マスターカード(Mastercard)のおすすめ法人カードを徹底解説!Masterイチオシはやっぱり、あのカード!?

法人カードのケース別おすすめ比較

Mastercardとは?

Mastercard(マスターカード)とは、アメリカのニューヨーク州に本社を持つカード決済サービスを提供している会社で、国際ブランドの1種です。

世界でもっともシェアが高いVISAの次に作っておきたい国際ブランドで、VISAとMastercardを2枚持ちするとカードを使えないケースに遭遇する確率はかなり低いです。VISAもMasterも使えない=クレジットカード払いNGのお店です。

世界のさまざまな国へ出かける方は、VISAと合わせてMastercardの法人カードを検討してみてくださいね。

国際ブランドとは?

国際ブランドとは、「VISA」や「Master Card」など世界的に利用可能なカード決済技術を提供しているブランドのことです。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express(アメックス)
  • Diners Club(ダイナース)

日本国内で法人カードを使う場合、上記5大ブランドに対応しているお店がほとんどなので、世界的にシェアが高いVISAとMastercardが絶対必須ということはありません。

海外で法人カードを使う場合、国によってキャッシュレス状況が大きく異なり、VISAとMastercard以外のブランドに対応しているお店が少ないケースがあります。

そのため、世界のあらゆる国でカードを使いたいならVISAかMastercardのどちらかを作る、あるいはこの2大ブランドを両方作るのがおすすめです。

Mastercardは加盟店が多い

引用元:THE NILSON REPORT

Mastercardは5大ブランドの中でもVISAに次いで世界における加盟店数が多いといわれています。

※取引額2位のUnionPay(銀聯)はほぼ中国のみで爆発的に成長中…。

「VISAとMastercardはどちらを作るべきか?」は一般的にVISAを優先して作る方が多いと思いますが、確実に希望を叶えるならカードを作る前に目的国のキャッシュレス状況をリサーチしておくのが賢いです。

各国で加盟店が多い国際ブランドを調べる方法は「旅行代理店」や「日本大使館」が便利で、その他にも実際にその国へ行ったことがある友人等に聞くのもいいと思います。

世界における国際ブランド別のさまざまな情報を知りたい場合、「THE NILSON REPORT」という海外サイトが便利ですが、国別の統計情報はありません。

上記グラフは2018年の世界における「Purchase Transactions(購入取引)」の国際ブランド比較で、VISAに次いでMastercardのシェアが高くなっています。

May 2019 | Issue 1154
Global Card Brands in 2018—Ranked by Purchase Transactions
Last year 368.92 billion purchase transactions for goods and services were generated by cards issued worldwide carrying the American Express, Diners Club/Discover, JCB, Mastercard, UnionPay, and Visa brands.

2019年5月| 話題-No1154
2018年のグローバルカードブランド-購入トランザクション別
昨年、商品とサービスの3,689億件の購入取引は、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブ/ディスカバー、JCB、マスターカード、UnionPay、およびVisaブランドを搭載した世界中で発行されたカードによって発生した。

引用元:THE NILSON REPORT(NEWSLETTER 2019-「May 2019 | Issue 1154-Global Card Brands in 2018—Ranked by Purchase Transactions」より)

「世界」という規模の話では、VISAとMastercardのどちらかを持っていれば安心といわれますが、「国」で考えるとそもそもカードを使えないお店のほうが多いところもあります。しかし、そのような国におけるカード決済可能なお店へいったときでも、確率論では他の国際ブランドに比べて世界的なシェアが高いことからVISAかMastercardのほうが使える可能性は高いです。

MasterCardダイニング by 招待日和・ビジネスアシスト

Mastercardを持つと、Mastercardが提供するさまざまな特典を使うことができます。

  • グルメ特典「接待日和」
  • コンシェルジュサービスなど

他の国際ブランドも各ブランドが提供する特典がありますが、Mastercardの場合は「接待日和」という高級グルメ特典を無料で使えるのが大きなメリットです。

その他にも「Mastercardビジネスアシスト」「コンシェルジュサービス」などさまざまな特典が用意されていますが、特典のボリュームはVISAとほとんど変わりません。

VISAの代わりにMastercardを持つ場合でも特典で損することはないので、安心して2大ブランドを検討してみてくださいね。

MasterCardダイニング by 招待日和・ビジネスアシストの徹底解説!特典の実用性・付帯カードについて解説!「接待日和」とも呼ばれてる?
MasterCardの法人向け特典 MasterCardの法人カードを作ると、「接待日和」や「経費Bank」などさまざまなサービスで優待を受けることができます。 MasterCardはVISAと並んで加盟店数が多いことが強みですが、...

Amazon Mastercardは残念ながら法人カードは無い【2019年8月時点】

Mastercardは多くの有名カードがありますが、その1つに「Amazon Mastercard」があります。
Amazonのクレジットカード
Amazon Mastercard公式サイト

Amazon Mastercardは常時1.0%と高い還元率になっており、さらにAmazonでは1.5%~2.5%までポイントUPするというAmazonユーザーにとって非常にメリットの高いクレジットカードです。

Amazon Mastercardの法人カードがあれば作りたいという企業は多そうですが、残念ながらAmazon Mastercardは個人用のみで法人カードはありません。

法人でAmazonを使いこなす方法を徹底解説!ポイント還元率がお得な法人カードや・Amazonビジネス(法人向けプラン)って!?
Amazonは法人にとっても便利な通販サイト 会社で使うマウスやキーボードなど、オフィス用品等をAmazonで購入する企業は多いのではないでしょうか? Amazonは法人として利用する場合も「品揃え」や「商品の探しやすさ」などから、...

個人口座で決済した後、立て替えの処理をする必要がある

日付勘定項目借方勘定項目貸方
4/13交通費5,000円立替金5,000円
5/25立替金5,000円普通預金5,000円

基本的に個人カードで経費を支払っても、会計処理(帳簿)をしっかり行えば問題ありません。

個人カードで経費を支払う行為は「立替」なので、上記のように勘定科目を「立替金」として処理します。

このように会計処理を行うことを忘れなければ、Amazon Mastercardで経費を支払うこともできます。

税務調査が来ても大丈夫?便利な法人カード・・・領収書、経費、勘定科目などで意外な落とし穴も!
便利な法人カード・・・経費精算の具体的な処理方法を正確にご存知ですか? 法人カードを運用する際に「領収書は保管すべきか?」や「帳簿の付け方は?」など、税務調査がきても大丈夫なようにしっかり基礎知識を身に着けておきましょう。 自身の中...
ただ、毎回この処理をやるのは面倒ですしあまりオススメしません。やっぱり法人の決済には法人カードを用いるのが楽です。

Mastercard×ゴールドカードでおすすめ法人カード

「Mastercard」×「ゴールルドカード」でおすすめの法人カードは、以下の3枚です。

  • オリコEX Gold for Biz M
  • 三井住友for Owners ゴールド
  • ライフカードビジネスライト

3種とも「VISA」で発行することもできるので、世界的なシェアが高い2大ブランドを検討している方は必見です。

オリコEX Gold for Biz M


カード名称EX Gold for Biz SEX Gold for Biz M
年会費初年度無料
2年目は2,000円
初年度無料
2年目は2,000円
申込対象個人事業主法人の代表者
限度額10万円~300万円10万円~300万円
追加カード
(メンバーカード)
なし最大3名まで
ETCカード発行枚数:1枚
年会費:無料
発行枚数:1枚
年会費:無料
(メンバーカードもETCカードを発行可能)
ポイント還元率基本ポイント:0.5%
特典:20%加算の特典でいつでも0.6%
基本ポイント:0.5%
特典:20%加算の特典でいつでも0.6%
ポイント交換先Amazonギフト券
iTunesカード
nanacoギフト、など
Amazonギフト券
iTunesカード
nanacoギフト、など
空港ラウンジ国内主要17空港
海外2空港
国内主要17空港
海外2空港
保険ショッピングガード:年間100万円
海外旅行保険:最高2,000万円
国内旅行保険:最高1,000万円
ショッピングガード:年間100万円
海外旅行保険:最高2,000万円
国内旅行保険:最高1,000万円
電子マネーMastercardコンタクトレス
Visaタッチ決済
Apple Pay
Mastercardコンタクトレス
Visaタッチ決済
Apple Pay

オリコEX Gold for Biz Mは、「VISA」と「Mastercard」のどちらも選べます。

国際ブランドによるカードスペックの違いは電子マネーのみでVISAなら「VISAタッチ決済」のMastercardなら「Mastercardコンタクトレス」を利用可能です。

これらの電子マネーは日本国内よりも海外のほうが普及率が高い印象なので、海外でもスマート決済したいならいい候補です。

オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...
EX Gold for Biz M
EX Gold for Biz M
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主-
法人そのもの-
申込資格法人代表者の方
発行スピード2週間程度
年会費初年度0円(税別)
2年目以降2,000円(税別)

■年会費優遇条件
-

ポイント・還元率基本0.60%
上限1.20%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)カード利用1,000円につき1.2スマイル、100スマイルで500オリコポイント=Amazonギフト券500円分
(上限還元分)利用金額累計200万円以上でクラステージ200達成により、スマイル加算倍率最大2.2倍

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル1:2.5マイル
ANAマイル1:3マイル
Amazon1:5円
キャッシュバック or 請求充当-
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数3
発行費用/枚0円
年会費/枚0円
ETCカード
発行可能枚数無制限(枚数に関する記載なし)
発行費用/枚0円
年会費/枚0円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円※
救援者費用200万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
※免責1事故3,000円

国内旅行保険
付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1,000万円
入院日額-
手術費用-
通院日額-
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険
その他保険-
国際ブランドVISA,Mastercard
支払いサイクル締め日毎月末日
支払い日翌月27日  ※土・日・祝の場合、翌営業日
入会特典

最大7,000円分のポイントプレゼント!

その他のキャンペーン情報

初年度は年会費無料!

編集部レビュー

最も多くの法人さんへ1枚目の法人カードとしてオススメしたいオリコの新シリーズ。年会費・還元率・追加カード・その他特典どれをとってもバランスよくユーザー第一に作られたクレジットカードです。

カードのメリット(強み)
・申込ハードルが低い
・バランスがよく持ちやすい
・還元率が高い、上がりやすい
・追加カード、ETCカードが3枚まで無料(年会費・発行費とも)
・国内空港ラウンジが利用可能
・リボ払いが利用可能

カードのデメリット(弱み)
際立ったデメリットは無し

三井住友for Owners ゴールド


カード名称クラシック(一般)カードゴールドカードプラチナカード
年会費本会員:1250円(税抜)
パートナー会員:1名につき400円(税抜)
(Web入会で初年度年会費無料)
本会員:10,000円(税抜)
パートナー会員:1名につき2,000円(税抜)
(Web入会で初年度年会費無料)
本会員:50,000円(税抜)
パートナー会員:1名につき5,000円(税抜)
申込対象20歳以上の個人事業主と法人の代表者20歳以上の個人事業主と法人の代表者30歳以上の個人事業主と法人の代表者
社員用カード年会費:400円(税抜)
発行枚数:制限なし
発行手数料:無料
※Web入会で初年度年会費無料
年会費:2,000円(税抜)
発行枚数:制限なし
発行手数料:無料
※Web入会で初年度年会費無料
年会費:5,000円(税抜)
発行枚数:制限なし
発行手数料:無料
限度額10~150万円50~300万円200~500万円
支払方法1回払い
リボ払い
分割払い
2回払い
ボーナス一括払い
1回払い
リボ払い
分割払い
2回払い
ボーナス一括払い
1回払い
リボ払い
分割払い
2回払い
ボーナス一括払い
キャッシングリボ0~50万円
利率(実質年率)15.0%
0~50万円
利率(実質年率)15.0%
0~100万円
利率(実質年率)15.0%
海外キャッシュサービス0~50万円
利率(実質年率)18.0%
0~50万円
利率(実質年率)18.0%
0~50万円
利率(実質年率)18.0%
追加カード電子マネーETCカード
iD
Apple Pay
プラスEX
PiTaPa
WAON
ETCカード
iD
Apple Pay
プラスEX
PiTaPa
WAON
ETCカード
iD
Apple Pay
プラスEX
PiTaPa
WAON
ETCカード年会費:500円(税抜)
発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
発行手数料:無料
※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
年会費:500円(税抜)
発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
発行手数料:無料
※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
年会費:無料
発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
発行手数料:無料
ポイント還元率0.5%
※「1PT=5円」の場合
0.5%
※「1PT=5円」の場合
0.5%
※「1PT=5円」の場合
ポイント交換先VJAギフトカード
Amazonギフト券
iTunesカード
キャッシュバック
ANAマイル移行、など
VJAギフトカード
Amazonギフト券
iTunesカード
キャッシュバック
ANAマイル移行、など
VJAギフトカード
Amazonギフト券
iTunesカード
キャッシュバック
ANAマイル移行、など
空港ラウンジなし国内主要28空港国内主要28空港
プライオリティパス
保険ショッピング保険:年間100万円(海外のみ対象)
国内旅行保険:なし
海外旅行保険:最高2,000万円
ショッピング保険:年間300万円
国内旅行保険:最高5,000万円
海外旅行保険:最高5,000万円
ショッピング保険:年間500万円
国内旅行保険:最高1億円
海外旅行保険:最高1億円

三井住友for Ownersは、VISAカードの印象が強いですが「VISA」と「Mastercard」のどちらも選べます。両方の国際ブランドでカードを同時に発行することも可能(※編集部実験済み)。

3種のランクの中で一般カードは空港ラウンジが付いていないためフライト出張用に法人カードを検討しているならゴールドカード以上がおすすめです。

ちなみに法人カードの年会費は全額経費にできるので、ゴールドカードやプラチナカードのように年会費が高いカードを作りやすいことも法人カードならではの利点です。

三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...
三井住友VISAビジネスfor owners(ゴールド)
三井住友VISAビジネスfor owners(ゴールド)
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格満20歳以上の法人代表者、個人事業主の方
発行スピード3週間程度
年会費初年度0円(税別)
2年目以降10,000円(税別)

■年会費優遇条件
※インターネット入会で初年度年会費無料
※翌年度以降も「マイ・ペイすリボ」をお申し込みの場合は年会費がゴールドカードは半額。
※カードご利用代金WEB明細書サービスをご利用の本会員の方は、条件を満たすと翌年度の年会費がゴールドカードは1,000円、割引。

ポイント・還元率基本0.50%
上限0.65%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)1ポイント5円で使えるAmazonギフト券に交換した場合の還元率
(上限還元率)期間中の獲得累計ポイントが1,000ポイントに達した月に300ポイントをもらい、1ポイント5円で使えるAmazonポイントに交換した場合の還元率

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル-
ANAマイル1:3マイル
Amazon1:5円
キャッシュバック or 請求充当1:3円
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費/枚2,000円
ETCカード
発行可能枚数ビジネスカードfor Owners1枚につき、ETCカードを1枚発行
発行費用/枚0円
年会費/枚500円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件一部利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)5,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任5,000万円
携行品損害50万円※
救援者費用500万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
※自己負担額1回の事故につき3,000円

国内旅行保険
付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)5,000万円
入院日額5,000円
手術費用20万円
通院日額2,000円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険
その他保険-
国際ブランドVISA、Master
支払いサイクル締め日毎月15日または毎月末日
支払い日翌月10日または翌月26日
入会特典

(1)新規ご入会&カードご入会月の1ヵ月後までに合計5万円(含む消費税等)以上ご利用(パートナー追加利用分含む)で、最大11,000円分プレゼント「ゴールド・プラチナ 11,000円分」

(2)その1を達成された方の中で、新規ご入会から1ヵ月後末までに電子マネー「iD」をお持ちいただくと、1,000円分プレゼント

その他のキャンペーン情報

対象コンビニエンスストアやマクドナルドの店舗でのお支払いに、対象の三井住友カードをご利用いただくと、今後いつでもワールドプレゼントのポイントが通常の5倍貯まります。

編集部レビュー

三井住友ブランド、ゴールドランクの法人カードです。

カードのメリット(強み)
・申込ハードルが低い
・年会費初年度無料
・分割、リボ、キャッシング利用可能
・追加カードが無制限で発行可能
・旅行保険が充実

カードのデメリット(弱み)
・ポイント還元率は並

ライフカードビジネスライト


カード名称スタンダードゴールドカード
年会費無料2,000円
申込対象個人事業主
法人代表者
個人事業主
法人代表者
限度額10~200万円10~200万円
追加カード年会費:無料
発行枚数:最大3枚
発行手数料:無料
年会費:無料
発行枚数:最大3枚
発行手数料:無料
ETCカード年会費:無料
発行枚数:1枚
発行手数料:無料
年会費:無料
発行枚数:1枚
発行手数料:無料
ポイント還元率なし0.5%
ポイント交換先なしキャッシュバック
ANAマイル移行
Vプリカ
JTB旅行券
図書カード、など
空港ラウンジなし国内主要26空港
保険なしショッピング保険:200万円
国内旅行保険:1,000万円
海外旅行保険:2,000万円
シートベルト傷害保険:200万円
電子マネーApple PayApple Pay

ライフカードビジネスライトは、「VISA」・「Mastercard」・「JCB」を選べます。

海外用として検討しているならVISAかMastercardがおすすめJCBは海外における加盟店にやや不安があるため、主に国内メインで法人カードを使う企業におすすめです。

年会費を経費にできるものの、できれば年会費を抑えたいという方にいい候補です。

法人用ライフカードのビジネスライト・ゴールド徹底解説!法人向けの特典がいい感じ?
基本情報 ※年会費は税別で記載 ライフカードビジネスライトは「年会費が安い」や「申込基準が緩い」といったメリットがあります。 「スタンダード」と「ゴールド」の2種類が用意されており、スタンダードは年会費無料。 法人カ...
ライフカードビジネスライトゴールド
ライフカードビジネスライトゴールド
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格お申込みにあたっては、事業の経歴や売上高などの条件、制限はございません。 ビジネスカードのご利用は事業用決済専用になりますので、それ以外の用途でご利用希望の場合は、お申込みいただけません。
発行スピード1週間程度
年会費初年度0円(税別)
2年目以降2,000円(税別)

■年会費優遇条件
-

ポイント・還元率基本0.5%
上限1.5%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)Vプリカへの交換の場合。
(上限還元率)お誕生日月は基本ポイント3倍

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル-
ANAマイル1:2.5マイル
Amazon-
キャッシュバック or 請求充当1:4.55円
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数3
発行費用/枚0円
年会費/枚0円
ETCカード
発行可能枚数1
発行費用/枚0円
年会費/枚0円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円
救援者費用200万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
※自己負担額1回の事故につき3,000円

国内旅行保険
付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1,000万円
入院日額-
手術費用-
通院日額-
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険△(国際ブランドによる)
その他保険シートベルト保険 死亡保障200万円(シートベルト着用中の事故日から180日以内)/重度後遺障害保障200万円
国際ブランドVisa/Mastercard / JCB
支払いサイクル締め日毎月5日締め
支払い日当月26日、27日、28日または翌月3日に支払い
入会特典

-

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

スピード発行可能な法人ゴールドカード。

カードのメリット(強み)
・発行スピードがはやい
・分割、リボ払い可能
・追加カード3枚までOK(発行費、年会費無料)
・海外旅行保険付帯
・国内主要空港ラウンジ利用可能

カードのデメリット(弱み)
・ポイント還元率がやや低め

Mastercard×プラチナカードでおすすめ法人カード

「Mastercard」×「プラチナカード」でおすすめの法人カードは、以下の2枚です。

  • 三井住友for Owners プラチナ
  • ラグジュアリーカード

プラチナカードは「プライオリティパス」が付いているため、世界のさまざまな空港でVIPルームを満喫できます。

三井住友for Owners プラチナ


カード名称クラシック(一般)カードゴールドカードプラチナカード
年会費本会員:1250円(税抜)
パートナー会員:1名につき400円(税抜)
(Web入会で初年度年会費無料)
本会員:10,000円(税抜)
パートナー会員:1名につき2,000円(税抜)
(Web入会で初年度年会費無料)
本会員:50,000円(税抜)
パートナー会員:1名につき5,000円(税抜)
申込対象20歳以上の個人事業主と法人の代表者20歳以上の個人事業主と法人の代表者30歳以上の個人事業主と法人の代表者
社員用カード年会費:400円(税抜)
発行枚数:制限なし
発行手数料:無料
※Web入会で初年度年会費無料
年会費:2,000円(税抜)
発行枚数:制限なし
発行手数料:無料
※Web入会で初年度年会費無料
年会費:5,000円(税抜)
発行枚数:制限なし
発行手数料:無料
限度額10~150万円50~300万円200~500万円
支払方法1回払い
リボ払い
分割払い
2回払い
ボーナス一括払い
1回払い
リボ払い
分割払い
2回払い
ボーナス一括払い
1回払い
リボ払い
分割払い
2回払い
ボーナス一括払い
キャッシングリボ0~50万円
利率(実質年率)15.0%
0~50万円
利率(実質年率)15.0%
0~100万円
利率(実質年率)15.0%
海外キャッシュサービス0~50万円
利率(実質年率)18.0%
0~50万円
利率(実質年率)18.0%
0~50万円
利率(実質年率)18.0%
追加カード電子マネーETCカード
iD
Apple Pay
プラスEX
PiTaPa
WAON
ETCカード
iD
Apple Pay
プラスEX
PiTaPa
WAON
ETCカード
iD
Apple Pay
プラスEX
PiTaPa
WAON
ETCカード年会費:500円(税抜)
発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
発行手数料:無料
※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
年会費:500円(税抜)
発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
発行手数料:無料
※初年度年会費無料、2年目は年1回の利用で無料
年会費:無料
発行枚数:1枚のカードに対して1枚発行可能
発行手数料:無料
ポイント還元率0.5%
※「1PT=5円」の場合
0.5%
※「1PT=5円」の場合
0.5%
※「1PT=5円」の場合
ポイント交換先VJAギフトカード
Amazonギフト券
iTunesカード
キャッシュバック
ANAマイル移行、など
VJAギフトカード
Amazonギフト券
iTunesカード
キャッシュバック
ANAマイル移行、など
VJAギフトカード
Amazonギフト券
iTunesカード
キャッシュバック
ANAマイル移行、など
空港ラウンジなし国内主要28空港国内主要28空港
プライオリティパス
保険ショッピング保険:年間100万円(海外のみ対象)
国内旅行保険:なし
海外旅行保険:最高2,000万円
ショッピング保険:年間300万円
国内旅行保険:最高5,000万円
海外旅行保険:最高5,000万円
ショッピング保険:年間500万円
国内旅行保険:最高1億円
海外旅行保険:最高1億円

三井住友for Ownersは、すべてのランクで「VISA」と「Mastercard」のどちらも選べます。

三井住友for Ownersシリーズ3種の中でプラチナは最上位のランクで国内主要空港で利用できる「空港ラウンジ」と世界の空港で利用できる「プライオリティパス」が付いているのが特徴です。

その他にも「コンシェルジュサービス」や「高額保険」など、スペックはさすがのプラチナカードといった仕上がりです。

三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...
三井住友VISAビジネスfor owners(プラチナ)
三井住友VISAビジネスfor owners(プラチナ)
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方
発行スピード3週間程度
年会費初年度50,000円(税別)
2年目以降50,000円(税別)

■年会費優遇条件
-

ポイント・還元率基本0.50%
上限0.65%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)1ポイント5円で使えるAmazonギフト券に交換した場合の還元率
(上限還元率)期間中の獲得累計ポイントが1,000ポイントに達した月に300ポイントをもらい、1ポイント5円で使えるAmazonポイントに交換した場合の還元率

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル-
ANAマイル1:3マイル
Amazon1:5円
キャッシュバック or 請求充当1:3円
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費/枚5,000円
ETCカード
発行可能枚数ビジネスカードfor Owners1枚につき、ETCカードを1枚発行
発行費用/枚0円
年会費/枚0円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
傷害治療費用500万円
疾病治療費用500万円
賠償責任1億円
携行品損害100万円※
救援者費用1,000万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
家族特約×

■その他・備考
※自己負担額1回の事故につき3,000円

国内旅行保険
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
入院日額5,000円
手術費用20万円
通院日額2,000円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
家族特約×

■その他・備考
ホテルなどの客室料はお支払いの対象となりません。

ショッピング保険
その他保険-
国際ブランドVISA、Master
支払いサイクル締め日毎月15日または毎月末日
支払い日翌月10日または翌月26日
入会特典

(1)新規ご入会&カードご入会月の1ヵ月後までに合計5万円(含む消費税等)以上ご利用(パートナー追加利用分含む)で、最大11,000円分プレゼント「ゴールド・プラチナ 11,000円分」

(2)その1を達成された方の中で、新規ご入会から1ヵ月後末までに電子マネー「iD」をお持ちいただくと、1,000円分プレゼント

その他のキャンペーン情報

対象コンビニエンスストアやマクドナルドの店舗でのお支払いに、対象の三井住友カードをご利用いただくと、今後いつでもワールドプレゼントのポイントが通常の5倍貯まります。

編集部レビュー

三井住友ブランド、プラチナランクの法人カードです。

カードのメリット(強み)
・分割、リボ、キャッシング利用可能
・追加カードが無制限で発行可能
・旅行保険が充実
・コンシェルジュ特典が便利

カードのデメリット(弱み)
・満30歳以上でないと申込できない
・年会費は高い

ラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードブラック

カード名称Gold CardBlack CardTitanium Card
年会費200,000円100,000円50,000円
申込対象個人事業主
法人の代表者
個人事業主
法人の代表者
個人事業主
法人の代表者
限度額審査により通知審査により通知審査により通知
追加カード年会費:50,000円
発行枚数:最大4枚
発行手数料:無料
年会費:25,000円
発行枚数:最大4枚
発行手数料:無料
年会費:15,000円
発行枚数:最大4枚
発行手数料:無料
ETCカード年会費:無料
発行枚数:最大1枚
発行手数料:無料
(追加カード1枚に対しても1枚発行可能)
年会費:無料
発行枚数:最大1枚
発行手数料:無料
(追加カード1枚に対しても1枚発行可能)
年会費:無料
発行枚数:最大1枚
発行手数料:無料
(追加カード1枚に対しても1枚発行可能)
ポイント還元率1.5%1.25%1.0%
主なポイント交換先Amazonギフト券
JALマイル
ANAマイル
iTunesカード
nanacoギフト
Google Playギフト
フィラディスワイン
Amazonギフト券
JALマイル
ANAマイル
iTunesカード
nanacoギフト
Google Playギフト
フィラディスワイン
Amazonギフト券
JALマイル
ANAマイル
iTunesカード
nanacoギフト
Google Playギフト
フィラディスワイン
空港ラウンジ国内主要28空港
プライオリティパス
※世界中の多くの空港ラウンジを利用可能
国内主要28空港
プライオリティパス
※世界中の多くの空港ラウンジを利用可能
国内主要28空港
プライオリティパス
※世界中の多くの空港ラウンジを利用可能
保険ショッピング保険:300万円
国内旅行保険:1億円
海外旅行保険:1億2,000万円
ショッピング保険:300万円
国内旅行保険:1億円
海外旅行保険:1億2,000万円
ショッピング保険:300万円
国内旅行保険:1億円
海外旅行保険:1億2,000万円
電子マネーApple Pay対応Apple Pay対応Apple Pay対応

ラグジュアリーカードは、「Mastercard」のみです。

ランクは「チタン」→「ブラック」→「ゴールド」が用意されていますが、上位ランクにしか付帯していないリムジン送迎などの特典があるため最高峰を目指すならブラックかゴールドがおすすめです。

ラグジュアリーカードは3種類とも券面自体が金属製となっているので、見た目までこだわりたいという方には最適候補です。

法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)チタン・ブラックを所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
アメリカン・エキスプレス・カードに先立ち、2016年より金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイスとともに日本上陸したラグジュアリーカード。 高級感だけでなく、独特な特典、還元率の高さは魅力的。法人代表者が法人カードとして所有する...
ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格20歳未満の方および、学生の方はお申し込みいただけません。 ※法人決済口座の規定:20歳以上の法人、団体等の代表者または個人事業主の方に限ります。
発行スピード2週間程度(スムーズなら最短3営業日発行)
年会費初年度100,000円(税別)
2年目以降100,000円(税別)

■年会費優遇条件
-

ポイント・還元率基本1.25%
上限1.25%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)1ポイント5円で使えるAmazonギフト券に交換した場合の還元率
(上限還元率)変動なし。

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル1:3マイル
ANAマイル1:3マイル
Amazon1:5円
キャッシュバック or 請求充当1:5円
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数4
発行費用/枚0円
年会費/枚25,000円
ETCカード
発行可能枚数4
発行費用/枚1,000円
年会費/枚0円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任1億円
携行品損害100万円※
救援者費用500万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
家族特約死亡・後遺障害は1,000万円 他項目の金額は同額

■その他・備考
※自己負担額1回の事故につき3,000円

国内旅行保険
付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
入院日額5,000円
手術費用-
通院日額3,000円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険
その他保険-
国際ブランドMaster
支払いサイクル締め日毎月5日
支払い日当月27日
入会特典

ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

その他のキャンペーン情報

同上

編集部レビュー

インビテーション無しで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚。メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。還元率も常設1.25%あり、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。

カードのメリット(強み)
・ブラックカードのステータス
・コンシェルジュが便利
・ダイニングサービスが充実
・プライオリティパス付帯
・その他特典も充実

カードのデメリット(弱み)
・年会費は高い(とはいえ、ビジネスの経費・サービスへの投資目線で考えれば十分にその価値はある)

Mastercard以外のおすすめ法人カード

世界におけるシェアで法人カードを選ぶならVISAとMastercardは優先順位が高いですが、アメリカなど先進国でカードを使う場合は他の国際ブランドでも問題なくカードを使える可能性は高いです。

とくに日本においては5大ブランドすべてに対応しているお店が多いためそこまで国際ブランドにこだわる必要はありません。

  • セゾンプラチナビジネスアメックス
  • アメックス法人ゴールド

VISAとMastercard以外の法人カードでは、高級カード&ハイスペックのアメックスがおすすめです。

セゾンプラチナビジネスアメックス


カード名称セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
年会費20,000円
※割引あり
申込対象個人事業主または経営者の方
限度額100万円~1,000万円
追加カード4枚まで発行可能
ETCカード無料で発行可能
ポイント還元率JALマイル最大1.375%
ポイント交換先JALマイル
ANAマイル
Amazonギフト券
nanaco など
空港ラウンジ世界中1,000以上利用可能
保険最高1億円
電子マネーApple Pay
iD・QUICPay

セゾンプラチナビジネスアメックスは、「アメックス」のみです。

この法人カードは「セゾン」×「アメックス」となっており、個人カードでも人気の高いセゾンアメックスシリーズの法人版です。

プラチナカードにしては年会費が20,000円と安く、スペックはJALマイル還元率最大1.375などプラチナならではの魅力を実感しやすい仕上がりです。

プラチナ法人カード最強コスパ!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています。 そんな「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」ですが、人気の選...
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)
発行スピード1週間程度
年会費初年度20,000円(税別)
2年目以降20,000円(税別)

■年会費優遇条件
※年間200万円以上のショッピングのご利用※で、次年度本会員年会費を10,000円(税抜)に優遇いたします。

ポイント・還元率基本1.125%
上限1.375%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)SAISON MILE CLUB加入・永久不滅ポイントもすべてJALマイルに交換した場合
(上限還元率)SAISON MILE CLUB加入・セゾングラッセランク6達成で永久不滅ポイントもすべてJALマイルに交換した場合

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル1:2.5マイル ※SAISON MILE CLUB加入で1,000円につき10マイル加算
ANAマイル1:3マイル
Amazon1:5円
キャッシュバック or 請求充当1:4.5円
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数4
発行費用/枚0円
年会費/枚3,000円
ETCカード
発行可能枚数4
発行費用/枚0円
年会費/枚0円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任5,000万円
携行品損害50万円※
救援者費用300万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)3万円
出航遅延費用等保険金(食事代)3万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)10万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
※1品当たり10万円、免責1事故3千円

国内旅行保険
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)5,000万円
入院日額5,000円
手術費用5,000円×手術の種類により10倍~40倍
通院日額3,000円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険
その他保険-
国際ブランドAMEX
支払いサイクル締め日毎月10日
支払い日毎月4日 ※土・日・祝の場合、翌営業日
入会特典

永久不滅ポイント最大1,800ポイント(9,000円相当*)をプレゼント ※1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合。

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

JALマイルが最高ランクの高還元率・プラチナランクの特典も全部込みで年会費2万円。プライオリティパスつき、最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。

カードのメリット(強み)
・発行スピードがはやい
・最もコスパの良い法人プラチナカード
・コンシェルジュ特典付帯
・プライオリティパス付帯
・JALマイル還元率が1.375%まで上がる
・限度額の設定が柔軟
・リボ、キャッシングが利用可能

カードのデメリット(弱み)
・JALマイル用途以外の還元率は並

アメックス法人ゴールド


カード名称グリーンゴールドプラチナ
年会費12,000円31,000円130,000円
申込対象個人事業主
法人代表者
個人事業主
法人代表者
個人事業主
法人代表者
※インビテーションのみで発行可能
限度額制限なし制限なし制限なし
追加カード年会費:6,000円
発行枚数:制限なし
発行手数料:無料
年会費:12,000円
発行枚数:制限なし
発行手数料:無料
年会費:12,000円
発行枚数:4枚まで無料
発行手数料:無料
ETCカード年会費:500円
発行枚数:最大5枚
発行手数料:無料
年会費:500円
発行枚数:最大5枚
発行手数料:無料
年会費:500円
発行枚数:最大5枚
発行手数料:無料
ポイント還元率基本:0.3%~0.5%
マイル移行:0.5%
メンバーシップリワードプラス登録:基本0.5%~1.0%
メンバーシップリワードプラス登録:マイル移行1.0%
基本:0.3%~0.5%
マイル移行:0.5%
メンバーシップリワードプラス登録:基本0.5%~1.0%
メンバーシップリワードプラス登録:マイル移行1.0%
基本:0.3%~0.5%
マイル移行:0.5%
メンバーシップリワードプラス登録:基本0.5%~1.0%
メンバーシップリワードプラス登録:マイル移行1.0%
ポイント交換先百貨店共通商品券
アマゾンギフト券
ANAマイル
提携航空マイル
楽天ポイント、など
百貨店共通商品券
アマゾンギフト券
ANAマイル
提携航空マイル
楽天ポイント、など
百貨店共通商品券
アマゾンギフト券
ANAマイル
提携航空マイル
楽天ポイント、など
空港ラウンジ国内28空港
海外2空港
国内28空港
海外2空港
国内28空港
海外2空港
プライオリティパス
保険ショッピングプロテクション:500万円
国内旅行保険:5,000万円
海外旅行保険:5,000万円
ショッピングプロテクション:500万円
国内旅行保険:5,000万円
海外旅行保険:1億円
ショッピングプロテクション:500万円
国内旅行保険:5,000万円
海外旅行保険:1億円
電子マネーApple PayApple PayApple Pay

アメックス法人カードは、「アメックス」のみです。

プラチナカードはインビテーションのみで発行となっているため、ゴールドカードで実績を積みながらプラチナカードを目指してくださいね。

アメックス法人カードをハイスペック運用するなら年会費3,000円のメンバーシップリワードプラスへ登録が必須であり、これに加入するとANAマイル還元率3.0%などポイント還元率が全法人カードの中でもトップクラスに化けます。

アメックスの法人コーポレートカード(グリーン・ゴールド・プラチナ)の比較&メリット・デメリット徹底解説!
基本情報 ※年会費は税抜で記載 アメックス法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」が対象で、ステータスの高さが魅力です。 法人カードは申込基準が高いカードが多い中、アメックス法人カードは「会社設立初年度」でも持つことがで...
アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格日本国内に法人または事業所住所をお持ちの方。申込基準は、20歳以上、定職がある方とさせていただいております。パート・アルバイトの方のお申込みはお受けできません。
発行スピード3週間程度
年会費初年度31,000円(税別)
2年目以降31,000円(税別)

■年会費優遇条件
-

ポイント・還元率基本0.3%
上限1.0%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)カードの支払代金にポイントを充当する場合、ポイント=0.3円
(上限還元率)メンバーシップ・リワード・プラス(参加登録費3,000円+税)に登録し、ポイントをANAマイルに交換した場合
※法人アメックスは原則、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しマイル交換を狙うのがセオリーなので還元率1.0%と考えていいでしょう。

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル-
ANAマイル通常:1:0.5マイル 上限:1:1マイル ※上限はメンバーシップ・リワード・プラス(参加登録費3,000円+消費)登録時
Amazon-
キャッシュバック or 請求充当通常:1:0.3円 上限:1:0.8円 ※上限はメンバーシップ・リワード・プラス(参加登録費3,000円+消費)登録時
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費/枚12,000円
ETCカード
発行可能枚数5
発行費用/枚0円
年会費/枚500円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件一部利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任4,000万円
携行品損害1旅行中最高50万円
救援者費用400万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
家族特約×

■その他・備考
※免責3千円/年間限度額100万円

国内旅行保険
付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)5,000万円
入院日額-
手術費用-
通院日額-
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険
その他保険-
国際ブランドAMEX
支払いサイクル締め日毎月19日、毎月20日、毎月21日、毎月26日(ご指定銀行により異なります。金融機関が休日の場合は翌営業日。正確な締め日についてはサポートデスクにお問い合わせ下さい。)
支払い日翌月10日(デフォルトは翌月10日。一部カードは翌月21日、翌月26日、正確な支払い日についてはサポートデスクにお問い合わせ下さい。)
入会特典

カードご入会後1年以内のカードご利用で、メンバーシップ・リワード®のポイント30,000ポイント獲得可能

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。

カードのメリット(強み)
・設立初年度、赤字でも申込OK
・空港ラウンジが使える
・旅行保険が充実
・ANAマイルを貯めやすい
・アメックスゴールドのステータス感

カードのデメリット(弱み)
・年会費がやや高め
・従業員用追加カードの年会費が高め

まとめ

海外メインで法人カードを使うなら、VISAかMastercardのどちらかは作っておきたいところです。

  • 世界規模でシェアNO1はVISA
  • VISAに次いでMastercardのシェアが高い
  • 海外に対してVISAとMastercardの2枚持ちは最強の備え
  • 日本国内はとくに国際ブランドにこだわる必要はない
  • 人気の高いAmazon Mastercardは法人カードがない

しかし、実際にカードを使う際に肝心なのは各国の状況なので、国際ブランドの統計情報を参考にするなら信憑性も含めて考慮する必要があり、何よりも大切なのは出国準備の一環として目的国のキャッシュレス状況を調べておくことです。

また、法人カードの選び方は国際ブランド以外にもさまざまな観点があるので、以下の記事も参考にしながらカード選びを進めてみてくださいね。

ポイント・マイル還元率だけじゃない?法人カードを本当に賢く選ぶための7つのチェックリスト
法人カードの選び方!7つのチェックリスト 法人カードをスペック比較で選ぶ時は、以下の7項目をチェックしておくのがおすすめです。 限度額の上限 ポイント・マイル還元率 年会費 社員用追加カードとETCカード 付帯サービ...
【社長さん必見!】クレジットカードの法人向け・個人向けのベストな組み合わせ例を提案します。もう悩まずに持ち分け!
夜の飲食店めぐりを楽しみたい、海外空港ラウンジが気になる、事業をさらに伸ばしたい・・・ そんな社長さんのためにクレジットカードの法人・個人のベストな組み合わせをご提案!
法人カードで年会費永年無料は実はお得じゃない!?2枚目・複数枚所持におすすめの無料・格安の法人カードをシーンごとに徹底解説!
年会費永年無料の法人カードの情報!おすすめの券種の紹介や、有料カードと比べた損益分岐点など紹介!
法人カードでマイルをザクザク貯める!JAL/ANAどっちがおすすめ?個人利用はOK?
飛行機で出張することが多い企業にとって、マイルが搭載された法人カードは便利ですね。 ポイントが貯まるカードと大きく違う点は「マイルの使い道に困らない」ことです。 座席をグレードアップしたり特定航空券に交換するなど、フライト出張に...
法人カードのケース別おすすめ比較法人*クレジットカード
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
オリコ EX Gold for Biz
オリコの法人ビジネスカードEX Gold for Biz

年会費は初年度無料、2年目は2,000円+税と、非常に申込・維持のハードルが低い法人カード。

ポイント還元率は通常0.6%、使うほどにステージアップし1.1%まで上がります。

保険・空港ラウンジ特典の他、追加カード・ETCカードも3枚まで発行費、年会費無料で発行可能。幅広い法人、個人事業主を対象にカバーしているコスパ◎のクレジットカードです。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました