法人カード申込書(入力画面)の書き方!勤務先などフリーランス・自営業で迷う点について徹底解説

クレジットカードの基礎知識

書き方のわからない項目がある・・・

法人カードへ申し込むとき、項目によっては書き方に迷うことがありますね。

  • 会社所在地と代表者住所
  • 役職
  • 職業欄
  • 年商や経営利益
  • 口座名義

基本的に法人カードの記入項目は個人カードの場合とほとんど同じですが「会社の住所」や「役職」など会社関連の情報を細かく記入しなければならない時に迷うことが多いです。

法人カード申し込みの必要書類

最初に法人カードへ申し込む際の必要書類を抑えておきましょう。

法人カードも個人カードと同様で「本人確認書類」だけで申し込めるカードが多いです。

しかし、中には「登記簿謄本」や「決算書」など法人関連書類が必要なこともあります。

基本書類

法人関連書類も必要となる場合、以下の4セットを基本書類として抑えておきましょう。

  • 申込書
  • 法人確認書類(商業登記簿謄本、登記事項証明書)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 銀行振替依頼書

事前準備が必要なのは「法人確認書類」で、こちらは登記を完了しておかなければ「登記事項証明書」などを取得できません。

すでに法人成りしている場合は問題ありませんが、個人事業主やフリーランスの方は先に法人化して登記を完了する必要があります。

ただし、法人カードは個人事業主やフリーランスの方が対象となっているカードが多いので、申し込もうと思ったカードで法人書類が必要な場合は「本人確認書類」だけで申し込めるカードを検討してみてください。

このページの下段でおすすめのカードを紹介しています。

また、以下の記事では「本人確認書類」や「法人確認書類」を一覧紹介しているので、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

法人クレジットカードの申込時チェック:必要書類まとめ。印鑑証明書・謄本(履歴事項全部証明書)は不要?
法人カードの必要書類 法人カードの提出書類は、「本人確認書類」と「法人確認書類」があります。 本人確認書類 法人確認書類 基本的に個人事業主や法人代表者が対象のカードは「本人確認書類」だけで申し込めるケースが多く、法人が対象...

カードによっては必要となる書類

大企業向けの法人カードなどは、以下の書類が別途必要になることがあります。

  • 事業計画書
  • 決算書

法人カード全体で見ても、これらの書類が必要になるのは稀なケースです。

とくに個人事業主やフリーランスなど、法人以外の方が法人カードを申し込むときはほぼ遭遇することはありません。

注意点

登記簿謄本などの公的書類は「6ヶ月以内のもの」と指定があることが多いので、最新の書類を準備するように注意してください。

  • 公的書類は6ヶ月以内の最新のものを準備すること
  • 申込書と法人の確認書類は同じ法人印を使うこと
  • 記入事項を間違えないこと

また、法人印は法人確認書類で使っているものと同一のものを申込書で使い、申込書を記入するときはミスのないように気を付けましょう。

失敗があると二度手間になってしまうので、丁寧に申し込みの準備を進めることが大切です。

申込書の中で書き方に迷いやすい5項目

ここからが記事の本題です。法人カードの申込書で書き方に迷いやすい項目を5つ紹介していきます。

  • 会社所在地と代表者住所
  • 役職(管理責任者)
  • 職業欄
  • 年商や経営利益
  • 口座名義

基本的に申込書の書き方は深く考えずに各項目が求めている情報を記入すれば良いだけなので、同じ答え(意味)に該当するいくつかの選択肢がある場合はどれを書いても大丈夫です。

また、「任意」となっている項目は空欄でも良いですし、任意項目をすべて埋めるからと言って審査に合格しやすいという確証はありません。

ただし、カード会社は申込者の情報を少しでも多く収集して把握したいという意図を加味すると、関連情報は1つでも多く提供するほうが審査や確認作業はスムーズになりやすいでしょう。

法人カード申込書の項目一例

※2019年10月4日(金)時点の、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードの申込画面を参考にしました。

項目内容
名前・氏名
生年月日・生年月日
性別・男性
・女性
電話番号・携帯電話
・自宅
※携帯電話のみで可能、両方ある場合は両方を記入。
メールアドレス・メールアドレス
郵便番号・郵便番号※Web申し込みは、郵便番号入力で住所が自動表示。
おしごと・会社員、公務員、役員
・自営業、個人事業主、フリーランス
・配偶者収入(本人収入なし)
・年金、不動産による収入
・利子配当による収入
・その他(家事手伝い等)
配偶者・あり
・なし
生計(家計)を同一にする人数・1人(本人のみ)
・2人
・3人
・4人以上
おつとめ先・勤め先
従業員数・官公庁、上場、500人以上
・100人以上
・100人未満
おつとめ先電話・勤め先の電話番号
おつとめ年数・6ヶ月未満
・6ヶ月~1年未満
・1年~3年未満
・3年以上
年収・年収
他社からのお借入・なし
・50万円未満
・50万円以上
※他社からの借入残高(住宅・教育・自動車ローン等含む)を選択、銀行など金融機関からの借入は除く。
運転免許証等・未保有
・保有
※保有の場合、12桁の番号を入力。
預貯金や有価証券等・300万円以上
・200万円以上
・100万円以上
・50万円以上
・10万円以上
・その他、400万円以上(金額を入力)
※預貯金・有価証券等で、1年間のクレジットの支払いに充てられる金額を任意選択。
お住まい・持家(家族の持家含む)
・社宅、寮、官舎
・賃貸、その他
居住年数・6ヶ月未満
・6ヶ月~1年未満
・1年~3年未満
・3年以上
住宅費用・あり
・なし
カードのご利用目的・生計費の決済(普段の買い物や借入など)
・事業費の決済(事業のための物品購入など)
・生計費、事業費両方の決済
※法律で確認が義務付けられている。
暗証番号・カードに指定する暗証番号4桁
カード刻印名・カードに刻印される英字の氏名
ショッピングリボお支払いコース・長期コース(月々3千円~)
・標準コース(月々1万円~)
・定額コース(月々3万円~)
ショッピングリボ宣言・申し込む
・申し込まない
キャッシングリボお支払コース・3万円コース(リボ)
・5万円コース(定額)
・10万円コース(定額)
キャッシングリボ宣言・申し込む
・申し込まない
キャッシングご利用希望枠・50万円
・30万円
・その他

はじめて法人カードを申し込む場合、「どのような記入項目があるのか?」は気になるポイントですね。

上記は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」をWebから申し込む際の記入項目ですが、ほとんどの項目は選択で埋めることができ、内容もとくに難しい点はありません。

他の法人カードも同じような構成で申込書が作られているので、カードによって申込書を書く難易度はそれほど変わりません。

しかし、選択型ではなく記入型の場合に「何を求められているのか?」が分かりにくいケースがあるので、そのようなときに書き方に迷ってしまいます。

Webから申し込める場合、法人カードの申込方法はWebを選択するほうが圧倒的に楽です。どの法人カードも20~30ほどの記入項目があり、Webの場合は選択で処理できる項目があるだけ記入が楽になります。

①会社所在地と代表者住所

法人カードは必ず「勤め先住所」と「申込者の住所」の項目があります。

自宅兼事務所の自営業の方はこれらの項目の書き方に迷うと思いますが、勤め先と自宅の住所が同じ場合は同じ住所をそれぞれに記入すればOKです。

②管理責任者とは

法人カードによっては「管理責任者」という項目があります。

管理責任者とは、「申し込み」・「各種届出」・「連絡調整」などカードの管理責任を負う担当者のことです。

社長単独の会社の場合、管理責任者は必然と社長本人となります。

従業員が複数いる場合は「経理担当」や「社長」など、カードの管理を担当する(任せる)人物の情報を記入すればOKです。

③職業欄

「職業欄」の記入で迷いやすいのは、フリーランスの方だと思います。

フリーランスというのは個人事業主の届出に関係なく、会社に在籍せずにフリーで働いている人の総称として使われる言葉です。

基本的に会社に在籍していない働き方の公的な表現は「個人事業主」と「それ以外(フリーターなど表現は何でも良い)」しかなくこの違いは個人事業主の届け出を済ませているかどうかだけです。

そのため、フリーランスの方で個人事業主の届け出を済ませている方は職業欄に「個人事業主」と書き、そうでない方は「自営業」や「フリーター」など自分の働き方に該当する内容を書けばOKです。

個人事業主の届け出を済ませている方は、「自営業」や「フリーター」あるいはカードによって「フリーランス」などさまざまな選択肢がありますが、必ず「個人事業主」と書きましょう。結局、審査は返済能力が焦点ですが、信用という意味では個人事業主のほうが多少有利だと思われます。

④年商・経常利益

「年商」は年間の売上高・「経常利益」は年間の(商売で得た)差し引き利益を記入します。

基本的にこれらの項目は、決算書などの書類を元に書き実際は「赤字」なのに「黒字」と偽るような行為は避けるほうが無難です。

決算書などの書類を提出しなければならない場合、簡単に嘘がバレてしまいます。

法人化1年未満で決算書類が無い場合は、現在までの実績値を書けばOKです。また、実績が赤字でも、創業期にフォーカスしたカードを選べば問題なく審査に通ることもあります。

⑤口座名義

法人カードの申し込みで「口座名義」の書き方は、決済口座に指定する口座の名義を書きます。

これは社長(代表者)が法人カードへ申し込む際に「法人口座の名義?」それとも「個人口座の名義?」で迷うケースがほとんどだと思います。

法人カードは各カードによって「法人口座」と「個人口座」のどちらを選べるのか決まっており、申込書の中でも説明が記述されているはずです。

法人口座の場合は法人名義を書き、個人口座の場合は個人名義を書きましょう。

口座の名義は1つしかないので、とくに迷うことはないはずです。

法人設立初年度でも申込OK!ハードルが低くコスパの良いお得な法人カード

法人カードは審査通過が鬼門ですが、イメージほど審査は厳しくありません。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード
  • 三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)

法人設立初年度でも発行できる法人カードを2枚紹介するので、まだ法人カードを持っていない方は検討してみてくださいね。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、個人事業主やフリーランスの方でも申し込める法人カードです。

  • Webから申込可能
  • 個人事業主やフリーランス可能
  • 個人口座と法人口座のどちらも選択可能
  • 本人確認書類のみでOKd

申込書類は「本人確認書類」のみでOKで、登記簿謄本など法人関連書類は一切不要です。

カードスペックはプライオリティパスやコンシェルジュサービスなど豪華の仕上がりになっており、さすがのプラチナカードといった感じです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降20,000円(税別)
ポイント・還元率基本1.125%
上限1.375%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドAMEX
入会特典

・初年度年会費0円(本会員も・家族カードも無料)
・永久不滅ポイント最大1,800ポイント(9,000円相当*)をプレゼント ※1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合。

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

JALマイルが最高ランクの高還元率・プラチナランクの特典も全部込みで年会費2万円。プライオリティパスつき、最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。

以下の記事で付帯サービスを徹底解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

プラチナ法人カード最強!?初年度年会費無料のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています。 そんな「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」ですが、人気の選...

三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)

三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)は、合計3種類あるfor ownersシリーズの一般カードです。

  • Webから申込可能
  • 個人事業主やフリーランス可能
  • 個人口座と法人口座のどちらも選択可能
  • 本人確認書類のみでOK

こちらも「本人確認書類」のみで申し込むことができ、法人はもちろん個人事業主やフリーランスの方も対象です。

一般カードなので審査合格の期待値が高いため、先行き不透明だけど法人カードが必要という状況では筆頭候補です。

三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)
三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降1,250円(税別)
ポイント・還元率基本0.50%
上限0.55%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険×
ショッピング保険
国際ブランドVISA、Master
入会特典

もれなく最大ギフトカード13,000円分プレゼント(2019年8月31日~)
新規ご入会2,000円分。
新規ご入会+1ヶ月後末までに5万円以上利用
プラチナ:11,000円分、ゴールド:8,000円、クラシック:5,000円分。

その他のキャンペーン情報

対象コンビニエンスストアやマクドナルドの店舗でのお支払いに、対象の三井住友カードをご利用いただくと、今後いつでもワールドプレゼントのポイントが通常の5倍貯まります。

編集部レビュー

年会費初年度無料・赤字や法人設立すぐでも申込OK、非常にハードルが低く持ちやすい1枚目にオススメの法人カードです。

以下の記事で、スペックをまとめているので参考にしてみてくださいね。

三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...

まとめ

法人カードの申し込みは、最初に必要書類を確認しましょう。

  • 必要書類を確認すること
  • 書き方がわからなくても適当に処理しないこと

申込書を記入するときは書き方に迷う項目もありますが、適当に処理せずしっかり何を求められているのかを考えて埋めることが大切です。

また、記入内容はミスがあるだけでも審査に落ちてしまうことがあるので、丁寧に確認しながら申込書を書くように心がけてくださいね。

クレジットカードの基礎知識法人*クレジットカード

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

年会費は初年度無料のキャンペーン中。当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへ
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました