最強コスパの法人カード!? >>

付帯保険で選ぶ法人カード・保険の基礎知識・補償内容についてわかりやすく解説します。

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの付帯保険基礎知識

法人カードは、各カードによってさまざまな付帯保険があります。

基本的にいろんな付帯保険が付いているほど、さまざまなビジネスシーンが安心です。

付帯保険から法人カードを選ぶ前に保険に関する基礎知識をおさらいしておきましょう。

そもそも付帯保険とは?

クレジットカードの付帯保険とは、最初からカードに付帯している保険のこと。

各保険へ新規に申し込む必要がなくカードを発行するだけで保険を使うことができます。

たとえば、自動車保険(任意保険)は任意で好きな保険へ申し込むわけですが、クレジットカードのショッピング保険や旅行保険などは申し込む必要がありません。

付帯保険の「適用」に関しては、各保険ごとに適用条件が決まっているため、その条件を満たした場合に各保険で設定されている限度額の範囲で補償を受けることができます。

自動付帯・利用付帯とは?

旅行保険は「自動付帯」と「利用付帯」があります。

  • 自動付帯:カードで旅行代金等を支払う必要がない
  • 利用付帯:カードで旅行代金等を支払う必要がある

利用付帯は、旅行保険が備わっているクレジットカードで旅行代金等を支払うことで適用されます。

旅行保険は各担保項目の適用条件を満たすことで補償を受けられますが、それ以前に利用付帯は旅行代金等をカードで支払っていないと適用条件を満たしていても補償を受けることができないので注意しましょう。

自動付帯は、「持っているだけ」で保険が適用されるため、お守りとして活用できるのが便利です。

クレジットカードの付帯保険で「自動付帯」や「利用付帯」の種類があるのは旅行保険のみ。それ以外の保険は適用条件を確認しておくだけでOKです。

保険の補償金額は複数カードのものを合算できる?

保険が付帯する複数のクレジットカードを持っている場合、その補償額はどの金額が適用されるの?

という疑問の答えは、例外はあるものの「複数カードの補償金額は合算可能」です。

名称合算の可否
傷害死亡・後遺障害不可
疾病死亡不可
傷害治療可能
疾病治療可能
賠償責任可能
携行品損害可能
救援者費用可能
家族特約可能
その他、航空機遅延補償など可能

念のためもう一度。クレジットカードの付帯保険は、旅行保険の「死亡・後遺障害」以外は合算可能。

たとえば、2枚の法人カードを保有している場合、治療費用の補償を受ける際に「Aカード100万円」+「Bカード100万円」の合計200万円にできます。

高額な費用が発生する場合を想定すると、複数枚のカードを持ち、補償額を合算した状態で出張や旅行にでかけるのが安心ですね。

意外と知らない人も多い、複数のクレジットカードを組み合わせて持つ大きなメリットです。旅行保険の「死亡・後遺障害」以外は合算可能。覚えておきましょう。

チェックおきたい保険、補償内容は?

法人カードの付帯保険は、まず目的の保険が備わっているかどうかを見ておくことが大切です。

何も保険が付いていない法人カードもあるため、「何かしらの保険が付いているだろう・・・」は失敗することがありますよ。

基本的に付帯保険の種類は、主に「ショッピング」・「国内旅行保険」・「海外旅行保険」の3つ。

海外出張が多い企業なら、海外旅行保険が高額補償となっている法人カードがいいですね。

国内旅行保険は、自費治療でも健康保険等が使えるため海外旅行保険ほど重要度は高くないでしょう。海外では、日本の健康保険等が使えないため、ちょっとした治療でも高額な費用がかかります。万が一に備えて、何かしらの保険を用意しておきたいですね。

【注目】海外旅行の傷害、疾病治療の保険がついているか、十分な補償額があるか?

海外旅行保険は、法人カードによって補償額が2倍以上変わります。

安い補償額だと「最高2,000万円」など、高額補償なら「最高1億円」。

基本的に旅行保険の「最高○○円」「死亡・後遺障害」や「賠償責任」の担保項目を指しておりこれらの補償額が高いと他の担保項目も高く設定されている傾向にあります。

保険に頼るシーンがあるとしたら、十中八九は海外旅行の傷害・疾病治療となるはずです。最低でもこの最大補償金額と、付帯条件(自動付帯or利用付帯)を確認しておきましょう。

【飛行機での出張が多い方は】出航遅延・欠航保険・受託手荷物・乗継遅延などのカバーがあると安心

 
特殊な付帯保険として、「航空機遅延保険」というのがあります。

  • 乗継遅延費用保険金:2万円程度
  • 出航遅延費用等保険金:2万円程度
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:2万円程度
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:2万円程度

※JCB法人カードの場合

この保険がついている法人カードは少ないですが、代表的なカードで「JCB法人カード」があります。JCBの法人カードは保険の手厚さでは上位にランクインします。

JCBの法人カード比較!メリット・デメリットも整理(定番のポイント型 VS キャッシュバック型、どっちがお得?)
JCB法人カードの種類 JCB法人カードは「ポイント型」と「キャッシュバック型」の2種類あります。 どちらの種類もポイントプログラム以外は同じスペックなので、基本的に損得の判断は「ポイント」VS「キャッシュバック」となります。 ...
JCB法人カード公式サイト・今すぐ申込み

飛行機で出張する機会が多い企業は、こうした航空機遅延保険が備わっている法人カードがあると助かりますね。

法人カード(多くの個人用クレジットカードにも)付帯する主な保険の種類とカンタンな解説

法人カードに限らず、すべてのクレジットカード共通として主な付帯保険は以下の3種類。

  • ショッピング保険
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険

基本的に「ショッピング保険」は、ほとんどのカードについています。

旅行保険は「国内旅行保険」と「海外旅行保険」がセットになっているわけではなく、片方の旅行保険だけが付いているカードも多いです。

盗難紛失補償は、どの法人カードにも備わっています。ついていることが当たり前の保険(補償)なので、スペック比較する際に保険の項目で盗難紛失補償が記載されていないケースが多いです。各カード会社で「盗難紛失の窓口」が設置されているため、カードを紛失盗難した場合はそこへ連絡して被害額を補償してもらいます。

ショッピング保険

名称内容
ショッピング保険カードで購入した商品が盗難や破損などの被害にあった場合に補償を受けられる

ショッピング保険は、そのカードで購入した商品が盗難や破損などによって被害を受けた場合、損害を補償してもらうことができます。

各カードごとに「年間○○円」と限度額が設定されており、その範囲で補償を受けられます。

ショッピング保険と似たような保険として、「ショッピングガード」や「オンラインプロテクション」などがあります。これらはオンラインショッピングにおける不正利用を補償してくれる保険なので、ショッピング保険とはやや内容が異なります。

国内旅行保険

名称内容
傷害死亡・後遺障害国内旅行中に死亡した場合や後遺障害が生じた場合に支払われる保険
入院保険金国内旅行中に事故などで入院することになった場合、入院費用が支払われる保険
通院保険金国内旅行中に事故などで入院することになった場合、通院費用が支払われる保険
手術保険金国内旅行中に事故などで入院することになった場合、手術費用が支払われる保険

国内旅行保険は、上記の担保項目が一式セットになっているカードが多いです。

各担保項目ごとに「適用条件」や「補償額」が決められています。

海外旅行保険

名称内容
傷害死亡・後遺障害海外旅行中に死亡した場合や後遺障害が生じた場合に支払われる保険
疾病治療費用海外旅行中に伝染病などの治療を受けた場合、治療費用が支払われる保険
賠償責任海外旅行中に事故などで他人にケガをさせて賠償責任を負った場合に支払われる保険
携行品損害海外旅行中にカメラなどの携行品が偶然な事故で損害を受けた場合に支払われる保険
救援者費用海外旅行中に行方不明になったり入院した場合、被保険者の親族の探索費用や交通費などが支払われる保険

海外旅行保険も、上記がセットで付帯されているカードが多いです。

こちらも各担保項目ごとに「適用条件」や「補償額」が異なります。

ユニークな保険

主な付帯保険以外には、以下のようなユニークな保険が付いている法人カードもありますよ。

  • ゴルファー保険
  • キャンセル保険
  • 個人賠償責任保険

とくに「ゴルファー保険」は接待でゴルフが多い企業にとっては嬉しい保険です。

ゴルファー保険

ゴルファー保険は「ダイナースクラブ法人ビジネスカード」についています。

  • 賠償責任:1億円
  • ゴルフ用品損害:5万円
  • ホールインワン アルバトロス費用:10万円

※ダイナースクラブ法人ビジネスカードの場合

この保険のユニークなところは「ホールインワン・アルバトロス費用」です。

これはホールインワンやアルバトロスのお祝いで費用が発生する場合、10万円まで保険金を受け取ることができます。

※アルバトロスとは、そのホールの基準打数より3打少なく終了すること。ホールインワンよりも達成が難しいと言われている。

ダイナースの法人ビジネスカード徹底まとめ。追加カード無料・年会費上限なしが強い!弱みもしっかり解説します。
基本情報 ダイナースクラブの法人カードは、「ダイナースクラブビジネスカード」という名称です。 個人向けのダイナースクラブカードと基本スペックは同じで、ビジネスカードは「個人口座」や「法人口座」などを支払口座を選択可能。 ス...

キャンセル保険

キャンセル保険は「アメックス法人ビジネスゴールドカード」についています。

  • キャンセル保険:払い戻しを受けられない費用

※アメックス法人ビジネスゴールドカードの場合

これはホテルや旅館などをキャンセルした場合、キャンセルによって払い戻しを受けられない費用を補償してくれる保険。

ダイナースクラブのゴルファー保険と同様に珍しい付帯保険です。

アメックスの法人カード(グリーン・ゴールド・プラチナ)の比較&メリット・デメリット徹底解説!
基本情報 ※年会費は税抜で記載 アメックス法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」が対象で、ステータスの高さが魅力です。 法人カードは申込基準が高いカードが多い中、アメックス法人カードは「会社設立初年度」でも持つことがで...

個人賠償責任保険

法人カードでは見たことがありませんが、個人用のクレジットカードでは有料オプションとして個人賠償責任保険へ加入できるカードがあります。

これは旅行保険の「賠償責任」とは異なり、私生活においてさまざまな個人賠償責任をカバーできる保険です。

有名どころでは「JCBトッピング保険」で月額150円で加入できますよ。

保険で選ぶ、法人向けカード

法人カードを保険で選ぶ場合、「コスパ重視」か「内容重視」にわかれます。

基本的に付帯保険の内容(補償額)はカード年会費に比例するケースが多いため、ゴールドやプラチナなど上位カードになるほど保険が充実しています。

コスパ部門

コスパ重視は、「オリコEX Gold for biz」と「Fasioビジネスプレミアムゴールドカード」がおすすめです。

どちらもカード年会費が「初年度無料」の「2年目2,000円(税抜)」となっており、「ショッピング保険」・「国内旅行保険」・「海外旅行保険」が搭載されています。

カード年会費と補償額で選ぶなら、コスパ的には全法人カードの中でも「Fasioビジネスプレミアムゴールドカード」はトップクラスにお得です。

オリコEX Gold for biz

オリコEX Gold for bizは、以下の保険が付帯しています。

  • カード年会費:初年度無料、2年目2,000円(税抜)
  • ショッピング保険:年間100万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円
  • 海外旅行保険:最高2,000万円

カード年会費は初年度無料、2年目からは2,000円(税抜)。

安い年会費でスタンダードな保険が付帯しており、その他にも「ポイント還元率0.6%」や「空港ラウンジ」などスペックが全体的に優秀ですよ。

オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...
オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz公式サイト・今すぐ申込み

Fasioビジネスプレミアムゴールドカード

Fasioビジネスプレミアムゴールドカードは、以下の保険が付いています。

  • カード年会費:初年度無料、2年目2,000円(税抜)
  • ショッピング保険:年間200万円
  • 国内旅行保険:最高1億円
  • 海外旅行保険:最高1億円
  • シートベルト傷害保険:最高200万円

年会費に対して「ショッピング保険:年間200万円」と「国内海外旅行保険:最高1億円」が高額補償になっており、この補償額は他の法人カードと比較してもプラチナクラスです。

FASIOビジネスカードは税理士法人グループが発行する法人カード!シンプル&年会費無料で4枚まで追加カード発行可能で使いやすさ抜群!
税理士法人が発行する珍しい法人カード!きちんと差別化された優位性のある商品設計が魅力的です。年会費・保険条件などを比較条件として重視されている方には特にオススメできるカードです。

特典含め、ガチガチ部門

内容重視で法人カードを選ぶなら、「セゾンプラチナビジネスアメックス」と「JCBプラチナ法人カード」がおすすめ。

保険に関してはどちらも高額補償が魅力ですが、「プライオリティパス」など高級スペックから使い方次第ではコスパのいい法人カードです。

また、「JCBプラチナ法人カード」は航空機遅延保険が付いているため、フライト出張が多いなら頼もしいですよ。

セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナビジネスアメックスは、以下の保険が付いています。

  • カード年会費:20,000円(税抜)
  • ショッピング保険:年間300万円
  • 国内旅行保険:最高1億円
  • 海外旅行保険:最高1億円

プラチナクラスのスタンダードな付帯保険と補償額です。

「コンシェルジュ機能」や「プライオリティパス」など、さすがにプラチナカードだけあって特典が充実しています。

セゾンの法人カード:プラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!【特典コスパ最強説】
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています! ※集計期間:2019/03/01~2019/03/30、価格....
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト・今すぐ申込み

JCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ法人カードは、以下の保険が付いています。

  • カード年会費:30,000円(税抜)
  • ショッピング保険:年間500万円
  • 国内旅行保険:最高1億円
  • 海外旅行保険:最高1億円
  • 乗継遅延費用保険金:2万円程度
  • 出航遅延費用等保険金:2万円程度
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:2万円程度
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:2万円程度
  • カーアクシデント:5万円

年会費は高いですが、相応して付帯保険の種類も多いです。

また、他の法人カードに比べて「傷害・疾病治療」が1,000万円と高額になっているので、治療費用を重視するなら最適ですよ。

JCBの法人カード比較!メリット・デメリットも整理(定番のポイント型 VS キャッシュバック型、どっちがお得?)
JCB法人カードの種類 JCB法人カードは「ポイント型」と「キャッシュバック型」の2種類あります。 どちらの種類もポイントプログラム以外は同じスペックなので、基本的に損得の判断は「ポイント」VS「キャッシュバック」となります。 ...
JCB法人カード公式サイト・今すぐ申込み

まとめ

法人カードも個人用クレジットカードと同じで、各カードによって付帯保険はさまざまです。

「ゴルファー保険」や「キャンセル保険」などユニークな保険が搭載されているカードもあり、目的に応じて比較検討しやすいのは嬉しい状況ですね。

「付帯保険の種類」や「補償額」などに注目しながら、最適な法人カードを探してみましょう。

この記事は役に立ちましたか?ぜひ投票をお願い致します。次の執筆の励みになります!

クレジットカードの基礎知識法人カードのケース別おすすめ比較法人*クレジットカード
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする

初年度・1枚目にオススメ!申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
オリコ EX Gold for Biz
オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz

年会費は初年度無料、2年目は2,000円+税と、非常に申込・維持のハードルが低い法人カード。

ポイント還元率は通常0.6%、使うほどにステージアップし1.1%まで上がります。

保険・空港ラウンジ特典の他、追加カード・ETCカードも3枚まで発行費、年会費無料で発行可能。幅広い法人、個人事業主を対象にカバーしているコスパ◎のクレジットカードです。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました