ビジネクスト・法人クレジットカードは年会費永年無料!追加カード・ETCカードも無料で50枚までOK!メリット大きな法人カードです。

ビジネクスト・法人クレジットカードは年会費永年無料!追加カード・ETCカードも無料で50枚までOK!メリット大きな法人カードです。 法人カードの券種紹介

基本情報

ビジネクスト法人クレジットカード

カード名称ビジネクスト法人クレジットカードビジネクスト法人クレジットカードゴールド
年会費無料10,000円(税抜)
申込対象個人事業主
法人代表者
個人事業主
法人代表者
限度額5~300万円
※300万円以上は相談次第で可能
5~300万円
※300万円以上は相談次第で可能
追加カード年会費:無料
発行枚数:50枚
発行手数料:無料
年会費:無料
発行枚数:50枚
発行手数料:無料
ETCカード年会費:無料
発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
発行手数料:無料
年会費:無料
発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
発行手数料:無料
ポイントプログラムLIFEサンクスプレゼントLIFEサンクスプレゼント
ポイント付与2,000円につき1ポイント2,000円につき2ポイント
ポイント還元率0.25%
※「1PT=5円」の場合
0.5%
※「1PT=5円」の場合
ポイント交換先Vプリカギフ(0.25%)
JCBギフトカード(0.25%)
JTE旅行券(0.25%)
ANAマイル移行(0.125%)
楽天スーパーポイント移行(0.25%)
Vプリカギフ(0.5%)
JCBギフトカード(0.5%)
JTE旅行券(0.5%)
ANAマイル移行(0.25%)
楽天スーパーポイント移行(0.5%)
空港ラウンジなし国内主要26空港
保険なしショッピング保険:年間200万円
国内旅行保険:最高5,000万円
海外旅行保険:最高5,000万円
シートベルト傷害保険:最高200万円
電子マネーなしなし

ビジネクスト法人クレジットカードは、個人事業主や法人代表者を対象に発行されている法人カードです。

▼最大の魅力はココ!
従業員の人数分カード発行できる。何枚でも年会費永年無料!

社員用の追加カードを50枚まで発行できるのが特徴で、「ETCカード」も「社員用追加カード」も無料。

車移動・営業車が多い会社にもオススメ。ETCカードも無料で発行!

また、限度額100万円までは「本人確認書類」だけでOKなので、申し込みのハードルが低いことから起業したばかりでも持ちやすい法人カードとなっています。

ビジネクストとは、個人事業主や法人向けのビジネスローンを扱っている会社です。さまざまな事業向けの融資系サービスがある中の1つとして、法人カードが用意されています。すでにビジネクストで融資を受けている企業にとっては、馴染みやすい法人カードかもしれませんね。

券種

ビジネクスト法人クレジットカードは、「一般」と「ゴールド」の2種類あります。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 空港ラウンジ
  • 付帯保険

一般とゴールドの主な違いは、「年会費」・「ポイント還元率」・「空港ラウンジ」・「付帯保険」です。

ゴールドは年会費10,000円(税抜)ですが、空港ラウンジを使えて付帯保険も高額補償が備わっています。

また、ゴールドはポイントが2倍なので、一般の0.25%に対してゴールドのポイント還元率は0.5%とお得。

他に大きな違いはないため、空港ラウンジや付帯保険が不要なら年会費無料の一般がおすすめ。一般は社員用追加カードやETCカードも含めて、すべて無料です。しかも、申込条件が優しいので「審査が不安・・・」という企業に最適ですよ。

ビジネクスト法人クレジットカードの中では一般カードが圧倒的な人気を誇ります。

年会費

年会費は以下のとおり。

  • 一般:無料
  • ゴールド:10,000円(税抜)

一般は初年度からずっと年会費無料。

ゴールドは10,000円(税抜)です。

申込対象と必要書類

ビジネクスト法人クレジットカードは、「個人事業主」と「法人代表者」が対象。

決済口座は「代表者名義(屋号不要)」と「法人名義」を選べます。

申込書類は「本人確認書類」だけでいいため、申込者の「運転免許証」や「パスポート」を用意するだけで申し込めます。

基本的に赤字(決算・申告)でも審査可能となっているため、限度額100万円以下であれば発行しやすい法人カードですよ。

必要書類は一般もゴールドも同じです。

法人の場合は「履歴事項全部証明書」が必要です。また、限度額100万円を超える場合は「財務書類(決算書)」が必要です。

限度額

限度額は以下のとおり。

  • 5~300万円

下限は5万円、上限は300万円です。

300万円以上の限度額が欲しい場合、相談次第で対応可能となっています。

限度額少額でも法人カードを持てればOKという企業なら、下限5万円を想定すると審査ハードルはかなり低いです。ETC料金や低価格の備品購入が月に数回ある程度であれば、少額限度額でも法人カードを持つメリットはありますよ。

追加カード

社員用の追加カードは50枚まで発行でき、ここが他の法人カードと異なるビジネクスト法人クレジットカードのメリットです。

  • 年会費:無料
  • 発行枚数:50枚まで
  • 発行手数料:無料

ほとんどの法人カードは社員用追加カードが3枚までとなっており、無制限に大量発行できるカードは少ないです。

また、年会費に関しても社員用追加カードが有料のカードも多いため、「年会費無料」+「最大50枚」は大きな強み。

社員用追加カードを最大50枚まで発行できるため、中小企業や大企業にもおすすめです。1つ注意しておきたいのが、限度額は本会員と社員用追加カードは合算されるため、発行枚数が多くなるほど相応した限度額が必要です。多くの社員が小口経費を支払うような企業にとってビジネクスト法人クレジットカードは便利です。

ETCカード

ETCカードは年会費も発行手数料も無料。

  • 年会費:無料
  • 発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行
  • 発行手数料:無料

1枚のカードに対して1枚のETCカードを発行できるため、社員用追加カードの枚数分だけETCカードを保有できます。

ETCマイレージサービスにも登録できるため、高速道路をよく利用するなら必ず発行しておきたいですね。

ポイント還元率

ビジネクスト法人クレジットカードは「LIFEサンクスプレゼント(ライフカードの独自ポイントプログラム)」が搭載されています。

  • 一般:0.25%
  • ゴールド:0.5%

※ポイント還元率とは、100円あたりに還元される円を表す指標。

一般は2,000円のカード利用ごとに1ポイントが付与され、ポイント還元率は0.25%です。(ゴールドは0.5%)

LIFEサンクスプレゼントはポイントの使い道によって「1PT=5円」や「1PT=4円」というように変化しますが、ほとんどの交換先は「1PT=5円」

「1PT=5円」を想定した場合2,000円毎に5円が還元されるため、100円毎では「一般:0.25%」・「ゴールド:0.5%」の還元となります。

ビジネクスト法人カードでネットショッピングする場合、「L-Mall」を経由するとポイントを2倍~25倍で貯めることができるためコスト削減に繋がります。

ポイント交換先

LIFEサンクスプレゼントは、以下のようなポイントの交換先があります。

  • JCBギフトカード:1,000PT=5,000円(0.25%、0.5%)
  • Vプリカギフト:1,000PT=5,000円(0.25%、0.5%)
  • JTE旅行券:1,000PT=5,000円(0.25%、0.5%)
  • ANAマイル移行:1PT=2.5マイル(0.125%、0.25%)
  • 楽天スーパーポイント移行:1PT=5PT(0.25%、0.5%)

※かっこ内の左は一般還元率、右はゴールド還元率

ポイント還元率は、交換先における1ポイントの価値が高くなるほど高還元率になります。

ほとんどの交換先が「1PT=5円」なので、ポイント還元率の目安は「一般:0.25%」・「ゴールド:0.5%」です。

また、JCBギフトカードなどのギフト券はありますが、大人気の「Amazonギフト券」はありません。

空港ラウンジ

空港ラウンジはゴールドのみ付帯しています。

「羽田空港」や「関西空港」などの国内主要26空港が対象です。

付帯保険

付帯保険もゴールドのみで、一般にはありません。

  • ショッピング保険:年間200万円
  • 国内旅行保険:最高5,000万円
  • 海外旅行保険:最高5,000万円
  • シートベルト傷害保険:最高200万円

国内外の旅行保険が最高5,000万円で付帯されているため、フライト出張も安心ですね。

コンシェルジュ機能

ビジネクスト法人クレジットカードはコンシェルジュ機能がありません。

ホテルの予約や接待会場の手配などが多いなら、コンシェルジュ機能を使える法人カードのほうが便利です。

プラチナクラスになると24時間365日でサポートしてくれるコンシェルジュデスクが用意されていることが多いので、「ラグジュアリーカード」や「セゾンビジネスプラチナアメックス」あたりを検討してみてはいかがでしょうか。

法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)チタン・ブラックを所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック
プラチナ法人カード最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

その他

ビジネクスト法人クレジットカードはVISAブランドでの発行となるため、「VISAビジネスオファー」を利用できます。

  • MFクラウド:3ヶ月無料
  • メリービズバーチャル経理アシスタント:10%割引
  • クラウド翻訳トランスマート:新規は50万まで25%割引
  • オフィスデポジャパン:3%割引
  • ウォータースタンド:1ヶ月無料
  • ブラザーダイレクトクラブ:10%割引
  • エグゼクティブセンター:20%割引
  • 日本交通:ハイヤー優待割引
  • ビジネスグルメオファー:対象店舗で優待価格
  • トラベル:対象ツアーで優待価格

ビジネスシーンで役立つサービス以外にも、「ビジネスグルメオファー」や「トラベル」などの特典も使えます。

ビジネスグルメオファーだけでも多くの対象店舗があるので、優待をうまく活用するとコスト削減に繋げやすいですよ。

どんな企業に向いている?

ビジネクスト法人クレジットカードは、「社員用の追加カードをたくさん発行したい」という企業に向いています。

とくに一般カードに関しては、「本カード」・「ETCカード」・「社員用追加カード」のすべてが無料。

コストゼロで社員用追加カードを50枚まで発行でき、さらにETCカードも各カードに対して1枚持つことができます。

コストの安い法人カードでおすすめは?

オリコ法人カードの「EX Gold for Biz M」は、社員用追加カードを3枚まで発行可能。

  • 年会費:無料
  • 発行枚数:3枚
  • 発行手数料:無料

※追加カードの内容

本カードの年会費は初年度無料の次年度から2,000円、ETCカードと社員用追加カードは無料です。

ビジネクスト法人クレジットカードに比べて、EX Gold for Biz Mは年会費2,000円でポイント還元率0.6%という点が有利。

オリコの鬼コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
設立初期にもおすすめのオリコEX Gold for Bizとは?限度額、追加カード、ETCカード、空港ラウンジの利用可否、付帯保険、コンシェルジュの有無、おすすめの利用シーンなど実際のユーザーの口コミも交えつつ徹底解説!

社員用追加カードの発行枚数が多い法人カードは他にもある?

三井住友法人カードの「ビジネスfor Owners」は、社員用追加カードを無制限に発行できます。

  • 年会費:一般400円、ゴールド2,000円、プラチナ5,000円
  • 発行枚数:無制限
  • 発行手数料:無料

※追加カードの内容

カードランクが「一般」・「ゴールド」・「プラチナ」の3種類あり、いずれも社員用追加カードは発行枚数に制限がありません。

ビジネクスト法人クレジットカードに比べると、「Apple Pay」・「プラスEX」・「PiTaPa」・「WAON」・「iD」といった多くの電子マネーを使えることが魅力です。

三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
【徹底検証】初年度・設立初期におすすめの三井住友の法人カード(for owners)。クラシック・ゴールド・プラチナごとに、限度額・個人事業主でもOKか・追加カード・ETCカードの有無まで解説!今すぐチェック。

まとめ

ビジネクスト法人クレジットカードは、社員用追加カードを50枚まで発行できるのが強み。

一般カードなら「本カード」・「ETCカード」・「社員用追加カード」のすべてが無料なので、コストの安さも魅力です。

「安い法人カードが欲しい」や「社員用追加カードをたくさん発行したい」という企業におすすめであり、同じようなスペックの法人カードと比較しながら検討してみてくださいね。

法人カードの券種紹介法人*クレジットカード

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました