメリットよりも非常に大きいため、経理処理を楽にしたい個人事業主や中小企業の方にはぜひ導入してほしいです。

法人カード導入の6つメリットとは?実務上の注意点も交えて徹底解説【法人クレジットカードを初めて作る方へ】
法人カードって作るべきなの?様々なメリット(「経理処理」「ポイント還元」「キャッシュフロー改善」「追加カード・ETCカード」「空港ラウンジ」「コンシェルジュ」など)のある法人カードの魅力を徹底解説!

法人カード(ビジネスカード)とパーチェシングカードの違い

 法人カードパーチェシングカード
発行対象個人事業主や中小企業大企業
決済機能社員ごとに自由に使える主に特定経費の支払いに使う

法人カード(ビジネスカード)とパーチェシングカードは、発行対象も決済機能も異なります。

基本的には、法人カードを検討している方がパーチェシングカードを持つのは発行対象から考えると難しいでしょう。

機能面では、法人カードの使用感が個人カードとほぼ同じなのに対し、パーチェシングカードは特定の経費精算に向いています。

どうしても「カードの上限額を決めたい」・「特定の経費精算用のカードがほしい」という希望がなければ、通常の法人カードを持つのがもっともお得です!

経費を管理する社員に従業員カードを持たせると経理も楽になります。

▼追加カードをお得に発行できるおすすめ法人カード▼

追加カードが枚数無制限で発行可能!年会費は400円。三井なのでセキュリティも万全です。

従業員カードは4枚まで発行OK!マイル還元率がトップクラスに高い&年会費に対してのスペック・特典が最高です。

オススメのビジネスカードを知りたい方は当サイトの「社長におすすめの法人カードは?失敗しない法人用クレジットカードの選び方を公開中!」をご覧ください。

コーポレートカードとは?

コーポレートカードとは、「大企業を対象とした法人カード」です。

ちなみに大企業という言葉に定義はなく、カード会社によって何を基準に大企業とするかは異なります。

ビジネスカードとは名前が違うだけと簡単に理解し、あまり両者の違いを気にせず「自社が申し込めるかどうか?」にだけ注目すればOKです。

三井住友カードでは両者の違いを以下のように決めています(あくまで目安となる人数です)。

  • ビジネスカード:使用者が20名以下
  • コーポレートカード:使用者が20名以上
【コーポレートカードのメリット】

  • 大企業向けに発行されているため、従業員用カードを枚数無制限で発行できカードが多い
【コーポレートカードのデメリット】

  • ビジネスカードと比べて還元率や特典内容が弱いことが多い

コーポレートカードは、ビジネスカードと比べ還元率や特典で劣ることが多いです。

しかし、大企業で多くの社員に「クレジットカード」を持たせたい場合、その希望を叶えられるのはコーポレートカードのみです。

コーポレートカードとパーチェシングカードの違い

 コーポレートカードパーチェシングカード
発行対象大企業大企業
決済機能社員ごとに自由に使える主に特定経費の支払いに使う

コーポレートカードもパーチェシングカードも発行対象は同じ(大企業向け)です。

大きく異なるのは決済機能ですね。

パーチェシングカードは、カードごとに用途を決められるため固定費などの支払いには向いていますが、社員の自由な経費支払いには不向きです。

「カードレスで発行」「支払先の一本化」という特徴からも、出張や接待でカードを使う機会が多い企業には不向きなイメージが伝わるかと思います。

逆に、コーポレートカードは通常のクレジットカードと同じ使い方ができ、無制限(または制限はあるものの多数)に社員用のカードを発行できるというのが特徴です。

両者の特徴を最大限活かすには、固定費や企業間取引用にパーチェスカードを発行し、外出用にコーポレートカードも発行するといいでしょう。

まとめ

パーチェシングカードは、特定の費用の支払いに特化した大企業向けカードです。

今まで分散していた各支払いを集約させられるのが大きなメリットですが、基本的には大企業しかパーチェシングカードを発行できません。

個人事業主や中小企業で似たような機能が必要な場合は、「従業員カードを多く発行できる法人カード」か「Bizプリカ」の利用を検討してみてください。

とくに「Bizプリカ」は、月額100円で細かい管理ができる法人用カードが作れるため非常に使い勝手がいいです。

プリペイド式のため(=カード会社は貸し倒れリスクがない)、クレジットカードのような与信審査がないのもメリットですよ。

▼個人事業主・中小企業向け:パーチェシングカードの代わりになるカード

追加カードが枚数無制限で発行可能!年会費は400円。三井なのでセキュリティも万全です。

従業員カードは4枚まで発行OK!マイル還元率がトップクラスに高い&年会費に対してのスペック・特典が最高です。

→1枚月額100円で発行できる審査なしのプリペイドカード。パーチェシングカードのようにカードごとに上限額を決められます!

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)
三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降1,250円(税別)
ポイント・還元率基本0.50%
上限0.55%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険×
ショッピング保険
国際ブランドVISA、Master
入会特典

新規入会限定キャンペーン(期間:2020年10月1日~2021年3月31日)

▼券種別のキャンペーン金額合算
クラシック:最大10,000円分
ゴールド:最大12,000円分
プラチナ:最大20,000円分

その他のキャンペーン情報

対象コンビニエンスストアやマクドナルドの店舗でのお支払いに、対象の三井住友カードをご利用いただくと、今後いつでもVポイントが通常の5倍貯まります。その他、よく使う対象店舗を3つまで登録し、そのお店ではポイント2倍!

編集部レビュー

年会費初年度無料・赤字や法人設立すぐでも申込OK、非常にハードルが低く持ちやすい1枚目にオススメの法人カードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費・還元率
年会費初年度20,000円(税別)
2年目以降20,000円(税別)
ポイント・還元率基本1.125%
上限1.375%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドAMEX
入会特典

カード発行翌々月までの利用額に応じて最大40,000円相当(8,000ポイント)をプレゼント!
・10万円以上の利用:7,000円相当(1,400ポイント)
・30万円以上の利用:24,000円相当(4,800ポイント)
・50万円以上の利用:40,000円相当(8,000ポイント)

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。コンシェルジュ付き、JALマイルが最高ランクの高還元率・空港ラウンジ使い放題のプライオリティパス等の特典も全部込みで年会費2万円(利用実績によって、年会費はさらに半額まで下がります)。

Bizプリカ公式サイト

画像の出典

コラム

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

(上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました