広告費の決済・支払い方法と、おすすめの法人カードを徹底解説!Google広告・Yahoo! プロモーション広告・Facebook広告・Twitter広告など

未分類
  1. Web広告費の支払は絶対に法人クレジットカードがおすすめ
    1. メリット①:金額として大きいため、キャッシュフロー改善効果が大きい
    2. メリット②:毎月大きな金額を決済するのでポイントがザクザク貯まる
    3. メリット③:広告費を増額する月には、一次的にカードの限度額を上げてもらうなど調整も効きやすい
    4. メリット④:法人カードがないと決済できないケースもある
  2. おすすめ法人カードは2大ブランドのVISAとMastercard、何よりもアメックス!
    1. 大手4社の国際ブランド比較
    2. 国際ブランドでJCB・ダイナースブランドの法人カードしか持たないのは避けたい
    3. クレジットカードが上限に達したせいで広告が止まってしまうことは絶対に避けたい
  3. 「広告」が重要な会社の法人カード組み合わせのセオリー
    1. 【必勝】事前入金・承認で上限限度額をあげられるアメックスは必ず手元のカードに1枚含めたい
    2. 【鉄壁】国際ブランドAMEXを必ず1枚含む、メイン2枚+緊急時にまとまった利用可能枠を用意できるカード1枚以上の組み合わせがおすすめ
  4. ネット広告・大手4社の支払い方法おさらい
    1. Google広告
    2. Yahoo!JAPANプロモーション広告
    3. Facebook広告 ※Facebook business
    4. Twitter広告
  5. Web広告に関する豆知識
    1. プリペイド式カードやデビットカードでの入金はいける?
    2. 消費税のリバースチャージに要注意!
    3. 決算日付近でデポジットして、未消化の金額を広告宣伝費として当期費用として処理するのはアリ?
  6. まとめ

Web広告費の支払は絶対に法人クレジットカードがおすすめ

広告費のおすすめな支払方法は、「資金繰りの改善」や「ポイントが貯まる」など複数の理由から法人カードを使うのが一番おすすめです。

  • 資金繰りを改善できる
  • ポイントが貯まる
  • 手元の現金・銀行残高が厳しくても支払える
  • 媒体によって支払方法はさまざまだが、基本カード払いは使える

このページでは、「Google広告」・「Yahoo!JAPANプロモーション広告」・「Facebook広告」・「Twitter広告」の支払方法と国際ブランドを紹介していきますが、まずは「広告費を法人カードで決済すると、どのようなメリットがあるのか?」を見ていきましょう。

メリット①:金額として大きいため、キャッシュフロー改善効果が大きい

広告費の金額はプラン等によってかなりピンキリですが、高額なコストがかかる場合は月に何十万円~何百万円とかかります。

法人カードはカードを使った日から約1ヶ月後が支払日となるため現金に比べて資金繰りを改善しやすいです。

毎月の広告費が大きい企業ほど法人カードがおすすめです。

メリット②:毎月大きな金額を決済するのでポイントがザクザク貯まる

ポイントプログラム搭載の法人カードを使うと、カード利用額に応じてポイントが貯まります。

  • 100円で0.5円
  • 1,000円で5円
  • 10,000円で50円
  • 100,000円で500円
  • 1,000,000円で5,000円

※ポイント還元0.5%の場合。

月々の広告費が高額だとポイントがガンガン貯まるため、まだ法人カードを所有していないなら広告出稿に合わせて何かしらの法人カードを作っておきたいところです。

還元率0.5%でも100万円で5,000円の還元であり、法人カードは還元率1.0%や3.0%など高還元率カードがたくさんあります。

法人カードの選び方はいろいろとありますが、広告費が大きい場合は還元率重視で選ぶほうがお得ですね。

法人カードの年会費は全額経費にできるため、年会費が高いプラチナカード等でも所有しやすいです。
法人カードの年会費は一括経費(全額損金算入)!年会費無料カードではなく、背伸びして高級カードを持つべき理由もお伝えします。
法人カード「年会費」の仕訳、勘定科目は?消費税は? はじめての法人カードでは、「法人カードの年会費は経費になるのか?」という疑問がよく持たれます。 法人カードの年会費は全額損金算入、つまり経費として計上することが可能です。 そ...

メリット③:広告費を増額する月には、一次的にカードの限度額を上げてもらうなど調整も効きやすい

広告費は年間を通して月々の費用にむらがでることは珍しくありません。

一定期間だけ広告費が高額になる場合は法人カードを持っていても限度額が足りなくなることがありますが、法人カードの限度額は一時的に増額交渉できるケースがあるので覚えておくと便利ですよ。

基本的に「一般」→「ゴールド」→「プラチナ」の順で限度額が高く設定されているため、これから法人カードを作るなら高額出費を想定して上位カードを作っておくと安心です。

すでに法人カードを持っているけれど限度額が低いという場合、増額申請以外にも広告費専用にもう1枚法人カードを作るのも効果的です。

メリット④:法人カードがないと決済できないケースもある

広告費の支払方法は各社によって本当にさまざまですが、ほとんどの媒体は「銀行振込」や「銀行口座引落」などカードがなくても決済できる支払方法を用意しています。

ただし、媒体やプラン等によっては法人カードを持っていないと決済できないケースもあります。

Twitter広告の場合、支払方法は「カード決済」or「請求書払い」の2つがあり、請求書払いは最低出稿金額が月10万円という条件で、短期出稿や日額4万円以下の場合は請求書払いを利用できません。

おすすめ法人カードは2大ブランドのVISAとMastercard、何よりもアメックス!


広告費を法人カードで支払う場合、どの国際ブランドに対応しているのかは各サービスごとにさまざまです。

  • VISA
  • Master Card
  • American Express

大手4社の比較では、いずれも「VISA」・「Master Card」・「American Express」が利用可能です。

「どの媒体で広告出稿するのか決まっていない」という状態で法人カードを作るなら「VISA」か「Master Card」か「American Express」を選んでおくのが無難です。

大手4社の国際ブランド比較

広告名Google広告Yahoo!JAPANプロモーション広告Facebook businessTwitter広告
国際ブランド・VISA
・Master Card
・American Express
※デビットカードはVISAとMaster Card。
・VISA
・Master Card
・American Express
・JCB
・ダイナースクラブ
・VISA
・Master Card
・American Express
・Discover
※デビットカードはVISAとMaster Card。国によって利用可能な国際ブランドに違いがあり、日本は以下のとおり。
VISA
Master Card
American Express(利用可能な通貨のいずれか)
JCB
・VISA
・Master Card
・American Express
・Discover
・ダイナースクラブ
・JCB
※デビットカードはVISAとMaster CardとAmerican Express(海外カード)。
また、クレジットカードのダイナースクラブはアメリカのみ利用可能。JCBは日本円と米ドルのみ。

「Google広告」・「Yahoo!JAPANプロモーション広告」・「Facebook business」・「Twitter広告」で利用可能な国際ブランドは上記のとおりです。

共通するのは「VISA」・「Master Card」・「American Express」です。

国際ブランドでJCB・ダイナースブランドの法人カードしか持たないのは避けたい

2019年8月12日時点で、Google広告はJCBに対応していません。

また、Facebook businessは日本における支払方法でJCBが可能となっていますが「JCBが使えない」というケースに遭遇するユーザーもちらほらいるようです。ダイナースも使えないシーンがあります。

広告費以外にも海外出張で法人カードを使うことがあるなら、JCB・ダイナース以外の国際ブランドを選んでおくほうが使い勝手はいいと思います。

1枚しか法人カードを持たない場合も、複数枚持つ場合も、VISA・Master・AMEXを必ず持ちましょう。

クレジットカードが上限に達したせいで広告が止まってしまうことは絶対に避けたい

クレジットカードの限度額が上限に達すると決済不可になるため、その状況を放置すると出稿している広告が停止してしまいます。

  • 利用可能枠の上限に到達すると、引落し日まで利用可能枠は回復しない
  • 広告費の3ヶ月分くらいの利用可能枠がある状況が安心
  • プラチナランク以上のカードがおすすめ

2~3ヶ月分の広告費を支払える程度に限度額のゆとりを持つのが理想であり、限度額は高いに越したことはありません。

プラチナカードは限度額の設定基準が高いのでおすすめですし、アメックスのように実質的に限度額に上限がないカードも便利です。

「広告」が重要な会社の法人カード組み合わせのセオリー

【必勝】事前入金・承認で上限限度額をあげられるアメックスは必ず手元のカードに1枚含めたい

アメックス法人カードは、事前入金&承認で利用限度額が上限なしとなります。

▼オススメは下記の2枚!

アメックス法人カードは上記の2枚がおすすめで、どちらもポイント還元率が高いことも魅力です。

以下の記事で、詳細を確認しながら検討してみてくださいね。

プラチナ法人カード最強!?初年度年会費無料のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています。 そんな「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」ですが、人気の選...
アメックスの法人コーポレートカード(グリーン・ゴールド・プラチナ)の比較&メリット・デメリット徹底解説!
基本情報 ※年会費は税抜で記載 アメックス法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」が対象で、ステータスの高さが魅力です。 法人カードは申込基準が高いカードが多い中、アメックス法人カードは「会社設立初年度」でも持つことがで...

【鉄壁】国際ブランドAMEXを必ず1枚含む、メイン2枚+緊急時にまとまった利用可能枠を用意できるカード1枚以上の組み合わせがおすすめ

法人カードは2~3枚所有していると、限度額が足りない場合に別カードを使うことができるので便利です。

また、国際ブランドも「アメックス」+「Master Card」など、異なる国際ブランドを所持することでさまざまなサービスに対応しやすくなることもメリットです。

アメックス以外では上記の2枚がおすすめで、こちらも高還元率な法人カードです。

カードの組み合わせは本当に自由なので、以下の記事も参考に検討してみてくださいね。

オリコの良コスパ法人カード:EX Gold for Bizは高還元率・特典OK、年会費初年度無料・維持しやすいベスト法人カードかも!?
基本情報 EX Gold for Bizは個人事業主と法人代表者の両方に対応している法人カードです。 年会費は初年度年会費無料の通常2,000円、ポイントは常に0.6%と高還元率。 さらに「マネーフォワード」や「スマイルワーク...
法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)チタン・ブラックを所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
アメリカン・エキスプレス・カードに先立ち、2016年より金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイスとともに日本上陸したラグジュアリーカード。 高級感だけでなく、独特な特典、還元率の高さは魅力的。法人代表者が法人カードとして所有する...

ネット広告・大手4社の支払い方法おさらい


ネット社会になってから以前よりもWeb広告の需要は高くなっており、以下の4社は代表的な広告サービスです。

  • Google広告
  • Yahoo!JAPANプロモーション広告
  • Facebook business
  • Twitter広告

Goole広告とYahoo!JAPANプロモーション広告はそれぞれのブラウザ(検索画面)ではお馴染みの広告ですし、Facebook businessとTwitter広告もそれぞれのツールを利用する際に見かけることが多いですね。

2019年8月時点での、お支払い対応状況を記載しています。

Google広告

Google広告公式サイト:Google広告

Google広告とは、Google上に広告を出すことができるサービスです。

Googleの他にも「Youtube」・「Gmail」・「AdSens」などにも広告を出すことができます。

Google広告の支払方法

広告名Google広告
支払方法クレジットカード
デビットカード
銀行振込
コンビニ
利用可能な国際ブランドVISA
Master Card
American Express
※デビットカードはVISAとMaster Card。
支払日自動支払:最後の自動課金から30日経過後、あるいは設定した限度額に達した時点
手動支払:任意のタイミング
毎月の請求書発行:Googleと合意した支払期間内
公式サイトGoogle広告

Google広告の支払方法は、まず「自動支払い」と「手動支払い」のどちらかを選び、それぞれで利用可能な支払方法を利用することになります。

ただし、新規アカウントの場合は日本やアメリカなど多くの国で手動支払いが不可となっているため、はじめは自動支払いとなることを念頭に置いておきましょう。

自動支払いはクレジットカードかデビットカードでの支払いとなり、アカウントにカード情報を追加することで決済可能となるので、法人カードを作っておけば問題ありません。

Yahoo!JAPANプロモーション広告

Yahoo!JAPANプロモーション広告公式サイト:Yahoo!JAPANプロモーション広告

Yahoo!JAPANプロモーション広告とは、ヤフー上に広告を出せるサービスです。

日本はヤフー利用者が非常に多いので、Google広告の対として検討する企業が多そうです。

Yahoo!JAPANプロモーション広告の支払方法

広告名Yahoo!JAPANプロモーション広告
支払方法クレジットカード
銀行振込
※前払い料金制。
利用可能な国際ブランドVISA
Master Card
American Express
JCB
ダイナースクラブ
支払日前払い料金制
公式サイトYahoo!JAPANプロモーション広告

Yahoo!JAPANプロモーション広告の支払方法は、「クレジットカード」か「銀行振込」です。

支払のタイミングは前払い料金制となっており、あらかじめいずれかの支払方法で料金を支払うことになります。

日本企業ということもあり、公式サイトを見ても支払方法等の情報がわかりやすいため、はじめて広告出稿するかたはとっつきやすいと思います。

Facebook広告 ※Facebook business

Facebook広告公式サイト:Facebook business

Facebook businessとは、Facebook上に広告を出せるサービスです。

Facebook以外にも「Instagram」や提携アプリにも広告を出稿できます。

Facebook businessの支払方法

広告名Facebook business
支払方法クレジットカード
デビットカード
月極請求書払い
広告クーポン
銀行引き落とし
PayPal
Boleto
利用可能な国際ブランドVISA
Master Card
American Express
Discover
※デビットカードはVISAとMaster Card。国によって利用可能な国際ブランドに違いがあり、日本は以下のとおり。
VISA
Master Card
American Express(利用可能な通貨のいずれか)
JCB
支払日自動決済:毎月の請求日
手動決済:事前課金なので任意日
公式サイトFacebook business

Facebook businessの支払方法は選択肢が非常に多いですが、国によって利用可能な支払方法が異なります。

また、国際ブランドについても国によって利用可能なブランドが異なり、日本の場合はJCBも可能となっています。

広告の支払い方法」で国別の支払方法を確認できるため、海外拠点で利用を検討している場合はあらかじめ確認しておくのがおすすめです。

Twitter広告

Twitter business公式サイト:Twitter広告

Twitter広告とは、Twitter上に広告を出せるサービスです。

今やTwitterは人によって必須ツールとなっており、アメリカのトランプ大統領など著名人の方もフル活用しているほどです。

Twitter広告の支払方法

広告名Twitter広告
支払方法クレジットカード
デビットカード
請求書払い
利用可能な国際ブランドVISA
Master Card
American Express
Discover
ダイナースクラブ
JCB
※デビットカードはVISAとMaster CardとAmerican Express(海外カード)。
また、クレジットカードのダイナースクラブはアメリカのみ利用可能。JCBは日本円と米ドルのみ。
支払日クレジットカード:1日1回、最長で7日に1回。
請求書払い:請求書発行、請求日は指定不可。
公式サイトTwitter広告

Twitter広告の支払方法は、「カード決済」か「請求書払い」です。

カード決済はクレジットカードとデビットカードを使えますが、ダイナースクラブはアメリカのみで利用可能など、やや国によって違いがあります。

請求書払いは最低出稿金額10万円を条件に申し込みから審査合格で利用可能となり、「非Twitter認定広告代理店」や「短期出稿および日額4万円以下」などは請求書払いを利用できません。

Web広告に関する豆知識


広告サービスを利用するにあたり、3つの豆知識を紹介しておきたいと思います。

  • プリペイド式カードやデビットカードでの入金はいける?
  • 消費税のリバースチャージに要注意!
  • 決算日付近でデポジットして広告宣伝費処理するのはアリ?

とくに「リバースチャージ」は消費税に関することなので、しっかり覚えておきたいところです。

プリペイド式カードやデビットカードでの入金はいける?

広告費の支払いでプライペイド式カードやデビットカードを使えるかどうかは、各サービスによります。

基本的にはWeb上に限らず国際ブランド付帯のカードは、そのサービスが対応している国際ブランドのカードを使えるケースが多いです。

しかし、必ずしも使えるとは限らず、たとえば「VISA可能」というサービスでも、VISAクレジットカードは可能VISAデビットカードは不可というケースもあります。

そのため、広告費の支払いでプライペイド式カードやデビットカードなどクレジットカード以外のカードを利用できるかどうかは、各サービスごとに確認していくしか方法がありません。

消費税のリバースチャージに要注意!

リバースチャージとは2015年の法改正で導入された方式で、国外事業者の「事業者向け電気通信利用薬務の提供」や「特定薬務の提供」は、国外事業者から提供を受けた国内事業者が申告納税を行うという方式です。

すごい簡単に説明すると、法改正前とは違って「Facebook business」や「Twitter広告」等の海外サービスでも消費税が発生するようになり、その申告納税はサービス提供者ではなくサービス利用者が行わなければならないということです。

ただし、一般課税かつ課税売上割合が95%以上の課税期間で簡易課税制度が適用される課税期間に関しては、当分の間は「事業者向け電気通信利用役務の提供」(特定課税仕入れ)はなかったものとされ、「特定課税仕入れ」として申告する必要はなく仕入税額控除の対象にもならないとされています。

国税庁の説明では「リバースチャージ方式の申告が必要な者は、一般課税により申告を行う事業者でその課税期間の課税売上割合が95%未満の事業者に限られます」となっています。

※いずれも国税庁。

上記の国税庁ホームページで詳細が公表されているので、参考にしてみてくださいね。

また、実際に消費税の支払いや申告で困ったときは税理士等へ相談するのがおすすめです。

決算日付近でデポジットして、未消化の金額を広告宣伝費として当期費用として処理するのはアリ?

広告費というのは、基本的に出稿していないのに広告費として経費処理するのは通りません。

通常、デポジットしても広告が出稿されていないとその費用は返金されます。

このような経費処理は過去に不正(脱税)として指摘された例も多いので、十分に注意しましょう。

デポジットは費用として計上できません。広告費の実消化分をもって費用と計上できます。

まとめ

広告費の支払いは法人カードを使うのがおすすめです。

  • 広告費の支払いは法人カードがおすすめ
  • 国際ブランドはVisa・MasterCard・American Expressが無難
  • 限度額は高いほうが便利
  • 経費が高額なら法人カードを2~3枚所有するのがおすすめ
  • 大手4社はカード決済可能

「Google広告」・「Yahoo!JAPANプロモーション広告」・「Facebook business」・「Twitter広告」の大手4社はメジャー国際ブランドに対応しているので、出稿先に合わせてポイント還元などのスペックも加味しながら法人カードを選んでみてくださいね。

未分類

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

年会費は初年度無料のキャンペーン中。当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへ
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました