最大5%還元!「キャッシュレス・ポイント還元事業」の概要&対象おすすめ法人カードの紹介!

法人カードのケース別おすすめ比較

経済産業省が進める「キャッシュレス・ポイント還元事業」とは?

キャッシュレス・ポイント還元事業とは、中小・小規模事業者によるキャッシュレス決済時にポイント還元を支援する事業のことです。

2019年10月1日から2020年6月30日の9ヶ月間にわたって実施されるので、この期間中はキャッシュレス決済をフル活用してポイント還元を受けるのがお得です。

個人向けクレジットカード・電子マネーなどはほとんどのカードが対象となっていますが、法人向けクレジットカードでは対象外のカードもあります

本記事で概要からおすすめカードまで深堀りしていきます!

厳選おすすめ法人カードを今すぐチェック!

キャッシュレス・ポイント還元事業の目的

キャッシュレスポイント還元事業は国の政策として実施されおり、その目的は主に「増税緩和」「キャッシュレス推進」の2つです。

  1. 需要が冷え込まないよう調整する(2019年10月の消費税率引き上げへの対策として)
  2. キャッシュレス化を推進する

増税緩和に関しては、消費税が8%から10%に引き上げられたことから消費者の負担が大きくなりますがポイント還元が実施されることで負担が軽減されます。

キャッシュレス推進に関しては、ポイント還元を実施するためにはカード決済を導入する必要があり2019年9月25日時点で約73万店がキャッシュレスポイント還元事業に参加している状況からすでに効果が出ています。

また、当初から課題とされていた「カード決済導入の費用」も政策が実施されている間は3分の1を国が補助してくれるため、期間中にカード決済を導入するほうがお得というお店側のメリットもあります。

消費者もポイント還元を受けるためにはキャッシュレス手段を用意しなければならないため今後もお店と利用者の双方でキャッシュレス化が加速しそうです。

テレビ等では「加盟店になったのにキャッシュレス消費者還元事業の一覧にお店が載ってない」など、お店と政府のトラブルがちらほら報道されています。トラブル面は政府が早急に対応していくようですが、何はともあれ消費者としてはこのポイント還元の政策はフル活用しないと損です。

キャッシュレス・ポイント還元事業の内容


 内容
実施期間・2019年10月1日~2020年6月30日
ポイント還元率・中小企業や小規模事業者が運営する店舗:5.0%
・コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗:2.0%
還元内容・ポイント付与
・即時充当
・口座充当
・利用額から減算
※カードによって還元内容が異なる。
対象カード・クレジットカード
・デビットカード
・電子マネー
・QRコード
・プリペイドカード
・ハウスカード
対象カード検索
対象店舗Web検索
ポイント還元対象店舗検索アプリ(App Store)
ポイント還元対象店舗検索アプリ(Google Play)
ポイント還元の上限・政策として上限はない
※カードによっては上限が決まっている。

ポイント還元はキャッシュレス・ポイント還元事業に参加しているお店のみで受けることができるので、まずは対象店舗を上記リンクのいずれかの方法で探せる準備をしておきましょう。


※街・店頭で探す場合はこのマークが「対象」となる目印です。

ちなみに加盟店は2020年4月まで受け付けているので、今後も徐々にお店が増えると予想されます。

店舗を探す方法はアプリがスタンダードです・・・というか、上記リンク以外では街中を歩いて「cashlessマーク」のあるお店を探すしか方法がありません。アプリでは、お店ごとに「2%」か「5%」のどちらの還元率なのかが表示されるので、簡単にお得なお店を探せますよ。

ポイント還元率は「2.0%」か「5.0%」のどちらか

キャッシュレス・ポイント還元事業の還元率は、2.0%か5.0%のどちらかしかありません。

  • 中小企業や小規模事業者が運営する店舗:5.0%
  • コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗:2.0%

お店によってどちらの還元率になるのか決まっているので、5.0%で還元を受けたい場合は該当するお店を探しましょう。

また、もともと各キャッシュレス手段に搭載されているポイント還元とは別として2.0%か5.0%の還元を受けられるので、高還元率を目指す場合は普通にポイント還元率の高いカードを選べばOKです。

還元内容はカードによる

キャッシュレス・ポイント還元事業の還元内容は、各キャッシュレス手段によってさまざまです。

  • ポイント付与
  • 即時充当(購入代金から値引き)
  • 口座充当(キャッシュバック)
  • 利用額から減算(カードの利用額から値引き)

主に上記の4つの方法がありますが、どの方法も損得の差はありません。

大手カード会社の傾向としては、ポイントの使い道で損得が変わる(1ポイントの価値が未統一)場合はポイント付与以外の還元方法、1ポイントの価値(円)が1円と決まっているポイントプログラムが搭載されているカードについては、そのままポイント付与として還元を行っているところが多い印象です。

対象カードはほぼすべてのキャッシュレス手段

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象カードは、ほぼすべてのキャッシュレス手段が対象となっています。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • QRコード
  • プリペイドカード
  • ハウスカード

1つ注意しておきたいのは、上記のようにいわゆる「キャッシュレス手段」と呼ばれるサービスは必ず対象になっているわけではなく各サービス(カード)によって対象かどうかが異なることです。

これは各サービス(カード)ごとに確認するしか方法がありません。

このページの下段にキャッシュレス・ポイント還元事業の対象になっている法人カードを紹介しているので参考にしてくださいね。

すでにカードを持っている場合も、そのカードが対象かどうかはカード会社に問い合わせるしかありません。2019年9月末にカードの最初の6桁の番号で対象かどうかを判別できるシステムを経済産業省が実装するという報道がありましたが、2019年10月24日時点は未実装。いつ実装されるのかも未定です。

ポイント還元の上限はカードによってはある

キャッシュレス・ポイント還元事業の還元上限は、カードによって設定されています。

政策としてポイント還元の上限は設けられていませんが、この事業に参加する条件として「参加企業が独自に上限を設定できる」ことになっているからです。

消費者としてはポイント還元の上限があってもキャッシュレス手段を活用するほうが圧倒的にお得です。

多くのカードが、15,000ポイント/月を還元の上限額として設定しています。すべての決済が5%還元の対象だった場合は決済金額30万円・2%対象の場合は75万円が上限です。

法人カードなら、会社としてポイント還元の恩恵を受けられる!

キャッシュレス・ポイント還元事業のために法人や個人事業主がキャッシュレス手段を検討する場合、やはり法人カードがおすすめです。

  • スムーズな支払手段
  • キャッシュフロー改善
  • 会計処理が楽
  • 付帯サービスが充実
  • カード年会費は全額経費

「プリペイドカードはチャージが必要」「デビットカードは使えないお店がある」など、こうした点を比較すると法人カードは万能型です。

しかも、年会費を全額経費にできるのでゴールドやプラチナといった上位カードを作りやすく、上位カードになると「プライオリティパス」や「高額な付帯保険」など付帯サービスのメリットも大きくなります。

今回のポイント還元は今までキャッシュレス手段を持つことに躊躇していた方にとってカードを作るいい機会ですが、これは法人や個人事業主の方も同じです。今作ると2.0%か5.0%のポイント還元を受けられるので、いずれはキャッシュレス手段を持つのであればポイント還元実施期間中のほうがお得ですよ。

加盟店でのクレジットカード等の電子決済でのポイント還元率が大幅にアップする

通常、法人カードで得られるポイント還元は、そのカードに搭載されているポイント還元のみです。

  • ポイント付与
  • 即時充当(購入代金から値引き)
  • 口座充当(キャッシュバック)
  • 利用額から減算(カードの利用額から値引き)

今なら上記いずれかの還元を2.0%か5.0%の還元率で別として得ることができます。

多くの法人カードはポイント還元率が0.5%なので、それを元にすると

「通常のポイント還元:0.5%」+「キャッシュレスポイント還元:2.0%か5.0%」=「合計:2.5%か5.5%」

が合計のポイント還元率の目安です。

ポイント還元に詳しくない方からすると、今回の政策はやや複雑に感じると思います。が、やるべきことは「対象店舗で対象カードを使う」だけです。これで自分が使っているカードのポイント還元とは別として、2.0%か5.0%の還元を受けられます。また、申請等は何も必要ないので、本当に対象店舗で対象カードを使うだけです。

いつも法人でご利用しているあのお店も対応しているかも?

今後もキャッシュレス・ポイント還元事業に参加するお店は増えていきそうです。

  • ご近所のいつも会食・懇親会に使うお店
  • ECサイトでいつもオフィス用品を購入するお店

いつも利用しているお店がポイント還元の対象店舗になっているなら、対象カードを使ってお得に買い物したいところですね。

お店と政府の間では少なからずトラブルもあるようですが、消費者的にはこの波に乗ってポイント還元の恩恵を受けたもの勝ちです。

増税対策!還元対象のおすすめ法人カード3+1

キャッシュレス・ポイント還元事業におすすめな法人カードは、以下の3枚です。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード
  • アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード
  • 三井住友for Owners クラシック

どれも対象カードに指定されているので、カード発行後は対象店舗で決済するだけでポイント還元を受けられます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
当サイトでも現在イチオシしている法人カード、セゾンプラチナもバッチリ対象です。

ご請求金額に充当(値引き)の方法で還元され、上限は月単位で15,000円となっています。

そもそもがコスパ◎、ハイスペックなカードなのでこの機会に是非チェック&発行をおすすめします。

プラチナ法人カード最強!?初年度年会費無料のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
法人カードの中で人気高い「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」 価格.comのカードランキング、「プラチナカード部門」・「法人カード部門」で1位を獲得しています。 そんな「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」ですが、人気の選...
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降20,000円(税別)
ポイント・還元率基本1.125%
上限1.375%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドAMEX
入会特典

・初年度年会費0円(本会員も・家族カードも無料)
・永久不滅ポイント最大1,800ポイント(9,000円相当*)をプレゼント ※1ポイント5円相当のアイテムと交換した場合。

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

JALマイルが最高ランクの高還元率・プラチナランクの特典も全部込みで年会費2万円。プライオリティパスつき、最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード


 内容
実施期間2019年10月1日~2020年6月30日
ポイント還元率中小企業や小規模事業者が運営する店舗:5.0%
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗:2.0%
還元内容1PT=1円で自動的に利用代金に充当
還元時期利用日から1ヶ月後以降
還元の上限期間中に135,000ポイントまで
紐づくカード家族カードや追加カードも対象で本カードと合算して付与

アメックス法人カードは、実施期間中に「1PT=1円で自動的に利用代金に充当」の還元を受けられます。

ポイント還元の上限は期間中の合計として135,000PTまでとなっており、これはそのまま円換算して13万5,000円が最大となります。

通常のポイント還元率はメンバーシップリワードプラス加入でANAマイルが1.0%になるなど、使い方次第で高還元率を実現できます。

アメックスの法人コーポレートカード(グリーン・ゴールド・プラチナ)の比較&メリット・デメリット徹底解説!
基本情報 ※年会費は税抜で記載 アメックス法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」が対象で、ステータスの高さが魅力です。 法人カードは申込基準が高いカードが多い中、アメックス法人カードは「会社設立初年度」でも持つことがで...
アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降31,000円(税別)
ポイント・還元率基本0.3%
上限1.0%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドAMEX
入会特典

カードご入会後1年以内のカードご利用で、メンバーシップ・リワード®のポイント30,000ポイント獲得可能

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。

三井住友for Owners クラシック


 内容
実施期間2019年10月1日~2020年6月30日
ポイント還元率中小企業や小規模事業者が運営する店舗:5.0%
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗:2.0%
還元内容請求額から減算※決済日の請求額が還元金額を下回る場合、決済日に支払口座へ振り込み。
還元時期利用日から2~3ヶ月程度
還元の上限15,000円/月
紐づくカード家族カードやiD利用分などすべて対象で本カードと合算して付与

三井住友for Owners クラシックは、実施期間中に「カード請求額から減算」の還元を受けられます。

月単位でポイント還元の上限が15,000円までとなっていますが、それでもゼロに比べると格段にメリットが大きいです。

通常のポイント還元率も0.5%で獲得可能、詳しくは以下の記事を読んでみてくださいね。

三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...
三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)
三井住友VISAビジネスfor owners(クラシック)
年会費・還元率
年会費初年度0円(税別)
2年目以降1,250円(税別)
ポイント・還元率基本0.50%
上限0.55%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険×
ショッピング保険
国際ブランドVISA、Master
入会特典

①新規ご入会で、2,000円分プレゼント
②新規ご入会から1ヵ月後末までに5万円ご利用で、最大11,000円分プレゼント
 ┗クラシック 5,000円分
 ┗ゴールド 8,000円分
 ┗プラチナ 11,000円分
③三井住友銀行口座を設定して入会されると、最大で5,000円分プレゼント
 ┗クラシック 1,000円分
 ┗ゴールド 3,000円分
 ┗プラチナ 5,000円分

その他のキャンペーン情報

対象コンビニエンスストアやマクドナルドの店舗でのお支払いに、対象の三井住友カードをご利用いただくと、今後いつでもワールドプレゼントのポイントが通常の5倍貯まります。

編集部レビュー

年会費初年度無料・赤字や法人設立すぐでも申込OK、非常にハードルが低く持ちやすい1枚目にオススメの法人カードです。

【番外編】ラグジュアリーカードも還元対象!

ラグジュアリーカードブラック
キャッシュレス消費者還元事業や発行会社アプラスのリストにもなく、還元対象外?と思われたラグジュアリーカードも、今回の還元対象でした(※日本法人に確認済み)。

なかなかに高い年会費も、今回の還元により相殺できる可能性が高いので、作るなら今がチャンスかもしれませんね。

法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)チタン・ブラックを所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
アメリカン・エキスプレス・カードに先立ち、2016年より金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイスとともに日本上陸したラグジュアリーカード。 高級感だけでなく、独特な特典、還元率の高さは魅力的。法人代表者が法人カードとして所有する...
ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
年会費・還元率
年会費初年度100,000円(税別)
2年目以降100,000円(税別)
ポイント・還元率基本1.25%
上限1.25%
追加カード・ETCカード
追加カード
ETCカード
付帯保険
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険
国際ブランドMaster
入会特典

ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

その他のキャンペーン情報

同上

編集部レビュー

インビテーション無しで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚。メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。還元率も常設1.25%あり、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。

まとめ

キャッシュレス・ポイント還元事業は2020年6月30日まで実施されます。

  • 実施期間は2020年6月30日まで
  • 2.0%か5.0%のポイント還元を受けられる
  • 申請等は一切不要
  • 対象カードを対象店舗で使うだけでOK
  • 法人向けカードは非対象のものも多いので注意!

期間中に対象店舗で対象カードを使うとポイント還元を受けられるので、まだ法人カードを作っていない方はこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

法人カードのケース別おすすめ比較法人*クレジットカード

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

年会費は初年度無料のキャンペーン中。当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました