法人カードで、会社の公共料金・税金・オフィス光熱費など固定費の支払いをお得に!

コラム

法人カードを作ったら固定費(公共料金・光熱費・税金)はカードで支払うのがおすすめです。

固定費をカード決済すると、毎月コンスタントにポイントを獲得できます!

固定費の法人カード払いには一部気を付けたいポイントもあるため、ぜひこの記事でおすすめカード注意点を確認してください。

▼固定費の支払いにおすすめの高還元率法人クレカ3選▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。従業員カードは4枚まで発行OK!

  • ラグジュアリーカードブラック
  • 還元率1.25%と高還元!金属製のカード、豊富な特典にコンシェルジュサービスもついたハイステータスな1枚。

  • オリコEX Gold for Biz M
  • 年間200万円以上の利用で還元率1.1%&初年度 年会費無料!特典と価格のバランスがよくはじめての1枚に最適。

    法人カードを利用するメリットを再確認

    まず、法人カードの主なメリットをおさらいしておきましょう。

    1,経理処理の簡素化

    会社の固定費を経費処理する際に、固定費をカード払いしておけばカードの利用明細を使って簡単に帳簿を付けられます。

    カードの利用明細には、カードで決済したすべての履歴が一覧で表示されるため、他の経費も合わせて経理処理を簡素化できます。

    大企業になると経費の種類が多いため、固定費専用の法人カードを作る企業もあります。

    2,ポイントが貯まる

    多くの法人カードは、カードを使えば使うほど多くのポイントを獲得できます。

    プライベートで使うクレジットカードでも、少しでも多くのポイントを獲得するために固定費をカード払いしている方は多いですよね。

    ポイントを貯めやすいのは、固定費をカード払いするメリットの中でもっとも実感しやすいメリットです。

    3,口座引き落とし日が一括になるため支出管理がしやすい

    固定費の支払日は各サービスごとにさまざまです。

    すべての固定費をカード払いすると、「固定費の支払日=カードの引き落とし日」とすべての支払日を統一できます。

    固定費の支払日を統一すると支出を把握しやすくなります。

    4,キャッシュフローの改善効果

    法人カードは締め日に支払額が確定し、支払日に確定した金額を支払います。

    ほとんどの法人カードは支払日が翌月なので、約1ヶ月ほどのキャッシュフロー改善効果があります。

    これは固定費をカードで支払う場合も同じです。

    5,利用実績がたまり限度額・グレードアップに好影響

    法人カードはゴールドやプラチナなど、上位カードが用意されているタイプが多いです。

    利用実績に応じて上位カードのインビテーションを受けることができるケースがあるため、固定費をカード決済すると利用実績を積みやすいメリットがあります。

    固定費の支払い方法は登録後も変更可能です。
    ぜひこの機会に、「法人カードで支払える固定費はないか?」と支払い方法を見直してみてください。

    主な固定費の種類

    固定費には、光熱費や通信費などさまざまな種類があります。

    ここでは一般的な固定費を紹介していきます。

    会社の規模により支払う固定費の金額に差がありますが、基本的に金額に関係なくカード払いにした方がお得ですよ。

    少額であっても固定費は可能な限りカード払いにしましょう。

    ▼固定費の支払いにおすすめの高還元率法人クレカ3選▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。従業員カードは4枚まで発行OK!

  • ラグジュアリーカードブラック
  • 還元率1.25%と高還元!金属製のカード、豊富な特典にコンシェルジュサービスもついたハイステータスな1枚。

  • オリコEX Gold for Biz M
  • 年間200万円以上の利用で還元率1.1%&初年度 年会費無料!特典と価格のバランスがよくはじめての1枚に最適。

    オフィスの公共料金

    光熱費(電気・ガス・水道)は、固定費の定番です。

    • 電気料金
    • ガス料金
    • 水道料金

    これらは業種等に関係なく会社を運営する上で必要不可欠なケースが多いですね。

    備品・消耗品費

    消耗品系の固定費は、業種等によって違いが出やすい固定費の種類です。

    • PC、タブレット
    • ソフトウェア、クラウドサービス

    たとえば、プリンターが必須な業務なら、毎月のインク代や用紙代などが該当するでしょうか。

    さまざまな備品や消耗品を定期的に購入する企業ほど、どのような品をカード決済に変更するのかを見直しておきたいですね。

    通信費

    通信費も固定費の定番です。

    • 通信料金
    • プロパイダー料金
    • 携帯料金
    • 固定電話料金
    • サーバー料金

    通信費といえば真っ先に電話料金が思いつきますが、ネット社会になってプロバイダー料金やホームページ運営のサーバー料金等も定番になりつつあります。

    会社設立初期でも固定電話番号は必要?電話回線の種類とおすすめ手配方法を徹底解説!
    どうするか迷う法人の固定電話番号。当サイトでオススメの電話サービスを6カテゴリで紹介します。概要やメリット・デメリット、そしてオススメの方まで解説するので、スムーズに電話サービスを選べます!

    税金

    税金もクレジットカードで支払えます!

    • 法人税
    • 法人住民税
    • 法人事業税
    • 消費税
    • 所得税
    • 自動車税

    国税や都税をカードで支払う場合、「納付額」+「決済手数料」が必要です(決済手数料はカード払いのみで発生します)。

    • 国税
      最初の1万円まで76円(税抜)、その後は1万円ごとに76円加算
    • 都税
      最初の1万円まで73円(税抜)、その後は1万円ごとに73円加算

    クレジットカードで納税するときの最低条件は、決済手数料をポイント還元率で相殺できるかどうかです。

    税金の法人カード払いについては、別途詳しい記事がありますので、そちらを参考にしてください。

  • 税金もポイント還元の対象となるか
  • カード還元率+手数料の確認
  • 税金のカード決済では、上記の2点を確認してださい。
    手数料を考えると還元率1.0%以上のカードを使いたいところです。

    法人税・消費税などの国税はクレジットカードで払える!どの法人カードで払うとお得!?おすすめ券種も公開!
    【ポイントを徹底検証!】支払い方法は?還元率◯%以下だと逆に手数料がかかる!?全ての国税がクレカ払いできる訳ではない?24時間自宅で支払いができる便利な国税のクレカ支払いを徹底解説。今すぐチェック!

    その他

    国税のように別途手数料が発生する固定費は他にもあります。

    地代家賃や社用車費などは一般的にカード決済されていない(実際はカード決済可能だが、不当に手数料を上乗せしている業者が多い)印象です。

    基本的に別途手数料が発生する固定費については、国税と同様にポイント還元率で相殺できるかどうかを調べてから判断するのがおすすめです。

    社会保険・任意保険・企業間取引などはまだまだカード決済できないケースが多いです。

    クレジットカードで支払い手続きをする方法

    以前はカード決済できない固定費が意外と多かった印象ですが、今はクレジットカードで支払える固定費のほうが断然多いです。

    「カード決済できるかどうか?」は、ジャンルによって異なるのではなく会社ごとに異なります。

    たとえば、電力会社の場合では、「◯◯電力はできるが△△電力はできない」といった具合に各社異なります。

    あらかじめ、利用している会社がカード払いに対応しているか確認しておいてください。

    1. 自社で発生している固定費を書き出す
    2. 各サービスがカード払いに対応しているか確認する
    3. 支払い方法をカード払いに変更

    この手順で進めるとスムーズかと思います。

    各支払先のウェブサイトから手続きする

    ほとんどの固定費は各社のホームページから支払い方法の変更ができます。

    WEB経由で変更できない場合は、用紙での手続きになるため電話や窓口で支払い方法の変更を伝えてください。

    「Yahoo!公金支払い」を利用する

    「Yahoo!公金支払い」は、税金や光熱費などの固定費を簡単にクレジットカードで支払えるヤフーのサービスです。

    主な手順は下記のとおり。

    1. Yahoo!JAPAN IDでログインする
    2. 支払いたい納税書等を手元に用意する
    3. Yahoo!公金支払いのページにいく
    4. Yahoo!公金支払いの検索蘭で支払いたい納税書等の情報を入力して、Yahoo!公金支払いがその支払いに対応しているかどうかを調べる
    5. 該当した場合、画面の指示に従って手続きを進める
    6. 該当しなかった場合、支払不可

    他のヤフーサービスと同様に「Yahoo!JAPAN ID」が必要なため、基本的にはヤフーユーザーにおすすめです。

    Yahoo!JAPAN IDを作成すると、そのIDに対してクレジットカード情報を紐づけることがでます。

    Yahoo!公金支払いは「検索」が用意されているため、支払いたい情報を検索欄で調べれば簡単に支払いまでたどり着けます。

    対応している固定費の種類が結構多いので、一般的な固定費であればそのほとんどはYahoo!公金支払いで対応可能です!

    Yahoo!JAPAN IDは完全無料で作れます。

    IDを作ると「ヤフオク」や「Yahoo!ショッピング」など、ヤフーのさまざまなサービスを利用できるようになりますよ。

    法人カードで固定費(公共料金など)を支払う注意点

    法人カードで固定費を払うときには下記4点のポイントに注意してください。

    1. 固定費をカード払いにできるかは各サービスによる
    2. 固定費のカード払いには手数料が発生することがある
    3. 利用限度額を超えないように注意
    4. 公共料金ではポイント還元がない(還元率が低くなる)ケースもある

    前半の「1」と「2」については先ほど解説したので、後半の「3」と「4」について以下で詳しく解説していきます。

    利用限度額を超えないように

    法人カードは利用限度額が設定されており、限度額は審査で決定されます。

    一般的に、限度額は「一般」→「ゴールド」→「プラチナ」の順で高くなるため、経費支出が大きい企業は上位カードを作っておくのがおすすめです。

    また、一時的に高額限度額が必要な状況ではカード会社に限度額の一時引き上げを交渉してみるのもいいでしょう。

    ラグジュアリーカードなら、事前に決済額分を入金することで限度額を柔軟に拡大してくれます!

    ▼高額な支払い予定があるならラグジュアリーカード▼

    法人ラグジュアリーカード公式サイト・今すぐ申込み

    公共料金ではポイント還元が付かないケースも

    法人カードの一部には、公共料金・税金の支払いではポイントがつかないor還元率が下がるカードがあります。

    たとえば、法人カード定番の「アメックス法人カード」の場合、光熱費などの支払い時はポイント還元率が半減します。

    固定費の取り扱い(ポイントがどうなるか)は各カードによりますので、事前にポイントプログラムを確認してください。

    固定費で効率的にポイントを貯めるなら、「高還元率かつ固定費の支払い時もポイント還元率が下がらないカード」を選びましょう。

    これは各カードによりますし、どの公共料金がポイント付与対象外なのかも各カードによります。

    個人事業主・起業初年度におすすめの法人カード

    固定費用として法人カードを検討しているなら、高還元率な法人カードがおすすめです。

    • ラグジュアリーカード ブラック
    • セゾンアメックス法人プラチナ
    • オリコ法人EX Gold

    還元率が高ければ経費全体を通してポイント回収の効率がいいため、高還元率に越したことはありません。

    紹介する3枚は、いずれもポイント還元率が高くその他のスペックもかなり優秀です。

    ラグジュアリーカード ブラック

    ラグジュアリーカード

    法人ラグジュアリーカードは、固定費のカード払いしでもお得です。

    • チタン:1.0%
    • ブラック:1.25%
    • ゴールド:1.5%

    ※もっとも年会費が安い「チタン(Titanium Card)」でも、ポイント還元率は1.0%です。

    法人カードの中でも高還元率な部類なので、固定費の支払い最適ですよ。

    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    年会費・還元率
    年会費初年度100,000円(税別)
    2年目以降100,000円(税別)
    ポイント・還元率基本1.25%
    上限1.25%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドMaster
    入会特典

    ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

    その他のキャンペーン情報

    ご満足いただけなければ、初年度の年会費を「全額返金保証」

    ※ご入会日より半年以内に年会費含む50万円以上(税込)お支払いただいた方で、ご満足いただけず退会される場合、お支払いただいた年会費全額を返金いたします。

    編集部レビュー

    インビテーション無しで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚。メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。還元率も常設1.25%あり、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。

    法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)Black Cardの所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
    ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック

    とはいえ、ラグジュアリーカードは年会費が最安でも5万円+税かかってきます。

    まだハードルが高いな…という場合は下記の2枚がいい候補になります。

    セゾンアメックス法人プラチナ

    セゾンプラチナビジネス

    セゾンアメックス法人プラチナは、JALマイルの還元率が最大1.375%です。

    固定費を支払いながらも1.375%の還元率でJALマイルを貯められるので、出張等でJALを利用することが多い企業におすすめです。

    また、限度額も1,000万円まで見込めるため、個人事業主から大企業まですべての方が柔軟に使いやすい法人カードです。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度20,000円(税別)
    2年目以降20,000円(税別)
    ポイント・還元率基本1.125%
    上限1.375%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    カード発行翌々月までの利用額に応じて最大40,000円相当(8,000ポイント)をプレゼント!
    ・10万円以上の利用:7,000円相当(1,400ポイント)
    ・30万円以上の利用:24,000円相当(4,800ポイント)
    ・50万円以上の利用:40,000円相当(8,000ポイント)

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。コンシェルジュ付き、JALマイルが最高ランクの高還元率・空港ラウンジ使い放題のプライオリティパス等の特典も全部込みで年会費2万円(利用実績によって、年会費はさらに半額まで下がります)。

    特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
    【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

    オリコ法人EX Gold

    オリコ法人EX Goldは、常時還元率0.6%でポイントを貯められます。

    オリコモールや年間利用額でのポイントUPなどを駆使すると、最大1.7%までポイント還元率が上がります。

    最大還元率を実現できる企業(年間200万円以上のかーど決済がある)におすすめな法人カードです。

    EX Gold for Biz M
    EX Gold for Biz M
    年会費・還元率
    年会費初年度0円(税別)
    2年目以降2,000円(税別)
    ポイント・還元率基本0.60%
    上限1.20%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドVISA,Mastercard
    入会特典

    最大7,000円分のポイントプレゼント!

    その他のキャンペーン情報

    初年度は年会費無料!

    編集部レビュー

    最も多くの法人さんへ1枚目の法人カードとしてオススメしたいオリコの新シリーズ。年会費・還元率・追加カード・その他特典どれをとってもバランスよくユーザー第一に作られたクレジットカードです。

    オリコの鬼コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
    設立初期にもおすすめのオリコEX Gold for Bizとは?限度額、追加カード、ETCカード、空港ラウンジの利用可否、付帯保険、コンシェルジュの有無、おすすめの利用シーンなど実際のユーザーの口コミも交えつつ徹底解説!

    【コラム】シェアオフィス・レンタルオフィスであれば家賃もカード払いできる可能性が…

    オフィス等の家賃はカード払いできないケースが多いですが、レンタルオフィスならカード払いできる可能性があります!

    レンタルオフィスには、「シェアオフィス」「コワーキングスペース」などさまざまな種類がありますが、多くは各プランの費用を月額で支払います。

    家賃もカード決済できれば、ほかの固定費とあわせてより毎月の支出を管理しやすくなりますよ。

    電気代など公共料金も家賃に含まれる

    レンタルオフィスのプランは各サービスさまざまですが、月額料金に光熱費が含まれているケースが多いです。

    契約前に「どのような費用があるのか?」と「光熱費等は月額費用に含まれるのか?」は確認しておくようにしましょう。

    創業期のレンタルオフィスは便利でおすすめ!

    「自宅兼事務所を回避したい」「都心一等地の住所で信頼を高めたい」などの理由があるとき、レンタルオフィスは非常に便利なサービスです。

    創業期はオフィスをどうするかが大きな悩みになることが多いですが、コストを抑えてオフィスを確保するなら1つのいい候補となります。

    実際にオフィスに出入りする必要がない方は、バーチャルオフィスとして住所だけを確保するのもいいでしょう。

    まとめ

    光熱費などの固定費はなるべく法人カードで支払うようにしましょう。

    • 固定費は法人カードで支払うのがおすすめ
    • ポイント回収の効率が上がる
    • カードの利用実績を積みやすい
    • そもそも支払いが楽になる
    • 固定費払いと相性のいい法人カードは高還元率カード

    固定費の種類によっては手数料が発生するのデメリットがありますが、ポイントや利用実績を考えるとカード払いの方がお得なケースが多いですよ!

    ▼固定費の支払いにおすすめの高還元率法人クレカ3選▼

  • セゾンプラチナアメックス
  • マイル還元率1.25%と高還元&年会費に対してのスペック・特典が最高です。従業員カードは4枚まで発行OK!

  • ラグジュアリーカードブラック
  • 還元率1.25%と高還元!金属製のカード、豊富な特典にコンシェルジュサービスもついたハイステータスな1枚。

  • オリコEX Gold for Biz M
  • 年間200万円以上の利用で還元率1.1%&初年度 年会費無料!特典と価格のバランスがよくはじめての1枚に最適。

    画像の出典

  • 出典:Yahoo!公金支払い
  • コラム

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました