法人でAmazonを使いこなす方法を徹底解説!ポイント還元率がお得な法人カードや・Amazonビジネス(法人向けプラン)って!?

法人カードのケース別おすすめ比較

Amazonは法人にとっても便利な通販サイト

会社で使うマウスやキーボードなど、オフィス用品等をAmazonで購入する企業は多いのではないでしょうか?

Amazonは法人として利用する場合も「品揃え」や「商品の探しやすさ」などから、何かと便利な通販サイトです。

とくにプライベートでAmazonを多用している場合、ちょっとしたビジネス用品をAmazonに頼りきりにしている会社も少なくないと思います。

※筆者も、文房具・オフィス用品はAmazonで買うことがほとんど。便利な新しいデスク用品がないか定期的にチェックしています^^

今回は、そんなAmazonを「Amazonを法人クレジットカードで利用するメリット」「Amazon Business」から、法人としてさらにお得にAmazonを使いこなす方法を紹介していきます。

Amazonを法人クレジットカードで利用するメリット

Amazonは現金よりも法人クレジットカードで利用するほうがお得で便利です。

  • ポイント還元を受けられる
  • 経費精算がスムーズになる

法人カードで決済するとポイント還元を受けられるため、Amazonの利用頻度が高いほど法人カードを使うのがおすすめです。

また、支払いに関してもAmazonのサイト内で法人カードを登録しておくと、毎回のショッピングがスムーズになります。

法人カードのポイント還元で経費を圧縮

法人カードもプライベートで使うクレジットカードと同じように「ポイントプログラム」が付いています。

各カードによってポイントプログラムの内容はさまざまですが、低還元率のカードを使う場合でも現金よりお得であることは間違いありません。

ポイントが貯まると「ギフト券」や「商品券」などに交換できるので、結果として経費削減にも繋がります。

ちなみにAmazonをよく利用するなら、ポイントの交換先に「Amazonギフト券」がある法人カードがおすすめです。多くの法人向けカードで交換可能です。

大企業向けの「コーポレートカード」など、一部の法人カードはポイントプログラムがありません。カード選びの際に注意しておきましょう。

経費精算がスムーズになる

Amazonはサイト内でクレジットカードを登録できます。

法人カードを登録しておくと、経費精算がスムーズになるので便利です。

また、法人カードは利用明細から簡単に経費を管理できるため、事務作業の効率化という意味でもおすすめです。

法人カードの年会費は全額経費にできます。プライベートのクレジットカードとは違って、法人カードは年会費を経費計上できることから所持しやすいのも特徴です。

プライベート用のクレジットカードで経費を支払うのはあまりおすすめできないので注意!

会社の経費はプライベートで使っているクレジットカードで支払うことも可能ですが、カードの利用明細をプライベートと経費に分けなければならないのが面倒です。

また、この場合はクレジットカードの年会費を全額経費にできないので、これもデメリットです。

法人カードを作っておくと経費とプライベートの支出を明確に分けることができ、経費管理も楽になります。

Amazonで個人私物とビジネス用品(経費)の両方をプライベートのクレジットカードで決済した場合、どちらもAmazonでの購入なので利用明細の仕訳が大変です。とくに個人私物とビジネス用品で同じ物を購入した場合は非常にややこしく、仕訳を忘れてしまうこともあります。
法人カードの経理・会計処理の総まとめ。領収書・明細書・勘定科目など気になるところを一気読み。
大前提として、公私混同を避けよう 法人カードの経理や会計処理は「勘定項目は何になる?」や「領収書や明細書はどうなる?」など、さまざまな疑問が出てきますよね。 今回はそうした法人カードの会計処理のやり方を総まとめで紹介していきますが、...

Amazonでオトクな法人カード

基本的にポイントプログラムが搭載されている法人カードなら、どんなカードでもAmazonをお得に利用できます。

  • ポイント還元率が高い
  • ポイントの使い道にAmazonギフト券がある

しかし、その中でも「ポイント還元率が高い」+「ポイントをAmazonギフト券に交換できる」という法人カードなら、さらにAmazonをお得に便利に利用しやすいのでおすすめです。

ポイントの使い道にAmazonギフト券があるかどうかは、本当にカードによります。イメージ的には定番なポイント交換先だと思われがちですが、Amazonギフト券に交換できないポイントプログラム搭載の法人カードもちらほらとあります。

オリコEX Gold法人用

オリコEX Gold法人用はもともと還元率が0.6%と高いですが、「オリコモール」を経由すると「通常ポイント分:0.6%」+「オリコモール分:0.5%」合計1.1%の還元を受けられます。

  • 年間200万円以上の利用でポイントは最大2倍までアップ
  • オリコモール経由でAmazonを利用すると+0.5%還元
  • Amazonの利用は最大で1.7%還元

「年間200万円の利用があるとポイントが2倍になる」というステージ制が導入されているため、通常0.6%の還元率を1.2%まで高められます。

それに加えてオリコモール経由でAmazonを利用すると0.5%が加算されるため、ステージボーナスと合わせてAmazonにおける還元率は最大1.7%まで狙うことができます。

オリコモールはショップごとに決められたポイントを獲得できるので、Amazon以外で買い物するときもオリコモールを経由するほうが還元率がお得ですよ。

オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz公式サイト・今すぐ申込み
オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...

Amazonギフト券の交換レート

オリコEX Gold法人用は「暮らスマイル」が1,000円毎に1PT貯まります。

貯めた暮らスマイルをオリコポイントに移行することで、オリコポイントをAmazonギフト券へ交換できるようになります。

暮らスマイルをオリコポイントへ移行する場合のレートは、「暮らスマイル1PT」→「オリコポイント5PT」です。

オリコポイントをAmazonギフト券へ交換する場合のレートは、「オリコポイント500PT」→「Amazonギフト券500円」「オリコポイント2,000PT」→「Amazonギフト券2,000円」です。

どちらも「1PT=1円」で移行できるため、オリコEX Gold法人用で貯めたポイントをAmazonギフト券へ使うのはおすすめです。

つまり、Amazonにおける最大1.7%の還元率を実現したときは、還元率の数字どおりに1,000円毎に17円分(100円毎に1.7円分)のAmazonギフト券を入手しているのと同じで、交換先における1PTの価値が1円を切ってしまい還元率が下がるといったことはありません。

オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz公式サイト・今すぐ申込み

アメックス法人カード

アメックス法人カードは通常の還元率は約0.3%と低いですが、年会費3,000円の有料オプション「メンバーシップリワードプラス」に加入すると還元率が上がります。

  • 通常の還元率は約0.3%
  • メンバーシップリワードプラスに登録すると還元率アップ
  • メンバーシップリワードプラス登録でANAマイル移行は1.0%
  • メンバーシップリワードプラス登録でAmazon還元率は3.0%を実現可能

メンバーシップリワードプラスは「通常よりもポイント交換レートがお得になる」や「対象店舗でポイント付与がアップする」といった内容で、カードを使うお店やポイントの使い道によって通常よりも大幅に還元率がアップするサービスです。

Amazonはポイント付与アップの対象店舗になっており、メンバーシップリワードに登録すると「通常:100円で1PT」→「メンバーシップリワード登録:100円で3PT」となり、ポイント付与がお得になります。

この場合、アメックス法人カードのポイントは使い道ごとに1PTの価値が異なりますが(交換レートが商品ごとに違う)、「1PT=1円」で交換できる商品にポイントを使う場合は3.0%の還元率となります。

たとえば、メンバーシップリワードプラスに加入してAmazonで買い物すると「100円で3PT付与」、獲得したポイントをANAマイルに交換する場合は「1,000PT=1,000マイル」なので、「ANA1マイル=1円」とするなら還元率は3.0%です。

簡潔にまとめると、メンバーシップリワードに登録するとAmazonでの獲得ポイントが「100円で1PT」→「100円で3PT」となり、あとはポイントの使い道でも還元率を調整できることがアメックス法人カードの魅力です。

公式サイト・今すぐ申込み
アメックスの法人コーポレートカード(グリーン・ゴールド・プラチナ)の比較&メリット・デメリット徹底解説!
基本情報 ※年会費は税抜で記載 アメックス法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」が対象で、ステータスの高さが魅力です。 法人カードは申込基準が高いカードが多い中、アメックス法人カードは「会社設立初年度」でも持つことがで...

Amazonギフト券の交換レート

アメックス法人カードは「メンバーシップリワード(以下ポイントと記載)」が100円毎に1PT貯まります。

ところが、「メンバーシップリワードプラス」に登録すると、Amazonでは「100円毎に3PT」を獲得できるようになります。

貯めたポイントはAmazonギフト券へ交換することができますが、交換レートは「3,000PT」→「1,000円分」「15,000PT」→「5,000円分」です。

どちらも交換レートがそれほど高くなく、1PTが約0.3円の価値です。

Amazonでは100円毎に3PTを獲得できるので、Amazonギフト券へポイントを使う場合は100円の買い物ごとに約0.9円(還元率約0.9%)を獲得できることになります。

ポイントの使い道を「1PT=1円」のANAマイルにした場合、Amazonでの買い物は100円毎に3円(還元率3.0%)を獲得できます。

アメックス法人カードはAmazonにおけるポイント付与はお得ですが、ポイントの使い道はAmazonギフト券よりもANAマイルなどの1PTの価値が高い商品等へ使うほうがポイント還元のメリットは高いです。

公式サイト・今すぐ申込み

Amazonの法人・個人事業主向けプラン「Amazon Business」って?

Amazonビジネス
Amazonで「法人のアカウントを持ちたい」や「経理や総務に持てるアカウントがほしい」といった要望にこたえ、Amazonには法人や個人事業主向けプランのAmazon Businessがあります。

  • 豊富な品揃え:ビジネス商材が追加されている
  • 法人価格:多数の商品が割引価格
  • 請求書払いなど支払方法を選べる:請求書払いや法人カードなど
  • 複数ユーザーで利用可能:購買グループや承認ルールなど細かい設定もできる
  • Businessプライム:Amazonプライムの法人版で、4つのプランから選べる
  • 購買分析レポート機能:購入履歴の詳細を確認できる

※Businessプライムの特典も含む。

Amazon Businessの主な特徴は上記のとおりで、普通にAmazonを利用するよりも便利でお得な内容となっています。

気になるのは料金だと思いますが、Amazon Businessは無料です。

「Businessプライム」に加入する場合はプライム会員の年会費がかかります。

Amazon Business」で詳細を確認できますが、無料サービスとBusinessプライムサービスが混同されて紹介されているので、最初に「Businessプライムの特典は何か?」を把握してプライム会員になるかどうかを判断するのがおすすめです。

Amazon Businessはプライム会員にならないとメリットを最大限に活かせないため、Businessプライムに加入することが前提な印象も強いです。しかし、Amazon Business自体は無料なので、無料サービスを利用して物足りないと感じたらプライム会員を検討してみるという方法を取れます。

Businessプライムの年会費と特典

Businessプライムに加入する場合は以下の年会費が発生します。

  • Essentials(最大3ユーザー):税抜き4,537円、税込み4,900円
  • Small(最大10ユーザー):税抜き12,500円、税込み13,500円
  • Medium(最大100ユーザー):税抜き35,000円、税込み37,800円
  • Unlimited(無制限):税抜き250,000円、税込み270,000円

※2019年5月29日時点の消費税8%。

プランは4つ用意されており、社員の利用人数から最適なプランを選べるようになっています。

Businessプライム会員になると以下の特典を使えます。

  • 無料の配送(お急ぎ便)
  • 特別取扱商品の取引手数料が無料(サイズや重量が重い商品など)
  • 購買分析ダッシュボード(Essentialsプランは対象外)
  • 購買コントロール(Essentialsプランは対象外)
  • プライム会員限定先行タイムセール(通常より30分早く注文できる)
  • プライム限定価格(一部の対象商品のみ)

「複数社員でAmazonを使いたい」や「無条件で送料無料がいい」という場合はBusinessプライムに加入するほうがメリットが高いです。

ちなみにBusinessプライムに加入しなくても、2,000円以上の買い物は日本国内の通常配送料が無料です。

Businessプライムのメリット

Amazonは個人で利用できる「プライム会員」がありますが、「プライム会員」と「Businessプライム」を比較した場合のBusinessプライムのメリットは以下のとおり。

  • 請求書払いができる
  • 一部の商品がビジネス価格で値下げされている
  • 3人以上のアカウント共有が可能
  • アカウントごとに予算上限や購買状況の確認ができる
  • アカウント共有した際、個人のプライムビデオやプライムミュージックの閲覧履歴がバレ無い(個人のプライム会員だとバレてしまう。ただし商品の購入履歴はバレない)

経理や総務など複数社員でアカウントを共有して、経費精算をスムーズにできます。(個人のプライム会員も家族共有機能を使えば2人までアカウント共有が可能)

基本的に社内物品を購入する社員が多い企業は、Businessプライムに加入しておくほうが便利です。

また、一部の商品は値下げされているので、多少は経費節約も見込めます。

Businessプライムのデメリット

Businessプライムのデメリットは「年会費相応のサービスに感じるかどうか?」で変わります。

  • 個人のプライム会員:年会費4,900円、月額費500円(税込み)
  • BusinessプライムEssentials(最大3ユーザー):年会費4,900円(税込み)
  • BusinessプライムSmall(最大10ユーザー):年会費13,500円(税込み)
  • BusinessプライムMedium(最大100ユーザー):年会費37,800円(税込み)
  • BusinessプライムUnlimited(無制限):年会費270,000円(税込み)

個人のプライム会員は2019年4月12日に改定されて「年会費:4,900円(税込み)」の「月会費:500円(税込み)」です。

Bsuinessプライムはもっとも年会費の安いEssentials(最大3ユーザー)で「年会費:4,900円(税込み)」と、個人のプライム会員と同額です。

ただし、Small(最大ユーザー10名)以上になると一気に年会費が高くなり、ユーザー数無制限のUnlimitedは「年会費:270,000円(税込み)」です。

Businessプライムの特典(サービス内容)をしっかり確認しながら、判断することが大切ですね。

【裏技?】個人のAmazonプライムアカウントを社員と共有できないか?

個人のAmazonプライムには、家族会員として2名までアカウントを共有できる機能があります。

「個人のAmazonプライム会員になっている」→「Businessプライムになるのは嫌だ」という場合、この機能を使えば2名の社員を今加入している個人Amazonプライム会員の家族会員としてサービスを共有できそうですよね。

しかし、家族会員を追加する際に「家族会員との続柄」を登録しなければならないため、社員が家族の場合でなければこの方法は使えません。

社員や役員に家族が居れば個人のPrime機能を使いまわし可能。ということです。

Businessプライムの年会費は経費にできる

個人事業主のように社員が少なく経費管理を一人で行うような状況では、「個人のプライム会員の費用」と「Businessプライムの費用」の両方を支払うのは重複してちょっと損した気分になります…。

しかし、Businessプライムは仕事のために使うサービスなので、Businessプライムの年会費は法人カードと同じように全額経費として計上すれば問題解決です。

帳簿の勘定項目は「諸会費」や「支払手数料」として、あとは仕事のために活用していることを証明するために定期的にBusinessプライムを利用すれば経費として認められます。

Amazonビジネス

PS:マイクロ法人も増えてきてますし、まだまだ法人カード市場にはスキマがあると感じる筆者です。Amazonから法人カードがそろそろ登場しそうなので期待したいと思います!

法人カードのケース別おすすめ比較法人*クレジットカード法人*スマート&シンプルな経営のコツ

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

年会費は初年度無料のキャンペーン中。当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへ
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました