FASIOビジネスカードは税理士法人グループが発行する法人カード!シンプル&年会費無料で4枚まで追加カード発行可能で使いやすさ抜群!

FASIOビジネスカードは税理士法人が発行する法人カード!シンプル&年会費無料で4枚まで追加カード発行可能な使いやすさ。一般カード

FASIOビジネスカードは「株式会社ファシオコンサルティング」「ライフカード株式会社」の提携カードです。

株式会社ファシオコンサルティングは税理士法人や保険代理店などを手掛ける「ファシオグループ」の一員で、税理士事務所がクレジットカードをリリースするのは業界初です!

FASIOビジネスカードFASIOビジネスカード:公式サイト

▼当サイトの独自アンケートで利用者が多かった法人カード▼

  • 三井住友ビジネス for ownersクラシック
  • 追加カードが枚数無制限で発行可能!年会費は440円(税込)。三井なのでセキュリティも万全です。

  • アメックス法人ゴールド
  • 法人設立初年度・赤字でも作れるうえに、限度額のないステータスカード!入会特典で最大30,000ポイント&初年度の年会費(34,100円/税込)が無料のキャンペーン中!

    >>もっといろいろな種類の法人カードを知りたい方はこちらをクリック

    基本情報

    カード名称スタンダードプレミアムゴールドカード
    年会費無料2,200円(税込)
    ※初年度無料
    申込対象個人事業主
    法人代表者
    個人事業主
    法人代表者
    限度額10万~200万円10万~200万円
    追加カード年会費:無料
    発行枚数:最大3枚
    発行手数料:無料
    年会費:2,200円(税込)
    発行枚数:最大3枚
    発行手数料:無料
    ※初年度無料
    ETCカード年会費:無料
    発行枚数:最大1枚
    発行手数料:無料
    年会費:無料
    発行枚数:最大1枚
    発行手数料:無料
    ポイントプログラムLIFEサンクスプレゼントLIFEサンクスプレゼント
    ポイント付与2,000円につき1ポイント1,000円につき1ポイント
    ポイント還元率0.25%
    ※1PT=5円の場合
    0.5%
    ※1PT=5円の場合
    ポイント交換先Vプリカギフト(0.25%)
    JCBギフトカード(0.25%)
    JTE旅行券(0.25%)
    ANAマイル移行(0.125%)
    楽天スーパーポイント移行(0.25%)
    ※1PT=5円の場合
    Vプリカギフト(0.5%)
    JCBギフトカード(0.5%)
    JTE旅行券(0.5%)
    ANAマイル移行(0.25%)
    楽天スーパーポイント移行(0.5%)
    ※1PT=5円の場合
    空港ラウンジなし国内主要26空港
    保険なしショッピング保険:200万円
    国内旅行保険:1億円
    海外旅行保険:1億円
    シートベルト傷害保険:200万円
    ※自動付帯
    電子マネーなし
    ※Apple Pay不可
    なし
    ※Apple Pay不可

    最大の特徴は年会費の安さです。

    スタンダードは年会費無料、空港ラウンジなどの特典がついたプレミアムゴールドカードでも年会費は2,200円(税込)と非常に安価な設定です。

    スタンダードとプレミアムゴールドカードの違いは?

    2種の違いは、「付帯保険」・「空港ラウンジ」・「ポイント付与」の3点です。

    スタンダードとプレミアムゴールドカードで迷っている方には、プレミアムゴールドカードをおすすめします。

    この低価格で国内海外旅行保険が自動付帯で医療傷害治療最大300万円~最大1億円補償の高スペックは魅力的です。

    現状の法人カードの主流券種のスペックを見ながら、上手に差別化して商品設計がなされています。

    FASIOビジネスカードプレミアム・ゴールド

    ↑デザインもなかなかいい感じです。

    FASIOビジネスカードには、2種類とも「ポイントプログラム」が付帯しています。


  • スタンダード:還元率0.25%
  • プレミアムゴールド:還元率0.5%
  • ※プレミアムゴールドは還元率が2倍になるため、経費支出が多い企業はこちらのほうがコスパがいいですね。

    FASIOビジネスカードFASIOビジネスカード:公式サイト

    年会費

    • スタンダード:無料
    • プレミアムゴールド:2,200円(税込)(初年度無料)

    FACIOビジネスカードは、とにかく年会費が安いです。

    法人カードは年会費無料のカードがほとんどないため、「スタンダード」はコストゼロで法人カードを持てる数少ないカードです。

    プレミアムゴールドも年会費有料とは言え、最安クラスの水準であり、スペックも同条件の法人カードと比較しても大きく劣る部分がありません。

    申込対象

    申込対象は「個人事業主」と「法人代表者」です。

    申込書類は申込者の本人確認資料のみで、財務資料は不要。

    法人代表者は「法人口座」が決済口座となり、個人事業主は「個人口座」か「屋号付き口座」を選べます。

    「独自の審査システム」でスピード審査を行っているそうで、WEB申込なら最短3営業日で審査完了、申込から最短7営業日程度でお届け可能です。

    限度額

    初期のショッピング枠限度額は2券種ともに「10万円~200万円」の範囲で、審査によって決定されます。

    スタンダードでも、年会費無料で200万円の資金繰りを確保できるのは魅力的ですね。

    キャッシング機能はありません(分割・リボ払いは可能)。

    追加カード

    社員用の追加カードは合計3枚まで発行できます。

    • 年会費:2,200円(税込)
    • 発行枚数:最大3枚
    • 発行手数料:無料

    スタンダードは追加カードも年会費無料で、3枚まで発行できます。

    プレミアムゴールドは初年度年会費無料で2年目以降は2,200円(税込)、発行枚数は同じく3枚です。

    ETCカード

    ETCカードは最大1枚を年会費無料で発行できます。

    • 年会費:無料
    • 発行枚数:最大1枚
    • 発行手数料:無料

    追加カードに対してもETCカードを発行可能。

    ETCカードを年会費無料で発行できるのは、意外と嬉しいメリットです。

    有料発行となっている法人カードは少なくありません。

    FASIOビジネスカードFASIOビジネスカード:公式サイト

    ポイント還元率

    FASIOビジネスカードは「LIFEサンクスプレゼント」搭載されています。

    • スタンダード:1,000円で1PT(0.25%)
    • プレミアムゴールド:2,000円で1PT(0.5%)

    LIFEサンクスプレゼントは使い道で還元率が変わりますが、ほとんどの交換先は「1PT=5円」です。

    この場合のポイント還元率は、「スタンダード:0.25%」「プレミアムゴールド:0.5%」となります。

    スタンダードは低還元率ですが、そもそも法人カードはポイントプログラムがないカードも多いため、年会費無料+ポイントプログラム搭載カードというだけでお得です。

    ポイント交換先

    LIFEサンクスプレゼントは「ポイント移行」「ギフト券」など使い道が多いです。

    • Vプリカギフト:1,000PT=5,000円
    • JCBギフトカード:1,000PT=5,000円
    • JTE旅行券:1,000PT=5,000円
    • ANAマイル移行:1PT=2.5マイル
    • 楽天スーパーポイント移行:1PT=5PT

    ギフト券は「Vプリカ」や「JCBギフト券」など豊富ですが、人気のAmazonギフト券はありません。

    マイル移行は「1PT=2.5マイル」とレートが悪いため、楽天スーパーポイントのように「1PT=5PT(1PT=5円)」のレートで交換できる商品を選ぶといいでしょう。

    空港ラウンジ

    空港ラウンジ特典はプレミアムゴールドにのみ付帯しています。

    プレミアムゴールドカードなら、「国内主要26空港」のラウンジを無料で利用できます。

    フライト出張が多い企業にはプレミアムゴールドがおすすめです。

    付帯保険

    スタンダードは保険が付いておらず、プレミアムゴールドには以下の保険が付帯されています。

    • ショッピング保険:200万円
    • 国内旅行保険:1億円
    • 海外旅行保険:1億円
    • シートベルト保険:200万円

    ゴールドクラスの法人カードは高額補償の旅行保険が備わっているものが多いですが、最大補償額の相場は5,000万円程度です。

    FASIOプレミアムゴールドは「自動付帯(持っているだけで保険が有効になる)」+「国内海外最高1億円」と相場以上の内容です。

    保険のみを見るとプラチナカードクラスに匹敵します。

    コンシェルジュ機能

    FASIOビジネスカードには、コンシェルジュ機能が付帯していません。

    他の法人カードも安い年会費でコンシェルジュ機能が備わっているカードはないため、仕方ないですね(コンシェルジュ機能がつくのはプラチナカード以上)。

    ▼コンシェルジュ機能が必要ならこのカード▼

    セゾンプラチナビジネス公式サイト・今すぐ申込み

    その他

    その他の優待特典には、「Master Cardビジネス・アシスト」「ファシオグループ優待」があります。

    Master Cardビジネス・アシストでは、「くらし予報(リサーチ代行サービス)」をはじめとしたビジネスアシストサービスを優待価格で利用できます。

    ファシオグループ優待では「ファシオ顧問料優待」が受けられます。

    ファシオグループ優待←本カード独自の優待

    ファシオグループ優待は、同対象社の顧問料が「無料」や「割引」となります。

    税理士法人ファシオコンサルティングでは、以下のような優待内容となっています。

    • 月次顧問契約:顧問料年額の10%割引(最大5,000円まで)
    • 1回のみの確定申告:料金の5%割引(最大2,000円まで)
    • 初回相談:30分無料(7,500円相当)

    ほかにも、ファシオ行政書士法人やファシオ社会保険労務士事務所でも類似の優待を受けられます。

    ※特典の適用は「年1回」を除いて、通算で1回限りです。

    どんな企業におすすめ?

    FASIOビジネスカードは、年会費の安さを重視する「個人事業主」や「中小企業」におすすめです。

    本会員を除いて社員用に3枚まで追加カードを発行できるため、個人事業主や中小企業で数名のカードを確保できれば良いという企業に馴染みやすいでしょう。

    FASIOビジネスカードFASIOビジネスカード:公式サイト

    より特典がしっかりした法人カードを持ちたい方へ

    年会費の重要な考え方として「法人カードの年会費は全額経費にできる」という点があります。

    そのため、個人用クレジットカードほど年会費を気にする必要はなく、自分の会社にとって必要な特典がついた法人カードを選べます。

    節税効果も加味して考えると、少し背伸びして特典が充実したステータスカードに申し込んでみるのもいいでしょう!

    ステータスカードには空港ラウンジやコンシェルジェ特典などがついているため、使い方によっては年会費無料or格安の一般カードよりもコスパがいいケースも多くあります。

    特典が充実しておりコスパもいい法人カードを2枚紹介します。

    ▼当サイトの独自アンケートで利用者が多かった法人カード▼

  • 三井住友ビジネス for ownersクラシック
  • 追加カードが枚数無制限で発行可能!年会費は440円(税込)。三井なのでセキュリティも万全です。

  • アメックス法人ゴールド
  • 法人設立初年度・赤字でも作れるうえに、限度額のないステータスカード!入会特典で最大30,000ポイント&初年度の年会費(34,100円/税込)が無料のキャンペーン中!

    アメックスビジネスゴールドカードは、ステータス性と充実した特典が特徴の定番ゴールドカードです。

    「法人設立年度でも持てるカード」ですが、スペック(限度額が柔軟)&特典(空港ラウンジつき)が充実しています。

    追加カード(従業員カード)を無制限で発行でき、ETCカードも5枚まで発行できるため、従業員にカードを持たせたい経営者さんにもおすすめです。

    なんと「初年度は年会費無料」なので、お試し感覚でとりあえず1年間使ってみることができます。

    もし使ってみて気に入らなくても、1年以内に解約すれば年会費はかかりません。

    アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
    アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度0円(税込)
    2年目以降34,100円(税込)
    ポイント・還元率基本0.3%
    上限1.0%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    カードご入会後1年以内に200万円以上のカードご利用で、メンバーシップ・リワード®のポイント30,000ポイント獲得可能

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。

    アメックスのコーポレートカード徹底比較!審査・限度額・特典までまとめて紹介
    ステータスの高さが魅力のアメックス法人カード!個人事業主でも大丈夫?限度額、追加カード、ETCカード、空港ラウンジの利用可否、付帯保険、コンシェルジュの有無、他カードと比較しながら徹底解説!

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    セゾンプラチナビジネス

    セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスは、JALマイル還元率(1.25%)が高いのが魅力です。

    マイル還元率が高い法人カードは本当に少なく、JALマイルを高還元率で貯めたい場合はこれを超える法人カードはありません。

    その他のスペックも「プライオリティパス」+「保険の高額補償」+「コンシェルジュサービス」と優秀。

    これだけの特典がついていて、年会費は22,000円/税込(※年間200万円以上利用で次年度年会費11,000円/税込)とコスパ最強です!

    月額1,800円程度で、出張などの予約を代行してくれるコンシェルジュサービスを使えるのは素晴らしいですね。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度22,000円(税込)
    2年目以降22,000円(税込)
    ポイント・還元率基本1.125%
    上限1.375%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    条件達成に応じて最大9,000円相当(1,800ポイント)をプレゼント!
    1.入会翌々月末までに10万円以上の利用:6,000円相当(1,200ポイント)
    2.同期間中に「1」+キャッシングの利用:1,500円相当(300ポイント)
    3.同期間中に「1」+追加カードの発行:1,500円相当(300ポイント)

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。コンシェルジュ付き、JALマイルが最高ランクの高還元率・空港ラウンジ使い放題のプライオリティパス等の特典も全部込みで年会費2.2万円/税込です(利用額により最大半額に割引)。

    特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
    【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

    【コラム】法人カードで経営者同士のつながりがもてる!?

    経営者として「経営者同士のつながりが欲しい」方には、「ラグジュアリカード ブラック」がおすすめです。

    2020年8月よりラグジュアリーカード内経済圏確立に向けた「LCオーナーズコミュニティ」が発足されました!
    6割が経営者層という会員特色を生かし、会員のビジネス促進機会を作るきっかけになれば、とのことです。他の法人カードには無い、ラグジュアリーカードならではの新たな強みです。
    参考:PR TIMES
    法人ラグジュアリーカード公式サイト・今すぐ申込み
    法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)Black Cardの所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
    ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック

    公式サイトで、代表インタビューも!

    ファシオコンサルティング八木橋代表

    開発の背景と商品設計についてを八木橋代表が語る形でのインタビューコンテンツがリリースされています。

    シンプルなコンテンツですが、差別化のポイントがよくわかるまとめになっています。

    >>詳細:FASIOビジネスカードを開発した理由

    まとめ

    FASIOビジネスカードは税理士法人が発行する珍しい法人カードです。

    その珍しさだけでなく、内容もコスパに優れており、きちんと「選ばれる理由がある」法人カードです。

    とくにスタンダードは年会費無料でポイントを貯められるお得なカードとして、コストをかけずに法人カードを所有したい法人におすすめですよ。

    FASIOビジネスカードFASIOビジネスカード:公式サイト

    各カードのスペック詳細

    ▼スタンダードの詳細スペック

    FASIOビジネスカード(スタンダード)
    FASIOビジネスカード(スタンダード)
    申込・審査・発行
    申込対象
    (審査対象)
    法人代表者
    個人事業主
    法人そのもの-
    申込資格法人代表者・個人事業主
    発行スピード最短7営業日
    年会費初年度0円(税込)
    2年目以降0円(税込)

    ■年会費優遇条件
    -

    ポイント・還元率基本0.25%
    上限0.50%

    ■基本・上限の根拠
    (基本)利用金額2,000円ごとに1ポイント付与。1,000ポイントでJCBギフト券5,000円分に交換した場合1ポイント=5円
    (上限)ポイントをAOYAMAギフトカードセットに交換した場合1ポイント=10円

    主要交換先の
    ポイント交換レート
    JALマイル-
    ANAマイル1:2.5マイル
    Amazon1:5円
    キャッシュバック or 請求充当1,200ポイント交換時1:4.17円 2,200ポイント交換時1:4.55円 4,300ポイント交換時1:4.65円 6,400ポイント交換時1:4.69円 10,600ポイント交換時1:4.72円
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    発行可能枚数3
    発行費用/枚0円
    年会費/枚0円
    ETCカード
    発行可能枚数1
    発行費用/枚0円
    年会費/枚0円
    付帯保険
    海外旅行保険×
    付帯条件-
    死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)-
    傷害治療費用-
    疾病治療費用-
    賠償責任-
    携行品損害-
    救援者費用-
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
    出航遅延費用等保険金(食事代)-
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
    家族特約×

    ■その他・備考
    -

    国内旅行保険×
    付帯条件-
    死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)-
    入院日額-
    手術費用-
    通院日額-
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
    出航遅延費用等保険金(食事代)-
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
    家族特約×

    ■その他・備考
    -

    ショッピング保険×
    その他保険-
    国際ブランドMastercard
    支払いサイクル締め日毎月5日
    支払い日翌月26日、27日、28日、翌々月3日
    入会特典

    特になし

    その他のキャンペーン情報

    特になし

    編集部レビュー

    珍しく、税理士法人グループがライフカードと提携し発行する法人カード!スタンダードカードはシンプル&年会費無料で4枚まで追加カード発行可能で使いやすさ抜群。スピード発行も魅力です。

    カードのメリット(強み)
    ・年会費永年無料
    ・従業員用の追加カード4枚まで無料で発行可能
    ・税務顧問料の優遇、弥生クラウドが初年度無料
    ・発行スピードはやめ

    カードのデメリット(弱み)
    ・ポイント還元率がやや低め
    ・電子マネー非対応
    ・入会キャンペーン等は実施なし

    ▼プレミアム・ゴールドの詳細スペック

    FASIOビジネスカード(プレミアム・ゴールド)
    FASIOビジネスカード(プレミアム・ゴールド)
    申込・審査・発行
    申込対象
    (審査対象)
    法人代表者
    個人事業主
    法人そのもの-
    申込資格法人代表者・個人事業主
    発行スピード最短7営業日
    年会費初年度0円(税込)
    2年目以降2,200円(税込)

    ■年会費優遇条件
    -

    ポイント・還元率基本0.50%
    上限1.00%

    ■基本・上限の根拠
    (基本)利用金額1,000円ごとに1ポイント付与。1,000ポイントでJCBギフト券5,000円分に交換した場合1ポイント=5円
    (上限)ポイントをAOYAMAギフトカードセットに交換した場合1ポイント=10円

    主要交換先の
    ポイント交換レート
    JALマイル-
    ANAマイル1:2.5マイル
    Amazon1:5円
    キャッシュバック or 請求充当1,200ポイント交換時1:4.17円 2,200ポイント交換時1:4.55円 4,300ポイント交換時1:4.65円 6,400ポイント交換時1:4.69円 10,600ポイント交換時1:4.72円
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    発行可能枚数3
    発行費用/枚0円
    年会費/枚2,000円
    ETCカード
    発行可能枚数1
    発行費用/枚0円
    年会費/枚0円
    付帯保険
    海外旅行保険
    付帯条件自動付帯
    死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
    傷害治療費用300万円
    疾病治療費用300万円
    賠償責任1億円
    携行品損害40万円※
    救援者費用300万円
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
    出航遅延費用等保険金(食事代)-
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
    家族特約

    ■その他・備考
    ※自己負担額3,000円、一品につき10万円まで

    国内旅行保険
    付帯条件自動付帯
    死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
    入院日額10,000円
    手術費用・入院中に受けた手術  入院保険金日額×10倍 ・上記以外に受けた手術  入院保険金日額×5倍
    通院日額4,000円
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
    出航遅延費用等保険金(食事代)-
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
    家族特約

    ■その他・備考
    -

    ショッピング保険
    その他保険シートベルト傷害保険200万円
    国際ブランドMastercard
    支払いサイクル締め日毎月5日
    支払い日翌月26日、27日、28日、翌々月3日
    入会特典

    特になし

    その他のキャンペーン情報

    特になし

    編集部レビュー

    珍しく、税理士法人グループがライフカードと提携し発行する法人カード!シンプル&追加カード発行可能で使いやすさ抜群。ゴールドは保険が手厚く国内出張が安心してできる特典つき。スピード発行も魅力です。

    カードのメリット(強み)
    ・初年度年会費無料、2年目以降も2,000円+税という安さ
    ・年会費に対する保険のスペックがピカイチ
    ・国内空港ラウンジ利用可能
    ・税務顧問料の優遇、弥生クラウドが初年度無料
    ・発行スピードはやめ

    カードのデメリット(弱み)
    ・ポイント還元率は並
    ・電子マネー非対応
    ・入会キャンペーン等は実施なし

    一般カード 法人カードの券種紹介

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました