法人ETCカード基礎知識・最初は法人クレジットカード付帯の年会費無料ETCがオススメ?複数枚発行・クレジット機能無しの発行方法なども解説します。

法人ETCカード基礎知識・最初は法人クレジットカード付帯の年会費無料ETCがオススメ?複数枚発行・クレジット機能無しの発行方法なども解説します。 法人カードの利用・特典

法人用ETCカードの基礎知識

法人用ETCカードは、「個人事業主」や「法人」を対象に発行されているETCカードです。

機能自体は通常のETCカード(私生活で使っているもの)と同じ。

高速道路のETCゲートを通過できるため、混雑しがちな一般ゲート(現金)を回避できるのがメリットです。

法人ETCカードを持つべき理由

通常のETCカードと法人用ETCカードは機能が同じなので、「わざわざ法人用のETCカードを作る必要があるのか?」と疑問に感じますね。

法人用ETCカードを作る理由は、ETC料金の経費管理をしやすくするためです。

出張等でETCゲートを通過する際に個人用のETCカードで支払っても、基本的にそれは経費として認められません。立替金で処理するにも回数が増えると非常に面倒です。

法人用ETCカードは「個人事業主」や「法人」として持つため、簡単に経費処理ができます。

ETCカードの仕組み自体は「個人用のクレジットカード」と「法人用のクレジットカード」と全く同じです。

法人用ETCカードの種類

法人用ETCカードは3種類あります。

  • クレカ付帯ETCカード
  • 法人ETCカード
  • ETCコーポレートカード

クレジットカードに付帯されているETCカードは、カード会社で申し込みと発行を行います。

カード会社によってETCカードの「発行枚数」や「年会費」などに違いがあります。

法人ETCカードはクレジット機能が不要な場合に第一候補となるスタンダードなETCカードで、ETCコーポレートカードは大口多頻度向けです。

クレジット機能のない法人ETCカードは多くの協同組合が発行していますが、一例として「高速情報協同組合」と「ETC協同組合」の2つを紹介していくので参考にしてみてくださいね。

法人クレジットカード付帯のETCカード

公式サイト

法人クレジットカードに付帯されているETCカードは、各法人カードを発行しているカード会社で申し込みます。

法人カードと一緒にETCカードを申し込むことができますし、あとからETCカードだけ申し込むことも可能。

高速情報協同組合やETC協同組合のETCカードと比較すると、ETCカードを発行する際に必要書類が不要という点が大きく違います。

クレジットカードを発行するときは必要書類や審査がありますが、ETCカード発行は何もありません。

「法人カードは審査があるので厳しいのでは・・・?」というデメリットがよく挙げられるものの、本人確認書類だけで申し込める、ハードル低めの法人カードも増えてきています。

簡単に法人用ETCカードを発行したいなら、法人カードとセットでETCカードを発行するのが一番おすすめ。

オリコEX Gold for Bizの場合なら、ETCカードを発行する際に「車検証」や「車載器証明書」などは必要ありません。また、「確定申告(個人事業主)」や「登記簿謄本(法人)」も不要なので、ETCカードへ申し込むだけで発行できます。

法人ETCカード(高速情報協同組合)

公式サイト

高速情報協同組合は平成5年から運営されている団体で、法人ETCカードを長く取り扱っている歴史があります。

中小企業の事業を多角的にアシストする「高速情報協同組合」。異業種交流や各種、共同購買・共同利用を通じて事業経営を効率よくサポートします。コストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供や交流など経営活動の促進を目指した事業協同組合です。

引用元:高速情報協同組合

高速情報協同組合とETC協同組合は、名称も事業も似ていますが別の組織です。運営の長さからすると、一般的にETC法人カードは「高速情報協同組合」を指すことが多いように思います。
高速情報協同組合は「走行手数料8%」・「年会費500円(税抜)」・「発行手数料500円(税抜)」。ETC協同組合は「年会費800円(税抜)」・「発行手数料800円(税抜)」、走行手数料は「マイレージ有り:8%」・「マイレージ無し:5%」。ETC協同組合は「マイレージサービス無し」を選択可能で、この点以外は高速情報協同組合と基本情報は同じです。

法人ETCカード(ETC協同組合)

法人ETCカード公式サイト

ETC協同組合は「所在地」や「連絡先(電話番号)」といった組合概要が高速情報協同組合に似ていますが、同じ組織ではありません。

組合概要の説明もとても似ています。

中小企業の事業を多角的にアシストし、異業種交流や各種共同購買・共同利用を通じて事業経営を効率よくサポートします。コストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供や交流など、経営活動の促進を目指した事業協同組合です。

引用元:ETC協同組合

ETCマイレージが不要で、走行手数料を安く抑えたい企業におすすめ。

ETCコーポレートカード(高速情報協同組合)

ETCコーポレートカード公式サイト

ETCコーポレートカードは高速情報協同組合が取り扱っていますが、申し込みや発行はNECXOです。

  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本

NEXCOで申し込むことができ、窓口によって多少は必要書類が異なるようですが、主な書類は以下のとおり。

引用元:ETCコーポレートカード利用案内書(NECXO西日本)

ETCコーポレートカードはマイレージがありません。その代わりに多頻度割引制度(10~20%割引)が設けられています。ETCカードは区間や時間帯別からさまざまな割引があるため、「どれが一番お得なのか?」は高速道路の利用状況で大きく変わります。ここがETCカード選びの難しいところですが、割引の損得はどれも同じような印象です。そのため、「発行が簡単」+「走行手数料なし」を考慮すると、クレカ付帯ETCカードがもっとも選びやすいですよ。

【ETCのタイプ別比較表】ETCカードの選び方は?

カード名称クレカ付帯ETCカード法人ETCカード(高速情報協同組合)ETCコーポレートカード(高速情報協同組合)法人ETCカード(ETC協同組合)
発行会社その法人カードを発行しているカード会社高速情報協同組合高速情報協同組合
※東中西日本高速道路株式会社が発行。(NEXCO)
ETC協同組合
クレジット機能あり
※クレジットカードにETCカードを追加できる
なし
※ETCカード単体
なし
※ETCカード単体
なし
※ETCカード単体
年会費カードによる
※無料~500円(税抜)が多い
500円(税抜)572円(税抜)800円(税抜)
発行手数料カードによる
※ほとんどが無料
500円(税抜)572円(税抜)800円(税抜)
出資金なし10,000円(1社)
※脱退時に返金
10,000円(1社)
※脱退時に返金
10,000円(1社)
※脱退時に返金
発行枚数カードによる
※3枚~無制限
無制限
※1台につき最高4枚
無制限
※1台につき1枚
無制限
※1台につき最高4枚
必要書類なし・本人確認書類
・車検証写し
・申請車両のETC車載器セットアップ証明書
・税務署印のある確定申告など(個人事業主)
・3ヶ月以内の登記簿謄本(法人)
・印鑑証明書
・保証人の印鑑証明書
・車検証の写し
・その他、窓口が指定する書類
・登記簿謄本(法人)
・事業免許証等(路線バス事業者の場合)

※事業協同組合は上記に加えて、以下の書類が必要

・設立許可書の写し
・組合員の名簿
・定款
・定款変更認可書の写し
・決算報告書
・定款内の事業活動を確認できる書類
・本人確認書類
・車検証写し
・ETC車載器セットアップ証明書
・確定申告(個人事業主)
・3ヶ月以内の登記簿謄本(法人)
ETCマイレージサービス登録可能登録可能
※ETCマイレージサービスへの登録等をすべて管理してくれるが、毎月の走行金額の8%を手数料として取られる
登録不可
※ETCマイレージの代わりに多頻度割引制度がある

・5,000~10,000円:10%割引
・10,000~30,000円:15%割引
・30,000以上:20%割引
マイレージ有りと無しを選べる
※マイレージ有りは、走行手数料8%、マイレージ無しは走行手数料5%
支払方法クレジットカード口座振替口座振替口座振替
支払日カード会社による月末締め翌月20日頃に請求書発送、翌々月8日に口座振替月末締め翌月20日頃に請求書発送、翌々月8日に口座振替月末締め翌月20日頃に請求書発送、翌々月
5日に口座振替。

法人ETCカードの選び方は、まず「クレジット機能が必要かどうか?」がポイントです。

クレカ付帯の法人ETCカードが欲しいなら、法人カードの選定を行うだけです。

クレジット機能が不要なら「法人ETCカード2種」と「ETCコーポレートカード」の2択となりますが、事業協同組合としてETCカードを発行したい場合を除けば「法人ETCカード2種のどちらか」でいいと思います。

クレジット機能(法人カード)が必要かどうかは、資金繰りも考えてみると判断しやすいです。限度額を保持すると、目先のキャッシュフローを改善できます。ETC料金をカード決済できる以外にも、さまざまな経費を一括管理できるのがメリットです。

【クレジット機能が必要】オリコのEX Gold for Bizがおすすめ

個人事業主や法人代表者におすすめなのが、EX Gold for BizのETCカードです。

  • ETC年会費:無料
  • ETC発行費:無料
  • ETC発行枚数:1枚
  • 社員カード年会費:無料
  • 社員カード発行費:無料
  • 社員カード発行枚数:3枚

※社員カード1枚に対してETCカードを1枚発行可能。

クレジットカードの年会費は「初年度無料」+「2年目2,000円」と低コスト、さらにETCカードは年会費も発行手数料も無料です。

社員カードは3枚発行可能で各1枚に対してETCカードを1枚発行できるため、本会員を含めて合計4人の社員がETCカードを使えます。

クレジットカードの申し込みは「本人確認書類」のみ、ETCカード発行に関しては書類が不要です。

オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...

【クレジット機能が必要】その他でおすすめは?

法人カードはETCカードを発行できるカードが非常に多いです。

各カードによって「年会費」と「発行枚数」に違いがありますが、年会費が有料の場合は500円(税抜)。

無制限にETCカードを発行したいなら「JCB法人カード」や「楽天ビジネスカード」がおすすめ、最大20枚までETCカードを発行できる「オリコビジネスカードGold」も便利です。

以下すべての法人カードはETCカードを発行できるため、比較検討してみてはいかがでしょうか。(リンク先の冒頭で簡単にETCカードの詳細を確認できます)

アメックスの法人コーポレートカード(グリーン・ゴールド・プラチナ)の比較&メリット・デメリット徹底解説!
基本情報 ※年会費は税抜で記載 アメックス法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」が対象で、ステータスの高さが魅力です。 法人カードは申込基準が高いカードが多い中、アメックス法人カードは「会社設立初年度」でも持つことがで...
JCBの法人カード比較!メリット・デメリットも整理(定番のポイント型 VS キャッシュバック型、どっちがお得?)
JCB法人カードの種類 JCB法人カードは「ポイント型」と「キャッシュバック型」の2種類あります。 どちらの種類もポイントプログラム以外は同じスペックなので、基本的に損得の判断は「ポイント」VS「キャッシュバック」となります。 ...
法人用ライフカードのビジネスライト・ゴールド徹底解説!法人向けの特典がいい感じ?
基本情報 ※年会費は税別で記載 ライフカードビジネスライトは「年会費が安い」や「申込基準が緩い」といったメリットがあります。 「スタンダード」と「ゴールド」の2種類が用意されており、スタンダードは年会費無料。 法人カ...
法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)チタン・ブラックを所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
アメリカン・エキスプレス・カードに先立ち、2016年より金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイスとともに日本上陸したラグジュアリーカード。 高級感だけでなく、独特な特典、還元率の高さは魅力的。法人代表者が法人カードとして所有する...
三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...
プラチナ法人カード最強!?初年度年会費無料のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています。 そんな「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」ですが、人気の選...
SBS法人カード徹底解説!本当の強みは助成金・就業規則・求人掲載など、法人特化のサポート体制だった!
陸マイラー界隈でも一部話題になっていた、SBSカード(SBS Executive Business Card)について解説! 基本情報 SBS法人カードは「SBS Executive Business Card」という名称で、三...
法人セゾンパールアメックスは唯一!?の即日発行できる法人クレカ&ETC。強み・弱みを徹底解説します。
基本情報 セゾンパールビジネスアメックスは「ETCも合わせて即日発行できる」という珍しいメリットがあります。また、実質年会費無料で持つことができ、入会ハードルが非常に低い・持ちやすい法人カードといえるでしょう。 法人カードで...
ダイナースの法人ビジネスカード徹底まとめ。追加カード無料・年会費上限なしが強い!弱みもしっかり解説します。
基本情報 ダイナースクラブの法人カードは、「ダイナースクラブビジネスカード」という名称です。 個人向けのダイナースクラブカードと基本スペックは同じで、ビジネスカードは「個人口座」や「法人口座」などを支払口座を選択可能。 ス...
オリコビジネスカードGoldは社員が多い会社にオススメの法人カード。追加カード20枚OK・メンバー単位の利用枠設定が可能だが...!?
基本情報 オリコビジネスカードGoldは「限度額は1,000万円まで」や「社員カードは最大20枚まで」※初年度年会費無料、次年度以降は2,000円+税/1枚など、社員が多い会社におすすめの法人カードです。 空港ラウンジや旅行...
FASIOビジネスカードは税理士法人グループが発行する法人カード!シンプル&年会費無料で4枚まで追加カード発行可能で使いやすさ抜群!
税理士法人が発行する珍しい法人カード!きちんと差別化された優位性のある商品設計が魅力的です。年会費・保険条件などを比較条件として重視されている方には特にオススメできるカードです。
法人用、楽天ビジネスカードを持つメリットはある?楽天ヘビーユーザーなら検討の余地あり?
楽天ビジネスカードを持つメリットはある? 楽天ビジネスカードは「プライベート用・楽天プレミアムカード」と「ビジネス用・楽天ビジネスカード」が2枚で1セットになっています。 楽天ビジネスカードだけを持つことができないため、プレミアムカ...
ビジネクスト・法人クレジットカードは年会費永年無料!追加カード・ETCカードも無料で50枚までOK!メリット大きな法人カードです。
基本情報 ビジネクスト法人クレジットカードは、個人事業主や法人代表者を対象に発行されている法人カードです。 ▼最大の魅力はココ! 社員用の追加カードを50枚まで発行できるのが特徴で、「ETCカード」も「社員用追加カ...

【クレジット機能不要】スタンダードなETC法人カード

クレジット機能が不要な場合、各協同組合が発行している法人ETCカードが候補となります。

例として、高速情報協同組合とETC協同組合の違いを紹介しておくと、主に「年会費」と「発行手数料」と「走行手数料」の3つです。

高速情報協同組合

  • 年会費:500円
  • 発行手数料:500円
  • 走行手数料:8%

ETC協同組合

  • 年会費:800円
  • 発行手数料:800円
  • 走行手数料:マイレージ有りは8%、マイレージ無しは5%

どちらも内容がほとんど変わらないため、年会費や発行手数料が安い「高速情報協同組合」がベターでしょうか。

審査が緩いとされる法人カードと法人ETCカードは、どちらのほうが審査が簡単なのかはわかりません。審査ではなく「申込書類」から比較すると、本人確認書類だけで申し込める法人カードのほうが簡単であることは確かです。個人事業主として申し込む場合でも、法人ETCカードは「確定申告書類」が必要ですが、本人確認書類のみで申し込める法人カードは不要です。

【クレジット機能不要】大口多頻度向けはETCコーポレートカード

ETCコーポレートカードは「事業協同組合」として申し込めるのが特徴です。

  • 5,000~10,000円:10%割引
  • 10,000~30,000円:15%割引
  • 30,000以上:20%割引

また、多頻度割引制度というETCコーポレートカードだけに適用される割引も魅力ですが、他のETCカードが登録できる「マイレージサービス」と比較して損得の判断は利用状況によるため一概に答えがありません。

法人としてETCカードを作る場合に大企業であっても「法人ETCカード」を作れるため、事業協同組合としてETCカードが必要な状況以外は「法人ETCカード」でいいと思います。

ETCコーポレートカードは、1台につき1枚しか発行できません。ETCカードに車両番号が印字され、登録した車両でしか使えません。

法人向けETCカードのQ&A

法人向けETCカードは、「審査」や「保証金」など細かいところで疑問を感じやすいですね。

代表的なQ&Aを紹介しておくので、参考にしてみてくださいね。

ETCカードの審査は?

法人ETCカードとETCコーポレートカードは、とくに審査に関する内容が定められていません。

法人ETCカードは「希望に沿えないことがある」と記述されているだけであり、これを軸に考えると申込書類を用意できれば発行可能です。

ETCコーポレートカードは、以下のようになっています。

ご契約いただけない主な要件(次のいずれかの要件に該当する場合、ご契約いただけません。)

要件1:ETCシステムをご利用いただけない場合(ご登録いただく車両に車 載器が搭載されていない場合)
要件2:過去に通行料金等の支払いにトラブルがある場合
要件3:過去に高速国道等のご利用で不適切な行為があった場合
要件4:法人(事業協同組合を含みます。)でお申込みの場合は、カード割引 のみを事業とする等、他の事業の実態が見受けられない場合
要件5:支払いの保証をいただけない場合

引用元:ETCコーポレートカード(NEXCO西日本)

クレジットカード付帯のETCカードは審査がありません。

ETCマイレージサービスとは?

ETCマイレージサービスとは、「NEXCO(東・中・西日本)」と「阪神高速道路株式会社」と「本州四国連絡高速道路株式会社」が共同でシステムを提供して運営しているサービスです。

ETCカードを発行したのちにETCマイレージサービスに登録することで、「10円に1ポイント(道路事業者による)」というようにポイントが貯まります。

また、それとは別に「NEXCO(東・中・西日本)」と「本州四国連絡高速道路株式会社」と「宮城県道路公社」が実施している頻度型時間帯割引の「平日朝夕割引」を利用できます。

クレジットカード付帯のETCカードも、ETCマイレージへ登録可能です。

車両不一致とは?登録車両でしか使えない?

クレジットカード付帯のETCカード・法人ETCカードは、車両限定ではありません。営業車・自家用車関係なくビジネス用途利用であれば問題なく利用可能。

名義に関係なくどの車でも利用できるため、レンタカーやカーシェアでもETCカードが活躍します。

一方で、ETCコーポレートカードは登録車両でしか使うことができず、他の車で使うと車両不一致となります。

ETCコーポレートカードにおける車両不一致は、道路会社が定める使用約款の約款違反となり、組合全体または一部について割引停止・使用停止などの厳しいペナルティが規定されています

ETCコーポレートカードのよくある使用違反例として下記にお気をつけください。

  • 車両入替え時の手続き忘れ
  • カード使用者の不注意・認識不足
  • 配車時の渡し間違い
  • 車検・修理に伴う、代車やレンタカーでの使用

保証金の預託とは?

ETCカードの保証金の預託とは、あらかじめ「保証金(デポジット)」を預けるシステムのETCカードです。

保証金が必要かどうかはETCカードにより、「ETCパーソナルカード」が代表的です。

クレジットカード付帯のETCカードと法人ETCカードは、保証金不要。

ETCコーポレートカードは、以下のようになっています。

支払い保証額

新規のご利用申込みの場合

・後納料金の支払見込月額の4倍に相当する額以上の額(1万円未満の端数は、切り上げるものとします)。
・上記の金額が10万円を下回る場合、保証額は10万円とします。

窓口会社が特に指定する場合

・後納料金の支払見込月額の3倍に相当する額以上の額(1万円未満の端数は、切り上げるものとします)。
・上記の金額が5万円を下回る場合、保証額は5万円とします。

引用元:ETCコーポレートカード(NEXCO西日本)

連帯保証人が必要?

クレジットカード付帯のETCカードと法人ETCカードは、連帯保証人が不要です。

ETCコーポレートカードは「ご契約いただけない主な要件」の中に「保証をいただけない場合」があり、以下のようになっています。

大口・多頻度割引制度の利用申込みに際しては、次のいずれかの方法により、支払いの保証を行ってください。

①連帯保証人として、銀行、農林中央金庫、商工組合中央金庫、信用金庫、信 用協同組合、又は農業協同組合が発行した保証書の提出

②窓口会社の指定銀行口座への保証金の預託(保証金の預託に伴い発生する預 金利息は、窓口会社に帰属するものとします。)

引用元:ETCコーポレートカード(NEXCO西日本)

【コラム】不正利用を未然に防ぐ、社内規定を用意しよう

法人用ETCカードをプライベートで使うと、業務上横領となります。

会社からETCカードの利用に関して説明がなされると思いますが、安易にプリベートで利用することは避けましょう。

また、法人カード(クレジットカード)に関しても、社内規定を作って社員の不正利用を防止することに努めることが大切です。

▼不正利用を防止するアイデアをまとめた記事はこちらから。

社内外の不正利用から守れ!法人カードの悪用(社員による使い込み・横領)も防ぐ社内規定やルール案・管理のコツをまとめました
法人カードは限度額が大きい金額が認められやすいです。また、実際に決済する金額も会社の成長に合わせて大きくなっていきます。 そこで気になるのが、セキュリティ・不正利用のへの対策ですよね。この記事では、社内・社外それぞれで起こりうる悪用や...

まとめ

法人用のETCカードは、クレジットカード付帯のETCカードがおすすめ。

「発行手数料」や「年会費」が無料のものが多く、発行枚数も制限がない法人カードもあります。

マイレージサービスに登録することができますし、何よりも「書類が不要で審査がない」というのが楽な点です。

ETCカード選びをきっかけに法人カードを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました