デポジット型(保証金)法人カード「SBS Premium Card(DPB)」は低クレヒス・審査落ちの救世主。【SBSビジネスカード】

デビット/プリペイドカード

SBS Premium Card(DPB)とは?

SBS Premium Card(DPB)

カード名称SBS Premium Card(DPB)
年会費35,000円(10万円)
40,000円(20万~90万円)
50,000円(100万~190万円)
※限度額によって年会費が異なる。()は限度額。
申込対象法人代表者または個人事業主
※日本国内にお住いの20歳以上70歳未満で電話連絡が可能な方
限度額10万円(35,000円)
20万~90万円(40,000円)
100万~190万円(50,000円)
※デポジットによって限度額が異なる。()は年会費。
追加カードなし
ETCカード年会費:無料
発行枚数:1枚
発行手数料:無料
ポイントプログラムLIFEサンクスプレゼント
ポイント付与1,000円で1PT
ポイント還元率0.5%
ポイント交換先キャッシュバック(4.55%)
Vプリカギフト(0.5%)
三光マーケティングフーズお食事券(0.7%)
ANAマイル移行(0.25%)
楽天ポイント移行(0.5%)など


空港ラウンジなし
保険ショッピング保険:なし
海外旅行保険:最高2,000万円
国内旅行保険:最高1,000万円
電子マネーApple Pay

SBS Premium Card(DPB)は、「Smart Billing Service」と「ライフカード」の提携法人カードです。

スペックは上記のとおりにスタンダードな仕上がりですが、この法人カードは「DPB=デポジット」という保証金を預ける形で所持できるのが特徴です。

スマートビリングサービス株式会社は、「料金の請求・回収業務、それらに付帯する業務」を行っている会社です。主なサービスは料金の請求や収納の代行ですが、サービスの1つとしてクレジットカードがあります。

事前にデポジット(保証金)を預けることで、保証金の範囲内で限度額の設定をするクレジットカード

SBS Premium Card(DPB)は、最初にデポジットを預けなければなりません。

  1. デポジットを預ける
  2. カードの利用開始
  3. 退会時にデポジットは返還される

デポジットが必要なことから「損なのでは?」と思いがちですが、保証金は退会時に返還されます。

SBS Premium Card(DPB)は預けた保証金の範囲内で限度額を設定でき、高額なデポジットを預けるほど高額な限度額を保持できるようになります。

通常のクレジットカードの場合、限度額を引き上げられるかどうかは利用実績等を加味してカード会社の判断となるため、カード発行当初から高額な限度額を持ちたいならSBS Premium Card(DPB)のほうが希望を叶えやすいです。

SBS Premium Card(DPB)SBSデポジットカード:公式サイト

年会費は月の限度額(≒デポジット)に応じて変動(※限度額は10万円単位で設定可能)

SBS Premium Card(DPB)の年会費は、限度額に応じて変わります。

  • 限度額10万円:年会費35,000円
  • 限度額20~90万円:年会費40,000円
  • 限度額100~190万円:年会費50,000円

限度額は保証金の範囲内で10万円単位で設定することができますが、限度額を高く設定すると年会費も比例して高くなってしまうという点は抑えておきたいところです。

また、年会費は最低額でも35,000円と高めに設定されているので、コスパが気になる方はこのページの後半で紹介している優待サービス一覧も合わせて検討してみてください。

非常に多くの優待サービスが付帯しているので、それらをフル活用すれば年会費の元は十分に回収できます。

クレジットカードを作れない社長の強い味方

SBS Premium Card(DPB)は諸事情でクレジットカードが作れない場合に代替手段として有力で、そうした方におすすめしたい法人カードです。

  • デビットカード:自由に引落口座を選べない
  • プリペイドカード:都度チャージが必要

法人カードを持てない場合はデビットカードプリペイドカードが候補となりますが、それぞれにはデメリットがあります。

デメリットを考慮すると「やっぱりクレジットカードを持っておきたい・・・」となることがあり、その状況でSBS Premium Card(DPB)は最適です。

SBS Premium Card(DPB)はデポジット型で(実質的にはクレジット審査が不要)と想定されるので、他の法人カード審査に落ちたとしても合格できる可能性が大いにあります。

妥協してデビットカードやプリペイドカードを検討しているなら、その前にSBS Premium Card(DPB)へ申し込んでみてはいかがでしょうか?

SBS Premium Card(DPB)SBSデポジットカード:公式サイト

SBS Premium Card(DPB)のメリット

SBS Premium Card(DPB)のメリットは、主に以下のような内容があります。

  • カード会社に貸し倒れリスクが無いため審査がゆるい
  • デポジットを上げれば限度額が上がる
  • スムーズな支払い手段
  • 経費処理の簡易化
  • プリペイドカードのような都度のチャージは不要
  • ポイント還元率は0.5%
  • 優待サービスが多い

一番のメリットは「カード会社に貸し倒れリスクが無いため審査がゆるいであろう」という点で、審査が不安な方にとっては救いとなります。

もちろん、審査基準は非公表なので断言はできませんが、もし審査が厳しいのであればデポジット型である必要性はとくにないように感じます。

その他、スペックで注目しておきたいのは「ポイント還元」と「優待サービス」です。

国際ブランドはMastercardなので使い勝手も◎

SBS Premium Card(DPB)はMastercardなので、海外でも実用性が高いです。

  • 海外旅行保険:最高2,000万円
  • 国内旅行保険:最高1,000万円

上記の内容で旅行保険をカバーすることもできます。

空港ラウンジやプライオリティパスは付いていないので、この点は年会費からして少し残念でしょうか。

ETCカードも年会費無料で利用可能

SBS Premium Card(DPB)はETCカードを追加することができ、ETCカードの年会費は無料です。

  • 年会費:無料
  • 発行枚数:1枚
  • 発行手数料:無料

発行枚数は1枚までとなっており、これはSBS Premium Card(DPB)は社員用追加カードがないので本会員用に1枚だけを発行できるという仕様です。

ポイントは0.5%の還元率で貯められる

SBS Premium Card(DPB)はライフカードのLIFEサンクスプレゼントが搭載されており、ポイント還元率は0.5%です。

  • キャッシュバック(4.55%)
  • Vプリカギフト(0.5%)
  • 三光マーケティングフーズお食事券(0.7%)
  • ANAマイル移行(0.25%)
  • 楽天ポイント移行(0.5%)など

1,000円毎に1PTが付与され、1PTの価値は交換商品によって異なることから交換先によってやや還元率も変わります。

ライフカードは「ステージ制プログラム」や「L-Mall」などポイントUPがありますが、ライフカードに問い合わせたところSBS Premium Card(DPB)はすべてのポイントUPは対象外との回答。

そのため、ポイント還元率は交換先によってやや増減するだけで、約0.5%が目安となります。

法人カードはポイント還元がないカードも多いので、0.5%の還元率でもポイントを貯められるのは強みです。

優待サービスが非常に多い

SBS Premium Card(DPB)のスペック的な最大のメリットは優待サービスの豊富さです。

  • コスト削減サービス:成果報酬手数料50%を20%割引
  • 航空券割引サービス:国内の旅行券が最大30%割引
  • 経理アシスタントサービス:経費精算書や決算書の作成10%割引
  • 助成金申請代行サービス:成果手数料最大6%割引
  • 専門家業務依頼サービス:サービス利用時5,000円キャッシュバック

などなど…

※ページ後半で一覧紹介しています。

SBS Premium Card(DPB)の独自特典として多くの優待サービスが付帯されており、全体的に実用性が高い特典が多いです。

たとえば、海外出張で「航空券割引サービス」を使い、経理業務で「経理アシスタントサービス」を使うなど、さまざまなビジネスシーンに対応できるように特典が揃えられています。

また、これらの特典に加えてMastercard特典も利用できるため、優待特典の総ボリュームはなかなかのものです。

MasterCardダイニング by 招待日和・ビジネスアシストの徹底解説!特典の実用性・付帯カードについて解説!「接待日和」とも呼ばれてる?
「招待日和」や「経費Bank」「プライオリティパスの割引」など様々な特典のあるMasterCardの法人向け特典の利用条件、店舗、注意点、使い方、コスパなどを徹底解説!
SBS Premium Card(DPB)SBSデポジットカード:公式サイト

SBS Premium Card(DPB)のデメリット

SBS Premium Card(DPB)のデメリットは、主に以下のような内容があります。

  • 先出しでデポジットが必要
  • 社員用追加カードを発行できない
  • 空港ラウンジがない
  • 年会費がやや高い

カードを持つためにデポジットを用意しなければなりませんが、保証金は退会時に返還されるのでデメリットというほどネガティブなものでもありません。

他カードと比較した場合、「社員用追加カードを発行できない」・「空港ラウンジがない」・「年会費がやや高い」の3つがデメリットに感じやすいです。

社員用追加カードを発行できない

SBS Premium Card(DPB)は、社員用に追加カードを発行できません。

本カードのみとなっているので従業員に法人カードを持たせたい場合は不向きです。

法人カードの従業員(社員)用の追加カード解説と、おすすめ親カードの選び方・家族カードとの違い
法人カードの、従業員用追加カード・家族カードやパートナーカードについて徹底解説!用途別・コスパ別のオススメカードや、不正利用を防ぐ社内規定についてもまとめてみました。

空港ラウンジを無料利用できない

法人ゴールドカードの多くは、空港ラウンジが付いています。

空港ラウンジが付いていると対象空港のラウンジを無料利用できるのでお得です。

SBS Premium Card(DPB)は「ゴールドカード」+「年会費が高い」というスペックでありながらも空港ラウンジが付いていないので、ゴールドカードは空港ラウンジ付帯が常識という感覚の方は余計に残念に思うかもしれません。

空港ラウンジの料金は1,000~2,000円といった相場なので、逆に「空港ラウンジあり」+「優待サービスなし」といったスペックのカードと比較すると使い方によってはSBS Premium Card(DPB)のほうがお得です。航空券割引等のフライト系も充実しているので、それらの特典で空港ラウンジ分をカバーしましょう。

年会費が高いので、審査に自信があるなら他カードのほうがコスパがいい

SBS Premium Card(DPB)の年会費は限度額に応じて35,000円・40,000円・50,000円です。

  • 限度額10万円:年会費35,000円
  • 限度額20~90万円:年会費40,000円
  • 限度額100~190万円:年会費50,000円

この年会費は法人カード全体で見てもプラチナクラスなので、審査に自信があるならプラチナカードへ申し込むほうがいいかもしれません。

とくに「1.0%以上の高還元率」や「プライオリティパス」にこだわるなら、これらのスペックはSBS Premium Card(DPB)にはないのでプラチナカードを選ぶほうが希望が叶います。

法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)Black Cardの所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック
特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!
アメックスの法人カード徹底比較!おすすめの1枚やビジネスカードとコーポレートカードの違いまで紹介
ステータスの高さが魅力のアメックス法人カード!個人事業主でも大丈夫?限度額、追加カード、ETCカード、空港ラウンジの利用可否、付帯保険、コンシェルジュの有無、他カードと比較しながら徹底解説!

結論、審査合格を重視する方におすすめな法人カード!

SBS Premium Card(DPB)は、以下のような方におすすめです。

  • 審査に自信がない
  • それでも、代案としてデビットカードやプリペイドカードは嫌
  • やはり法人カードを持っておきたい
  • 高額限度額を持ちたい
  • 優待サービスをフル活用してコスト削減に繋げたい

簡単にまとめると、「審査に合格しやすい」+「ポイント還元0.5%」+「優待サービスが多い」というカードであり、単に作りやすいだけのカードではないところが魅力です。

最大のネックとなるのは高額年会費ですが、法人カードは年会費を全額経費にできます。

黒字経営で経費を増やして税金を抑えたい状況なら、年会費が高いことは逆にメリットになりますよ。

法人カードの年会費は一括経費(損金算入)!消費税も含めた勘定科目や、ちょっと背伸びして高級カードを持つべき理由まで。
【確定申告】個人事業主・法人設立初期で迷いがちな法人カードの年会費。勘定科目は支払手数料 or 諸会費?消費税は課税対象?全額経費にできる法人カードだから、背伸びして持てるおすすめプラチナカードも紹介!

プリペイドカードやデビットカードでおすすめは?

「社員用追加カードを発行できない」などのデメリットを勘案して、やっぱりデビットカードやプリペイドカードを検討しようという方もおられると思います。

  • デビットカード:GMOあおぞらネット銀行
  • プリペイドカード:ペイルド

それぞれは上記がおすすめです。

GMOあおぞらネット銀行の法人デビットカードは「ポイント還元率1.0%」や「追加カード最大20枚」などスペックに優れており、さらに他銀行に比べて振込等の手数料が安いです。

ペイルドは「VISAブランド」や「追加カード無限発行」などこちらもスペックが優秀で、即日発行も可能なことから今すぐカードが欲しいという状況で最適です。

どちらも審査がないので確実にキャッシュレス手段を手に入れることができますよ。

GMOあおぞらネット銀行法人口座&Visaデビットは、法人設立直後にオススメのネットバンク・最強デビットカード!?多くのメリットをまとめました。
【徹底検証】振込手数料や、口座維持手数料が抑えられておすすめのGMOあおぞらネット銀行。他行と比較して徹底検証!申し込み方法や必要書類、デビットカードのポイント還元率、年会費、限度額、個人事業主など解説。
paild(ペイルド)は法人VISAカードを何枚でも審査無し、すぐ発行できる!事前登録受付中・サービスインが待ち遠しい...
【徹底解説】paild(ペイルド)はオンライン完結、発行枚数上限無し、代表者のクレヒスに傷があっても検討可、利用上限の管理が簡単、これまでの法人カードの問題点を解決した画期的なサービス!詳細を今すぐチェック!

SBS Premium Card(DPB)の優待サービス一覧

SBS Premium Card(DPB)

 優待サービス
専門家業務依頼サービスサービス利用時5,000円キャッシュバック
海外Wi-Fiレンタルサービスご利用料金20%割引
宿泊予約割引サービス団体宿泊8%割引
個人宿泊 初回5,000円割引
国内・海外旅行割引サービス海外旅行最大8%割引
国内旅行最大5%割引
助成金申請代行サービス成果手数料最大6%割引
求人無料掲載サービス求人掲載完全無料
エン転職へのスカウトメール通常10通を20通で提供
コスト削減サービス成果報酬手数料50%を20%割引
補助金申請代行サービス申請時着手金10%割引
採用ホームページ制作サービス採用ホームページ作成 通常5万円が2万円で提供
贈答花割引サービス贈答花のご注文全品5%割引
経理アシスタントサービス経費精算書や決算書の作成10%割引
iPhone・Pixel修理代金割引サービス各種修理代金1,000円割引
航空券割引サービス国内の旅行券が最大30%割引
就業規則・36協定就業規則・36協定の作成費用20%割引

SBS Premium Card(DPB)は、上記のように多くの優待サービスが付いています。

「助成金申請代行サービス」「補助金申請サービス」など創業時にうれしい付帯サービスもあるので、法人設立初年度に法人カードを検討している方にもおすすめです。

サービスによっては元の料金が高いため、割引率以上にお得な優待サービスも多いです。

コスト削減サービス

コスト削減サービスは「株式会社アクトプロ」の提供で、こちらはコスト適正化やコールセンターなどさまざまなビジネスサポートを行っている会社です。

通常成果報酬手数料50%を20%割引で利用できます。

補助金申請代行サービス

補助金申請代行サービスは「株式会社ヒューマンネット・コンサルティング」の提供で、こちらは人材コンサルティングや起業家向け創業支援などを行っている会社です。

申請時の着手金10%割引でサービスを利用できます。

助成金申請代行サービス

助成金申請代行サービスは「日本社会保険労務士法人」の提供で、こちらは助成金申請や労働社会保険の各種手続きなどを行っている会社です。

成果報酬手数料から最大6%割引でサービスを利用できます。

求人無料掲載サービス

求人無料掲載サービスは「エン・ジャパン株式会社」の提供で、こちらは人材紹介や人事コンサルティングなどを行っている会社です。

「engage」という採用支援ツールを「採用サイト制作からIndeedへの自動掲載」・「スカウトメール」・「その他、応募者管理」まですべて完全無料で、さらにスカウト機能も10通プラスで利用できます。

専門業務依頼サービス

専門業務依頼サービスは「株式会社ココペリ」の提供で、さまざまな専門業務を行っている会社です。

弁護士と司法書士と社労士を除き、依頼完了後に5,000円のキャッシュバックを受けられます。

海外Wi-Fiルーターレンタルサービス

海外Wi-Fiルーターレンタルサービスは「株式会社ビジョン」の提供で、こちらはグローバルWi-Fiや情報通信サービスなどを行っている会社です。

パケット定額制のグローバルWi-Fiを20%割引で利用できます。

国内・海外旅行割引サービス

国内・海外旅行割引サービスは「株式会社リロクラブ」の提供で、こちらは福利厚生代行サービスや特典代行サービスなどを行っている会社です。

海外旅行は最大8%割引、国内旅行は最大5%割引で利用できます。

宿泊予約割引サービス

宿泊予約割引サービスは「株式会社Loco Partners」の提供で、こちらはホテルや旅館の宿泊サービス「Relux」を運営している会社です。

団体宿泊は8%OFF、個人宿泊は初回予約5,000円割引、2回目以降は5%割引で利用できます。

航空券割引サービス

航空券割引サービスは「株式会社エボラブルアジア」の提供で、こちらはITオフショア開発やオンライン旅行などを行っている会社です。

国内航空券を最大30%割引で利用できます。

採用ホームページ制作サービス

採用ホームページ制作サービスは「株式会社ビズリーチ」の提供で、こちらはインターネットを活用した幅広い事業を行っている会社です。

求人採用ホームページの代行作成を通常5万円のところを2万円で利用できます。

贈答花割引サービス

贈答花割引サービスは「アディッドバリュー株式会社」の提供で、こちらは「okurimono-おくりもの-」や「プレゼントボックス」を運営している会社です。

okurimono-おくりもの-」に掲載している贈答花を全品5%割引で購入できます。 

経理アシスタントサービス

経理アシスタントサービスは「メリービズ株式会社」の提供で、こちらは経理アシスタントサービスをを行っている会社です。

経理アシスタントサービスを10%割引で利用できます。

iPhone・Pixel修理代金割引サービス

iPhone・Pixel修理代金割引サービスは「iCracked Japan株式会社」の提供で、こちらはもモバイル端末の修理や買取などを行っている会社です。

iPhoneとPixelの各種修理を1,000円割引で利用できます。

まとめ

SBS Premium Card(DPB)はデポジット型という珍しい仕様になっており、審査合格への期待値が高いです。

  • SBS Premium Card(DPB)はデポジット型
  • デポジット型なので審査に合格しやすい
  • デポジット額に応じて限度額を簡単に引き上げられる
  • スペックもポイント還元や旅行保険など魅力的
  • とくに優待サービスが凄い

スペックもポイント還元や優待サービスなど充実しており、実用性もしっかり兼ね備えている救いの1枚です。

SBS Premium Card(DPB)SBSデポジットカード:公式サイト

▼詳細スペック

SBS Premium Card(DPB)
SBS Premium Card(DPB)
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格法人代表者または個人事業主。日本国内にお住いの20歳以上70歳未満で電話連絡が可能な方。
発行スピード2週間程度
年会費初年度35,000円(税別)
2年目以降35,000円(税別)

■年会費優遇条件
ショッピング利用可能額により変動
・利用可能額10万円:35,000円
・利用可能額20万~90万円:40,000円
・利用可能額100万円~190万円:50,000円

ポイント・還元率基本0.50%
上限1.00%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)利用金額1000円ごとに1ポイント付与、1,000ポイントでJCBギフト券5,000円分に交換した場合1ポイント=5円
(上限還元率)ポイントをAOYAMAギフトカードセットに交換した場合1ポイント=10円

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル-
ANAマイル1:2.5マイル
Amazon1:5円
キャッシュバック or 請求充当1,200ポイント交換時1:4.17円 2,200ポイント交換時1:4.55円 4,300ポイント交換時1:4.65円 6,400ポイント交換時1:4.69円 10,600ポイント交換時1:4.72円
追加カード・ETCカード
追加カード
×
発行可能枚数-
発行費用/枚-円
年会費/枚-円
ETCカード
発行可能枚数1
発行費用/枚0円
年会費/枚0円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円※
救援者費用200万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
※免責金額1事故3,000円

国内旅行保険
付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1,000万円
入院日額-
手術費用-
通院日額-
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険×
その他保険シートベルト傷害保険(国内):200万円
国際ブランドMastercard
支払いサイクル締め日毎月5日
支払い日翌月26日、27日、28日、翌々月3日
入会特典

-

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

「審査落ち回避用のカード」として、クレジットヒストリーに不安がある方・他のカードの審査に何度も落ちている方の駆け込み寺的法人カード。

カードのメリット(強み)
・付帯サービスが多彩
・審査に不安がある方でも申込可能な仕組みの法人カード
・最大支払いサイトが長い

カードのデメリット(弱み)
・追加カードは発行不可能
・カード発行時に20万円の保証金が必要
・他の法人カードと比較してお得度は劣る

デビット/プリペイドカード法人カードの券種紹介

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

(上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました