売掛債権で最短即日、運転資金調達「ファクタリング」とは?仕組み・手数料・おすすめファクタリング会社などまとめ

法人*資金調達

ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛金や受取手形などの「売掛債権」をファクタリング会社に買い取ってもらうサービスのことです。

日本の企業間取引は商品やサービスを納品したタイミングではなく、納品から1~2ヶ月後に代金が支払われる信用をベースにした売掛金取引(後払い)が一般的です。

代金が支払われるまで「代金を受け取る権利」を納入会社は持つことになり、この権利を「売掛債権」といいます。

支払いサイトが長い(現金が入ってくるのが遅い)ことでキャッシュフローが悪化してしまうことがあるわけですが、そのようなときにファクタリングはキャッシュフロー改善手段として有効です。

※実際に介護・建設・運送などのキャッシュフローが悪化しやすい業種では古くから使われている資金調達手法です。

売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうと、1~2ヶ月を待つことなく早期に資金を得ることができます。

▼オンラインで「請求書」を買い取って現金化してくれる・かなり使いやすい新しいファクタリングサービスも登場しています。

OLTA:公式サイト

融資では審査時間含め、遅すぎる…というシーンで効果絶大

融資による資金調達が審査の都合・時間的な問題で非現実的なときには、ファクタリングは救世主的な資金調達手法と言えるでしょう。これにより経営破綻・黒字倒産を危機一髪免れたという会社も少なくありません。

売掛債権というのは「売掛金」や「受取手形」のこと。分かりやすく言うと「送付済み請求書で未振込のもの」であり、どちらも債権(代金)を得る権利が発生します。ファクタリング会社はこの売掛債権を買取することで資金を提供してくれます。入金サイクルが長く(入金までが遅く)回収まで長期化しやすい業態・為替の影響を受けやすい業界で広く利用されてきている手法です。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングは難しい言葉がたくさん登場しますが、仕組みは簡単です。

  1. ファクタリング会社を探す
  2. 審査を受ける
  3. 契約する(売掛債権を買い取ってらもう)
  4. お金を受け取る

主な流れは上記のとおりで、ファクタリング会社を探して売掛債権を買い取ってもらうだけです。スムーズに進むと最短即日での資金調達が可能だったりします。

銀行融資では絶対に不可能なスピード感が魅力的です。

ポイントになるのはファクタリング会社の選び方で、少なからず違法業者が存在することからも信頼できる会社を見つけることが大切です。

ファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社の選び方は、とにかく比較が大事です。

基本的には手数料を比較しながら相談先を探しますが、ファクタリングは「2社間ファクタリング」や「3社間ファクタリング」など各社によってサービス内容(ファクタリングの種類)が違います。

そのため、単に手数料を比較するだけではなくサービス全体を見ることも大切です。

初めての方には、ライトなOLTA・老舗で実績社数が多いビートレーディングの2社から検討することをオススメ

ビートレーディング

ビートレーディング
ビートレーディングは2019年時点での累計契約16,000社以上(業界トップクラスの取引件数)・400億円以上の債権を買い取ってきたファクタリング界の大手。

10万円以上の売掛債権があれば個人事業主・法人とも対応しており、女性オペレータが電話対応するため初めてファクタリングを使う方にとってはだいぶ安心感があります。
ファクタリング・ビートレーディングビートレーディング:公式サイト

OLTA

PLTA
OLTA(オルタ)はファクタリング界のベンチャー企業。銀行・証券会社が出資・融資により支援を受けつつ累計申込金額も100億円を突破して急成長中です。

個人事業主は非対応、法人のみですが、すべての手続がネット完結。高速審査が特徴です。

また、手数料も業界最安水準の2~9%となっています。
OLTA:公式サイト

お急ぎであれば、両方に見積もりを依頼してスピード買取を実現させましょう。

違法業者・悪徳業者を回避するためにも比較・検討は大切

違法業者を回避するために、以下のようなポイントを注意しておくのがおすすめです。

要注意ポイント

  • 手数料が相場からかけ離れている
  • 契約書を渡してくれない
  • 事前に費用請求がない(不透明)
  • 2社間ファクタリングで償還請求権がある

手数料が相場からかけ離れて高い場合は怪しいですし、異常に安い場合もあとから請求されることがあります。

契約書をなかなか渡してくれない場合、契約内容を勝手に変更されるというケースがあります。

ファクタリングは事前に費用を請求されるのが一般的ですが、のちに費用を請求されて相談時よりも高額な費用になっていることがあるので注意が必要です。

2社間ファクタリング(自社とファクタリング会社)は償還請求権がないのが普通ですが、2社間ファクタリングなのに償還請求権が設定されている場合も気を付けましょう。

いろんなファクタリング会社を比較するとサービス内容や相場が見えてくるため、「何か違う」と感じた場合はいつも以上に慎重なスタンスで情報収集を行うことが大切です。

償還請求権というのは、ファクタリングで売掛債権を売ったあとに取引先(売掛先、支払義務のある取引先)が倒産した場合、ファクタリングを利用した自社が支払わなければならないというもの。通常、2社間ファクタリングは償還請求権がないのが一般的なので、もし2社間ファクタリングで償還請求権が設定されているなら詳細をしっかり確認しておきましょう。

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングを利用する際にメリットとデメリットをきっちり理解しておくことも大切です。

簡単に説明すると、今の取引先(売掛先、支払義務のある取引先のこと)の支払を待つことができるなら、基本的にファクタリングを利用する必要はありません。

しかし、資金繰りが悪化してしまうと経営難に陥ってしまうため、目先のキャッシュフローを改善するために「銀行からお金を借りる」といった何かしらの手段が必要となってきます。

このときに資金調達できるならいいですが…。

とはいえ、よく言われる「銀行さんは晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」というのも悲しきかな事実。

銀行から融資を断られた場合などに使える手段がなくなってくることがあるわけです。

そんな時にファクタリングは現実的な資金調達手段となります。

ファクタリングのメリット

ファクタリングは「早期にキャッシュフローを改善でき、現金を手にすることができる」というのが大きなメリットです。

  • 支払いサイトが長い請求書もすぐにキャッシュにできる
  • 売掛先の信用力が審査対象となるため中小企業でも審査に通りやすい
  • 融資と異なり担保は必要ない
  • バランスシートに記載されないので銀行等の金融機関にバレない。別の融資を受ける際に悪影響が無い

ファクタリングは契約から数日程度で入金されるので、とにかく早く現金が欲しい場合は頼もしいサービスです。

ビジネスローンなどの融資サービスは自社が審査対象となるので融資を受けられないことがありますが、ファクタリングは売掛先の信用力が審査対象となるので「大手企業との取引」や「付き合いが長い」といった状況では審査に通る可能性が非常に高いです。

また、ファクタリングは融資(借入)を受けるのではなく売掛債権を売るので、今後に銀行ローンなどを利用したい場合に信用の影響がありません。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングの主なデメリットは「手数料」です。

  • 手数料が引かれてしまう
  • 契約書に債権譲渡を禁止する条項がある場合は利用できない
  • そもそも売掛金が無い場合は利用できない

「ビジネスローン」や「不動産担保ローン」など他の資金調達と比較した場合に必ずしもデメリットになるとは限りませんが(金利から手数料が発生する場合に返済期間等からベストな資金調達が企業によって違う)、手数料がかかってしまうことから100%の代金を回収できないことは考慮しておきたいポイントです。

たとえば、通常どおりに取引先の入金を待つと100万円を回収できるところが、ファクタリングを利用すると10%の手数料がかかって90万円しか回収できない、など。

ファクタリングはビジネスローンのように金利はありませんが、手数料があります。

一般的なファクタリングは5%~10%ほどの手数料ですが、2社間ファクタリングは10%以上の手数料になることもあります。

ファクタリングは手数料を支払っても早期な資金調達を優先する場合にメリットがあるため、自社のキャッシュフローをしっかり見ながら判断することが何よりも大切です。

買取ファクタリングには2社間(自社・売掛先)取引と3社間(自社・売掛先・ファクタリング会社)取引の2種類ある

ファクタリングは契約者の関係で大別すると、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2つに分類されます。

  • 2社間ファクタリング:自社とファクタリング会社
  • 3社間ファクタリング:自社とファクタリング会社と売掛先(取引先)

ファクタリング契約を2社で行うか3社で行うかという契約主体の違いがあり、サービス内容も手数料を含めてメリットやデメリットが変わってきます。

2社間(自社・売掛先)取引とは

2社間ファクタリングは、「自社」・「ファクタリング会社」の2社で取引を行うファクタリングです。

メリット

2社間ファクタリングは「売掛先(取引先)にバレない」のが主なメリットです。

  • 売掛先にバレずにファクタリングを利用できるため関係性に悪影響が無い
  • 2社間の合意のみで進められるため短い期間で現金化が可能

自社とファクタリング会社だけで取引を行うので、今後の売掛先とのお付き合いに影響が出ません。

また、3社間ファクタリングは売掛先に債権譲渡に関する通知や承諾を行う必要があるため、2社間ファクタリングのほうが入金が早いのもメリットです。

業者によっては最短で即日に入金してくれます。

デメリット

一方、2社間ファクタリングは「手数料が高い」のがデメリットです。

  • 手数料が高い傾向がある

3社間ファクタリングは5%前後の手数料が相場ですが、2社間ファクタリングは10%や20%ほどの手数料が発生することもあります。

2社間と3社間では手数料に大きな差がありますが、単に手数料だけで決めるのではなく「売掛先との今後の関係」も考慮しながら判断したいですね。

3社間(自社・売掛先・ファクタリング会社)取引とは

3社間ファクタリングは、「自社」・「ファクタリング会社」・「売掛先」の3社で取引を行うファクタリングです。

メリット

3社間ファクタリングは「手数料の安さ」がメリットです。

  • 手数料が低い傾向がある

基本的に「入金が多少遅くてもいい」や「売掛先にバレてもいい」といった場合なら、2社間に比べて手数料を抑えやすいだけメリットが大きいです。

業者によって手数料はさまざまですが、大よそ5%前後の手数料です。

2社間ファクタリングのように10%を超えるケースはほとんどありません。

デメリット

一方、デメリットになるのは「入金に時間がかかる」や「売掛先への影響」です。

  • 3社の合意形成に資料作成や説明等で手間がかかってしまう
  • 手間がかかるだけ入金が遅くなる
  • 売掛先に資金繰りが厳しい印象を与えてしまう

3社間ファクタリングは売掛先も契約主体となるため、売掛先に対して債権譲渡の通知や承諾を行うことから手間がかかります。

手間がかかってしまうだけ入金も遅くなるので、スピード重視なら2社間ファクタリングのほうが向いています。

保証ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングは契約主体の分類以外にも、債券の種類などから以下のようにさまざまなファクタリングの種類があります。

  • 保証ファクタリング
  • 一括ファクタリング
  • 商品在庫ファクタリング
  • 医療報酬ファクタリング
  • 資産担保融資
  • 国際ファクタリング
  • 家賃収入ファクタリング

一括ファクタリングは「売掛債権の買取」に加え、「請求書の送付」や「支払の催促」などを一括で引き受けてくれるファクタリングです。

一般的にいうファクタリングは、この一括ファクタリングを指しているケースがほとんど。

どのファクタリングにもメリットやデメリットがありますが、「ファクタリングのために何を使えるのか?」がベースとなるので手ごまを整理しながら相談するといいですね。

信用取引(後払い)では未納のリスクが付き物ですが、それを防ぐ手段として「保証ファクタリング」をピックアップして紹介しておくので参考にしてみてくださいね。

保証ファクタリングは、売掛金や取引手形の未払いをファクタリング会社が保証してくれる内容です。これを利用すると、もし売掛先が倒産してもファクタリング会社が代金を支払ってくれるので安心です。

メリット

保証ファクタリングは「未払いリスクの回避」がメリットです。

  • 万が一売掛先の倒産があっても保証会社が保証金を払ってくれる仕組み

信用取引は取引先の信用や返済能力を管理することが重要で、これを怠ると貸倒でに遭ってしまうことがあります。

保証ファクタリングは取引先が倒産した場合に保証金を支払ってくれるだけではなく、与信管理も代行してくれます。

デメリット

保証ファクタリングは2社間取引なので、「手数料が高い」のがデメリットです。

  • 手数料がかかってしまう

ファクタリング会社が未払いのリスクを背負うことになるので、手数料はやや高い傾向にあります。

また、取引先の信用力が低いと断られてしまうケースもあり、メリットやデメリットは取引先の信用力や返済能力次第なところもあります。

迷ったらここ!ファクタリング会社の選び方

初めての方は、ライトなOLTA・老舗で実績社数が多いビートレーディングの2社どちらかから検討することをオススメ

ビートレーディング

ビートレーディング
ビートレーディングは2019年時点での累計契約16,000社以上(業界トップクラスの取引件数)・400億円以上の債権を買い取ってきたファクタリング界の大手。

10万円以上の売掛債権があれば個人事業主・法人とも対応しており、女性オペレータが電話対応するため初めてファクタリングを使う方にとってはだいぶ安心感があります。
ファクタリング・ビートレーディングビートレーディング:公式サイト

OLTA

PLTA
OLTA(オルタ)はファクタリング界のベンチャー企業。銀行・証券会社が出資・融資により支援を受けつつ累計申込金額も100億円を突破して急成長中です。

個人事業主は非対応、法人のみですが、すべての手続がネット完結。高速審査が特徴です。

また、手数料も業界最安水準の2~9%となっています。
OLTA:公式サイト

アクセルファクター(小口ファクタリングも対応)

Accel Factor

アクセルファクターは500万円以下専門のファクタリング会社で、少額取引に対応してくれるのが魅力です。

数十万円程度の買取は敬遠されることが多い中、アクセルフィルターは下限30万円~上限500万円となっています。

小口取引を希望する個人事業主や小規模企業にとって利用しやすいファクタリング会社です。

ファクタリング・アクセルファクターアクセルファクター:公式サイト

Webからスピーディに法人ファクタリング取引可能な業者を一括比較・マッチングしてくれるサービスの紹介

複数のファクタリング業者から一括比較・自分が審査通過しそうな業者をマッチングして欲しいなら、チョウタツ王もオススメです。

業者によってサービス内容(ファクタリングの種類)や手数料など違いが大きいため、しっかり比較しておきたいですね。

見積サイトとファクタリング会社を1つずつ紹介しておくので、参考にしてみてくださいね。

ファクタリング チョウタツ王(売掛金の一括見積もり)

チョウタツ王

チョウタツ王は、売掛金を売却査定しながら複数企業へ一括見積できるサイトです。

個人と法人の両方に対応しており、売掛金入金日を指定しながら比較もできます。

最高1億円の取引まで可能なので、個人事業主から大企業までさまざまな企業におすすめです。

ファクタリング・チョウタツ王チョウタツ王:公式サイト

まとめ

資金調達に困ったときは、1つの方法としてファクタリングも検討してみてはいかがでしょうか。

売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、早期にキャッシュフローを改善できます。

業者によってファクタリングの種類や手数料などサービス内容にさまざまな違いがあるので、まずはしっかり比較しながら相談先を探してみてくださいね。

法人*資金調達

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

年会費は初年度無料のキャンペーン中。当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへ
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました