最強コスパの法人カード!? >>

個人名義(法人口座決済用)の法人カードと、その仕組み・会社名義カードとの違いとは?審査対象は法人代表者・法人どっち?法人カードとクレヒス

個人名義(法人口座決済用)の法人カードと、その仕組み・会社名義カードとの違いとは?審査対象は法人代表者・法人どっち? 法人カードの仕組み

法人カードは「決済口座はどうなるのか?」「審査対象は誰なのか?」が分かりずらいですよね。

基本的に決済口座を「法人口座」に設定できる法人カードは、申込対象者が「法人代表者」「法人」の2種類あります。

法人代表者が申込対象となっている場合、審査対象は法人代表者。

法人が申込対象となっている場合、審査対象は法人です。

ほとんどの法人カードは決済口座を「個人口座」「法人口座」のどちらかを選択可能となっており、個人事業主用の法人カードについては「個人口座」「屋号付き口座」を選べます。

個人名義の申し込みで使える法人カード【ほとんどがコレ】

法人カードは「個人名義」と「会社名義」があり、ほとんどの法人カードは「法人代表者」や「個人事業主」など、個人が申込対象となっています。

  • 個人名義:申込対象は個人で審査対象も個人
  • 法人名義:申込対象は法人で審査対象も法人

個人名義の申し込みで使える法人カードは、「法人代表者個人の名義で申込し、法人代表者(個人事業主)が審査対象となるクレジットカード。引き落とし口座に法人口座を設定できる。」というもの。

大企業で相当数の社員に法人カードを持たせたいという場合を除けば、基本的に法人カードはこちらのタイプがスタンダードでありおすすめです。

メリット

個人名義の法人カードは申込条件がゆるいため、法人設立年度でも発行しやすいことがメリットです。

  • 申込条件のハードルが低い
  • ポイントが貯まる
  • 法人口座と個人口座のどちらかを決済口座にできる

「決算書無し」「法人固定電話なし」という状況でも、謄本などの法人書類不要で申し込むことができるカードが多いです。

法人名義の法人カードはポイントプログラム未搭載のカードが多いのですが、個人名義の法人カードはしっかりポイントも貯められるのでお得度も高いですよ。

※決算書・謄本無し、本人確認書類で申し込めるカードの例
  • オリコ法人EX Gold
  • セゾンアメックス法人プラチナ
  • アメックス法人ゴールド
  • 三井住友VISA for Owners
  • デメリット

    一方、デメリットとなるのは審査に関する点です。

    • 法人代表者のクレヒスが悪いと審査が厳しい
    • 個人名義の法人カードは個人のクレヒスに紐づく

    「法人代表者」「個人事業主」など、個人が申込対象となっていることから申込者のクレヒスが影響します。

    個人名義の契約で、クレジットカード・各種ローン・携帯端末本体の分割払いなど、何かしら2ヶ月以上の延滞をしたことがある方は、CICなどの個人信用情報機関で一度自分のクレヒスを確認してください。

    もし何らかの契約で「異動」状態となっている場合はクレジットカードの審査通過はかなり厳しくなります…。

    個人名義の契約作れる、法人カードの例

    個人名義の法人カードは、以下のようなカードがあります。

    • オリコEX Gold for Biz
    • 三井住友ビジネスカードfor Owners
    • アメックス・ビジネス・ゴールド・カード

    どれも法人カードとして有名な人気カードなので、まずはこの辺りから検討していくのがおすすめです。

    オリコEX Gold for Biz

    オリコEX Gold for Bizは「個人事業主」と「法人代表者」を対象に2種類が用意されており、どちらも年会費2,000円と安いコストで持てるのが魅力。

    ポイント還元率は0.6%と高還元率で、さらにレストラン等の通常優待からビジネス系の優待特典まで充実しています。

    オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
    基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...

    三井住友ビジネスカードfor Owners

    三井住友ビジネスカードfor Ownersは「個人事業主」と「法人代表者」を対象に、「クラシック」・「ゴールド」・「プラチナ」の3種類のラインナップがあります。

    会社規模や目的などを加味してカードを比較検討しやすく、もっとも年会費の安い「クラシック・1,250円」は会社設立直後でも所持しやすいです。

    三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
    基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...

    アメックス・ビジネス・ゴールド・カード

    アメックス・ビジネス・ゴールド・カードは「個人事業主」と「法人代表者」が対象で、空港ラウンジから優待までボリュームのある特典が魅力。

    高級カードとして有名なアメックスブランドの法人カードなので、ブランド力の高さからも人気が高いです。

    【気になるポイント】個人向けカードを法人カードとして使えばいいんじゃないの?

    個人事業主や小規模企業の場合、「個人向けカードを法人カードとして使う方が手間が省けるし楽・・・」と思いますよね。

    実際のところ不可能ではないのですが、「個人向けカードは法人口座や屋号付き口座を決済口座にできない」という大きな問題があります。

    また、そもそも法人カードを作る目的は事業経費をスムーズに管理するためなので、個人向けカードを使うと明細の仕分けがとても面倒です。

    社員からすると、プライベートで使っているクレジットカードで経費計上してほしいと言われても困りますよね。フリーランスのように単独で事業を行う場合は個人向けカードを代用することは可能ですが、1人や2人といった超小規模においても社員用のクレジットカードを用意しなければ個人用カードで経費管理していくのは困難です。

    ひとつずつ、少し掘り下げて見ていきましょう。

    ①通常の個人向けカードは、法人口座を引き落とし先として設定できない

    私生活で使う個人向けカードは、法人口座を決済口座にできません。

    個人事業主の屋号付き決済口座も同じです。

    法人カードはビジネス用の口座を決済口座にできるからこそ、経費管理をしやすくなります。

    ②経理処理的にも公私混同と原因となるため、法人は法人カードを作って決済するべき

    プライベート用のクレジットカードで経費処理する場合、利用明細から「プライベート」「ビジネス」を分ける作業を余儀なくされます。

    領収書やレシートと合わせてカード明細から経費に該当する部分を管理していく必要があるので、その手間を考えると現金で処理する方が楽でしょう。

    ③法人カードには、ビジネスシーンに助かる優待サービスや特典が用意されていることが多く、やはり法人カードは持つべき

    法人カードは「経費管理が楽」「資金繰りの改善」といった事業的メリットがありますが、その他にも「空港ラウンジ」や「優待特典」などカードスペックによるメリットもあります。

    個人向けカードにも様々な優待が用意されていますが、法人カードは「会計ソフト」や「経費管理サービス」のようにビジネス系に関する優待が充実しているのが1つの特徴です。

    法人名義での申し込みとなる法人カード【マイナーで券種も多くない】

    法人名義のカードは、大規模法人を想定して作られている法人向けのクレジットカードのこと。

    現状は、法人が申込対象となっている法人カードは多くありません。

    メリット

    法人名義のカードは大企業向けであることから、社員用カードの発行枚数に制限がないカードが多いです。

    • 社員用カードの発行枚数が多い
    • 利用者ごとに利用枠を設定できるカードもある
    • 申込対象や審査対象が異なる(デメリットでもある)

    また、各カードごとに利用枠を設定できるカードもあり、さまざまな経費を管理しなければならない大企業にとっては使い方次第ではとても便利です。

    デメリット

    • 原則ポイントプログラムなし、還元率0%
    • 割賦販売法や消費者契約法の適用がなく消費者的観点では守られていないことも
    • 「業歴5年以上で黒字決算の法人」など、条件が厳しいことも(例:JAL法人カード)

    そう考えると、法人名義のカードは審査基準や申込条件からもメリットを見つけにくいです。

    オリコビジネスカードGoldの場合、「割賦販売法および消費者契約法の適用はありません。」となっています。また、「提携先(加盟店)との間で紛議が生じた場合は、お客さまと提携先(加盟店)との間で解決していただくことになります。」という記載もあるため、消費者の立場としてはけっこう不安ですよね…。

    カードの例

    法人名義のカードで有名なのが、「オリコビジネスカードGold」です。

    • オリコビジネスカードGold(ゴールド)

    いろんなカードを比較できるほど選択肢がないため、一般的に法人カードは「法人代表者」が対象となっているカードがスタンダードです。

    オリコビジネスカードGold(ゴールド)

    オリコビジネスカードGold(ゴールド)は「法人」が申込対象となっており、決済口座は「法人口座」のみで法人代表者名義の個人口座も使えません。

    社員用に最大20枚のカードを発行可能で、カード利用者ごとに利用枠を設定することもできます。

    年会費は初年度無料の通常2,000円と安いのですが、ポイントプログラムは未搭載

    多くの社員にカードを発行したい事情がない限りは、多くの社長にとってオリコの法人カードEX Gold for Bizの方が、優秀に見えるでしょう。

    法人名義のカードはどんな企業におすすめ?

    法人名義のカードは、「法人代表者」ではなく「法人」としてカードを持ちたい企業におすすめです。

    • 20人ほどの社員にカードを持たせたい
    • 3年以上の運営がある
    • 決算が黒字
    • 経理管理を簡略化したい

    カードスペック的には社員用カードの発行枚数も含めて、メリットは本当に企業によります。

    たとえば、オリコビジネスカードGold(ゴールド)の場合なら年会費2,000円というコスパの良さが魅力ですが、社員用カードは20枚しか発行できないとちょっと少ない、と感じる企業もあるでしょう。

    このスペックと同じようなカードに三井住友ビジネスカード for Ownersがあり、こちらの場合は「クラシック・年会費1,250円」で社員用カードの発行枚数は無制限です。

    しかも、「個人事業主」と「法人代表者」が対象で、決済口座は「個人口座」と「法人口座」のどちらも選択可能。さらにポイントプログラムも搭載されています。

    まとめ

    法人カードの審査対象は「法人代表者」「法人」など、各カードの申込対象が審査対象です。

    現状は、法人が対象になっているカードはほとんどないため、法人カードを求めている多くの企業におすすめなのは「法人代表者」が対象のカードです。

    この記事は役に立ちましたか?ぜひ投票をお願い致します。次の執筆の励みになります!

    法人カードの仕組み法人カードの申込・審査法人*クレジットカード
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    法人カード調査部をフォローする

    初年度・1枚目にオススメ!申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    オリコ EX Gold for Biz
    オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz

    年会費は初年度無料、2年目は2,000円+税と、非常に申込・維持のハードルが低い法人カード。

    ポイント還元率は通常0.6%、使うほどにステージアップし1.1%まで上がります。

    保険・空港ラウンジ特典の他、追加カード・ETCカードも3枚まで発行費、年会費無料で発行可能。幅広い法人、個人事業主を対象にカバーしているコスパ◎のクレジットカードです。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました