VISAブランドのおすすめ法人カードを徹底解説!三井住友・りそな、銀行系だけじゃない、人気ビジネス券種を比較します。

VISA特徴別ランキング

VISAとは、アメリカのカリフォルニア州に本社を持つカード決済サービスを提供している会社で、国際ブランドの1種です。

世界でもっとも導入されている国際ブランドであり、先進国はもちろん発展途上国においてもVISAがあれば安心といわれるほどです。

出張等で海外のさまざまな国へ出かけることが多いなら、VISAブランドの法人カードを1枚作っておくのがおすすめです。

▼VISAブランドで法人カードをもつならコレ▼

  • 三井住友ビジネス for ownersクラシック
  • 追加カードが枚数無制限で発行可能!年会費は400円。三井なのでセキュリティも万全です。

  • オリコEX Gold for Biz M
  • 年間200万円以上の利用で還元率1.1%&初年度 年会費無料!特典と価格のバランスがよくはじめての1枚に最適。

    >>この記事に「りそな 法人カード」といった検索でたどり着いた方はこちら(ページ内で移動します)をクリックしてください。

    VISAについて

    国際ブランドとは?

    国際ブランドとは、「VISA」や「Master Card」など世界的に利用可能なカード決済技術を提供しているブランドのことです。

    • VISA
    • Mastercard
    • JCB
    • American Express(アメックス)
    • Diners Club(ダイナース)

    日本国内で法人カードを使う場合、上記5大ブランドに対応しているお店がほとんどです。

    使うブランドによって使える・使えないの差はあまり出ません。

    ただし、海外で法人カードを使う場合は、VISAとMastercard以外は使えないお店が多くあります。

    世界中で法人カードを利用する機会がある方は、VISAかMastercardのどちらかor両方を作っておくことをおすすめします。

    VISAが使えない≒そのお店はクレジットカードが使えないと考えてもOK

    日本のクレジットカード決済店でVISAが使えないことはほぼありません(筆者はいまだにそのようなお店に遭遇したことがないです)。

    よって、「VISAが使えない≒クレジットカードが使えない」と考えてもいいかと思います。

    日本の場合、クレジットカード決済にかかる店側の手数料の重さや導入時の初期コストが、クレジットカード決済導入のハードルになっていると言われています。

    なお、海外では「VISAしか使えない」や「Mastercardしか使えない」というケースがあります。
    海外への渡航予定がある方は、VISAとMastercardを2枚持ちをしておくと非常に安心です。

    VISAは加盟店が多く、海外でも強い

    VISAは5大ブランドの中で、世界的にもっとも加盟店数が多いといわれています。

    具体的な加盟店数はわかりませんが、上記のグラフの通り2018年の世界における「Purchase Transactions(購入取引)」ではVISAが1位です。

    ※取引額2位のUnionPay(銀聯)は中国で利用されているブランドで、中国の人口の多さから取引額が増えています(世界的にはあまり関係ありません)。

    世界における国際ブランド別のさまざまな情報を知りたい場合、「THE NILSON REPORT」という海外サイトが便利です。

    THE NILSON REPORTはアジア圏やユーロ圏など大陸別の国際ブランド情報を閲覧できるなど、さまざまな国際ブランドの統計が公開されています。

    Google翻訳」や「weblio」など無料で使える翻訳サイトはたくさんあるので、英語が苦手な方でも利用できますよ。

    May 2019 | Issue 1154
    Global Card Brands in 2018—Ranked by Purchase Transactions
    Last year 368.92 billion purchase transactions for goods and services were generated by cards issued worldwide carrying the American Express, Diners Club/Discover, JCB, Mastercard, UnionPay, and Visa brands.

    2019年5月| 話題-No1154
    2018年のグローバルカードブランド-購入トランザクション別
    昨年、商品とサービスの3,689億件の購入取引は、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブ/ディスカバー、JCB、マスターカード、UnionPay、およびVisaブランドを搭載した世界中で発行されたカードによって発生した。

    引用:THE NILSON REPORT(NEWSLETTER 2019-「May 2019 | Issue 1154-Global Card Brands in 2018—Ranked by Purchase Transactions」より)

    国ごとに利用できる国際ブランドを調べるには、「旅行代理店」や「外務省・日本大使館」のサイトを確認する方法もあります。

    VISAビジネスオファー

    VISAカードを持つと、VISAが提供するさまざまな特典も利用できます。

    • マネーフォワード クラウド会計・確定申告の割引
    • グルメ特典 など

    法人カードの特典は主に「国際ブランドが提供する特典」・「カード会社が提供する特典」・「そのカードに付帯している独自特典」の3つがあります。

    VISAの場合は「VISAビジネスオファー」や「VISAビジネスグルメオファー」など幅広く多彩な特典が用意されているのが特徴です。

    「経理業務のために会計ソフトを導入したい」や「接待のためにレストランを予約したい」など、ビジネスシーンで利用するさまざまなサービスをお得に利用できるようになります。

    VISAビジネスオファーの徹底解説!特典の実用性・付帯カードについて解説!
    グルメ、トラベル、マネーフォワード 、オプティVATなどさまざまな付帯特典のあるVisaビジネスグルメオファー。それぞれの特典を徹底解説!今すぐチェック

    個人カードも使えるけれど…後処理を考えると法人カードを作っておきたい!

    日付勘定項目借方勘定項目貸方
    4/13交通費5,000円未払金5,000円
    5/25未払金5,000円普通預金5,000円

    基本的に個人カードで経費を支払っても、会計処理(帳簿)をしっかり行えば問題ありません。

    個人カードで経費を支払う行為は「立替」なので、上記のように勘定科目を「立替金」として処理します。

    ただし、毎回この処理をやるのは面倒な上に忘れてしまうリスクがあるため、個人カードの法人利用は避けましょう。

    税務調査が来ても大丈夫?便利な法人カード・・・領収書、経費、勘定科目などで意外な落とし穴も!
    【税理士監修】税務調査は突然やってくる。「法人カードで個人用途の決済NG」「個人カードの建て替え処理」レシート・領収書の扱いなど、税務調査が来ても大丈夫な運用方法を徹底解説!

    VISAブランドのおすすめ法人カード

    VISA

    法人ゴールドカード部門(VISA×ゴールド)

    「VISA」×「ゴールドカード」でおすすめの法人カードは、以下の2枚です。

    • オリコEX Gold for Biz M
    • 三井住友for Owners ゴールド

    三井住友for Owners ゴールド

    三井住友for Owners ゴールド

    三井住友は、日本ではじめてVISAを導入したカード会社です。

    その歴史から「VISAカードといえば三井住友」というイメージが定着しています。

    三井住友for Ownersは、「VISA」と「Mastercard」のどちらも選べます。

    同シリーズには3種のランクがあり、空港ラウンジはゴールドカード以上で付帯します。

    出張用の法人カードを検討しているならゴールドカード以上がおすすめです。

    三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)
    三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)
    年会費・還元率
    年会費初年度0円(税別)
    2年目以降10,000円(税別)
    ポイント・還元率基本0.50%
    上限0.65%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドVISA、Master
    入会特典

    新規入会限定キャンペーン(期間:2020年10月1日~2021年3月31日)

    ▼券種別のキャンペーン金額合算
    クラシック:最大10,000円分
    ゴールド:最大12,000円分
    プラチナ:最大20,000円分

    その他のキャンペーン情報

    対象コンビニエンスストアやマクドナルドの店舗でのお支払いに、対象の三井住友カードをご利用いただくと、今後いつでもVポイントが通常の5倍貯まります。その他、よく使う対象店舗を3つまで登録し、そのお店ではポイント2倍!

    編集部レビュー

    三井住友ブランド、ゴールドランクの法人カードです。

    三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
    【徹底検証】初年度・設立初期におすすめの三井住友の法人カード(for owners)。クラシック・ゴールド・プラチナごとに、限度額・個人事業主でもOKか・追加カード・ETCカードの有無まで解説!今すぐチェック。

    オリコEX Gold for Biz M


    オリコEX Gold for Biz Mは、「VISA」と「Mastercard」のどちらも選べます。

    カードの種類は「S」と「M」がありますが、Sは「個人事業主」Mは「法人代表者」が対象となっています。

    ポイント還元は常時0.6%と高く、空港ラウンジから旅行保険まで注目度の高いサービスがバランスよく付帯しているのが特徴です。

    EX Gold for Biz M
    EX Gold for Biz M
    年会費・還元率
    年会費初年度0円(税別)
    2年目以降2,000円(税別)
    ポイント・還元率基本0.60%
    上限1.20%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドVISA,Mastercard
    入会特典

    最大7,000円分のポイントプレゼント!

    その他のキャンペーン情報

    初年度は年会費無料!

    編集部レビュー

    最も多くの法人さんへ1枚目の法人カードとしてオススメしたいオリコの新シリーズ。年会費・還元率・追加カード・その他特典どれをとってもバランスよくユーザー第一に作られたクレジットカードです。

    オリコの鬼コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
    設立初期にもおすすめのオリコEX Gold for Bizとは?限度額、追加カード、ETCカード、空港ラウンジの利用可否、付帯保険、コンシェルジュの有無、おすすめの利用シーンなど実際のユーザーの口コミも交えつつ徹底解説!

    法人プラチナカード部門(VISA×プラチナ)

    「VISA」×「プラチナカード」でおすすめの法人カードは、「三井住友for Owners」です。

    • 三井住友for Owners

    三井住友for Owners プラチナ

    三井住友for Owners プラチナ

    三井住友for Owners プラチナも、選べる国際ブランドは「VISA」と「Mastercard」です。

    下位カードと比べて、プラチナカードは「コンシェルジュサービス」や「プライオリティパス」など特典が豪華になります。

    これらの豪華なスペックをフル活用するためにも、海外へのフライト出張が多い企業におすすめしたい1枚です。

    三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)
    三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)
    年会費・還元率
    年会費初年度50,000円(税別)
    2年目以降50,000円(税別)
    ポイント・還元率基本0.50%
    上限0.65%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドVISA、Master
    入会特典

    新規入会限定キャンペーン(期間:2020年10月1日~2021年3月31日)

    ▼券種別のキャンペーン金額合算
    クラシック:最大10,000円分
    ゴールド:最大12,000円分
    プラチナ:最大20,000円分

    その他のキャンペーン情報

    対象コンビニエンスストアやマクドナルドの店舗でのお支払いに、対象の三井住友カードをご利用いただくと、今後いつでもVポイントが通常の5倍貯まります。その他、よく使う対象店舗を3つまで登録し、そのお店ではポイント2倍!

    編集部レビュー

    三井住友ブランド、プラチナランクの法人カードです。

    三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
    【徹底検証】初年度・設立初期におすすめの三井住友の法人カード(for owners)。クラシック・ゴールド・プラチナごとに、限度額・個人事業主でもOKか・追加カード・ETCカードの有無まで解説!今すぐチェック。

    VISA以外のおすすめ法人カード

    法人カードを国内限定で利用される方は、そこまで国際ブランドにこだわらなくても大丈夫です。

    今回紹介したVISAブランド以外にも使いやすいブランドのカードはいくつもあるので、その一部を紹介します!

    • セゾンプラチナビジネスアメックス
    • アメックス法人ゴールド
    • ラグジュアリーカード ブラック

    VISA以外の法人カードでは、高級カード&ハイスペックカードが多いアメックスブランドもおすすめです。

    セゾンプラチナビジネスアメックス

    セゾンプラチナビジネス

    この法人カードは「セゾン」×「アメックス」の提携カードで、個人カードでも人気の高いセゾンアメックスシリーズの法人版です。

    プラチナカードにしては年会費が20,000円(税抜)と安く、スペックはJALマイル還元率最大1.375%など実用的な仕上がりです!

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度20,000円(税別)
    2年目以降20,000円(税別)
    ポイント・還元率基本1.125%
    上限1.375%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    カード発行翌々月までの利用額に応じて最大40,000円相当(8,000ポイント)をプレゼント!
    ・10万円以上の利用:7,000円相当(1,400ポイント)
    ・30万円以上の利用:24,000円相当(4,800ポイント)
    ・50万円以上の利用:40,000円相当(8,000ポイント)

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。コンシェルジュ付き、JALマイルが最高ランクの高還元率・空港ラウンジ使い放題のプライオリティパス等の特典も全部込みで年会費2万円(利用実績によって、年会費はさらに半額まで下がります)。

    特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
    【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

    アメックス法人ゴールド

    アメックス法人ゴールド

    アメックス法人カードを効率的に運用するなら、年会費3,000円(税抜)のメンバーシップリワードプラスへ登録が必須です。

    これに加入するとANAマイル還元率3.0%など、ポイント還元率が全法人カードの中でもトップクラスに化けます。

    アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
    アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
    年会費・還元率
    年会費初年度0円(税別)
    2年目以降31,000円(税別)
    ポイント・還元率基本0.3%
    上限1.0%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドAMEX
    入会特典

    カードご入会後1年以内に200万円以上のカードご利用で、メンバーシップ・リワード®のポイント30,000ポイント獲得可能

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。

    アメックスのコーポレートカード徹底比較!審査・限度額・特典までまとめて紹介
    ステータスの高さが魅力のアメックス法人カード!個人事業主でも大丈夫?限度額、追加カード、ETCカード、空港ラウンジの利用可否、付帯保険、コンシェルジュの有無、他カードと比較しながら徹底解説!

    ラグジュアリーカード ブラック

    ラグジュアリーカードブラック

    ラグジュアリーカードは、「Mastercard」のみの発行です。

    ランクは「チタン」→「ブラック」→「ゴールド」が用意されています。

    ラグジュアリーカードの魅力を堪能するには、上位ランクにしか付帯していないリムジン送迎などの特典がある「ブラック」or「ゴールド」がおすすめです。

    ラグジュアリーカードは3種類とも券面自体が金属製となっており、Mastercardのブランドも削り出しで刻印されています。

    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    年会費・還元率
    年会費初年度100,000円(税別)
    2年目以降100,000円(税別)
    ポイント・還元率基本1.25%
    上限1.25%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドMaster
    入会特典

    ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

    その他のキャンペーン情報

    ご満足いただけなければ、初年度の年会費を「全額返金保証」

    ※ご入会日より半年以内に年会費含む50万円以上(税込)お支払いただいた方で、ご満足いただけず退会される場合、お支払いただいた年会費全額を返金いたします。

    編集部レビュー

    インビテーション無しで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚。メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。還元率も常設1.25%あり、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。

    法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)Black Cardの所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
    ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック

    【コラム】りそな銀行の法人カードはVISAブランドもある

    りそな銀行

    りそな銀行からは、法人向けカードとして「VISA」ブランドのカードが出ています。

    スペックは「三井住友for Owners ゴールド」とほぼ同じですが、決済口座がりそなグループ銀行に限定されている点が異なります。

    これから法人口座を開設するという状況なら、りそな銀行と合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    海外でも法人カードを使うなら、VISAカードを作っておくと安心です。

    • VISAは世界でもっとも加盟店が多い
    • 海外に行くならVISAは鉄板
    • VISAならではの特典も使える
    • 国内でVISAは三井住友が代名詞
    • VISAブランドの人気法人カードは選択肢が多い

    実際にカードを使う際に肝心なのは各国の状況なので、出国準備の一環として目的国のキャッシュレス状況を調べておくことが重要です。

    ▼VISAブランドで法人カードをもつならコレ▼

  • 三井住友ビジネス for ownersクラシック
  • 追加カードが枚数無制限で発行可能!年会費は400円。三井なのでセキュリティも万全です。

  • オリコEX Gold for Biz M
  • 年間200万円以上の利用で還元率1.1%&初年度 年会費無料!特典と価格のバランスがよくはじめての1枚に最適。

    また、法人カードの選び方は国際ブランド以外にもさまざまな観点があるので、以下の記事も参考にしながらカード選びを進めてみてくださいね。

    ポイント・マイル還元率だけじゃない?法人カードを本当に賢く選ぶための7つのチェックリスト
    法人カードは種類によって様々なスペック・使い心地が違う!発行後に困らないよう抑えておきたいチェックポイントを網羅してまとめました。「限度額」「年会費」「追加カード」「ETCカード」「コンシェルジュ」「プライオリティパス」など詳細を徹底解説!
    【社長さん必見!】クレジットカードの法人向け・個人向けのベストな組み合わせ例を提案します。もう持ち分けで悩まない!
    夜の飲食店めぐりを楽しみたい、海外空港ラウンジが気になる、事業をさらに伸ばしたい・・・ そんな社長さんのためにクレジットカードの法人・個人のベストな組み合わせをご提案!
    年会費無料のおすすめ法人カードまとめ!しかし無料カードを選んで失敗する3つの理由もあわせて紹介
    年会費永年無料の法人カードの情報!おすすめの券種の紹介や、有料カードと比べた損益分岐点など紹介!
    マイル向けおすすめ法人カードまとめ!安直にANAカードやJALカードを選ぶのはNG!
    なぜマイル還元率で法人カードを選ぶ社長は得をするのか?実交換率がもっともいいマイルをザクザク貯めるおすすめ法人カードや、ポイントの個人利用がOKか国税見解など徹底解説!(ポイントは社員旅行などの活用もおすすめです^^)

    情報の出典

  • 引用:THE NILSON REPORT
  • 画像の出典

  • 出典:りそな銀行
  • 特徴別ランキング

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました