接待会食が多い社長・役員におすすめの法人カード!接待やお店選びでの上手な活用方法

特徴別ランキング

接待・会食、楽しい場面もありますが、何かと面倒なことも多いです。

  • お店探し&予約、ちょっと面倒だな…
  • いつも似たようなお店に行ってる気がする…
  • 正直会食のセッティングが苦手だ…
  • カードの食事特典を使いこなしたい…

上記のような悩みを感じている方も多いのではないでしょうか。

筆者も週5以上で会食をしていた頃は、新しくお店を開拓する気力も無くなり疲れ切っていたことがありました。

この記事では、法人カードの特典を活かして少しでも接待や会食のセッティングを楽にする方法をご紹介していきます!

この記事はグルメ初心者さん向けの記事です。
※グルメ好き、食べログ上位店はほぼ制覇済み!といった方には適さない記事ですので予めご了承くださいm(_ _)m

▼【厳選】コンシェルジュサービスがついたプラチナカード2選▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • 年会費20,000円(税抜)でコンシェルジュサービスがつくコスパ最強カード!マイル還元率1.25%の高さも魅力です。

  • ラグジュアリーカードブラック
  • メールで依頼できるコンシェルに加え、接待先までのリムジンサービスも大人気!金属製のハイステータスな1枚です。

    法人カードが接待で大活躍!

    法人カードも「プラチナランク以上」を持つと接待で大活躍します!

    会食はお店選びが大変ですが、プラチナカードがあると簡単に接待の手配ができるようになります。

    「忙しくて接待の手配ができない……」という社長さんや役員さんには、とくにおすすめです

    コンシェルジュサービス

    接待でプラチナランク以上の法人カードがおすすめな理由は、「コンシェルジュサービス」があるからです。

    コンシェルジュサービスは、レストランやホテルなどの予約を代行してくれるサービスです。

    「いいお店の情報を知りたい!」という相談にものってくれます。

    ちょっとした秘書のように使うことができ、電話やメールで接待や出張の手配を完了させられます!

    法人カードは「一般<ゴールド<プラチナ<ブラック」の順でカードランクが上がっていきます。
    コンシェルジュサービスは基本的に「プラチナ」以上に付帯している特典です。

    相手や目的・シーンに合わせたお店選びが可能

    コンシェルジュサービスは、「お店選び」と「お店の予約」をしてくれます。

    自分で接待の手配をするときはお店選びに時間がかかってしまいますが、コンシェルジュサービスを利用すればこの悩みを解決できます。

    【コンシェルジュサービス利用の流れ】

    1. コンシェルジュデスクに電話orメール
    2. 要望(予算・人数・場所・日時・シーン)を伝える
    3. 出てきたお店候補から選び、予約を依頼する
    4. 予約完了!あとは当日楽しむだけ

    コンシェルジュへの依頼方法には電話orメールがあります。

    メールで依頼できるコンシェルジュサービスは便利ですが数は少ないです。

    メールで簡単に依頼できる「ラグジュアリーカード ブラック」がとくにおすすめです!

    コンシェルジュに依頼したい接待とは?

    接待はもちろん自分でセッティングしてもいいですが、以下のようなシーンではコンシェルジュに依頼してもいいでしょう。

    • 失敗したくない会食のとき
    • いつもと違う新しいお店を開拓したいとき
    • 急に大人数での予約が必要になったとき

    プライベートでも大事なデートや記念日といったイベント時はコンシェルジュに依頼するといいでしょう(筆者もよく利用しています)。

    贈り物なども柔軟に相談可能

    接待で贈り物を用意したい場合にも、コンシェルジュが相談に乗ってくれます。

    • 取引先の事務所移転お祝いにユニークな贈り物を考えたい
    • ワイン好きの取引先の担当者に喜ばれるワインを贈りたい

    たとえば、ワインが有名なレストランで接待を行い、そのお店のワインを贈り物として用意するといった使い方もできます(ちょっと粋ですよね)。

    コンシェルジュはさまざまなお店をリサーチしてくれるので、贈り物に関する相談にも長けています。

    ダイニングサービスも魅力:飲食店での割引・コースのランクアップ特典もあり

    法人カードにはレストランの優待特典が付帯しているカードがあります。

    ほとんどのプラチナカードには、コンシェルジュサービスに加え「ダイニング系の優待特典」がついています。

    コンシェルジュサービスと組み合わせて使うといいでしょう。

    【ダイニングサービスの一例】

  • 招待日和:2名以上の予約で1名分のコース料金が無料に
  • ラグジュアリー・アップグレード:特定店舗でのコース料理がランクアップ
  • ダイニング系特典はカードごとにいろいろありますので、ぜひ内容を吟味しながら法人カードを選んでみてください。

    ▼【厳選】コンシェルジュサービスがついたプラチナカード2選▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • 年会費20,000円(税抜)でコンシェルジュサービスがつくコスパ最強カード!マイル還元率1.25%の高さも魅力です。

  • ラグジュアリーカードブラック
  • メールで依頼できるコンシェルに加え、接待先までのリムジンサービスも大人気!金属製のハイステータスな1枚です。

    クレジットカード、接待の支払い時に意外と目がいきます…

    筆者が参加した大事な接待では、片方がカードで支払うケースが8割強ほどです。

    特別な利害関係を生みたくない場合のみきっちり割り勘するイメージです。

    筆者自身がそうなのですが、そのときの相手の支払い方法どんなカードを使っているかは、どうしても目に入ってしまうんですよね。

    全く意図さず視界に入ってしまう感じです。

    ▼まさにこの瞬間
    レストランでのクレジットカード払いの瞬間

    相手の意図にかかわらず、実は意外と支払い時にクレジットカードは見られています(というか目に入ってきます)!

    個人的に、ステータスカードを絶対持つべき!とまでは言わないのですが、やはりちゃんとしたクレジットカードを持っていることは、一種の信用度の高さを示してくれます。

    「このカードをもてるくらいの人なんだ」というステータス性を暗に示せるのは、ビジネスにとって少なくないメリットがありそうです。

    基本的にお会計のシーンを見られないのが一番スマートだと思いますが、お店によってはどうしてもテーブル会計で会計シーンが見えてしまうことがありますよね。
    そんなときにプラチナカード・ブラックカードがあると多少なり良い印象を与えることができるかもしれません。

    自分自身のモチベーションを上げる

    プラチナカード・ブラックカードを持てば、自分自身もクレジットカードのステータス性によって自信がつきます。

    若いころ、「初めてちょっといいスーツや靴を身につけて挑んだ日の商談は自信が湧いてきた」という経験のある方は多いのではないでしょうか?

    「早くこのカードにふさわしいだけ利益を出そう!」とか「こういうカードを持てるようになってきた!」など、自身のモチベーションにもつながるかと思います。

    ※もちろん、そういったことを気にされない方もいらっしゃるかと思います。

    社内の従業員の士気を上げるかも

    多くの法人カードは、社員用に追加カードを発行できます。

    プラチナカード・ブラックカードを持った役員は、羨望の眼差しを受ける憧れの存在になるかもしれません。

    従業員の受け取り方次第ですが、「私もあんなカードを持てるようになりたい!」と奮起してくれる可能性があります。

    とくに営業のインセンティブ比率が大きく野心がある社風なら余計に効果は高いかもしれません。

    ※筆者自身、オフィスのエレベータでそんな会話を実際に聞いたときは驚きました!まさに不動産投資営業の会社の方でした。

    【コラム】役員・従業員に、上位クラスのカードを持たせる場合に考えておくべきこと

    業種によっては、追加カードを部長クラスに与えて数百万円の経費枠を持たせることも少なくありません。

    代表者としては、高額な利用枠を持たせることからも不正利用がやや不安ですね。

    社員カード導入時には「社員用カード利用の社内ルール」を作り、社員の不正利用を防止しましょう。

    上手くルールを決めて、有効活用できるとよい

    法人カード運用の社内ルールは、プライベートとビジネスを明確にわけるためにも作っておいた方がいいです。

    社員にとってもルールがあった方が「どれが経費になるのか」が明確にわかり、社員カードを利用しやすくなります。

    たとえば、勤務時間内にカフェ等を利用する際の費用を法人カードで決済してもいい場合、それが「単に昼食ならNG」で「会議等ならOK」など細かくルール作りをするといいでしょう。

    運用ルールの例

    法人カードの運用ルールの作り方はさまざまですが、社員が間違ってプライベートで使ってしまうことを防止しやすいような内容にしておくのが好ましいです。

    • 信頼できる役職者
    • 領収書の提出を義務化する
    • 直属への事前申告制を導入する
    • 不正利用発覚に対する罰則規定を設置
    • 限度額、毎月の利用明細を細かく管理し開示する
    • 経理のみに渡し良心の範囲で利用を任せる(明細などで利用目的がだいたいわかることは予め伝えておく)

    あまりにも細かい内容にしてしまうと、余計に判断が難しくなって社員がカードを使わなくなることもあります。

    とりあえずは思いつく内容で社内ルールを作り、あとから足りないところを補足するように定期的に内容を見直していくといいですよ。

    社内での不正利用が心配な方はプリペイド型法人カード「Bizプリカ」のご検討をおすすめします!


    • カードごとに上限額を設定できる!
    • 1枚月額100円と格安で法人カードが作れる
    • 発行可能枚数は無制限
    Bizプリカ公式サイト
    法人カードの不正利用の事例&対策まとめ!社員による使い込み・横領を防ぐ社内規定やルール案・管理のコツまで
    社員用の法人カードで、社員が使うときの注意点を徹底解説!私的利用は業務上横領にあたる?社内規定や秩序を保つためのポイント、カード会社による補償可否などまとめました。

    その他接待に役立つユニークな特典

    上位カードはコンシェルジュサービス以外にも、以下のようなユニークな特典が付いているカードもあります。

    • ゴルフのエントリー予約サービス
    • リムジン送迎

    とくにリムジン送迎はかなりユニークです。

    リムジン送迎は「ラグジュアリーカード」に付帯しており特定店舗までリムジンで送迎してくれます。

    重役の方でも日頃からリムジンに乗って慣れているという方は稀でしょうから、接待でリムジン送迎を使うと強いインパクトを与えられると思いますよ。

    法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)Black Cardの所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
    ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック

    結論、接待に強いおすすめの法人カードは?

    コンシェルジュサービスが付帯しているおすすめの法人カードは以下の2枚です。

    ▼【厳選】コンシェルジュサービスがついたプラチナカード2選▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • 年会費20,000円(税抜)でコンシェルジュサービスがつくコスパ最強カード!マイル還元率1.25%の高さも魅力です。

  • ラグジュアリーカードブラック
  • メールで依頼できるコンシェルに加え、接待先までのリムジンサービスも大人気!金属製のハイステータスな1枚です。

    ラグジュアリーカードは高級カードの代名詞となっており、ステータス性は全法人カードの中でもトップクラスです。

    セゾンプラチナカードはプラチナカードの中では年会費が20,000円(税抜)と格安であるにもかかわらず、コンシェルジュサービスがついているコスパ最強カードです。

    ラグジュアリーカード法人ブラック

    ラグジュアリーカードブラック

    カード名称Black Card
    年会費100,000円(税抜)
    申込対象個人事業主
    法人の代表者
    限度額審査により通知
    追加カード年会費:25,000円(税抜)
    発行枚数:最大4枚
    発行手数料:無料
    ETCカード年会費:無料
    発行枚数:最大1枚
    発行手数料:無料
    (追加カード1枚に対しても1枚発行可能)
    ポイント還元率1.25%
    主なポイント交換先Amazonギフト券
    JALマイル
    ANAマイル
    iTunesカード
    nanacoギフト
    Google Playギフト
    フィラディスワイン
    空港ラウンジ国内主要28空港
    プライオリティパス
    ※世界中の多くの空港ラウンジを利用可能
    保険ショッピング保険:300万円
    国内旅行保険:1億円
    海外旅行保険:1億2,000万円
    電子マネーApple Pay対応

    多くのコンシェルジュサービスは電話対応のみですが、ラグジュアリーカードはメールで対応してくれます。

    メールで接待の手配を依頼できるのはかなり気軽なので、日常的に接待を行うような企業はとても便利な法人カードです。

    また、リムジン送迎の特典でステータスの高い演出が可能、さらにダイニング系の優待特典もしっかり付いています。

    法人ラグジュアリーカード公式サイト・今すぐ申込み
    法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)Black Cardの所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
    ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

    セゾンプラチナビジネス

    カード名称セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス
    年会費20,000円(税抜)
    ※割引あり
    申込対象個人事業主または経営者の方
    限度額100万円~1,000万円
    追加カード4枚まで発行可能
    ETCカード無料で発行可能
    ポイント還元率JALマイル最大1.375%
    空港ラウンジ世界中1,000以上利用可能
    保険最高1億円
    当サイトの解説こちらをクリック

    価格.comのカードランキングでも「プラチナカード部門」・「法人カード部門」において2年連続で1位を獲得しています。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス最大の特徴はなんといっても「コスパが最強」な点です。

    まずはメリットをざっくり確認してみてください(このカードのすごさが伝わるはずです)。

    ▼メリット

  • 年間200万円以上の利用で年会費が10,000円(税抜)
  • JALマイル還元率が最大1.375%
  • コンシェルジュ特典付帯
  • プライオリティパス付帯
  • 発行スピードも法人カード最速クラス
  • 年間200万円以上の利用が条件とはいえ、年会費10,000円でコンシェルジュサービスもプライオリティパスも付帯している法人カードはほかにありません!

    特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
    【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト・今すぐ申込み

    AMEXやダイナースはダメなの?

    コンシェルジュサービス付帯のステータスカードといえば、「AMEX」や「ダイナースクラブ」をイメージする方は多いと思います。

    これらの法人カードも優秀ですが、1つ注意しておきたいのが「加盟店でない店舗もまだまだある」という点です。

    世界のどこへ行っても加盟店が多いとされているのはやはり「VISA」と「Mastercard」です。

    国際ブランドの観点では、セゾンプラチナアメックスより、ラグジュアリーカードの方が使いやすいでしょう。

    まとめ

    毎回の接待の手配で悩んでいる方は、コンシェルジュサービスをフル活用してスムーズに接待を手配してみてくださいね。

    • 接待はコンシェルジュサービスが便利
    • コンシェルジュサービスは電話1本で接待の手配ができる
    • コンシェルジュサービスはプラチナ以上に付帯している
    • プラチナカードはステータス性やモチベーションアップという効果もある
    • 社内ルールを徹底すれば不正利用防止で安心してプラチナカードを運用できる

    ラグジュアリーカードは接待でリムジン送迎を演出でき、セゾンプラチナカードは格安でコンシェルジュサービスを利用できますよ。

    特徴別ランキング

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました