三井住友ビジネスカードとfor Ownersの違いを(クラシック・ゴールド・プラチナ)ランク別に比較!基本はOwnersがオススメな理由も徹底解説!

三井住友ビジネスカードとfor Ownersの違い一般カード

三井住友ビジネスカードとビジネスfor Ownersの違い

三井住友ビジネスカードとビジネスfor Ownersの違いは、「申込対象」「決済口座」など7つの違いがあります。

【両カードの違い】

  1. 申込対象
  2. 決済口座
  3. キャッシングリボの有無
  4. 支払方法
  5. 追加カードと電子マネーの種類
  6. キャッシュバックやチャージの可否
  7. マイレージやポイント移行の可否

法人カードでキャッシングリボを利用することは少ないため、実質的には6つの違いとなります。

両カードとも、カードランクはそれぞれ「クラシック(一般)カード」・「ゴールドカード」・「プラチナカード」の3種類があります。

重要な違いは申し込み対象者です。

  • 三井住友ビジネスカード:法人のみ
  • ビジネスfor Owners:個人事業主と法人代表者
  • 結論、どちらがおすすめ?

    ビジネスfor Ownersがおすすめ

    上記で触れた通り、三井住友ビジネスカードとビジネスfor Ownersでは申込対象が異なります。

    法人として契約したいなら両カードを選べますが、個人事業主として契約したいなら「ビジネスfor Owners」しか選べません。

    その他のポイントとしては、「法人カードを持たせたい社員の人数」があります。

  • 20名以下:三井住友ビジネスカード
  • 20名以上:ビジネスfor Owners(無制限に発行できる)
  • 申し込み対象者や追加カードの枚数に大きな違いがあるため、どちらのほうがおすすめなのかは企業によってケースバイケースです。

    簡単に(=本人確認書類だけで)法人カードを発行したい場合はビジネスfor Ownersの方が作りやすいでしょう。

    ▼本人確認書類だけで簡単に法人カードを作るならビジネスfor Owners▼

    三井住友VISAビジネスfor owners公式サイト・今すぐ申込み

    7つの違いについて

    2枚のカードで異なる7項目について両カードのスペックを紹介します。

    ビジネスfor Ownersは、以下のスペックです。

    1. 申込・審査対象:個人事業主、法人代表者
    2. 決済口座:個人口座、屋号付き口座、法人口座
    3. キャッシングリボ:0~50万円、利率15.0%(プラチナは0~100万円、利率15.0%)
    4. 支払方法:1回払い、リボ払い、分割払い、2回払い、ボーナス一括払い
    5. 追加カードと電子マネー:ETCカード、iD、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa、WAON
    6. キャッシュバックやチャージ:可能
    7. マイレージやポイント移行:可能

    三井住友ビジネスカードは、以下のスペックです。

    1. 申込・審査対象:法人そのもの
    2. 決済口座:法人口座
    3. キャッシングリボ:なし
    4. 支払方法:1回払いのみ
    5. 追加カードと電子マネー:ETCカード、プラスEX
    6. キャッシュバックやチャージ:不可
    7. マイレージやポイント移行:不可

    「申込対象者」を確認後に、「支払い方法」や「追加カード」などのスペックを比較して検討を進めましょう。

    ポイント還元率はどちらも同じですが、ポイントの使い道に少し違いがあります。
    三井住友ビジネスカードは「キャッシュバック」や「マイル移行」にポイントを使えません。

    ▼ポイントをマイルに変えたいならビジネスfor Owners▼

    三井住友VISAビジネスfor owners公式サイト・今すぐ申込み

    カードランクごとの比較

    カードランクごとの比較

    次に両カードのカードランクごとの比較をしていきます。

    クラシック(一般)カードの比較

    ※左が「ビジネスfor Owners」、右が「三井住友ビジネスカード」

    カード名称ビジネスfor Ownersのクラシック(一般)カード三井住友ビジネスカードクラシック(一般)カード
    年会費本会員:1,375円(税込)
    パートナー会員:1名につき440円(税込)(初年度年会費無料)
    1,375円(税込)
    2名から1名につき440円(税込)
    申込対象20歳以上の個人事業主と法人の代表者法人
    社員用カード年会費:440円(税込)
    発行枚数:制限なし
    年会費:440円(税込)
    発行枚数:20枚
    限度額10~150万円20~150万円
    支払方法1回払い
    リボ払い
    分割払い
    2回払い
    ボーナス一括払い
    一回払いのみ
    キャッシングリボ 0~50万円
    利率(実質年率)15.0%
    なし
    海外キャッシュサービス0~50万円
    利率(実質年率)18.0%
    0~30万円
    利率(実質年率)15.0%
    追加カードと電子マネーETCカード
    iD
    Apple Pay
    プラスEX
    PiTaPa
    WAON
    ETCカード
    プラスEX
    ETCカード年会費:550円(税込)
    発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
    発行手数料:無料
    ※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
    年会費:550円(税込)
    発行枚数:1枚のカードに対して複数枚発行可能
    発行手数料:無料
    ※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
    ポイント還元率0.5%
    ※「1PT=5円」の場合
    0.5%
    ※「1PT=1円」の場合
    ポイント交換先VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    キャッシュバック
    ANAマイル移行、など
    VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    Google Playギフトカード
    景品交換、など
    ※キャッシュバックやチャージ、マイレージ移行やポイント移行不可
    空港ラウンジなしなし
    保険ショッピング保険:年間100万円(海外のみ対象)
    国内旅行保険:なし
    海外旅行保険:最高2,000万円
    ショッピング保険:年間100万円(海外のみ対象)
    国内旅行保険:なし
    海外旅行保険:最高2,000万円

    大きな違いは黄色でラインが引かれている「限度額」「海外キャッシングサービス」です。

    ゴールドカードの比較

    ※左が「ビジネスfor Owners」、右が「三井住友ビジネスカード」

    カード名称ビジネスfor Ownersのゴールドカード三井住友ビジネスカードのゴールドカード
    年会費本会員:11,000円(税込)
    パートナー会員:1名につき2,200円(税込)
    (初年度年会費無料)
    11,000円(税込)
    2名から1名につき2,200円(税込)
    申込対象20歳以上の個人事業主と法人の代表者法人
    社員用カード年会費:2,200円(税込)
    発行枚数:制限なし
    年会費:2,200円(税込)
    発行枚数:20枚
    限度額50~300万円20~300万円
    支払方法1回払い
    リボ払い
    分割払い
    2回払い
    ボーナス一括払い
    一回払いのみ
    キャッシングリボ0~50万円
    利率(実質年率)15.0%
    なし
    海外キャッシュサービス0~50万円
    利率(実質年率)18.0%
    0~30万円
    利率(実質年率)15.0%
    追加カードと電子マネーETCカード
    iD
    Apple Pay
    プラスEX
    PiTaPa
    WAON
    ETCカード
    プラスEX
    ETCカード年会費:550円(税込)
    発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
    発行手数料:無料
    ※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
    年会費:550円(税込)
    発行枚数:1枚のカードに対して複数枚発行可能
    発行手数料:無料
    ※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
    ポイント還元率0.5%
    ※「1PT=5円」の場合
    0.5%
    ※「1PT=1円」の場合
    ポイント交換先VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    キャッシュバック
    ANAマイル移行、など
    VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    Google Playギフトカード
    景品交換、など
    ※キャッシュバックやチャージ、マイレージ移行やポイント移行不可
    空港ラウンジ国内主要28空港国内主要28空港
    保険ショッピング保険:年間300万円
    国内旅行保険:最高5,000万円
    海外旅行保険:最高5,000万円
    ショッピング保険:年間300万円
    国内旅行保険:最高5,000万円
    海外旅行保険:最高5,000万円

    ゴールドカードも大きな違いは黄色でラインが引かれた「限度額」「海外キャッシングサービス」です。

    プラチナカードの比較

    ※左が「ビジネスfor Owners」、右が「三井住友ビジネスカード」

    カード名称ビジネスfor Ownersのプラチナカード三井住友ビジネスカードのプラチナカード
    年会費本会員:55,000円(税込)
    パートナー会員:1名につき5,500円(税込)
    55,000円(税込)
    2名から1名につき5,500円(税込)
    申込対象30歳以上の個人事業主と法人の代表者法人
    社員用カード年会費:5,500円(税込)
    発行枚数:制限なし
    発行手数料:無料
    年会費:5,500円(税込)
    発行枚数:20枚
    発行手数料:無料
    限度額200~500万円150~500万円
    支払方法1回払い
    リボ払い
    分割払い
    2回払い
    ボーナス一括払い
    一回払いのみ
    キャッシングリボ0~100万円
    利率(実質年率)15.0%
    なし
    海外キャッシュサービス0~50万円
    利率(実質年率)18.0%
    0~30万円
    利率(実質年率)15.0%
    追加カードと電子マネーETCカード
    iD
    Apple Pay
    プラスEX
    PiTaPa
    WAON
    ETCカード
    プラスEX
    ETCカード年会費:無料
    発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
    発行手数料:無料
    年会費:無料
    発行枚数:1枚のカードに対して複数枚発行可能
    発行手数料:無料
    ポイント還元率0.5%
    ※「1PT=1円」の場合
    0.5%
    ※「1PT=1円」の場合
    ポイント交換先VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    キャッシュバック
    ANAマイル移行、など
    VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    Google Playギフトカード
    景品交換、など
    ※キャッシュバックやチャージ、マイレージ移行やポイント移行不可
    空港ラウンジ国内主要28空港
    プライオリティパス
    国内主要28空港
    プライオリティパス
    保険ショッピング保険:年間500万円
    国内旅行保険:最高1億円
    海外旅行保険:最高1億円
    ショッピング保険:年間500万円
    国内旅行保険:最高1億円
    海外旅行保険:最高1億円

    プラチナカードも大きな違いは黄色でラインが引かれた「限度額」「海外キャッシングサービス」です。

    「プライオリティパス」や「空港ラウンジ」など、スペックはほぼ変わりません。

    他のランクと同様に「申込対象者」軸にカードを選んでいきましょう。

    ▼本人確認書類だけで簡単に法人カードを作るならビジネスfor Owners▼

    三井住友VISAビジネスfor owners公式サイト・今すぐ申込み

    三井住友の法人カード for ownersの審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
    【徹底検証】初年度・設立初期におすすめの三井住友の法人カード(for owners)。クラシック・ゴールド・プラチナごとに、限度額・個人事業主でもOKか・追加カード・ETCカードの有無まで解説!今すぐチェック。

    各カードの特徴を再度確認しよう!

    各カードの特徴を再度確認しよう

    ビジネスfor Owners

    三井住友の法人カード(for owners)

    カード名称クラシック(一般)カードゴールドカードプラチナカード
    年会費本会員:1,375円(税込)
    パートナー会員:1名につき440円(税込)
    (初年度年会費無料)
    本会員:11,000円(税込)
    パートナー会員:1名につき2,200円(税込)
    (初年度年会費無料)
    本会員:55,000円(税込)
    パートナー会員:1名につき5,500円(税込)
    申込対象20歳以上の個人事業主と法人の代表者20歳以上の個人事業主と法人の代表者30歳以上の個人事業主と法人の代表者
    社員用カード年会費:440円(税込)
    発行枚数:制限なし
    年会費:2,200円(税込)
    発行枚数:制限なし
    年会費:5,500円(税込)
    発行枚数:制限なし
    限度額~150万円~300万円原則200万円~
    支払方法1回払い
    リボ払い
    分割払い
    2回払い
    ボーナス一括払い
    1回払い
    リボ払い
    分割払い
    2回払い
    ボーナス一括払い
    1回払い
    リボ払い
    分割払い
    2回払い
    ボーナス一括払い
    追加カード電子マネーETCカード
    iD
    Apple Pay
    プラスEX
    PiTaPa
    WAON
    ETCカード
    iD
    Apple Pay
    プラスEX
    PiTaPa
    WAON
    ETCカード
    iD
    Apple Pay
    プラスEX
    PiTaPa
    WAON
    ETCカード年会費:550円(税込)
    発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
    発行手数料:無料
    ※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
    年会費:550円(税込)
    発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
    発行手数料:無料
    ※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
    年会費:無料
    発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
    発行手数料:無料
    ポイント還元率0.5%
    ※「1PT=5円」の場合
    0.5%
    ※「1PT=5円」の場合
    0.5%
    ※「1PT=5円」の場合
    ポイント交換先VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    キャッシュバック
    ANAマイル移行、など
    VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    キャッシュバック
    ANAマイル移行、など
    VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    キャッシュバック
    ANAマイル移行、など
    空港ラウンジなし国内主要28空港国内主要28空港
    プライオリティパス
    保険ショッピング保険:年間100万円(海外のみ対象)
    国内旅行保険:なし
    海外旅行保険:最高2,000万円
    ショッピング保険:年間300万円
    国内旅行保険:最高5,000万円
    海外旅行保険:最高5,000万円
    ショッピング保険:年間500万円
    国内旅行保険:最高1億円
    海外旅行保険:最高1億円

    ビジネスfor Ownersは、個人事業主と法人代表者の両方が申込できます。

    申込書類は申込者の「本人確認書類」だけなので、簡単にカードを発行できます。

    決済口座は「個人口座」を選ぶことができ、その他に「個人事業主=屋号付き口座」「法人代表者=法人口座」も選択可能です。

    ポイント交換に関しては、「キャッシュバック」や「マイル移行」などさまざまな選択肢があります。

    どんな企業におすすめ?

    ビジネスfor Ownersは、以下のような企業に向いています。

    • 個人事業主や法人代表者
    • フリーランスや中小企業
    • 無制限に社員カードを発行したい
    • 簡単書類で申し込みたい
    • ポイントの使い道は多いほうが嬉しい

    本人確認書類だけで申し込めるため、会社を設立したてでも発行できるのが便利です。

    中小企業はもちろんフリーランスにもおすすめです。

    社員用カードを無制限に発行できるため、この点を重視するなら大企業にとっても使いやすい法人カード。

    三井住友VISAビジネスfor owners公式サイト・今すぐ申込み
    三井住友の法人カード for ownersの審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
    【徹底検証】初年度・設立初期におすすめの三井住友の法人カード(for owners)。クラシック・ゴールド・プラチナごとに、限度額・個人事業主でもOKか・追加カード・ETCカードの有無まで解説!今すぐチェック。

    三井住友ビジネスカード

    三井住友ビジネスカード

    カード名称クラシック(一般)カードゴールドカードプラチナカード
    年会費1,375円(税込)
    2名から1名につき440円(税込)
    11,000円(税込)
    2名から1名につき2,200円(税込)
    55,000円(税込)
    2名から1名につき5,500円(税込)
    申込対象法人法人法人
    社員用カード年会費:440円(税込)
    発行枚数:20枚
    発行手数料:無料
    年会費:2,200円(税込)
    発行枚数:20枚
    発行手数料:無料
    年会費:5,500円(税込)
    発行枚数:20枚
    発行手数料:無料
    限度額20~150万円20~300万円150~500万円
    支払方法一回払いのみ一回払いのみ一回払いのみ
    キャッシングリボなしなしなし
    海外キャッシュサービス0~30万円
    利率(実質年率)15.0%
    0~30万円
    利率(実質年率)15.0%
    0~30万円
    利率(実質年率)15.0%
    追加カードと電子マネーETCカード
    プラスEX
    ETCカード
    プラスEX
    ETCカード
    プラスEX
    ETCカード年会費:550円(税込)
    発行枚数:1枚のカードに対して複数枚発行可能
    発行手数料:無料
    ※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
    年会費:550円(税込)
    発行枚数:1枚のカードに対して複数枚発行可能
    発行手数料:無料
    ※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
    年会費:無料
    発行枚数:1枚のカードに対して複数枚発行可能
    発行手数料:無料
    ポイント還元率0.5%
    ※「1PT=1円」の場合
    0.5%
    ※「1PT=1円」の場合
    0.5%
    ※「1PT=1円」の場合
    ポイント交換先VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    Google Playギフトカード
    景品交換、など
    ※キャッシュバックやチャージ、マイレージ移行やポイント移行不可
    VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    Google Playギフトカード
    景品交換、など
    ※キャッシュバックやチャージ、マイレージ移行やポイント移行不可
    VJAギフトカード
    Amazonギフト券
    iTunesカード
    Google Playギフトカード
    景品交換、など
    ※キャッシュバックやチャージ、マイレージ移行やポイント移行不可
    空港ラウンジなし国内主要28空港国内主要28空港
    プライオリティパス
    保険ショッピング保険:年間100万円(海外のみ対象)
    国内旅行保険:なし
    海外旅行保険:最高2,000万円
    ショッピング保険:年間300万円
    国内旅行保険:最高5,000万円
    海外旅行保険:最高5,000万円
    ショッピング保険:年間500万円
    国内旅行保険:最高1億円
    海外旅行保険:最高1億円

    三井住友ビジネスカードの申込対象者は、法人のみです。

    申込書類は「法人代表者の本人確認書類」「履歴事項全部証明書(登記簿謄本や妙本)」の2点が必要です。

    プラチナカードは「損益計算書」や「販売費」など直近2期分の決算書類も必要となります。

    決済口座は「法人口座」のみです。

    プラチナカードを希望する場合は「ビジネスfor Owners」なら本人確認書類だけで発行できるため、申し込みが簡単です。

    ポイントは、キャッシュバック」・「チャージ」・「マイル移行」・「ポイント移行」ができません。
    海外出張が多くポイントをマイル移行したい企業は、ビジネスfor Ownersのほうがおすすめです。

    ▼ポイントをマイルに変えたいならビジネスfor Owners▼

    三井住友VISAビジネスfor owners公式サイト・今すぐ申込み

    どんな企業におすすめ?

    三井住友ビジネスカードは、以下のような企業に向いています。

    • 法人
    • 中小企業や大企業
    • 20名を目安に社員カードを発行したい
    • 法人書類が必要でも法人として契約したい
    • ポイントの使い道は気にしない

    申込書類が少し面倒ですが、それでも法人として契約したい企業におすすめです。

    20枚まで社員カードを発行でき、ETCカードも1枚のカードに対して複数枚を作れます。

    支払方法も1回払いのみとシンプルであり、法人を対象としたスタンダードなスペックの法人カードです。

    まとめ

    三井住友ビジネスカードとビジネスfor Ownersは、かなりスペックが似ている法人カードです。

    基本的に申込対象が異なるため、どうしても法人として契約したいという状況を除けば「ビジネスfor Owners」からスタートしてみるのがおすすめです。

    ビジネスfor Ownersは本人確認書類だけで申し込むことができるため、法人確認書類や決算書類は不要です。

    ▼本人確認書類だけで簡単に法人カードを作るならビジネスfor Owners▼

    三井住友VISAビジネスfor owners公式サイト・今すぐ申込み

    一般カード 法人カードの券種紹介

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました