法人カードの審査落ち…代表(社長)がブラックリスト中=クレヒスが悪い場合の対策・代案をまとめました!

ビジネスマン辛い 法人カードの申込・審査

法人カード審査落ちの3つの対策

法人カードの審査に落ちてしまったとき、その対策は「他の法人カードの審査を受けてみる」「デビットカードを検討してみる」などさまざまな方法があります。

  1. 急場しのぎの策
  2. 代替手段の検討
  3. 長い目で見た対策

細かく挙げれば本当にいろんな対策方法がありますが、ここでは上記3つの観点から対策方法をご紹介していきます。

法人カードの審査に落ちる理由

最初に法人カードの審査に落ちる主な理由をおさらいしておきましょう。

  • 代表者の信用履歴(クレヒス)に問題がある
  • 申込カードの審査基準が高すぎる
  • 代表者の支払能力が足りない
  • 法人の実績が足りないと判断されるケース

審査に関する基本知識として抑えておきたいことは、どんな法人クレジットカードも、性質上審査基準は非公表という点です。

ただし、一般的にある程度は審査落ちの理由が推測されており、不合格の場合は上記のような理由に該当するケースが多いです。

とくに信用情報はカード申込の同意の説明文で「信用情報機関を利用する」という内容が記載されているため、法人カードの審査に対して信用情報の影響は極めて大きいとされています。

過去2年間の支払い滞納履歴・他社の審査に落ちている・直近1年で高額なローン契約をしているといった情報は、CICを筆頭とした「個人信用情報機関」から審査時に漏れなくチェックされます。カード会社は、支払いが滞る可能性がある人にまで新規発行をしたくないので、信用機関での情報は「足切り」に使われる可能性が高い。というわけです。

クレヒスとは?

信用情報は「クレジットヒストリー(略してクレヒス)」と呼ばれ、信用機関に登録されている情報のことです。

この信用情報は「延滞」や「債務整理」などさまざまな内容がありますが、情報が信用機関に保存される期間は各情報によって異なります。

自分の信用情報は情報開示で閲覧することができるため、信用情報が気になったときは情報開示をしてみましょう。

下記の記事では、「情報開示の仕方」や「法人の信用情報」などをまとめて解説しているので、参考にしてみてくださいね。

法人カードを延滞したら個人のクレヒスにも傷がつくの?法人にもクレヒスってあるの?法人カードとクレヒスの関係を徹底解説!
法人カードの審査の際に参照されるクレジットヒストリー(クレヒス)とは? 個人クレジットカードは審査でクレジットカードヒストリー(クレヒス)が参照されますが、それと同じで法人カードも審査の際にクレヒスをチェックされます。 このクレヒス...
審査が不安な方・個人のクレヒス的に法人カードの審査に通らない方は、デポジット型の法人カード「SBS Premium Card(DPB)」もご検討いただくことをオススメします!  
  • 過去に支払い遅延などがある方向け
  • デポジット額に応じて限度額を簡単に引き上げられる
  • 優待サービスなども多い
SBS Premium Card(DPB)SBSデポジットカード:公式サイト
法人カードの審査に通らない?デポジット型の「SBS Premium Card(DPB)」は法人クレジットカードの救世主かも。【SBSビジネスカード】
SBS Premium Card(DPB)とは? SBS Premium Card(DPB)は、「Smart Billing Service」と「ライフカード」の提携法人カードです。 スペックは上記のとおりにスタンダードな仕...

【①急場しのぎの策】1枚目が不合格でも2枚目は合格するかもしれない!

「急場しのぎの策」としておすすめなのが、別の法人カードに申し込んでみるという方法です。

法人カードの審査基準は非公表なのですから1つのカード審査に落ちたからといって他の法人カードも不合格になるとは限りません。

クレジットカード審査の話題では「A社は審査が厳しい」とか「B社は審査が甘い」なんて話を聞いたことがあると思いますが、要はそれと同じです。

急場しのぎの策は、法人カードの審査に落ちても短期間で法人カードを持てるかもしれないというのが利点です。

別の券種の法人カードを申し込みしてみる

「アメックスなど外資系カードだと日系と異なる審査基準を敷いている場合も・・・」というように、各社の審査基準はいろいろと推測情報があります。

しかし、これはどのカード会社の審査に関しても真相が判明することはないので、具体的な対策は「好きな法人カードへ申し込む」のみです。

やるべきことは単純ですが、「同時に複数枚へ申込まないこと」「2枚目までを目安にすること」は注意点として抑えておきましょう。

法人カードの申込履歴は、信用機関に6ヶ月残ります。短期間で複数枚の法人カードへ申し込むと、印象が悪いことから審査に落ちる可能性が高くなるかもしれません。「同時は2枚まで」を目安に申込を検討しましょう。

2枚申し込んで2枚ともダメだったら半年期間を空けてみよう

2枚目も不合格になってしまったら、申込履歴が消える6ヶ月後に再チャレンジするのがおすすめです。

ただし、ここからはあとに紹介する「長い目で見た対策」と同じで、「何が理由で審査に落ちているのか?」にもよります。

たとえば、支払能力が理由の場合、不合格になったときよりも利益が増えているなら合格できる可能性は高いです。

しかし、信用情報が理由の場合は「どの信用情報が影響しているのか?」によるため、影響している信用情報が半年後に消えるなら合格できる可能性が高まるもののその信用情報が半年後にも残ったままなら以前と同じく不合格になるかもしれません。

法人設立初期におすすめのカード

法人設立初期から大活躍する法人カードは、以下の4枚がおすすめです。

  • 三井for Owners クラシック
  • アメックス法人カード
  • オリコEX Gold法人用
  • セゾンプラチナ法人カード

法人カード審査はグレードや高級度によっても異なるので、合格を第一に考えるなら「三井for Owners クラシック・一般カード」がいい候補です。

最初の1枚目はスペックを重視して「ゴールド」や「プラチナ」、あるいはブランドそのものが高級とされている「アメックス」へチャレンジしてみて、もし不合格になってしまった場合は「三井for Owners クラシック・一般カード」へ申込んでみてはいかがでしょうか。

三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)
三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降1,250円(税別)
ポイント・還元率基本0.50%
上限0.55%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険×
ショッピング保険
国際ブランドVISA、Master
入会特典

もれなく最大ギフトカード13,000円分プレゼント(2019年8月31日~)
新規ご入会2,000円分。
新規ご入会+1ヶ月後末までに5万円以上利用
プラチナ:11,000円分、ゴールド:8,000円、クラシック:5,000円分。

その他のキャンペーン情報

対象コンビニエンスストアやマクドナルドの店舗でのお支払いに、対象の三井住友カードをご利用いただくと、今後いつでもワールドプレゼントのポイントが通常の5倍貯まります。

編集部レビュー

年会費初年度無料・赤字や法人設立すぐでも申込OK、非常にハードルが低く持ちやすい1枚目にオススメの法人カードです。

三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...
アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・カード
年会費・還元率
年会費初年度12,000円(税別)
2年目以降12,000円(税別)
ポイント・還元率基本0.3%
上限1.0%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドAMEX
入会特典

-

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

定番法人カードのアメックス。ANAマイルを貯めやすく、利用実績やデポジットに応じて限度額にゆとりを持たせやすいのが特徴。国内空港ラウンジも使えます。

アメックスの法人コーポレートカード(グリーン・ゴールド・プラチナ)の比較&メリット・デメリット徹底解説!
基本情報 ※年会費は税抜で記載 アメックス法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」が対象で、ステータスの高さが魅力です。 法人カードは申込基準が高いカードが多い中、アメックス法人カードは「会社設立初年度」でも持つことがで...
EX Gold for Biz M
EX Gold for Biz M
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降2,000円(税別)
ポイント・還元率基本0.60%
上限1.20%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドVISA,Mastercard
入会特典

最大7,000円分のポイントプレゼント!

その他のキャンペーン情報

初年度は年会費無料!

編集部レビュー

最も多くの法人さんへ1枚目の法人カードとしてオススメしたいオリコの新シリーズ。年会費・還元率・追加カード・その他特典どれをとってもバランスよくユーザー第一に作られたクレジットカードです。

オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降20,000円(税別)
ポイント・還元率基本1.125%
上限1.375%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドAMEX
入会特典

・初年度年会費0円(本会員も・家族カードも無料)
・永久不滅ポイント最大1,800ポイント(9,000円相当*)をプレゼント ※1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合。

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

JALマイルが最高ランクの高還元率・プラチナランクの特典も全部込みで年会費2万円。プライオリティパスつき、最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。

プラチナ法人カード最強!?初年度年会費無料のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています。 そんな「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」ですが、人気の選...

【②代替手段の検討】法人カードを諦めてプリペイドカードやデビットカードを検討する!

「代替手段の検討」はいろいろとありますが、ここでは法人カードの代用として「法人向けプリペイドカード」と「法人デビットカード」を紹介しておきたいと思います。

法人向けプリペイドカードと法人デビットカードはどちらも審査がないため、絶対にキャッシュレス手段を確保したいという企業に向いている対策です。

代替手段の検討は、確実にキャッシュレス手段を確保できるのが利点です。

法人向けプリペイドカードを利用する

プリペイドカードはさまざまな種類がありますが、事前チャージタイプが一般的です。

  • 審査がない
  • VISA等の国際ブランドが付いている
  • 社員用カードも追加で発行可能
  • チャージが必要
  • ポイント還元がないカードが多い

法人向けプリペイドカードは国際ブランド付きがあるため、これを選べば法人カードのいい代案になります。

街中でもネットでも加盟店でカードを使えるためチャージをしなければならないという手間はかかりますがチャージさえすればキャッシュレス手段としての実用性は法人カードとそこまで大きく変わりません。

もし、将来的に法人カードを検討している場合でも、それまでのキャッシュレス手段として十分に活躍します。

【速報】法人VISAカードを何枚でも審査無し、すぐ発行できるpaild(ペイルド)が登場!事前登録が開始!
ついに待望の...!審査無し、即時、何枚でも発行できる法人カードが登場か!?【速報】paild(ペイルド)が登場!事前登録が開始!

法人デビットカードを利用する

デビットカードも審査なしで発行でき、こちらも国際ブランド付きを選べば法人カードのいい代案になります。

  • 審査がない
  • VISA等の国際ブランドが付いている
  • 社員用カードも追加で発行可能
  • チャージは不要で銀行口座から瞬時引き落とし
  • ポイント還元があるカードが多い

プリペイドカードはポイント還元がないカードが多いですが、デビットカードはポイントプログラムが搭載されているカードが多いです。

また、デビットカードはチャージ不要で銀行口座から瞬時引き落としとなるため、高額な決済が多い場合はプリペイドカードよりも使い勝手がいいです。

ただし、引落口座を自由に選ぶことができないため法人口座の開設とセットで銀行を選ばなければならない点は注意しておきましょう。

審査無しで作れる!?法人デビットカードのメリット・デメリットを徹底解説!法人カードとの違いや、おすすめカードも紹介!
法人デビットカードを法人クレジットカードと比べたメリット・デメリット 経費をカード払いするなら「法人クレジットカード」がおすすめですが、別の手段として「法人デビットカード」という方法もあります。 法人デビットカードは審査がないため、...

【③長い目で見た対策】信用情報回復を待って再び法人カードにチャレンジ!

「長い目で見た対策」は、どれだけ時間がかかっても絶対に法人カードを持ちたい企業におすすめです。

というよりも、法人カードは必ず審査が実施されるため不合格になっても諦めないというスタンス以外に法人カードを目指す方法が他にありません。

長い目で見た対策は、時間がかかっても最終的には法人カードを持てることが利点です。不合格になった理由が何であれ、合格できるまで審査にチャレンジし続ければいつかは合格できます。

タイミングを見計らって再度審査に出す

法人カードの審査に落ちる理由はいろいろとありますが、ざっくりいうと「信用情報」「支払能力」です。

信用情報に関しては、審査に影響したであろう情報が信用機関から消えるまで待つしか対策がありません。

支払能力に関しては、不合格になったときよりも支払能力が高くなったと認められるのが好ましいため、まずは黒字決算を目指したいですね。

どちらが審査落ちの理由であれ、超長期に見据えれば必ず法人カードの審査に合格できます。

信用情報の登録期間

情報内容CICJICCKSC
延滞情報5年5年5年
債務整理情報5年5年5年
申込情報6ヶ月6ヶ月6ヶ月
本人申告情報5年5年5年

支払能力は「決算の黒字化」や「収益の伸び」など申し込みのタイミングを図りやすいですが、信用情報は各情報の保存年数を抑えておく必要があります。

申込履歴は6ヶ月と短いものの、債務整理等は5年とかなり長いです。

すでに債務整理等の状況になってしまっているなら登録抹消期間まで待つしかありませんが、今後に法人設立して法人カードを検討するという方は今の段階から自分の信用情報に傷を付けないように心がけましょう。

法人カードを延滞したら個人のクレヒスにも傷がつくの?法人にもクレヒスってあるの?法人カードとクレヒスの関係を徹底解説!
法人カードの審査の際に参照されるクレジットヒストリー(クレヒス)とは? 個人クレジットカードは審査でクレジットカードヒストリー(クレヒス)が参照されますが、それと同じで法人カードも審査の際にクレヒスをチェックされます。 このクレヒス...

5年も待てない・・・しかしクレジットカードを使いたい・・・

債務整理等の信用情報が理由で審査落ちとなっているなら、基本的に5年待ってから再度審査にチャレンジすることとなります。

もちろん、法人カードの審査基準は非公表なので5年以内に合格できる可能性もありますがネガティブな要素を払拭して審査に挑むほうが可能性は高いでしょう。

しかし、5年という年月はかなり長いですね・・・。

どうしても5年待つことができないのであれば、今所有している個人用のクレジットカードを代用するという手もあります。

個人用クレジットカードは会社の経費払いに使ってもいいのか?

個人用クレジットカードは、会社の経費を支払う際に使ってもOKです。

ただし、経費管理をしっかりやらなければならないため、使ったクレジットカードの利用明細の中で「プライベートの支出」と「経費」の仕訳を忘れないようにしましょう。

法人カードの経理・会計処理の総まとめ。領収書・明細書・勘定科目など気になるところを一気読み。
大前提として、公私混同を避けよう 法人カードの経理や会計処理は「勘定項目は何になる?」や「領収書や明細書はどうなる?」など、さまざまな疑問が出てきますよね。 今回はそうした法人カードの会計処理のやり方を総まとめで紹介していきますが、...

まとめ

法人カードの審査は厳しいというイメージがありますが、実際はそうでもなく個人用クレジットカードと変わらない印象です。

  • 法人カードの審査基準は非公開
  • クレヒスは法人カード審査への影響が大きい
  • 急場しのぎの策は、1枚目がダメでも2枚目は合格できるかもしれない
  • 代替手段の検討は、確実にキャッシュレス手段を確保できる
  • 長い目で見た対策は、時間はかかるけれど諦めなければ法人カードを持てる

書類に関しても法人代表者の身分証明書のみで申し込めるカードが多く、申込自体はかなり簡単です。

審査が不安な方・個人のクレヒス的に法人カードの審査に通らない方は、デポジット型の法人カード「SBS Premium Card(DPB)」もご検討いただくことをオススメします!  
  • 過去に支払い遅延などがある方向け
  • デポジット額に応じて限度額を簡単に引き上げられる
  • 優待サービスなども多い
SBS Premium Card(DPB)SBSデポジットカード:公式サイト
法人カードの審査に通らない?デポジット型の「SBS Premium Card(DPB)」は法人クレジットカードの救世主かも。【SBSビジネスカード】
SBS Premium Card(DPB)とは? SBS Premium Card(DPB)は、「Smart Billing Service」と「ライフカード」の提携法人カードです。 スペックは上記のとおりにスタンダードな仕...
法人カードの申込・審査法人*クレジットカード

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

年会費は初年度無料のキャンペーン中。当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへ
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました