法人カードの限度額・利用可能枠を上げる方法!限度額の高いおすすめ法人カードやインビテーションについても紹介!

コラム

法人カードの「限度額(何円まで支払えるか)」はカード選びの非常に重要なポイントです。

法人カードは「ポイント還元率」や「社員用追加カード」などカード選びの際に注目しておきたい項目がいろいろとありますが、限度額もしっかり考慮しておきましょう。

基本的に毎月の経費支出と同額以上の限度額を持つのが理想です(月々の経費総額よりも限度額が小さいと不便)。

▼高い限度額が狙えるおすすめ法人カード▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • 限度額は最大1,000万円!マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。

  • ラグジュアリーカードブラック
  • 一律の限度額なし&事前入金サービスで柔軟な対応可能!金属製カードに豊富な特典ついたハイステータスな1枚。

  • アメックス法人ゴールド
  • 法人設立初年度・赤字でも作れるうえに、限度額のないステータスカード!入会特典で最大30,000ポイント&初年度の年会費(31,000円)が無料のキャンペーン中!

    1. 法人カードの限度額・利用可能枠とは?
    2. 法人カードの限度額の引き上げ方法
      1. 利用実績に応じて自動的に限度額は引き上がる
      2. 限度額を引き上げたいならまずは担当窓口に相談がセオリー
      3. 繁忙期に単月のみ引き上げることも交渉次第では可能
    3. いざお金が必要なときに備え、利用実績を積み上げるのがおすすめ
      1. 普段の利用実績が乏しいと限度額に増枠に応じてもらえないケースも
      2. いつお金が必要になるか分からない:法人経営には「十分な利用可能枠=限度額」が必要
      3. クレジットカード支払いができ経費になるものは極力法人カードで支払う
      4. 利用実績の積み上げ以外にも、経費精算の手間削減やポイント還元などメリットが大きい
      5. 限度額が心細いなら法人カードを2枚・複数枚持つのもアリ
    4. インビテーション(招待)が送られてくるケースも
      1. インビテーションとは?
      2. インビテーションで申し込みをすれば審査に通りやすい?
      3. 上位カードは限度額や特典が上がる反面、年会費も上がってしまうので注意
      4. 法人カードのインビテーションは個人カードと比較するとあまり行われない印象
    5. 限度額の高い・高い限度額が狙えるおすすめ法人カード
      1. アメックス法人ゴールドカード
      2. セゾンプラチナビジネスアメックス
      3. ラグジュアリーカード(ブラック以上)
    6. まとめ

    法人カードの限度額・利用可能枠とは?

    法人カードの限度額(利用可能枠)は、カードで利用できる金額の上限金額のことです。

    限度額の上限は各カードごとに異なり、上限の範囲内でいくらの限度額を持てるのかは審査で決定されます。

    利用枠をすべて使い切った場合はカード決済ができません。

    法人カードの締め日と支払日は毎月やってきますが、支払サイクルは約2ヶ月で計算しておくことが大切です。

    最初の1ヶ月で限度額を使い切ると、翌月に控える支払日をクリアするまでは限度額が復活しません。

    法人カードの限度額の引き上げ方法

    法人カードの初動の限度額は審査で決まりますが、カード所有後にも限度額を引き上げることは可能です。

    • 利用実績を積んで限度額引き上げのお知らせを待つ
    • カード会社に限度額引き上げを相談する(恒常的な引き上げ/一時的な引き上げ)

    限度額は各カードごとに設定されている「上限」まで引き上げることができるため、上限が高く設定されている法人カードを選ぶのがおすすめです。

    基本的には「ゴールドカード」や「プラチナカード」などの上位カードほど限度額が大きくなります。

    また、アメックスのように一律の限度額を設けていないタイプもあります。

    利用実績に応じて自動的に限度額は引き上がる

    法人カードの限度額は、カード所有後からの利用実績に応じて自動的に引き上げられることも多いです。

    個人向けカードでも同様の自動引き上げがあります(1度経験された方も多いかと思います)。

    限度額を引き上げたいならまずは担当窓口に相談がセオリー

    カード裏面の電話番号からカード会社に電話をし、限度額の引き上げを相談すると、希望通りに限度額を引き上げられることがあります。

    利用実績(決済の頻度、返済状況など)により交渉の成功度が変わるため、利用実績を積んでから依頼するのがセオリーです。

    恒常的な限度額引き上げは、カード発行から6ヶ月以上経過していないと難しいとされています。

    繁忙期に単月のみ引き上げることも交渉次第では可能

    特殊なケースとして、単月だけ限度額を引き上げてもらうという方法もあります。

    繁忙期は経費支出が高額になりやすいですが、交渉次第ではカード会社が柔軟な対応をしてくれるケースがあります。

    カード発行から時間が経過していない場合であっても、理由によっては一時的な限度額の引き上げは認めてもらえることが多いです。

    海外出張や仕入れ・広告費など、事業決済用のカードで事業目的の支出であれば相談してみましょう。

    ▼高い限度額が狙えるおすすめ法人カード▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • 限度額は最大1,000万円!マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。

  • ラグジュアリーカードブラック
  • 一律の限度額なし&事前入金サービスで柔軟な対応可能!金属製カードに豊富な特典ついたハイステータスな1枚。

  • アメックス法人ゴールド
  • 法人設立初年度・赤字でも作れるうえに、限度額のないステータスカード!入会特典で最大30,000ポイント&初年度の年会費(31,000円)が無料のキャンペーン中!

    いざお金が必要なときに備え、利用実績を積み上げるのがおすすめ

    法人カードは限度額が高額なほど安心で便利です。

    やはり「限度額が足りなくて経費を支払えない!」という状況は避けるたいものです。

    普段の利用実績が乏しいと限度額に増枠に応じてもらえないケースも

    カードの利用実績を積むことが限度額引き上げのセオリーですが、この利用実績というのは明確に条件が公表されているわけではありません。

    • まとまった金額を利用し、返済を続けることで利用実績が溜まっていく
    • 予算増枠やカードのグレードアップで見られる

    一般的には「カードの利用頻度が高い」「毎月のカード利用額が大きい」といった場合に、限度額増額のお知らせを受け取れるケースが多いとされています。

    カード会社にとって良い行動を心掛け、カード会社にとって迷惑になる行動(支払い遅延や規約違反)はしないのが基本です。

    一般的に以下の2条件が揃えば恒常的な限度額の引き上げが可能だとされています(必ずしも引き上げられるとは限りません)。

  • ①カード発行から6ヶ月経過
  • ③利用実績的に問題がない
  • ※法人代表者、個人事業主を契約主としたクレジットカードの限度額管理は経済産業省の割賦販売法に基づいて行われます。

    いつお金が必要になるか分からない:法人経営には「十分な利用可能枠=限度額」が必要

    将来的にまとまった経費が生じる場面に備えて、利用実績を積んでおくのは賢い法人カードの運用です。

    法人クレジットカードが停止してしまうのは大きなリスクです!

    • 繁忙期に思いがけず仕入れや広告費の支払いがかさんでしまうケース
    • 出張などが重なり経費の支払いが思いがけずかさんでしまうケース
    • クレジットカード支払いのみのクラウドサービスが停止するリスク
    • 広告費の支払いが滞り停止せざるをえなくなり機会損失が生じるリスク

    基本的に限度額が足りずに法人カードを使えなくても、現金払いで対応できるなら問題ありません。

    しかし、サービスによっては支払方法が「クレジットカード払いのみ」というところもあり、カードが上限額に達し使えないと非常に困ります。

    法人カードの限度額は多少のゆとりを持たせておくほうが安心です。

    クレジットカード支払いができ経費になるものは極力法人カードで支払う

    経費になるものは何でも法人カード払いにすることで、多くの利用実績を積んでおきましょう。

    • ETC料金やガソリン代
    • 国税(消費税、法人税など)の支払い
    • 広告費の支払い
    • PCやソフトウェア等の金額の大きな設備投資
    • オフィスの光熱費
    • 物販の仕入れ
    • 接待や会食の飲食費、出張のホテル宿泊費

    事業規模等にもよりますが、国税や広告費などすべての経費を法人カードで支払おうと思うと高額な限度額が必要です。

    毎月の経費総額を試算しておき、それに対応できる限度額を持つことを目標に利用実績を積むのがいいですね。

    利用実績の積み上げ以外にも、経費精算の手間削減やポイント還元などメリットが大きい

    経費を1つでも多くカード払いにすると、利用実績が詰めるだけでなく、経費精算やポイント還元の面でも大きなメリットがあります。

    とくにわかりやすいのが「ポイント還元」です。

    カードの利用頻度が高くなるほど得られるポイント数も大きくなりますね。

    限度額が心細いなら法人カードを2枚・複数枚持つのもアリ

    1枚の法人カードで限度額を引き上げる以外にも、法人カードを2枚持ちするという方法もあります。

    • 今持っているカードの利用可能枠(限度額)だけでは心細く、2枚目が必要
    • 国際ブランドの分散が必要(JCB・AMEXが使えない場合に備えて)
    • 新しい特典などに惹かれる

    1枚のカードの限度額が低かったとしても、2枚カードを持っていれば限度額を大きくすることができます!

    カードスペック的にも2枚分の「優待特典」を使えるため、これも2枚持ちならではの利点です。

    以下の記事で法人カード2枚持ちについてまとめているので、気になる方は読んでみてくださいね。

    法人用クレジットカードを複数枚・2枚目以降を持つとしたらオススメの組み合わせは?
    【徹底検証】「限度額が心細い」「追加カード、ETCカード」「新しい特典が欲しい」などケースごとにチェックポイント、おすすめの法人カードの組み合わせなどまとめました!

    ▼高い限度額が狙えるおすすめ法人カード▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • 限度額は最大1,000万円!マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。

  • ラグジュアリーカードブラック
  • 一律の限度額なし&事前入金サービスで柔軟な対応可能!金属製カードに豊富な特典ついたハイステータスな1枚。

  • アメックス法人ゴールド
  • 法人設立初年度・赤字でも作れるうえに、限度額のないステータスカード!入会特典で最大30,000ポイント&初年度の年会費(31,000円)が無料のキャンペーン中!

    インビテーション(招待)が送られてくるケースも

    限度額引き上げに関連する情報として、法人カードのインビテーションについても紹介しておきます。

    すでに法人カードを持っている場合、利用実績によっては上位カードへの招待を受けられるケースがあります。

    上位カードは一般カードに比べて限度額上限が高額なので、インビテーションを受けられると限度額を引き上げられることがありますよ。

    インビテーションとは?

    インビテーションは、カード会社から上位ランク(ゴールド・プラチナ等)の法人カードへの申し込みの招待が届くことです。

    法人カードによっては「一般」→「ゴールド」→「プラチナ」と同シリーズでカードランクが用意されていることがあり、こうした場合に利用実績次第で上位カードの招待を受けられます。

    インビテーションで申し込みをすれば審査に通りやすい?

    普通に上位カードへ申し込むことに比べると、インビテーションから申し込むほうが審査に合格しやすいという説があります。

    これも審査条件は非公表なので確かめようがありませんが、そもそも審査に落ちる可能性が高いなら「なぜ、上位カードへ招待したの?」となりますよね。

    インビテーションは審査合格の期待値はそれなりに高いと思います。

    上位カードは限度額や特典が上がる反面、年会費も上がってしまうので注意

    クレジットカードは一般的に「一般」→「ゴールド」→「プラチナ」の順で年会費が高くなります。

    付帯サービスがレベルアップする反面として年会費も高額になるので、この点はしっかり把握しておきましょう。

    ただし、法人カードは年会費を全額経費にできるため、黒字経営の場合は節税効果のメリットもあります。

    法人カードの年会費は一括経費(損金算入)!消費税も含めた勘定科目や、ちょっと背伸びして高級カードを持つべき理由まで。
    【確定申告】個人事業主・法人設立初期で迷いがちな法人カードの年会費。勘定科目は支払手数料 or 諸会費?消費税は課税対象?全額経費にできる法人カードだから、背伸びして持てるおすすめプラチナカードも紹介!

    法人カードのインビテーションは個人カードと比較するとあまり行われない印象

    カード全体として見ると、個人クレジットカードに比べて法人カードはインビテーションがだいぶ少ない印象があります。

    法人カードは全体数(種類)が個人クレジットカードのように多くはないため、インビテーション可能な法人カードの数が少ないことが主な理由です。

    法人カードのほぼすべては申し込みから発行できるのでそこまで気にする必要もありません。

    今はどうかわかりませんが、筆者が創業のたびに、アメックスが法人用クレジットカードの勧誘DMを送ってくることに注目していました。
    なぜかいつもゴールドカードの勧誘でした。ここからアメックスを発行する社長も少なくなさそうです。

    限度額の高い・高い限度額が狙えるおすすめ法人カード

    限度額の高い法人カードのおすすめが3枚あります。

    ※限度額がないカードは、本当に限度額がないわけではなく「現状の限度額」が設定されています。

    ラグジュアリーカードは電話調査で「1,000万円までは通常の限度額審査で引き上げ可能。1,000万円を超える限度額はやや厳しい別の審査フローが必要となる」ということがわかっています。

    他の法人カードは限度額が100万円から200万円前後が多い中、この3種は限度額が高い、上げる余地があるカードです。

    とくに「アメックス法人カード」と「ラグジュアリーカード」は限度額上限に制限がないため、利用実績から高額限度額を目指したい方に最適です。

    アメックス法人ゴールドカード

    限度額に制限がない法人カードはかなり少ないですが、アメックス法人カードは知名度からも代表的です。

    アメックス法人カードは「グリーン」・「ゴールド」・「プラチナ」と3種類あります。

    いずれのカードランクも限度額の上限は無制限なので、下位ランクにあたるグリーンでも高額限度額を狙えます。

    筆者のおすすめは、初年度年会費 無料でもてる「ゴールドカード」です。

    アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
    アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度0円(税別)
    2年目以降31,000円(税別)
    ポイント・還元率基本0.3%
    上限1.0%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    カードご入会後1年以内に200万円以上のカードご利用で、メンバーシップ・リワード®のポイント30,000ポイント獲得可能

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。

    アメックスのコーポレートカード徹底比較!審査・限度額・特典までまとめて紹介
    ステータスの高さが魅力のアメックス法人カード!個人事業主でも大丈夫?限度額、追加カード、ETCカード、空港ラウンジの利用可否、付帯保険、コンシェルジュの有無、他カードと比較しながら徹底解説!

    セゾンプラチナビジネスアメックス

    セゾンプラチナビジネスアメックスは、セゾンとアメックスが提携して発行している法人カードです。

    セゾンとアメックスの両方の特典を使えるのが特徴で、ポイント還元率に関しては「JALマイル1.25%」と高還元率なことからもJALマイラーから人気です。

    限度額は最大1,000万円の設定なので、利用実績次第では高額限度額を目指せます。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度20,000円(税別)
    2年目以降20,000円(税別)
    ポイント・還元率基本1.125%
    上限1.375%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    カード発行翌々月までの利用額に応じて最大40,000円相当(8,000ポイント)をプレゼント!
    ・10万円以上の利用:7,000円相当(1,400ポイント)
    ・30万円以上の利用:24,000円相当(4,800ポイント)
    ・50万円以上の利用:40,000円相当(8,000ポイント)

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。コンシェルジュ付き、JALマイルが最高ランクの高還元率・空港ラウンジ使い放題のプライオリティパス等の特典も全部込みで年会費2万円(利用実績によって、年会費はさらに半額まで下がります)。

    特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
    【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

    ラグジュアリーカード(ブラック以上)

    ラグジュアリーカードは高級カードとして人気が高く、カード券面が金属加工されています。

    カードランクは「チタン」・「ブラック」・「ゴールド」の3種類あり、いずれも申し込みから発行可能です。

    3種類とも限度額は無制限ですが、付帯サービスを重視するならブラック以上がおすすめです。

    事前入金サービスがスタート:今まで以上に利用枠が柔軟に!

    2020年10月中旬頃から、「事前入金サービス」が始まる予定です。

    事前に決済分の現金を入金しておけば、利用可能枠を超えた決済が可能になります。

    大型決済税金の支払いなど通常の利用枠では対応できない決済時に便利なサービスです。

    このサービスを使えば、利用枠にとらわれず高額な決済ができ、決済時のポイントも獲得できます!

    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    年会費・還元率
    年会費初年度100,000円(税別)
    2年目以降100,000円(税別)
    ポイント・還元率基本1.25%
    上限1.25%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドMaster
    入会特典

    ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

    その他のキャンペーン情報

    ご満足いただけなければ、初年度の年会費を「全額返金保証」

    ※ご入会日より半年以内に年会費含む50万円以上(税込)お支払いただいた方で、ご満足いただけず退会される場合、お支払いただいた年会費全額を返金いたします。

    編集部レビュー

    インビテーション無しで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚。メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。還元率も常設1.25%あり、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。

    法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)Black Cardの所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
    ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック

    まとめ

    法人カードは少額限度額だと経費を支払えない状況があるため、月間の経費支出に見合った限度額の法人カードを選びましょう。

    • カードによって限度額の上限は大きく異なる
    • カード選びの段階で限度額の上限に注目
    • 限度額は利用実績から上限まで高められる
    • 限度額はカード会社に相談すると上限の範囲で高められることがある
    • すでに法人カードを持っているなら2枚目を検討するのもおすすめ
    • インビテーションで上位カードを狙うのも効果的

    各カードごとに限度額設定は大きな違いがあるため、しっかり限度額も考慮しながら法人カードを選んでくださいね。

    コラム

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました