VISAビジネスオファーの徹底解説!特典の実用性・付帯カードについて解説!

Visaビジネスオファー 法人カードの利用・特典

Visaビジネスオファーの概要

Visaビジネスオファーは、VISAが提供している優待特典です。

VISAブランドの法人カードで使うことができる特典なので、「VISAビジネスカード」・「VISAパーチェスカード」・「VISAコーポレートカード」を持っているならぜひ活用してみてくださいね。

クレジットカードの特典は、「カード会社が提供する特典」や「そのカードだけの独自特典」などさまざまな特典があります。Visaビジネスオファーはこうした特典とは別の存在で、VISAがVISA法人カード利用者のためだけに提供している特典です。

特典を利用する条件は?

Visaビジネスオファーは「VISA法人カードが対象」という以外、とくに条件はありません。

各特典を利用する際に「カード番号の最初の6桁」の入力を求められるため、VISAカードを持っていなければ利用できないシステムです。

どんな特典がある?

Visaビジネスオファーは、主にビジネス系サービスにおける特典が多いです。

たとえば、「マネーフォワード」や「オプティVAT(付加価値税)還付代行サービス」など、ビジネス向けのサービスを優待価格で利用できます。

しかし、「Visaビジネスグルメオファー」という全国の飲食店(レストラン)を優待価格で利用できる特典もあるため、すべてがビジネスというわけでもありません。

メイン?グルメ特典のVisaビジネスグルメオファーはどう?

Visaビジネスグルメオファー
Visaビジネスオファーでメインとなる特典は「Visaビジネスグルメオファー」です。

他の特典は対象サービスが3つや6つと少ないため、継続的に特典を活用していくなら自然とVisaビジネスグルメオファーが中心となります。

概要

Visaビジネスグルメオファーは、対象店舗を優待価格で利用できる特典。

特典名に「ビジネス」と付いていますが、個人向けクレジットカードでよくある特典と使い方や内容は同じです。

VisaビジネスオファーはVISAブランドの法人カードだけが使える特典なので、その理由から「ビジネス」が付いているだけです。

全体的にカジュアルなお店が多いイメージ、食べログ点数も並みな店が多い

対象店舗は中華や洋食などさまざまなお店があり、ホテル内のレストランなどもあります。

全体的にカジュアルなお店が多い印象で、食べログの点数も平均点な感じです。

アメックス特典のように高級レストランがたくさん用意されているわけでもないため、どちらかというと庶民的(一般的)なお店で接待する場合に利用しやすいと思います。

そこまで選択肢ない → 逆に普段全く外食せず、会食などのお店選びが超苦手な人にはいいかも

Visaビジネスグルメオファーはほぼ全国からお店を検索できますが、主に東京や大阪といった大都市でしか利用できません。

田舎にあるお店は対象になっていないところが圧倒的に多いため、地方出張では使えないケースのほうが多いです。

また、大都市においても各都市ごとに用意されているお店はそこまで多くはないため、選択肢は限られてきます。

それほど重要ではない接待等において「経費を節約したい・・・」という場合に使いやすいと思います。

お店の検索は「エリア」や「予算」などさまざまな条件が用意されているため、とても探しやすいですよ。

優待条件は10%割引が平均的、VISA法人カード決済が特典適用条件のため、カード払い縛りがありワリカンには不向きかも。

飲食代の割引は大よそ10%なので、一般的によくあるグルメ割引といった感じです。

それでも「1,000円が900円(10%割引)」や「1,000円が950円(5%割引)」などを積み重ねていくと、大きなコスト削減に繋がりますね。

1つ注意点として覚えておきたいのが、Visaビジネスグルメオファーはカード決済が条件なのでワリカンは不向きです。

ユニークな優待、使える!優待は?

Visaビジネスオファーのビジネス系特典は数が少ないため、実用性があるかどうかは求めているサービスが特典にあるかどうかで極端に変わります。

ユニークな特典として「マネーフォワード・クラウド会計確定申告」と「オプティVAT付加価値税)還付代行サービス」をピックアップして紹介しておくので、参考にしてみてくださいね。

マネーフォワード クラウド会計・確定申告の割引

マネーフォワード・クラウド会計確定申告
マネーフォワードの特典は「クラウド確定申告」と「クラウド会計」から選ぶことができ、どちらもベーシックプランが利用開始から3ヶ月無料という優待内容です。

クラウド会計のベーシックプランなら「2,980円」なので、その3ヶ月分の「8,940円」が無料となるのは大きいですね。

ベーシックプランは従業員5名以上の企業に向いているプランなので、中小企業にピッタリですよ。

3ヶ月無料なので、使用感を確認するだけでも十分に使えます。

オプティVAT(付加価値税)還付代行サービス

OPTI
オプティVAT(付加価値税)還付代行サービスは、「VAT還付手数料10%割引」・「VAT還付分析無料」の優待内容です。

VAT還付手数料10%割引は、30万円の場合なら10%の3万円が値引きされて27万円がVAT還付手数料となります。

さらにVAT還付代行サービスは利用時にVAT金額や還付金をリサーチしてもらうことになりますが、これを無料分析してもらうことができます。

還付代行サービスを求めているなら、利用してみるといいですね。

優待のまとめ

Visaビジネスオファーは5つのジャンルから特典が用意されています。

  • Visaビジネスグルメオファー
  • トラベル
  • ビジネスサービス
  • オフィスサプライ
  • IT&テレコム

各ジャンルごとに特典数が異なり、対象店舗がもっとも多いのは「Visaビジネスグルメオファー」です。

Visaビジネスグルメオファー

サービス名特典内容
Visaビジネスグルメオファー全国の厳選レストランを優待価格で予約できる

Visaビジネスグルメオファーは全国規模で対象店舗が用意されているため、Visaビジネスオファーの中でも実用性が高い特典。

全国規模といっても地方は対象外なところもあり、「東京」・「名古屋」・「札幌」・「大阪」など大都市のお店が対象となっています。

「ランチミーティング」や「会議セミナー」といったビジネスシーン別から検索可能なので、接待の予定があるときにスムーズにお店を探せるのは便利ですよ。

トラベル

サービス名特典内容
三洋堂海外国内のおみやげや旅行用品が全商品10%OFF
東部トップツアーズ自社企画商品「Feel」が3%割引
WHG(ワシントンホテル・ホテルグレイスリー)WHGの基本宿泊料金が10%割引

トラベルは上記3社のサービスが用意されています。

数が少ないですが、宿泊ならWHG(ワシントンホテル・ホテルグレイスリー)を利用できます。

WHG(ワシントンホテル・ホテルグレイスリー)は首都圏や東北に店舗が多いため、該当エリアへ出張する際に利用してみるといいですね。

ビジネスサービス

サービス名特典内容
エリアリンクハローストレージ使用料1ヶ月分相当額が無料
サーブコープジャパンバーチャルオフィス・ボードルーム利用時に割引
雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jpFujisan.co.jpが5%割引
ユーゴ印刷サイト「スプリント」プリントサービスが5%割引
日本交通ハイヤーが優待割引
Yahoo!プロモーション広告スポンサードサーチ新規申込でスポンサードサーチ広告費用5,000円分プレゼント
エグゼクティブセンター指定サービスが20%割引
サントリーウエルネスオンライン特定商品が10%増量+送料無料
オプティVAT(付加価値税)還付代行サービスVAT還付手数料の10%が割引

ビジネスサービスは他に比べて数が多いですが、各サービスがピンポイントなので実用性は目的次第といったところです。

バーチャルオフィスやプリントサービスなどジャンルの異なるサービスが用意されているのが嬉しいポイントで、独立直後の場合などに選びやすいかもしれません。

オフィスサプライ

サービス名特典内容
ナカバヤシ・フエルモール・フエルフォトブックフエルモールで優待価格
ファクトリーギア・上質工具ファクトリーギアウェブショップで初回注文時1点が10%OFF
日比谷花壇法人向けオンラインショッピングサイトにて5%OFF
ブラザーダイレクトクラブブラザーダイレクトクラブにて全商品10%OFF
オフィス・デポ・ジャパン商品代金が3%割引
ウォータースタンド利用料金1ヶ月無料

オフィスサプライもちらほらといった特典数です。

それぞれの優待内容は「ウォータースタンド:1ヶ月無料」や「日比谷花壇:5%OFF」とお得感がありますが、選択肢が少ないのは残念ですね。

IT&テレコム

サービス名特典内容
スマイルワークススマイルワークスが無料トライアル
使えるねっと・クラウド型ソリューション「使えるクラウドバックアップ」特定プランが優待割引
マネーフォワード・クラウド会計確定申告ベーシックプランが3ヶ月無料
クラウド翻訳「トランスマート」新規登録から1年以内、利用総額の50万円まで25%割引(次回以降や登録済の場合は5%割引)
メリービズ・バーチャル経理アシスタントサービス料金が10%割引

IT&テレコムは、ビジネスシーンで求められやすそうなサービスが揃っている印象です。

MFクラウドの他、「メリービズ・バーチャル経理アシスタント」や「使えるクラウドバックアップ」などもあるので、IT系やソフト系のサービスを検討しているなら一通りチェックしておくといいかもしれません。

使い方は?

VISAビジネスオファーの使い方は、カード番号の最初の6桁を入力してログインするだけです。

ログインすると「特典内容」や「利用方法」などの詳細を閲覧できるようになるので、あとは各特典の指示に従って手続きを進めます。

「電話で予約」や「プロモーションコード」など、実際の利用方法は各特典によってやや違います。

1例として、「マネーフォワードクラウド確定申告・有料ベーシックプランが3ヶ月無料になる特典」の使い方を紹介しておくので、参考にしてみてくださいね。

①利用したい特典の画面に行く

※タップで拡大できます。

VISAビジネスオファーでMFクラウド特典の画面へ行きます。

そうすると、「ログイン」が設置されているので、そこからログイン画面へ移動します。

②特典の画面でログインする

※タップで拡大できます。

ログイン画面へ移動すると、カード番号の最初の6桁の入力を求められます。

画像の赤枠のところに番号を入力して「認証」をクリックすればOKです。

カード番号を入力すると、MFクラウド特典の詳細が表示されます。

  • 特典
  • お問合せ/ご予約
  • ご利用条件

それぞれを見てみましょう。

③特典内容

※タップで拡大できます。

MFクラウドの場合、「マネーフォワード・クラウド確定申告」のプレミアムプラン、もしくは「マネーフォワードクラウド会計」を3ヶ月無料で利用できるという特典内容です。

他の特典もログイン後に詳細を確認できます。

④プロモーションコードの取得

※タップで拡大できます。

MFクラウドの場合、特典詳細が明らかになるとプロモーションコードが表示されます。

赤字で塗りつぶしているところに表示される英数字をメモしておき、それをMFクラウドで申し込む際に入力するだけで特典が適用されます。

⑤利用条件と利用方法

※タップで拡大できます。

MFクラウドの場合、特典の使い方は利用条件に書かれているとおりです。

MFクラウドの公式サイトへログインして、「VISAビジネスカード」・「VISAパーチェシングカード」・「VISAコーポレートカード」で支払うことで、特典が適用されます。

MFクラウドのアカウントを持っていない場合、先に公式サイトでアカウントを作成する必要があります。

⑥サービス先でプロダクトキー入力

※タップで拡大できます。

VISAビジネスオファーのMFクラウド特典詳細で表示されたプロダクトコードは、MFクラウドの画面で入力します。

Visaビジネスオファーが使えるおすすめ法人カードまとめ

Visaビジネスオファーは「VISA法人カード」で利用できます。

たくさんのVISA法人カードがある中でも、「EX Gold for Biz(オリコビジネスカード)」と「ビジネスカードfor Owners(三井住友ビジネスカード)」がおすすめです。

どちらもコスパのいい法人カードなので、独立したての個人事業主から中小大企業までさまざまな法人に対応できるカードですよ。

【オリコ】EX Gold for Biz

EX Gold for Bizは初年度年会費無料、2年目以降は2,000円(税抜)。

「ポイント還元率0.6%」や「空港ラウンジ」などが魅力で、ETCカードも年会費と発行手数料を無料で発行できるという嬉しいスペックです。

オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...
オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz公式サイト・今すぐ申込み

【三井住友】ビジネスカードfor Owners

ビジネスカードfor Ownersは「一般」・「ゴールド」・「プラチナ」と3券種を選べます。

特典を重視するならプラチナが一番おすすめです。

「プライオリティパス」や「コンシェルジュサービス」を利用できるため、Visaビジネスオファーと合わせて特典がかなり充実しています。

三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...
三井住友VISAビジネスfor owners公式サイト・今すぐ申込み

まとめ

Visaビジネスオファーは対象サービスがそれほど多くはないため、目的にマッチするサービスが見つかれば大きなメリットを得られるといった感じです。

日常的に実用性の高い特典は「Visaビジネスグルメオファー」で、こちらは全国規模で多くの対象店舗が用意されています。

接待や交際で経費が出る場合にチェックしてみるといいですね。

法人カードの利用・特典法人*クレジットカード

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
オリコ EX Gold for Biz
オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz

年会費は初年度無料、2年目は2,000円+税と、非常に申込・維持のハードルが低い法人カード。

ポイント還元率は通常0.6%、使うほどにステージアップし1.1%まで上がります。

保険・空港ラウンジ特典の他、追加カード・ETCカードも3枚まで発行費、年会費無料で発行可能。幅広い法人、個人事業主を対象にカバーしているコスパ◎のクレジットカードです。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへ
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました