法人クレジットカードは本当に必要か?個人カードとの決定的な違いや、法人カードならではのデメリット・トラブルを徹底解説

クレジットカードの基礎知識

この記事が参考になりそうな方

この記事では、法人クレジットカードと個人クレジットカードの違いをメリットやデメリットも合わせて解説しています。

  • 現在個人向けクレジットカードで会社の支払い等を行っている方
  • 独立前・直後で法人カードが気になっているけれど、今いち仕組みが分かっていない方

「法人クレジットカードは必要か?」が気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

法人カードと個人カードの違い

法人カードと個人カードはスペックを含めてさまざまな違いがありますが、主な違いは「契約者(申込対象)」や「支払口座」にあります。

法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」といった個人契約できるカードもありますが、「法人」として契約できるカードもあります。

また、支払口座はカードによって選択肢は異なるものの、「個人口座」・「屋号付き口座(個人事業主)」・「法人口座」を選択できます。

個人カードの場合は契約者(申込対象)は個人で、支払口座も個人口座しか選べません。

細かい違いをメリットとデメリットの比較で解説していきます。

個人カードで経費を支払うと、利用明細の中で「個人支出(プライベート)」と「経費(会社)」を分ける必要があります。法人カードは基本的に経費を支払うためにしか使わないことから、「個人支出」と「経費」を明確に分けられることが大きな違いです。

法人カードの個人カードと比べたメリット

法人カードと個人カードのメリットを比較すると、用途が全く違うことが分かります。

  • 限度額が高い傾向がある
  • 法人口座から引き落とし
  • 公私混同を避けることができる
  • 社員向けの追加カードが発行できる
  • ビジネス向け付帯サービスが充実している
  • 年会費を経費として計上できる

法人カードは経費払い専用として作られているため、事業支出を支払うためにカードを持つなら法人カードが最適です。

社員用の追加カードを発行することができ、ETCカードも追加カード毎に発行できます。

また、「法人口座を設定可能」や「カード年会費は全額経費計上」など、個人カードにはないメリットもあります。

限度額が高い傾向がある

個人カードに比べると、法人カードのほうが限度額の設定が高い傾向にあります。

  • 法人決済の専用カードなので、個人向けカードよりも限度額は高い傾向
  • 利用実績を積み上げていけば、数千万円の決済が可能になるケースも
  • 仕入れや海外出張・広告費・国税の支払い等の会社の大きな出費があった場合、個人向けクレジットカードの限度額では足りなくなる可能性を排除できる
  • 大きな金額の支払いを法人カードで行うことでキャッシュフローが改善する

事業規模等にもよりますが、一般的には月間の支出がプライベートよりも経費のほうが高くなりやすいですね。

個人カードではそもそも限度額が低いカードが多く、プライベートでもカードを使うことからさらに限度額が足りなくなることがあります。

経費専用として法人カードを作れば高限度額のカードを見つけやすいですし、限度額を全額経費に使えるので不自由もありません。

法人口座から引き落とし

個人カードは、支払口座が個人口座のみとなります。

  • 個人向けクレジットカードだと決済口座は個人の口座のみ、法人の口座は指定できない
  • 個人向けクレジットカードだと一度個人で建て替えた後、会社に対して経費申請、未払金の精算をする形となり処理に手間がかかる

法人カードは「個人口座」・「屋号付き口座」・「法人口座」を選択できるので、事業資金を法人口座に入れている企業にとっては法人カードのほうが経費管理が楽です。

また、個人カードで経費を支払った場合は帳簿を付ける際に「法人:立替金」・「個人事業主:事業主借」となるので、この点に気を付けなければなりません。

法人カードの場合は複式簿記で「借方」と「貸方」で記入すればいいだけなので、あとは利用明細を見ながら金額を記入するだけで簡単に処理できます。

法人カードの経理・会計処理の総まとめ。領収書・明細書・勘定科目など気になるところを一気読み。
大前提として、公私混同を避けよう 法人カードの経理や会計処理は「勘定項目は何になる?」や「領収書や明細書はどうなる?」など、さまざまな疑問が湧きますね。 今回はそうした法人カードの会計処理のやり方を総まとめで紹介していきますが、その...

公私混同を避けることができる

法人カードは経費専用として使うため、カードの公私混同を避けられます。

  • 個人向けクレジットカードで個人と法人の支払いの線引を曖昧になってしまう
  • 会社の支払いを全て法人カードで行えば経費申請の手間や、申請し忘れも無くなる
  • 公私の区分けが明確になることで税務署から怪しまれるリスクも減らすことができる

クレジットカードを公私混同すると、経費管理が面倒です。

帳簿に経費を記入する際にカード利用明細から「経費」にあたる項目を探さなければなりません。

法人カードはプライベートで使うことがないはずなので、経費のためにカードを使っているなら利用明細のすべての項目が経費です。

個人カードで経費を支払うのと同じで、法人カードでプライベートの支出を払うこともできます。しかし、これをやってしまうと個人カードで経費を支払った場合に経費管理が面倒になるのと同様なので、おすすめできません。

社員向けの追加カードが発行できる

法人カードは社員用に追加カードを発行できます。

  • 役員や経理担当の社員に、追加法人カードを持たせることで、経費管理を一元化し手間を減らすことができる

営業担当者のように経費を払うことが多い社員にカードを持たせると、経費管理を一元化できるので事務作業が楽になります。

また、ETCカードも本会員だけではなく、社員用追加カードに対しても発行できるので便利ですよ。

ちなみに個人カードの場合は家族カードを発行できますが、これは発行対象が家族なので社員用追加カードとは別物です。

ビジネス向け付帯サービスが充実している

個人カードはさまざまな付帯サービスがありますが、法人カードも「空港ラウンジ」や「保険」など付帯サービスは同様に充実しています。

  • 経営管理レポートやコンサルティングサービス
  • 会食や接待で利用するレストランの予約サービス
  • オフィス用品の優待
  • 会計ソフトの優待
  • 福利厚生

優待特典に関しては、法人カードは「会計ソフト」や「経営管理レポート」などビジネス系の優待サービスが備わっているカードが多いのも特徴です。

このようなビジネス系優待が多いことで、何かのサービスを導入する際に割引や優待を適用して経費削減に繋げられるのも法人カードならではのメリットです。

年会費を経費として計上できる

個人カードで経費を支払う場合、「個人利用」と「ビジネス利用」の割合によってはクレジットカード年会費の一部を経費にできるケースがあります。

しかし、絶対にカード年会費が経費として認められるとは限りません。

逆に法人カードは年会費を全額経費として認められているため、節税効果という点でもメリットがあります。

法人カードの年会費は一括経費(全額損金算入)!年会費無料カードではなく、背伸びして高級カードを持つべき理由もお伝えします。
法人カード「年会費」の仕訳、勘定科目は?消費税は? はじめての法人カードでは、「法人カードの年会費は経費になるのか?」という疑問がよく持たれます。 法人カードの年会費は全額損金算入、つまり一括経費として計上することが可能。 そ...

法人カードの個人カードと比べたデメリット

一方、個人カードに比べて法人カードのデメリットとなる点を見ていきましょう。

  • 審査が厳しいカードもある
  • キャッシングや分割やリボがないカードもある
  • ポイント還元が低いカードもある

主に「審査が厳しい」や「キャッシング等がない」など、上記のようなデメリットが挙げられます。

しかし、これがデメリットになるかどうかは、何を基準に法人カードを考えるのかによって変わります。

審査が厳しくハードルが高いカードもある。審査対象が法人代表者個人ではないカードの場合、会社の決算関連書類が必要なことも

法人カードは「法人」が申込対象となっている場合、「登記簿謄本」や「印鑑証明書」などの法人書類が必要なケースが多いです。

逆に「個人事業主」や「法人代表者」が申込対象となっている法人カードは、「本人確認書類」のみで申し込めるカードがほとんどです。

  • 基本的には法人代表者個人が審査対象となるが、カード会社や希望限度額によっては、決算関連書類の提出が求められるケースも
  • 赤字の法人であっても審査に通る可能性がある法人カードも
  • 個人向けクレジットカードであっても、法人カードであっても、法人代表者個人のクレヒスに傷があれば審査に落ちる可能性が高いところは同じ
  • 既に審査に通っている個人向けクレジットカードで一旦建て替えて経費申請する形を取るか、法人向けデビットカードの利用を検討してみるのもアリ

イメージ的に法人カードは審査が厳しいと思われがちですが、審査の難易度に関しては個人カードも法人カードも変わりません。

どちらも審査基準は非公表なので、どちらのほうが合格しやすいのかは答えがないからです。

法人カードも個人カードのように「本人確認書類」のみで発行できるカードが多いので、法人書類が必要となる法人カードへ申し込む場合は個人カードに比べて書類を用意する手間がかかるのはデメリットです。

クレジットカードの審査に落ちる理由はクレヒス(クレジットヒストリー)という信用機関に登録されている延滞等の情報が原因なことが多いですが、これが理由で不合格になる場合は個人カードでも同様に不合格になる可能性が高いです。

もし、法人カードの審査に落ちてしまった場合は、代案として「法人デビットカード」を検討するのもアリですよ。

法人デビットカードは審査がないため、クレヒスの影響を受けることなく簡単に発行できます。

個人名義(法人口座決済用)の法人カードと、その仕組み・会社名義カードとの違いとは?審査対象は法人代表者・法人どっち?法人カードとクレヒス
法人カードは「決済口座はどうなるのか?」や「審査対象は誰なのか?」が分かりずらいですよね。 基本的に決済口座を「法人口座」に設定できる法人カードは、申込対象者が「法人代表者」と「法人」の2種類あります。 法人代表者が申込対象とな...
審査無しで作れる!?法人デビットカードのメリット・デメリットを徹底解説!法人カードとの違いや、おすすめカードも紹介!
法人デビットカードを法人クレジットカードと比べたメリット・デメリット 経費をカード払いするなら「法人クレジットカード」がおすすめですが、別の手段として「法人デビットカード」という方法もあります。 法人デビットカードは審査がないため、...

キャッシング機能が無い、分割払い・リボ払い等の機能も無い(あまり使うシーンもありませんが)

法人カードは「キャッシング機能がない」や「分割払い・リボ払いが使えない」というカードが多いです。

  • ほとんどの法人カードで利用できない
  • 個人が自己破産する可能性よりも、法人が倒産する可能性の方が高く、焦げ付くリスクを避ける理由もありそう

もし、これらを目的に法人カードを検討しているなら、希望する機能やサービスがあるかどうかをしっかり確認しておくことが大切です。

国や自治体の助成金や補助金を活用するなど、事業資金の調達方法はいろいろとありますよ。

法人の資金調達方法まとめ・設立初年度からの創業融資・補助金について1記事でザッと学ぶ!
創業時の事業資金はみんなどうしてる? 事業をスタートするには「資金」が必要です。 一般的には「独立したい・・・でも資金がない・・・」という理由で、創業を諦めたり迷ったりするかたも少なくないと思います。 独立に向けて貯金を頑...

ポイント還元率が低い・ポイントサービスがそもそもない法人カードも

カード全体の平均で見ると、個人カードに比べて法人カードはポイント還元率が低い傾向にあります。

  • 個人向けクレジットカードだと、還元率2%など高還元率のものもあるが(AmazonゴールドカートのAmazon内利用など)、法人カードだと0.5~1.2%程度の還元率が一般的でやや還元率は劣る

クレジットカードの還元率は0.5%が平均と言われているので、これを軸にしても個人カードのほうが高還元率カードの枚数は多いです。

個人カードは常時還元率が1.0%を超えるカードは割と多く、0.5%以上のカードはほとんどのカードが該当します。

法人カードは「セゾンプラチナビジネスアメックス:JALマイル1.25%」や「ラグジュアリーカード:1.0%~1.5%」など高還元率カードもありますが、そもそもポイントプログラムがないカードもあります。

カードによってかなりポイント還元率の差があるため、個人カードに比べて高還元率カードの候補が少ないのは法人カードのデメリットです。

損する法人カードを作らないようにしましょう!

結局法人カードは利用するべきなの?

法人カードを作れる状況なのであれば、法人カードを持っておくべき、というのが筆者の意見です。

もちろん、個人事業主でプライベートと経費の仕訳をしっかりできているなら「わざわざ法人カードを作る必要がない」という方もおられると思いますが、一般的に経営は公私混同を避けることが基本とされていますね。

法人カードは年会費を全額経費にできることからも、そこまで躊躇する必要もないと思います。

逆の考え方で、一般的に経費支払いを個人カードで対応しなければならないケースは「法人カードを作れない状況」のみです。しかし、この場合も法人デビットカードを検討するなど、出来れば公私混同を避けることを第一に考えるほうが経費管理は楽だと思います。
法人口座を作れないことから法人カードの申込で悩んでいる場合、個人口座を設定できる法人カードがおすすめです。個人口座を支払口座にすると結局は経費管理が面倒と思いがちですが、今使っている個人口座とは別にもう1つ個人口座を作り、その口座を事業専用にしてしまえば問題解決です。

結論、ほとんどの法人で利用するべき

法人カードを導入した場合の実用性は、個人カードを使う場合と同じです。

  • 国税の支払いや大きな仕入れ、広告費(リスティング広告、Facebook広告等)など金額の大きくかつクレジットカード支払い可能な支出がある場合は法人カードの利用を強くおすすめ
  • そうでない場合も、経費精算の手間の簡略化や、公私の区別の明確化、従業員カードなどの利便性を鑑みて利用が検討できる

やはり、カードがあると支払いがスムーズですし、「現金払い不可」の「カード払いのみ」というサービスを利用する場合でも対応できるようになります。

今後、時代の流れでキャッシュレス化はさらに進むと思いますが、単純にカードを持っておくほうが楽で便利ですね。

審査に全て落ちてしまったときの代替策として、個人向けクレジットカードや法人向けデビットカードの利用を検討しよう

法人カードの審査に落ちてしまった場合、「法人デビットカード」→「個人クレジットカード」の順で検討するのがおすすめです。

  • まだあなたが会社員で起業を検討しているなら、個人向けクレジットカードで限度額の高いものを今のうちに作成しておくのもアリ
  • 起業初年度の法人代表者・個人事業主よりも、会社員の方がクレジットカード会社の審査は有利なことが多い

法人デビットカードは審査がないので、信用情報(クレヒス)の影響で不合格になっているならいい代案となります。

法人カードの審査に落ちた状態で個人クレジットカードに申し込んでも、信用情報の影響で不合格になっているなら個人カードも同じく不合格になる可能性が高いです。

そのため、個人カードは会社員のときに作るなど、法人カードへ申し込むよりも前の段階で作っておくことが大切です。

一般的には社会人になって何かしらのクレジットカードを1枚は持っている方が多いと思いますが、すでにカードを持っているなら法人カードを作れるまで経費をカードで支払いたいときはそのカードを使えばOKです。

おすすめ法人カードの選び方

法人カードは各カードごとにスペックが大きく違います。

  • 限度額の上限が大きいカード
  • 年会費
  • ポイント還元率・交換先
  • 追加カード・ETCカード
  • +αの特典

ポイント還元に関しては「ポイントプログラムがあるかどうか?」を見ておくことが大切ですし、複数社員にカードを持たせるなら「追加カードの発行枚数」をチェックしておくことも欠かせません。

下記の記事で法人カードの選び方をまとめているので、参考にしながら検討してみてくださいね。

おすすめ法人カードは?と悩む社長・個人事業主へ。失敗しないビジネスカードの選び方を公開中。
実際に複数の法人カードを比較・所有する経営者・個人事業主がまとめる「法人カード調査部」です!失敗しない法人カードの選び方を知りたい方はぜひご覧ください。

迷ったらこれ!おすすめ法人カード

最後におすすめの法人カードを3枚紹介しておきます。

年会費を抑えたい方におすすめなのが、バランスの良いスペックが魅力の「EX Gold for Biz M」や「三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)」です。

限度額やポイント還元率を重視するなら、ハイスペックの「アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード」がブランド力も含めておすすめです。

EX Gold for Biz M

EX Gold for Biz Mは、オリコがリリースしている法人カードです。

年会費が「初年度無料」+「2年目以降2,000円」と安いため、経費を出来るだけ抑えたい方に向いています。

付帯サービスは「空港ラウンジ」や「ポイント還元率0.6%」など、注目度の高いサービスがバランスよく備わっています。

▼法人用

EX Gold for Biz M
EX Gold for Biz M
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降2,000円(税別)
ポイント・還元率基本0.60%
上限1.20%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドVISA,Mastercard
入会特典

最大7,000円分のポイントプレゼント!

その他のキャンペーン情報

初年度は年会費無料!

編集部レビュー

最も多くの法人さんへ1枚目の法人カードとしてオススメしたいオリコの新シリーズ。年会費・還元率・追加カード・その他特典どれをとってもバランスよくユーザー第一に作られたクレジットカードです。

▼個人事業主用

EX Gold for Biz S
EX Gold for Biz S
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降2,000円(税別)
ポイント・還元率基本0.60%
上限1.20%
追加カード・ETCカード
追加カード×
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドVISA,Mastercard
入会特典

最大7,000円分のポイントプレゼント!

その他のキャンペーン情報

初年度は年会費無料!

編集部レビュー

個人事業主さんへ初めての法人カードとしてオススメしたい1枚。年会費・還元率・追加カード・その他特典どれをとってもバランスよくユーザー第一に作られたクレジットカードです。

詳しくは、下記の記事を参考にしてくださいね。

オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...

三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)

三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)も、年会費が「1,250円」と安いことが魅力の法人カードです。

社員用追加カードに発行枚数制限がないため、将来的に多くの社員に対してカードを持たせたい場合でも柔軟に対応できるのが便利です。

また、法人カードはキャッシングやリボ払い等がないカードが多い中、こちらは個人カードと同じようにキャッシングと豊富な支払い手段が用意されています。

三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)
三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降1,250円(税別)
ポイント・還元率基本0.50%
上限0.55%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険×
ショッピング保険
国際ブランドVISA、Master
入会特典

(1)新規ご入会&カードご入会月の1ヵ月後までに合計5万円(含む消費税等)以上ご利用(パートナー追加利用分含む)で、最大7,000円分プレゼント「クラシック 7,000円分」

(2)その1を達成された方の中で、新規ご入会から1ヵ月後末までに電子マネー「iD」をお持ちいただくと、1,000円分プレゼント

その他のキャンペーン情報

対象コンビニエンスストアやマクドナルドの店舗でのお支払いに、対象の三井住友カードをご利用いただくと、今後いつでもワールドプレゼントのポイントが通常の5倍貯まります。

編集部レビュー

年会費初年度無料・赤字や法人設立すぐでも申込OK、非常にハードルが低く持ちやすい1枚目にオススメの法人カードです。

詳しくは、下記の記事を参考にしてくださいね。

三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...

アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カードは特徴やメリットが豊富ですが、ANAマイル還元率が1.0%と高いことは特筆して紹介しておきたい項目です。

メンバーシップリワードプラスという還元率UPサービスが用意されており、これに加入するとANAマイル以外もポイントがお得になります。

その他のスペックは「高額補償の付帯保険」や「空港ラウンジ」など、さすがのアメックスといった仕上がりです。

アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
年会費・還元率
年会費初年度31,000円(税別)
2年目以降31,000円(税別)
ポイント・還元率基本0.3%
上限1.0%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドAMEX
入会特典

カードご入会後1年以内のカードご利用で、メンバーシップ・リワード®のポイント30,000ポイント獲得可能

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。

詳しくは、下記の記事を参考にしてくださいね。

アメックスの法人カード(グリーン・ゴールド・プラチナ)の比較&メリット・デメリット徹底解説!
基本情報 ※年会費は税抜で記載 アメックス法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」が対象で、ステータスの高さが魅力です。 法人カードは申込基準が高いカードが多い中、アメックス法人カードは「会社設立初年度」でも持つことがで...
クレジットカードの基礎知識法人*クレジットカード
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする

初年度・1枚目にオススメ!申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
オリコ EX Gold for Biz
オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz

年会費は初年度無料、2年目は2,000円+税と、非常に申込・維持のハードルが低い法人カード。

ポイント還元率は通常0.6%、使うほどにステージアップし1.1%まで上がります。

保険・空港ラウンジ特典の他、追加カード・ETCカードも3枚まで発行費、年会費無料で発行可能。幅広い法人、個人事業主を対象にカバーしているコスパ◎のクレジットカードです。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました