最強コスパの法人カード!? >>

法人カード特典、コンシェルジュの使い方・依頼内容のアイデア・おすすめカードは?

法人カードのケース別おすすめ比較

クレジットカードのコンシェルジュ基礎知識

出張や接待などで予約を取ることが多い企業は、法人カードを選ぶ際に「コンシェルジュサービス」に注目してみましょう。

コンシェルジュサービスは24時間365日体制で、ホテルやレストランなどさまざまな予約を手配してくれます。

法人カードは経費管理がスムーズとなるため「業務効率化」が1つのメリットですが、コンシェルジュサービスにもその側面がありますよ。

そもそもコンシェルジュサービスって?

コンシェルジュサービスは、無料でホテルやレストランなどの予約を代行してくれるサービスです。

コンシェルジュデスクという専用の窓口が用意されており、そこに電話をして予約詳細を伝えます。

そうすると、コンシェルジュが希望どおりに予約を手配してくれます。

自分で予約状況などを調べる必要がないため、電話一本で予約を取れるのがコンシェルジュサービスのメリットです。

どのカードにもついてる?いいえ、基本プラチナランク以上。

コンシェルジュサービスが付いている法人カードは、プラチナカード以上です。

一般カードやゴールドカードに比べると、プラチナカードは年会費が高めに設定されています。

付帯保険が高額だったり優待特典が充実しているのがプラチナカードの魅力ですが、その1つとしてコンシェルジュサービスが使えることも利点として覚えておくといいですね。

何が頼める?

コンシェルジュサービスは、主に「予約」や「手配」を代行してくれるサービスです。

「秘書のような存在」と表現されることが多いですが、「百貨店でスーツ買ってきて」というような直接対応はありません。

「何の予約や手配をしてくれるのか?」とくに線引きがないため、常識の範囲で利用するサービスと捉えておきましょう。

依頼アイデア

ビジネスシーンでは、コンシェルジュサービスを使えると雑務が減るのでとても便利です。

  • 予約を依頼する
  • 手配を相談する

忙しい中で「ホテル」や「新幹線のチケット」などを調べて予約を取るのは大変ですよね。

そのような状況でコンシェルジュサービスは大活躍しますよ。

コンシェルジュサービスの基本的に使い方となる「予約」と「手配」を見てみましょう。

【予約】予約が必要なときはコンシェルジュサービスを使おう

ビジネスシーンで予約が必要な状況は「出張」や「接待」などが代表的ですね。

  • ホテルの予約
  • 新幹線の予約
  • 飛行機の予約
  • 会場の予約
  • レストランの予約、など

たとえば、出張の予定がある場合に「新幹線」→「宿泊先のホテル」→「出張先周辺のレストラン」と、一式の予約をお願いすることもできます。

コンシェルジュサービスの依頼アイデアは「予約したい」とおもった場面がほとんど該当するので、日時等のスケジュールが決まった段階で相談してみるといいですよ。

ダイナースクラブの場合、「料亭プラン」という高級料亭の予約を代行してくれるサービスがあります。高級料亭は「一見さんお断り」というお店があるため、はじめて利用する場合になかなか予約を取れないことがあります。しかし、料亭プランを利用するとダイナースクラブが予約を代行してくれるので助かりますよ。

【手配】ある程度のリサーチも代行してもらえる

コンシェルジュサービスは「ホテルの予約状況」や「飛行機の空席情報」などを調べてもらうこともできます。

たとえば、都内の高級レストランで接待を予定している場合、指定日に予約を取れるお店をいくつか調べてもらうといった使い方があります。

自分で手配する場合はとても大変ですが、コンシェルジュがサポートしてくれると助かります。

依頼時のコツ

コンシェルジュサービスの使い方でもっとも重要なのは、「日時」や「場所(エリア)」などを詳しく伝えることです。

基本的にコンシェルジュサービスはプランニングは非対応なので、日時や場所をベースに計画を立てた上でお願いしましょう。

【例①】ホテルならどこでもいい場合

ホテルの予約を取りたい場合、「どこのホテルでもいいからとにかく予約を取らなければならない」というケースがありますね。

このような場合、少なくとも日時・場所・予算を決めて伝えればその条件で宿泊可能なホテルを探して予約を取ってもらうことは可能です。

【例②】おすすめを相談することもできる

接待で高級レストランを検討している場合など、「恥ずかしくないおすすめを知りたい」というケースがありますね。

この場合も、少なくとも日時・場所・予算・時間帯・人数を決めて伝えればその周辺にある高級レストランのおすすめを相談することもできます。

「最低限必要」とされる情報だけは整理しておこう

上記でまとめたような、少なくとも必要とされそうな情報だけはコンシェルジュの方に整理して伝えるようにしてください。

最低限の情報が整理できていない場合、何度も電話での会話やメールのやり取りが繰り返されてしまい、(アレ、これ自分でやったほうが早かったんじゃない…?)と本末転倒になってしまいますからね。

【コラム】メール依頼、メール回答できるコンシェルジュはめちゃくちゃ便利

ラグジュアリーカード

基本的にコンシェルジュサービスは電話対応ですが、メール対応してくれる法人カードもあります。

時間を奪われないため、筆者も非常に重宝して月に何度も使っています。

ラグジュアリーカード(ブラックとゴールド)の場合、「メールで依頼」→「メールで回答」してくれるので便利です。

電話コンシェルジュだと毎度会話をしなければならないので「腰が重い・・・」と思うことがありますが、メールなら気軽ですよね。

以前は、ラグジュアリーカードチタンもメール対応可能でしたが、2019年4月19日時点では「ブラック」と「ゴールド」のみメール対応可能となっています。
法人ラグジュアリーカード公式サイト・今すぐ申込み

正直、ラグジュアリーカードの大きなメリットってメール対応で幅広くスムーズにやってくれるコンシェルジュサービスなんですよね…。とても助かっています。

コンシェルジュサービス付きの法人カード

コンシェルジュ
コンシェルジュサービス付きの法人カードは、以下の5枚がおすすめです。

  • 三井住友ビジネスOwnersプラチナ:電話対応
  • JCBプラチナ法人カード:電話対応
  • セゾンプラチナアメックス:電話対応
  • ダイナースクラブビジネスカード:電話対応
  • ラグジュアリーカード:チタンは電話対応、ブラック・ゴールドは電話とメール対応

2019年4月19日時点では、この5枚でメール対応してくれるのは「ラグジュアリーカード(ブラックとゴールド)」のみ。

そのため、メール対応を重視するならラグジュアリーカードがおすすめですよ。

三井住友ビジネスOwnersプラチナ

三井住友ビジネスOwnersプラチナは、電話対応のコンシェルジュサービスです。

プライオリティパスが付いており、旅行保険も最高1億円と高額補償で安心ですよ。

また、他の法人カードに比べて電子マネーの対応種類が豊富です。

三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...

JCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ法人カードも、電話対応のコンシェルジュサービスです。

JCBのプラチナ法人カードは「ポイント型」と「キャッシュバック型」がありますが、どちらもコンシェルジュサービスを利用可能。

こちらもプライオリティパスが付いており、旅行保険は最高1億円です。

JCBの法人カード比較!メリット・デメリットも整理(定番のポイント型 VS キャッシュバック型、どっちがお得?)
JCB法人カードの種類 JCB法人カードは「ポイント型」と「キャッシュバック型」の2種類あります。 どちらの種類もポイントプログラム以外は同じスペックなので、基本的に損得の判断は「ポイント」VS「キャッシュバック」となります。 ...

セゾンプラチナアメックス

セゾンプラチナアメックスも、電話対応のコンシェルジュサービスです。

こちらもプライオリティパスが付いており、旅行保険は最高1億円です。

他に比べて、マイル還元率が「1.25%」と高いのが魅力。

セゾンの法人カード:プラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!【特典コスパ最強説】
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています! ※集計期間:2019/03/01~2019/03/30、価格....

ダイナースクラブビジネスカード

ダイナースクラブビジネスカードも、電話対応のコンシェルジュサービスです。

こちらはクラブラウンジが付いており、旅行保険は最高1億円。

「料亭プラン(高級料亭予約)」や「サインレススタイル(当日にカード不要)」など、独特なサービスが付いているのが特徴です。

ダイナースの法人ビジネスカード徹底まとめ。追加カード無料・年会費上限なしが強い!弱みもしっかり解説します。
基本情報 ダイナースクラブの法人カードは、「ダイナースクラブビジネスカード」という名称です。 個人向けのダイナースクラブカードと基本スペックは同じで、ビジネスカードは「個人口座」や「法人口座」などを支払口座を選択可能。 ス...

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードは3券種あり、コンシェルジュサービスの対応は以下のようになっています。

  • ラグジュアリーカード(チタン):電話対応
  • ラグジュアリーカード(ブラック):電話とメール対応
  • ラグジュアリーカード(ゴールド):電話とメール対応

チタンカードは電話対応のみブラックとゴールドならメール対応も可能です。

こちらはプライオリティパスが付いており、旅行保険は国内最高1億円の海外最高1億2,000万円。

ラグジュアリーリムジンを手配できるなど、珍しいサービスを利用できます。

法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)チタン・ブラックを所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
アメリカン・エキスプレス・カードに先立ち、2016年より金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイスとともに日本上陸したラグジュアリーカード。 高級感だけでなく、独特な特典、還元率の高さは魅力的。法人代表者が法人カードとして所有する...

【コラム】まずはクレカのコンシェルジュから、お店の予約、出張手配等の外注化をスタートしてみる。秘書レベルが必要になったら、オンライン秘書も検討しよう

法人カードのコンシェルジュサービスは「お店の予約」や「出張手配」を代行してくれるため、これを無料で利用できるのは大きなメリット。

基本的に日時や場所などスケジュールが決まっていて「あとは予約を取るだけ」という状況なら、コンシェルジュサービスで対応できることは多いです。

しかし、法人カードのコンシェルジュサービスはあくまでも「予約」や「手配」が対応範囲となるため、もっとさまざまな雑務をやってくれる秘書が必要なら「オンライン秘書」を検討してみるのがおすすめですよ。

キャスタービズ

キャスタービズ公式サイト

キャスタービズは「100人に1人の優秀なアシスタント」がサポートしてくれるオンラインアシスタントサービスです。

  • 秘書:日常の細かいタスク
  • 人事:人事採用に関する手続き
  • 経理:お金に関する大切な業務
  • Webサイト運用:Webに関する細かい業務
  • オフライン業務:オフィスでの対面業務、など

本格的にさまざまな業務をこなしてくれるので、秘書が必要な企業にとって便利なサービスですよ。

法人カードのコンシェルジュサービスでは物足りないときに検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

プラチナ以上の法人カードはコンシェルジュサービスが付いています。

コンシェルジュサービスは24時間365日いつでも「ホテルの予約」や「飛行機の手配」などに対応してくれるため、出張や接待などさまざまなビジネスシーンで頼りになりますよ。

ちょっとした雑務をこなしてくれる秘書が必要なら、プラチナクラスの法人カードを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?ぜひ投票をお願い致します。次の執筆の励みになります!

法人カードのケース別おすすめ比較法人カードの利用・特典法人*クレジットカード
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする

初年度・1枚目にオススメ!申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
オリコ EX Gold for Biz
オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz

年会費は初年度無料、2年目は2,000円+税と、非常に申込・維持のハードルが低い法人カード。

ポイント還元率は通常0.6%、使うほどにステージアップし1.1%まで上がります。

保険・空港ラウンジ特典の他、追加カード・ETCカードも3枚まで発行費、年会費無料で発行可能。幅広い法人、個人事業主を対象にカバーしているコスパ◎のクレジットカードです。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました