最強コスパの法人カード!? >>

コーポレートカード・パーチェスカードと法人ビジネスカードの違い・メリット・デメリット

クレジットカードの基礎知識

「コーポレートカード」と「パーチェスカード」の違い

コーポレートカードとパーチェスカードは、どちらも「大企業向けの法人カード」です。

大規模企業向けソリューションとして提供されているのが特徴であり、個人事業主や中小企業を対象とした法人カードとは区別されています。

コーポレートカードとパーチェスカードの主な違い(パーチェスカードならではの特徴)は、「カードレス」+「支払先(請求書)の一本化」です。

基本的にコーポレートカードは通常のクレジットカードと同じ使い方であり、無制限(または制限はあるものの多数)に社員用のカードを発行できるというのが特徴。

法人の経費的な支払い・精算を楽にするためのツールです。

パーチェスカードはカードレス(カード番号等必要最低限の機能のみ)で発行可能で、部署単位でカードを発行しながら請求書は一本化できるという柔軟な使い方ができるのが特徴です。

パーチェスカードは「パーチェスサービス」とも呼ばれ、大手カード会社のほとんどがこのサービスをリリースしています。

各社によってサービス内容に多少の違いがありますが、「カードレス」・「部署単位で発行可能」・「請求書の一本化」・「カード決済の指定」などをメリットに掲げているカード会社が多いです。

三井住友パーチェシングカード

パーチェシングカード公式サイト ※画像はタップで拡大可能です

一例として、三井住友パーチェシングカードを見てみましょう。

  • 特定の加盟店のみでカードを使用できる
  • カードレスで発行できる
  • 法人や部署単位で発行できる
  • 支払先を一本化できる

主なメリットとされているのは上記の4つ。

コーポレートカードと比較すると「特定の加盟店のみでカードを使用できる」というのが大きな違いです。

「クラウド利用料」や「光熱費」など、特定の経費専用の法人カードになっているため、社員が自由にカードを使うことができません。

これによって無駄な経費が発生しないというのも、コーポレートカードとは違ったパーチェスカードのメリットです。

コーポレートカードは社員に持参させることができるので、出張費や交際費の経費管理に向いています。

パーチェスカードはコーポレートカードの経費管理と区別して、法人や部署単位でクラウド利用料等の特定経費だけを管理したい場合に向いています。

家庭にたとえると、コーポレートカードは通常のクレジットカード。パーチェスカードは「家賃」や「水道代」など、固定費の支払い用に持つカードです。

法人カードとは?

そもそも、「法人カードは何なのか?」「どんな種類があるのか?」を整理して把握したいですよね。

一般的に言われている「法人カード」とは、個人事業主や法人を対象に発行されているクレジットカードの総称です。

審査対象も法人ではなく、法人代表者・個人事業主となっています。

  • 法人カード:事業用のクレジットカードの総称(※だがビジネスカード的意味で捉える場合も多い)
  • ビジネスカード:個人事業主や中小企業を対象としたカード
  • コーポレートカード:大企業を対象としたカード
  • パーチェスカード:大企業を対象とした特定経費管理専用のカード

基本的に法人カードの選択肢は「ビジネスカード」or「コーポレートカード」であり、どちらにするかは会社の規模から決めます。

大企業は「コーポレートカード」or「パーチェスカード」の選択肢があり、特定経費のみを管理したい場合を除いてコーポレートカードを持つのがスタンダードです。

新設法人や社員数2ケタ前半であれば、法人代表者が審査対象となる一般的なビジネスカードを選べば問題ありません。そっちの方がお得度も高いです。

メリット

法人カードのメリットは、経費管理が楽になることです。

たとえば、個人事業主の場合は通常のクレジットカードでも経費管理できますが、プライベート費と経費を分ける作業が面倒ですね。

個人用クレジットカードと法人カードを2枚持ちすると、カード明細から簡単に経費管理できるようになるわけです。

デメリット

法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」など、各カードによって申込対象者が指定されています。

また、カードによっては法人向けに審査基準が高くなっていることもありますし、法人そのものではなく法人代表者が審査対象となるため、個人のクレヒスが悪い場合は審査に悪影響が生じます。

通常のクレジットカードのように多くの選択肢があるわけでもなく、クレジット業界全体で見ても法人カードの総数が少ないことも1つの理由です。

コーポレートカードとは?

コーポレートカードとは、大企業を対象とした法人カード。

これに対して、個人事業主や中小企業を対象としたカードを「ビジネスカード」と呼んでいるカード会社が多いです。

こうした呼び方の違いは特に気にする必要はなく、「自社が申し込めるかどうか?」に注目しておけば自然と最適なカードを見つけられます。

ビジネスカードやコーポレートカードの呼び方は、本当に単なる呼び方です。「三井住友ビジネスカード」は法人対象ですが、使用者は20名以下が目安となっています。「三井住友コーポレートカード」も法人対象ですが、使用者は20名以上が目安となっています。結局は、「申込対象者」や「決済口座」に注目してカードを選ぶことがもっとも大切です。

メリット

ビジネスカードは個人事業主を含めて中小企業を想定して作られているため、社員用に発行できるカード枚数に制限が設けられているカードが多いです。

一方、コーポレートカードは大企業を想定しているため、社員用に発行できるカードに制限がないカードが多く、これがコーポレートカードのメリット。

選び方としては、社員用カードの発行枚数に注目しておくのがおすすめですよ。

デメリット

コーポレートカードのデメリットは、還元率などの特典が弱い(場合によっては無い)ところ。

とはいえ、カードによってスペックの損得はありますが、デメリットを探したところで代案がないんですね。

多くの社員に経費用としてクレジットカードを持たせることが用途なので、これを実現できるだけで希望は叶います。

パーチェスカードとは?

パーチェスカードは、特定の支払い用として持てるコーポレートカードです。

法人カードの大企業向けソリューションとして提供しているカード会社が多く、「カードレスで発行可能」「法人や部署単位で発行可能」といった特徴があります。

メリット

パーチェスカードのメリットは、「クラウド利用料」や「光熱費」といった特定の支払い用として使えることです。

法人や部署単位でカードレスから発行できるのも魅力。

一部の決済用としてカードを発行できるため、社員が無駄な経費を発生させることがないのもメリットです。

決済口座は法人口座のみとなっているカード会社がほとんど。支払い方法は「口座振替」と「銀行振込」が用意されており、この点はコーポレートカードと変わりません。つまり、パーチェスカードの代案としてコーポレートカードを使うことも可能なので、自社経費やコスト削減をどのように考えるのかでメリットが変わります。

デメリット

パーチェスカードは経費管理の考え方や目的によってメリットが変わるのがデメリットです。使う幅に制限があるのがメリットでもありデメリットにもなります。

簡単に説明すると、コーポレートカードは加盟店を対象に自由に決済可能なため、パーチェスカードでやろうとしていることをコーポレートカードで実行することもできます。

Webのシステム利用料のように毎月の固定費でクレジットカードを使えれば良いという企業にとっては便利ですが、出張や接待でカードを使う機会が多い企業には完全に不向きです。

「カードレスで発行できる」「特定の支払い専用として使える」という特徴からも、目に見えない決済専用で法人カードを持ちたい企業に最適でしょう。

一番使い勝手が良さそうなのは、外出用にコーポレートカードを発行しておき、固定費や企業間取引用にパーチェスカードを持つことです。

この使い方だと、それぞれの特徴を最大限に活かすことができます。

まとめ

法人カードは事業用として使うクレジットカードの総称で、細分化すると4つの種類に分けられます。

コーポレートカードやパーチェスカードは大企業向けなのが特徴ですが、実際のところは「三井住友パーチェスカード」のように中小企業も対象となっているカードもあります。

法人カードは「申込対象者」「決済口座」に注目しておき、申込条件を満たせることができるカードを選ぶのが基本です。

こうした条件は名称ごとに決まっているのではなく、各カードごとに決められています。

今回紹介した「コーポレートカードとパーチェスカードの違い」「それらと法人カードの違い」などは、大雑把に捉えておく程度で問題ありません。

各カードの詳細を比較しながら、自社に最適な法人カードを探してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました