あらゆる外注業務・アウトソーシング・業務効率化系のおすすめサービスまとめ【スタートアップ・中小企業は攻略すべし】

法人*スマート&シンプルな経営のコツ

アウトソーシングのススメ

この記事では、「アウトソーシング」つまり外注についての解説・おすすめサービスを紹介していきます。

なかなか使う機会がない・初めてちゃんとアウトソーシングと向き合っていきたい。という方は…

まず下記の3つをおさえておけばOKです。

  • クラウドソーシング(クラウドワーカー)
  • オンラインアシスタント
  • 法人クレジットカードのコンシェルジュサービス

極端な例ですが「ロケット開発」のように超専門的な業務でない限りは、大抵の業務はアウトソーシングでカバーできます。

最初にアウトソーシングの概要をさらっとおさらいしておきましょう。

アウトソーシングする理由

新しいビジネスをはじめる際など、雇用ではなくアウトソーシングを活用するほうがコストを抑えながらも業務効率化を実現しやすいケースがあります。

一般的にアウトソーシングは「リソース不足」「詳しい人がいない」を理由に検討する企業が多く、短期プロジェクトを立ち上げる際に利用するのは代表的な活用例です。

アウトソーシングはとくに明確な定義があるわけではなく、外部に発注すること全般の総称です。

理由①:リソースや時間が足りない

アウトソーシングを活用しない場合、人手が足りなければ雇用を検討しなければなりませんし、時間もかかります。

  • 人が足りない
  • 数名体制の会社では採用が間に合わない
  • 人材雇用で固定費増を避けたい
  • 教育に時間やリソースを割かずスピード感を持って仕事をはじめたい

その点、アウトソーシングは業務や作業を外部に発注するため、今すぐ新規プロジェクトをスタートさせることも可能です。

とくにプロジェクトごとに区切りをつけるようなビジネスの場合は、アウトソーシングを検討しやすいです。

理由②:詳しい人がいない(特に専門性が高い分野)

専門的なスキルや知識が必要な場合もアウトソーシングを利用する1つの理由です。

  • 社内にWeb担当者がいない
  • 弁護士に法務を依頼
  • 税理士に経理業務を依頼、など

上記のような依頼もアウトソーシングだと言えますが、専門資格が必要ない業務でも世間には各分野にプロフェッショナルが存在します。

そうしたスキルの高い人材を雇用することなく利用できるのがアウトソーシングの魅力です。

アウトソーシングすべきでないケース

アウトソーシングすべきでないケースは自社完結できる業務や自社完結すべき業務です。

外部発注すると時間が浮くことから業務効率化に繋がることは間違いありませんがそこにメリットがあるのかどうかはコストも含めてしっかり考えておきたいところです。

ケース①:会社の存続に関わるような致命的な領域の仕事

何でもかんでもアウトソーシングするという企業はないと思いますが、会社の存続に関わるような致命的な領域の仕事は自社完結しましょう。

  • アウトソーシングは品質をコントロールしずらい
  • 委託先企業のチーム体制変更などで一気に品質が悪化してしまうケースがある

実際にアウトソーシングを利用するときは、依頼先を決めるのに悩むと思います

同じようなビジネスサービスでも、依頼先によって料金が違えば品質も異なるからです。

ここはしっかり時間を割いて、納得できる依頼先を見つけることが大切です。

ケース②:技術や研究開発に関わる機密性の高い情報を扱う仕事

アウトソーシングは業務的に社内情報を発注先と共有しなければならないケースがよくあります。

  • 委託先企業が競合企業に情報を漏らす可能性がある
  • 完全に利害が一致している訳では無い

共有サービスを勝手に使われたり社内情報を外部に漏らされるなど、こうしたトラブルは裁判で解決すると考えれば過度な心配は必要ありません。

しかし、痕跡が残らないような隠密行為をされると泣き寝入りなので発注先の信頼性はしっかり考慮しておきたいポイントです。

クラウドワーカーのように非対面ビジネスの場合は、とくに必要最低限の情報だけを共有するのが基本です。これは受注側にとっても、あれこれ重要情報を与えられても管理を含めて責任を取れないことから困るケースが多いでしょう。

外注化のお試しに:「クラウドソーシング」でクラウドワーカーに仕事を依頼してみる

クラウドソーシングとは、クラウド(ネット)を通してさまざまな人へ仕事を依頼することです。

クラウドソーシングで稼ぐ人のことを「クラウドワーカー」といいます。

また、クラウドワーカーと似たような言葉に「フリーランス」がありますが、これはフリーターや個人事業主など法人以外に該当する方の総称です。

何ができる?

クラウドワーカーでは何を依頼できるのかは、クラウドワーカーのスキル次第です。

  • データ入力
  • ロゴ制作
  • バナー制作
  • 写真加工
  • デザイン
  • 動画編集
  • Webデザイン/コーディング
  • コンサルティング
  • Webエンジニアリング
  • 開発
  • ライティング、など

主に上記のような仕事がメジャーですが、これといって範囲が決まっているわけではありません。

基本的にクラウドワーカーへ依頼するときは「クラウドワークス」や「ランサーズ」などの仲介業者を利用するのがセオリーなので、それらの業者が定めたルールとして依頼できない仕事もあるというのが業務範囲になります。

クラウドワーカーのほとんどは対面することなくビジネス関係を結ぶため、仲介業者は双方にとって非常に重要な役割を担っています。仲介業者がなければトラブル多発でクラウドワーカーというアウトソーシングは今ほど定着していないでしょう。

メリット

クラウドワーカーは早期人材確保と低コストを実現できるのが大きなメリットです。

  • 雇用契約書など不要で気軽に短期間の仕事を頼むことができる
  • 単価が安いことが多い

基本的に仲介業者を利用してクラウドワーカーと仕事をするため、業務委託等の契約書は不要です。

「仲介業者に登録」→「クラウドワーカーを検索」→「メールで連絡」→「条件交渉」、主にこの4ステップで仕事をスタートできます。

料金に関しては何を基準に判断するのかにもよりますが、雇用やオンラインアシスタント等のビジネスサービスなどに比べると安いケースが多いです。

クラウドワーカーは同じ業務や作業内容でも、人によって料金に大きな差があります。安く依頼しようと思えばいくらでも安くできますが、どのような業務でも必ず時間がかかるため、最低でも時給計算から最低賃金を補償できるような設定にしておくほうが質を担保しやすいです。

デメリット

クラウドワーカーの最大のデメリットは、希望条件にマッチする人材を見つけるのが大変なことです。

  • 求人募集のような形で案件を募集しないといけない
  • 委託したら必ず始められる訳では無い
  • クラウドワーカーは玉石混交。質が低いこともあり優秀でフィットする人に巡り合うための努力が必要
  • ディレクション(指示ややり取り)の工数が掛かる
  • 仲介業者のシステム手数料が高い

人材自体は仲介業者のもとでリサーチすれば山ほど見つかります。

しかし、クラウドワーカーのプロフィールで実績等を見たところで、実際に仕事をしてみなければ分からない点が非常に多いのが難しい点です。

とくに最初の条件交渉は非常に重要なので、仕事内容の説明も含めてコミュニケーションに時間を割くほうがいいでしょう。

また、仲介業者を利用する場合、「クラウドワーカーへ支払う報酬」+「仲介業者のシステム手数料」が発生するため、事前にシステム手数料がいくらなのかを確認しておくことも大切です。

クラウドワーカーは慣れの部分が大きいです。はじめて依頼するときは慎重スタンスで何かと時間がかかるケースが多いですが、慣れるとメリットを活かすのが上手くなります。
「自社と相性の良いワーカーさん」を見つけるのにはコツが必要で、少し時間がかかるため最初は同じ業務を複数の方に依頼してみるなど工夫してみるといいでしょう^^

「クラウドソーシング」おすすめサービス

クラウドワーカーのおすすめサービスは、国内では以下の2社が圧倒的に知名度があり、多くの登録者さんを抱えています。

どちらも業界屈指の大手ですが、クラウドワークスはライティング業務で誹謗中傷の問題がニュースで報道されるなど、ルール徹底に関してランサーズに劣っている印象です。

システムや対応業務などは、どちらも大差はありません。

ランサーズの方がサービスのスタートが早かったこともあり、相場・お仕事の質ともに高いイメージがあります。

クラウドワーカーの仲介業者は業務別では多くの業者がありますが、業務を問わずにさまざまなクラウドワーカーが在籍している大手業者は非常に少ない現状です。

クラウドワークス

公式サイト:クラウドワークス

クラウドワークスは対応ジャンルが非常に多いので、それに応じてクラウドワーカーの在籍数も多いです。

  • 20万円越えの部分:報酬額の5%
  • 10万円超20万円以下の部分:報酬額の10%
  • 10万円以下の部分:報酬額の20%
  • タスク形式の場合:報酬額の20%

システム手数料は上記のようになっており、クラウドワーカーへ支払う報酬が高額になるほど安くなります。

タスク形式というのはクラウドワークスのサイト内で作業を完結して納品できるシステムのことで、クラウドワーカーと細かく打ち合わせや商談をしなくても簡単に依頼できる仕組みです。

ランサーズ

公式サイト:ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスとシステム手数料は同額です。

  • 20万円越えの部分:報酬額の5%
  • 10万円超20万円以下の部分:報酬額の10%
  • 10万円以下の部分:報酬額の20%

対応業務に関してもクラウドワークスと差がないため、どちらにするのかは好みの世界といった感じです。

ちょっとした依頼も逃したくないというクラウドワーカーは両社に登録している方が多いため、クラウドワーカーの見つけやすさもそこまで変わらないと思います。

オンラインアシスタントを使ってみる

オンラインアシスタントとは、スケジュール調整やリサーチなどさまざまな業務を代行してくれるサービスです。

作業内容は簡単でも資料作成のように時間がかかる業務は結構多いですよね。

そうした業務をオンラインアシスタントに代行してもらうことで、他の業務に手を回しやすくなります。

何ができる?

オンラインアシスタントは、主に以下のような業務に対応している業者が多いです。

  • 秘書
  • 人事
  • 経理
  • Webサイト運用
  • 営業サポート

対応してくれる業務については業者によって異なるので何よりも各社のサービス内容をしっかり確認しておきたいところです。

業務によってはクラウドソーシングでクラウドワーカーを利用するほうがコストが安いですが、質のむらがあることを考慮するとオンラインアシスタントのほうが安定しているケースが多いでしょう。

頻繁に出張や会食を行う場合、ホテルやレストランなどの予約手配を任せると便利です。しかし、これは後半に紹介している法人クレジットカードのコンシェルジュサービスを利用するほうが無料なので比較にならないほどお得です。

メリット

基本的にオンラインアシスタントは各業務のプロを用意しているので、安心して任せやすいのがメリットです。

  • 特に創業期などで採用が間に合っていないタイミングでコア業務に集中できる
  • 採用して固定費を増やすリスクを取ること無く外注することができる
  • クラウドソーシングと違ってチーム体制やアサインメンバーの調整などはオンラインアシスタント会社側でやってくれる
  • クラウドソーシングよりも仲介にオンラインアシスタント会社が入っている分、質は担保されている

クラウドソーシングはフリーランスの個人へ直接依頼するケースが多いですが、オンラインアシスタントは法人同士という点に安心を感じやすいでしょう。

とくに社内情報を共有しなければならない場合は高い信頼性が問われるためフリーランス個人へ依頼するケースに比べてオンラインアシスタントのほうが選びやすいです。

デメリット

一方、デメリットはクラウドソーシングに比べて料金が高いことです。

  • 仕事の単価は、クラウドソーシングと比べて高め

料金に関しても対応業務と同様に業者によってさまざまですが、社員1人あたりの月給とほとんど変わらないこともあります。

とくに実働時間を時給で計算すると高いと感じるケースが多いです。

そのため、クラウドソーシングと同じで「短期的に人材を増やしたい」・「各業務の専門家がいない」といった場合に利用する企業が多いでしょうか。

各業務に関して、どこまでの範囲(作業)をしてくれるのかは事前情報で把握しずらいです。電話等でしっかり確認しておきましょう。ポイントとしては、実際にやってもらいたい業務を細かく決めておき、それを伝えて対応可能かどうかを確認するのがおすすめです。
オンラインアシスタントは時間で料金が決まっている業者が多いので、資料作成やデータ入力など納品という形で依頼できる内容についてはクラウドワーカーのほうが安いです。クラウドワーカーも人によって金額設定はさまざまですが、時間で決めるのはお互いに不透明に感じる部分が大きいことから完成の線引きが明確な作業内容をいくらという形で受注している方が多いです。

おすすめサービス

オンラインアシスタントは、以下の2社をピックアップして紹介しておきます。

  • CASTER BIZ
  • HELP YOU

それぞれを見てみましょう。

CASTER BIZ

公式サイト:CASTER BIZ

CASTER BIZは人事や経理など豊富な業務に対応してくれます。

  • 3ヶ月プラン:120,000円/月
  • 6ヶ月プラン:108,000/月
  • 12ヶ月プラン:96,000円/月
  • カスタムプラン:要相談

料金は上記のようになっており「実働時間・30時間/月」・「稼働時間・平日9:00時~17:00時」は各プラン共通です。

これに加えて土日対応等のオプション料金が別途かかります。

カスタムプランの料金は相談次第となっています。

HELP YOU

公式サイト:HELP YOU

HELP YOUも経理や総務など豊富な業務に対応してくれます。

  • 30時間以上:100,000円/月
  • 45時間以上:150,000円/月
  • 100時間以上:要見積り
  • オプション:200,000円~

こちらは上記のように時間で料金が決まっています。

オプションは「導入コンシェルジュ」というHELP YOUの活用方法をレクチャーしてくれるサービスのことで、アウトソーシングとしてHELP YOUをどう活用すべきかわからない企業におすすめです。

ただし、内容からして料金が少々高い気もします。

法人クレジットカードのコンシェルジュサービスを活用してみる

法人クレジットカードは「コンシェルジュサービス」というアシスタントサービスが付いているカードがあります。

これを活用すると、レストランやホテルを探して予約したい時、コンシェルジュに電話をかけるだけですべてを手配してくれるので非常に便利です。

しかも、コンシェルジュサービスは無料で利用できるのでコンシェルジュサービスでカバーできる内容をクラウドワーカーやオンラインアシスタントへ依頼するのは損です。

法人カード特典、コンシェルジュの使い方・依頼内容のアイデア・おすすめカードは?
クレジットカードのコンシェルジュ基礎知識 出張や接待などで予約を取ることが多い企業は、法人カードを選ぶ際に「コンシェルジュサービス」に注目してみましょう。 コンシェルジュサービスは24時間365日体制で、ホテルやレストランなどさまざ...

何ができる?

法人クレジットカードのコンシェルジュサービスは、主に以下のような依頼ができます。

  • 会食のレストラン選び
  • 予約
  • ホテルや航空券の手配
  • 商談スペースや会議室の予約
  • 誕生日や開店祝いなどの贈り物の手配

使い方はコンシェルジュに電話をかけて希望を伝えるだけです。

ラグジュアリーカード法人のように一部のカードはメールからでも依頼可能ですが、電話依頼が基本という認識でOKです。

必ず依頼しなければならないわけではなく、いいお店を探したい場合などに情報収集として活用することも可能です。

メリット

コンシェルジュサービスを活用すると、自分でレストランやホテルを手配する手間を省略できるのがメリットです。

  • 実はかなり色々なことが相談ができる
  • スムーズな支払手段、キャッシュフロー改善など従来の法人クレジットカードのメリットも受け取れる
  • クレジットカードの付帯サービスなので料金が実質そんなにかからない(年会費数万~数十万円)

コンシェルジュサービスは法人クレジットカードに付帯しているさまざまな特典の一部なので旅行保険や優待特典などその他のサービスも合わせて考えるとメリットはかなり大きいです。

コンシェルジュサービスは、プラチナ以上の法人クレジットカードに付帯しています。プラチナカードは一般カードやゴールドカードに比べて特典ボリュームが多く、付帯特典をフル活用すると経費削減効果はとても大きいです。

デメリット

コンシェルジュサービスは無料なのでとくにデメリットはありませんがコンシェルジュサービスだけを利用したいという状況でもプラチナカードを作らなければならないので、これは人によってデメリットかもしれません。

  • プラチナレベルの法人カードなので年会費は他のカードと比べて多少高い

プラチナカードは一般カードやゴールドカードに比べて年会費が少々高いです。

しかし、法人カードはカードランクに関係なく年会費を全額経費にできるため、実はかなりお得なアイテムです。

とくに利益が上がっている状況で経費を増やしたい企業にとっては最適です。

プラチナカードの年会費は月割で考えると、付帯特典のメリットも加味してコスパは優秀です。年会費20,000円なら月々1,666円、年会費50,000円なら月々4,166円。
法人カードの年会費は一括経費(全額損金算入)!年会費無料カードではなく、背伸びして高級カードを持つべき理由もお伝えします。
法人カード「年会費」の仕訳、勘定科目は?消費税は? はじめての法人カードでは、「法人カードの年会費は経費になるのか?」という疑問がよく持たれます。 法人カードの年会費は全額損金算入、つまり経費として計上することが可能です。 そ...

おすすめサービス

コンシェルジュサービスが付帯している法人クレジットカードは、以下の2枚がおすすめです。

  • セゾンプラチナ法人カード
  • ラグジュアリーカード法人ブラック

どちらもコンシェルジュサービスの内容は同じですが、スペック全体で見るとポイントプログラムに大きな違いがあります。

セゾンプラチナ法人カード

セゾンプラチナ法人カードのコンシェルジュサービスは、24時間365日いつでも対応してくれます。

ホテルやレストランの予約はもちろん、飛行機のチケットもスケジュールに合わせて手配してくれますよ。

セゾンプラチナ法人カードはJALマイル還元率が最低1.25%と高いため、JALマイルを貯めたい方におすすめです。

プラチナ法人カード最強!?初年度年会費無料のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています。 そんな「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」ですが、人気の選...
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降20,000円(税別)
ポイント・還元率基本1.125%
上限1.375%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドAMEX
入会特典

・初年度年会費0円(本会員も・家族カードも無料)
・永久不滅ポイント最大1,800ポイント(9,000円相当*)をプレゼント ※1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合。

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

JALマイルが最高ランクの高還元率・プラチナランクの特典も全部込みで年会費2万円。プライオリティパスつき、最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。

ラグジュアリーカード法人ブラック

ラグジュアリーカードブラック

ラグジュアリーカード法人ブラックも24時間体制のコンシェルジュサービスが付帯しています。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスはメールでも依頼できるのでホテル等の手配を依頼する頻度が高い方はこちらのほうが便利です。

ポイントプログラムはAmazonギフト券などさまざまな商品に交換できるポイントが搭載されており、「チタン1.0%」・「ブラック1.25%」・「ゴールド1.5%」と各カードランクともに高還元率です。

法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)チタン・ブラックを所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
アメリカン・エキスプレス・カードに先立ち、2016年より金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイスとともに日本上陸したラグジュアリーカード。 高級感だけでなく、独特な特典、還元率の高さは魅力的。法人代表者が法人カードとして所有する...
ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
年会費・還元率
年会費初年度100,000円(税別)
2年目以降100,000円(税別)
ポイント・還元率基本1.25%
上限1.25%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドMaster
入会特典

ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

その他のキャンペーン情報

同上

編集部レビュー

インビテーション無しで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚。メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。還元率も常設1.25%あり、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。

まとめ

新しいビジネスをスタートするときなど、自社だけで対応できないときはアウトソーシングを活用してみましょう。

  • スピーディーに人材確保できる
  • 各専門分野に強い人材を揃えやすい
  • 人材雇用に比べてコストを削減しやすい

今は本当に多くのアウトソーシングがあるので、利用したいサービスを絞りながら比較検討してみてくださいね。

法人*スマート&シンプルな経営のコツ

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

年会費は初年度無料のキャンペーン中。当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへ
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました