SBS法人カード徹底解説【申込終了】本当の強みは助成金・就業規則・求人掲載など、法人特化のサポート体制だった!

ゴールドカード
SBS法人カード(含むゴールド)は【新規会員の受付を終了】しました。
※詳細はこちら(公式サイト)よりご確認ください。

SBS法人カードは、特典豊富なカード法人カードでしたがすでに新規受付を終了しています。

当記事では、SBS法人カードに代わる「ビジネスに使える特典豊富な法人カード」を紹介します。

▼年会費2.2万円でもてるコスパ最強法人カード
プライオリティパス+コンシェルジュ機能がついてこの年会費です!
セゾンプラチナビジネス公式サイト・今すぐ申込み

後継カードは出ていないので別のカードを検討しよう

クレジットカードが新規受付を停止するときは後継カードが出ることがありますが、SBS法人カードに関しては出ていません。

そのため、SBS法人カードを検討していた方は別カードの検討が必要です。

法人カードは何種類もありますが、特典豊富でおすすめなカードに「セゾンプラチナ・ビジネスアメックス」があります。

セゾンプラチナビジネス

カード名称セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス
年会費22,000円(税込)
※割引あり
申込対象個人事業主または経営者の方
限度額100万円~1,000万円
追加カード4枚まで発行可能
ETCカード無料で発行可能
ポイント還元率JALマイル最大1.375%
空港ラウンジ世界中1,000以上利用可能
保険最高1億円
当サイトの解説こちらをクリック

セゾンプラチナビジネス・アメックス最大の特徴はなんといっても「コスパが最強」な点です。

年間200万円以上の利用が条件とはいえ、年会費10,000円でコンシェルジュサービスもプライオリティパスも付帯している法人カードはほかにありません!

1年目および通常年会費は22,000円(税込)ですが、1年目は入会特典で年会費分の元はとれますし、次年度以降も少しでも特典を使う人ならすぐに年会費をペイできます。

法人カードにコスパを追求する経営者の方にぜひおすすめしたい1枚です。

セゾンプラチナビジネス公式サイト・今すぐ申込み

低コストで大量に追加カードを発行したいならBizプリカがおすすめ

従業員にも法人カードを持たせることを検討している場合は、プリペイド型クレジットカードの「Bizプリカ」もおすすめです。

Bizプリカは、事前に入金した金額のみを使えるプリペイド型のため、入会時の審査はありません。

1枚月額110円と格安で社員用カードも発行でき(上限なし)、カードごとに利用金額の設定もできます。

審査不要で作成が簡単なため、はじめて社員カードを作る経営者さんにも向いています。

Bizプリカ公式サイト
Bizプリカは法人向けプリペイドカード!評判・メリットは?仮払金・小口現金効率化を目指す、運営会社にインタビューもしてきました!
法人・店舗ビジネスにおける小口現金・現場の立替金に対して非常に使いやすいカード「Bizプリカ」の紹介・運営者会社のTOMOWEL Payment Service株式会社に迫るインタビュー記事です!

▼想定の利用金額から、お得度で比較して法人カードを探したい方はこちらもご利用ください。

利用金額から、お得なカードを比較
あなたの属性

▼ここから先は申込受付時のビジネクストカードの情報です。参考程度にご覧ください。

【新規受付 終了済み】基本情報

SBS法人カード(含むゴールド)は【新規会員の受付を終了】しました。
以下は参考情報としてご覧ください。
カード名称クラシックゴールド
年会費11,000円(税込)
2年目以降は1,650円(税込)
※初年度無料
38,500円(税込)
2年目以降は11,000円(税込)
※初年度無料
申込対象個人事業主
法人代表者
個人事業主
法人代表者
限度額10~150万円50~300万円
追加カード年会費:1,650円(税込)
発行枚数:本会員を含めて最大20枚
発行手数料:無料
※初年度年会費無料
年会費:1,650円(税込)
発行枚数:本会員を含めて最大20枚
発行手数料:無料
※初年度年会費無料
ETCカード年会費:550円(税込)
発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
発行手数料:無料
※初年度無料、年1回の利用で2年目無料
年会費:550円(税込)
発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
発行手数料:無料
※初年度無料、年1回の利用で2年目無料
ポイント還元率0.5%
※「1PT=1円」の場合
0.5%
※「1PT=1円」の場合
ポイント交換先VJAギフトカード
Amazonギフト券
iTunesカード
キャッシュバック
ANAマイル移行、など
VJAギフトカード
Amazonギフト券
iTunesカード
キャッシュバック
ANAマイル移行、など
空港ラウンジなし国内主要28空港
保険ショッピング保険:年間100万円
国内旅行保険:なし
海外旅行保険:最高2,000万円
ショッピング保険:年間300万円
国内旅行保険:最高5,000万円
海外旅行保険:最高5,000万円
電子マネーiD
PiTaPa
WAON
Apple Pay
iD
PiTaPa
WAON
Apple Pay

SBS法人カードは「SBS Executive Business Card」という名称で、三井住友VISAカードが発行している法人カードです。

他の法人カードと比較すると、「助成金申請」や「専門業務依頼」を優待価格で利用できる特典が備わっているのが特徴です。

法人カードと相性のいい特典を利用できるので、経理の一本化だけではなくコスト削減を目指している企業にもおすすめな法人カードです。

SBS法人カードは「クラシック」と「ゴールド」の2種類あります。
ビジネス優待をクラシックは一部しか利用できないため、SBS法人カードの強みを最大限に活かすならゴールドを発行するといいでしょう。

年会費

  • クラシック:11,000円(税込)
  • ゴールド:38,500円(税込)

初年度は年会費無料です。

法人カードの年会費は経費計上できます。
利益が出ている状況なら、年会費が高い法人カードを作って節税効果を高めるのもおすすめです。

申込対象と必要書類

SBS法人カードは「個人事業主」と「法人代表者」が対象。

クラシックとゴールドの両方とも「本人確認書類」だけで申し込みが可能です。

決済口座は「個人口座」と「法人口座」を選べます。

SBS法人カード(含むゴールド)は【新規会員の受付を終了】しました。
以下は参考情報としてご覧ください。

限度額

限度額は下限と上限ともにゴールドのほうが高く設定されています。

  • クラシック:10~150万円
  • ゴールド:50~300万円

経費支出が多い企業は、ゴールドのほうが使い勝手がいいですね。

追加カード

2枚目以降の追加カードは「クラシック1,650円(税込)」・「ゴールド11,000円(税込)」で発行できます。

  • 発行枚数:本会員を含めて最大20枚
  • 発行手数料:無料

本会員を含めて最大20枚を発行できます(本会員分を除けば社員カードは最大19枚)。

ETCカード

ETCカードは年会費550円(税込)ですが、実質年会費無料で使えます。

  • 年会費:550円(税込)
  • 発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
  • 発行手数料:無料

初年度は年会費無料、年1回の利用で2年目年会費は無料です。

ETCカードを発行して年に1度も使わないという状況は少ないので、年会費を気にせず発行できるのは嬉しいですね。

その他、プラスEXカードを年会費1,100円(税込)で発行できます。
東海道・山陽新幹線(東京~博多)のチケットをお得な価格で予約できます。

ポイント還元率

SBS法人カードは「Vポイント」が搭載されています。

1,000円の利用ごとに1ポイントが付与され、ポイント還元率の目安は0.5%です。

Vポイントは使い道によって還元率が異なりますが、ほとんどの交換先は「1PT=5円」です。

ココイコ!」という特約店では、2倍以上でポイントを獲得できます。
「ビックカメラ」や「東急百貨店」など、有名ショップが多数加盟しています。
ポイントUPモール」は、2倍~20倍でポイントを獲得できる三井住友VISAカードのポイントモール。
「楽天市場」や「Amazon」など、こちらも有名ショップが多いです。

ポイント交換先

Vポイントの使い道は「景品交換」や「ギフト券」など、選択肢が多いです。

  • VJAギフトカード:1,000PT=5,000円(0.5%)
  • Amazonギフト券:1PT=5円(0.5%)
  • iTunesカード:1PT=5円(0.5%)
  • キャッシュバック:1PT=3円(0.3%)
  • ANAマイル移行:1PT=3マイル(0.3%)

「キャッシュバック(0.3%)」や「ANAマイル移行(0.3%)」など、還元率が低い交換先もあります。

フライト出張が多い企業はマイル還元率の高い法人カードを求めることが多いですが、そのような企業にとってSBS法人カードはやや不向きです。

空港ラウンジ

クラシックに空港ラウンジは付いておらず、ゴールドだけの特典となります。

  • クラシック:なし
  • ゴールド:国内主要28空港

「関西国際空港」や「羽田空港」など、国内主要28空港が対象です。

飛行機を利用することが多いなら、ゴールドを選んでおきたいですね。

付帯保険

クラシックは「ショッピング保険:年間100万円」と「海外旅行保険:最高2,000万円」が付帯されています。

ゴールドは「ショッピング保険:年間300万円」と「海外旅行保険:最高5,000万円」に加えて、「国内旅行保険:最高5,000万円」も付いています。

電子マネー

電子マネーの対応種類は、クラシックとゴールドともに同じです。

  • iD
  • PiTaPa
  • WAON
  • Apple Pay

法人カードは電子マネーの対応種類が少ないカードが多いため、使える電子マネーが多いのは1つのメリットですね。

コンシェルジュ機能

SBS法人カードはコンシェルジュ機能がありません。

ゴールドの年会費38,500円(税込)を出すなら、コンシェルジュ機能付きプラチナカードも選択肢に入れることができます。

「セゾンプラチナビジネスアメックス」なら年会費22,000円(税込)でコンシェルジュ機能が付帯しています。

24時間365日体制であなたの出張や接待の手配をサポートしてくれます。

セゾンプラチナビジネス公式サイト・今すぐ申込み
特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

その他

SBS法人カードは、以下の独自特典が魅力です。

  • iPhone修理(iCracked japan):1,000円割引(クラシック可能)
  • グローバルWi-Fi(ビジョン):20%OFF(クラシック可能)
  • 専門業務依頼(ココペリ):5,000円キャッシュバック(クラシック可能)
  • 助成金申請(日本社会保険労務士法人):6%OFF
  • 求人掲載(engage):無料
  • 宿泊(Relux):5~8%OFF
  • 旅行(リロの旅デスク):5~8%OFF
  • 贈答花割引(アディッドバリュー):5%OFF
  • 経理アシスタント(メリービズ):10%OFF

ゴールドは上記すべての特典を利用できますが、クラシックは「iPhone修理:1,000円割引」・「グローバルWi-Fi:20%OFF」・「専門業務依頼:5,000円キャッシュバック」のみです。

特典をフルに使うためにもSBS法人カードはゴールドを発行しておくのがおすすめです。

その他、クラシックとゴールド共通で利用できる「Visaビジネスオファー」も用意されています。

「Visaビジネスオファー」とはVisaが提供する優待特典です。
特典内容はビジネス・グルメ関係の内容が用意されています。

※Visaブランドの法人カードが対象なので、他のVisa法人カードでも利用できます。

どんな企業に向いている?

SBS法人カードは個人事業主や法人代表者としてカード契約したい企業におすすめです。

他の法人カードと比べて「追加カードの年会費が1,650円(税込)と安い」・「上限が19枚と多い」など、社員数が増えてきた企業にとっても選びやすいスペックに仕上がっています。

大企業向けの法人カードは「登記簿謄本」や「決算書類」などが必要になることが多いですが、SBS法人カードは「本人確認書類」だけで発行できるのもメリットですね。

成長著しく、カードを持つべき営業部隊を抱えるような業種の企業にはいいかもしれません。

キャッシュフローを最大56日延長できる

※クリックで拡大できます

SBS Executive Business Card

SBS法人カードはキャッシュフローを最大56日延長できます。

支払いが約2ヶ月後となるので、資金繰りを改善したい企業に最適です。

企業向けの特典に魅力を感じるかどうか?がポイント

※クリックで拡大できます

SBS法人カード特典内容比較

他の法人カードにはないオリジナリティーを見出すなら、やはり企業向けの特典がポイントとなります。

採用支援ツールengageを利用する場合、サイト制作や応募者管理・スカウトメールなどを完全無料で利用できます。

日本社会保険労務士法人へ助成金申請を依頼する場合なら、着手金0円の完全成果報酬型で手数料6%OFFで利用できます。

このように専門的な企業向けサービスを優待価格で利用できるのがSBS法人カードならではの魅力です。

まとめ

(!)SBS法人カードは、特典豊富な法人カードでしたがすでに新規の受付を終了しています。

SBS法人カードを検討されていた方は、ほかの「特典豊富な法人カード」を再検討する必要があります。

当サイト(法人カード調査部)のおすすめカードは以下の通りです!

▼年会費2.2万円でもてるコスパ最強法人カード
プライオリティパス+コンシェルジュ機能がついてこの年会費です!
セゾンプラチナビジネス公式サイト・今すぐ申込み

ゴールドカード 一般カード 法人カードの券種紹介

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

(上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました