運転資金の資金繰り目安・一時的な資金不足を乗り切る「つなぎ融資」など多彩なアイデアまとめ

法人*資金調達

会社の経営に運転資金は必要不可欠・・・

会社は運転資金が尽きキャッシュが回らなくなると、倒産する可能性が高くなります。

一時的な資金不足であっても、その状況を乗り切るための1つの手段として下記のような「資金調達の方法」は抑えておきたいところ。

  • ファクタリング
  • 銀行融資
  • ビジネスローン
  • 第三者割当増資
  • 自己資金投入
  • 親族・知人からの借入
  • 法人クレジットカード

しかし、実際に資金調達する際に「どんな方法か?」がわからなければ、スムーズに運転資金を確保することができません。

そこで、一般的な資金調達の方法をまとめてみました。

回収のサイクルが長いビジネスの場合、事業は好調でもキャッシュが枯渇して黒字倒産・・・というケースもあります。どんな状況でも資金さえあれば倒産しないため、やはり資金に余裕がある会社は強いです。
税理士によるコメント

 
上記のとおり、複数の資金調達方法はありますが、緊急事態に備え、資金に余裕のあるうちに複数の手段が利用できるよう根回ししておくと良いです。
 
金融機関からの融資を例に挙げると、急に資金が必要となった際に相談に行ってもすぐには応じてもらえない可能性が高いです。
 
また、仮に具体的な融資の段階になっても、当然ながら借入が実行されるまでにタイムラグが生じます。
 
そのため、近い将来資金需要が発生する可能性がわずかでもあるのであれば、地元の金融機関に口座を開設する等、パイプを作っておき、接触の都度近々融資を受けたい旨を伝えておくのが良いです。
 
直近の業績の良い会社はもちろん、将来性のある会社、事業内容が魅力的な会社であれば、金融機関のほうから借入を提案してくれる場合もあります。
 
金融機関からの融資に限らず、複数の資金調達方法があることや、メリット・デメリットがそれぞれあることをご認識いただき、さらには、いざ資金が必要となった際のことを考え、手を打っておく。それらを実践して頂ければ幸いでございます。ここから詳しく解説していきます!
 

会計事務所タクシス

東京都内を中心に、「クラウド会計に強い税理士」として活動中。税務顧問だけでなく、事業所に合わせた管理会計の整備や創業融資の資金調達支援も行う。

本当に急ぎ、融資を受ける時間がない・信用もない、という場合は「ファクタリング」という手段を検討したほうがいいこともある

最初に抑えておきたい資金調達は「ファクタリング」です。

資金調達は銀行からお金を借りるのがもっともメジャーな方法ですが、審査を含めて時間がかかってしまうのが難点。

ファクタリングはお金を借りるのではなく「売掛債権を買い取ってもらう(買取)」という資金調達なので返済がなく、しかも買取成立までのスピードが早いので今すぐ資金が必要な状況でも役立ちます。

ファクタリング

ファクタリング
メリット・数日で資金を得られる
デメリット・売掛債権が必要
・売掛債権以下の金額しか調達できない
・買取時に手数料がかかる

ファクタリングは売掛金や受取手形といった「売掛債権」を買い取ってもらうことで資金調達します。

そのため、売掛債権を持っていることが前提となるため、ここが一番のデメリットです。

逆に売掛債権があれば簡単に資金調達できるため、なるべく低リスクで早急に資金調達したいときはかなり有効な手段

以下の記事でファクタリングを詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

売掛債権で最短即日、運転資金調達「ファクタリング」とは?仕組み・手数料・おすすめファクタリング会社などまとめ
ファクタリングとは ファクタリングとは、売掛金や受取手形などの「売掛債権」をファクタリング会社に買い取ってもらうサービスのことです。 日本の企業間取引は商品やサービスを納品したタイミングではなく、納品から1~2ヶ月後に代金が支払われ...
銀行融資に比べると、返済計画不要で資金調達のかたを付けられるのがいいところです。売掛債権の価値によっては高額な資金を調達できます。手数料は業者によって異なり、手数料が安いほど自分の取り分が大きくなります。

おすすめ①:ビートレーディング

ビートレーディングの選ばれる3つの理由

初めてのファクタリングでも安心して使えるのがビートレーディング。ファクタリング業界トップクラスの実績が魅力です。

  • 最短12時間での現金化
  • 累計400億円以上の買取実績
  • 業界トップクラスの実績

専任の女性オペレータ制度を敷いており、不安な状況であっても安心して利用することができます。

ファクタリング・ビートレーディングビートレーディング:公式サイト
ファクタリングは、実績◎のビートレーディング社で。スピード審査対応・初回利用から安心感がある秘密は!?
当記事は、注目度が上がっている「ファクタリング」業界の大手、株式会社ビートレーディングを紐解いていきます。 記事前半ではおもにファクタリングの解説・会社概要を。後半では、実際に編集部が本社に足を運びインタビューしてきた際の内容をまとめ...

おすすめ②:OLTA

公式サイト:olta

非対面かつ今すぐファクタリングで資金調達したいという方は、olta(オルタ)がおすすめです。

  • 最短24時間以内で現金化
  • Webですべてを完結可能
  • 手数料は2~9%

申し込みから現金を受け取るまで、すべてをWeb上で完結できるのが非常に便利。

最短では24時間以内に資金を受け取れるので、スピード重視の方にもおすすめできます。

OLTA:公式サイト

一時的な資金不足を乗り切る方法

ファクタリングは買取なので、契約が成立すればその時点で終了です。

それに対して、銀行融資やビジネスローンなどは融資後に返済があり完済しなければならないというのが大きな違いです。

なるべく債務は回避したいというのであれば、キャッシュフロー改善効果のある法人クレジットカードがおすすめです。

銀行融資

銀行融資
メリット・高額資金を調達できる
・与信実績で融資額の上限突破が可能
デメリット・審査が厳しい
・時間がかかる
・担保が必要

銀行融資は相手が銀行であることからも、審査に通れば大きなお金を借りられるのがメリットです。

また、銀行や商品の数が多いため、自社に最適な商品を探しやすいのも便利なポイント。

しかし、審査が厳しい傾向にあり、法人成り直後のように実績がない会社はお金を借りられないことがよくあります。

銀行融資と呼べる商品は非常に多いですが、それぞれの商品にはお金の使い道が決まっており、これを使途と言います。使途が決まっていない商品は「フリーローン」と呼ばれ、身近なところではキャッシングやカードローンが該当します。フリーローンは金利が高い傾向があるため、「銀行融資=金利が低い」ではなく商品によってかなり幅があることは抑えておきたいポイントです。

ビジネスローン

ビジネスローン
メリット・無担保無保証で資金調達可
・最短即日で融資可
・銀行融資より審査が優しい
デメリット・数億など超高額資金を調達できない
・銀行融資より金利が高い

ビジネスローンは銀行融資の1種で、こちらは「使途が事業用資金」になっている商品を指します。

通常、銀行融資の多くは担保や保証人が必要な商品が多いですが、ビジネスローンは無担保無保証で借りられる商品がたくさんあるので、実績の乏しい会社でもお金を借りやすいです。

申し込みから融資までWebで完結可能で、最短即日融資も可能。

審査も含めてスタンダードな銀行融資ですが、少額融資になるほど金利が高く付くのがデメリットです。

また、億単位のように超高額な融資には対応しておらず、大きなところでも1,000万円程度です。

事業用資金が必要な場合、ビジネスローン以外にも不動産担保ローンなど他にも選択肢があります。結局、銀行融資の損得は金利で決まるため、リスク回避を優先するなら金利比較が欠かせません。限度額と金利の関係では、上限額に近いほど低金利になっている商品が多いため、思い切って高額を借りるのも手です。

第三者割当増資

第三者割当増資
メリット・銀行融資より早い
・高額資金を調達できる
・利息や返済期限はない
デメリット・投資家の利益を加味したイグジットを想定する必要がある

・既存株主の持ち株比率の低下を招くため、会社の意思決定に影響が出る可能性がある

・第三者割当増資に限らずですが)資本金の増加によって納税額が増える可能性がある
※均等割等

・登記費用など諸費用がかかる

増資は主に「株主割当増資」と「第三者割当増資」があり、この2つの大きな違いは「出資者」です。

株主割当増資は「既存の株主」が出資者ですが、第三者割当増資は今の時点で株主かどうかを問わずに「第三者」に株式を割り当てて増資を行う方法です。

第三者割当増資は新規株主を獲得して増資を行うため、株主割当増資の場合は株主構成が変わらないという点で比べると大きな資金を集めやすい特徴があります。

どちらの方法もメリットとデメリットがあるので、第三者割当増資のほうが好ましいかどうかは各企業の状況によってケースバイケースです。

銀行融資などの「融資」は返済義務がある商品が多いですが、株式の「増資」は株主に対して返済義務がありません。また、第三者割当増資を将来的に検討する場合、株主割当増資や公募増資など比較対象となる増資方法も合わせて検討する必要があり、銀行融資のように金利比較でOKといった簡単な判断ができないことが一番難しいところです。

自己資金投入

自己資金投入
メリット・手間がかからない
・他のサービスにある審査等のデメリットが一切ない
デメリット・生活に大きな影響がでる
・倒産すると本当に死活問題

自分の貯金を会社の資金に回すのも、1つの資金調達です。

実現できると便利な方法ですが、貯金に余裕がないとできません。

他の方法と違って「できるかどうか?」「やりたいかどうか?」が焦点となり、こちらも企業によって判断はさまざまです。

法人なり直後で法人口座を開設していない状況では、会社のお金もプライベートの貯金も同じ口座になっていることがあると思います。しかし、会社の成長も考えると、早い段階で法人口座を開設しておくほうが便利です。

法人クレジットカード

法人クレジットカード
メリット・経費精算が楽
・一括払いなら金利がない
・約1ヶ月の支払ゆとりがある
・ポイントが貯まる
・付帯サービスを使える
デメリット・限度額の範囲でしか使えない

法人クレジットカードは「一括払い」は無利息です。

一括払いでもカードを使った日から実際の支払日まで約1ヶ月ほどの余裕があるため、毎月のキャッシュフローを改善できます。

売上が振り込まれるのが1ヶ月先といったビジネスをしている場合、この1ヶ月間のキャッシュフロー改善効果はとても助かります。

また、優待特典や保険など付帯サービスも充実しているため、日常的にメリットを感じやすいのも特徴です。

最近はキャッシュレス化が加速しており、支払手段として活用している企業が増えています。日頃は法人カードを使いながらも、まとまったお金が必要なときは「ファクタリング」など他の手段を検討するのが便利です。

【おすすめ】三井住友VISA for Owners

三井住友VISA for Ownersは、信頼と実績の三井住友VISAカードの法人カードです。

誰もが知っている三井住友VISAカードということもあり、知名度からも人気が高いです。

審査の難易度も加味して一般カードのクラシックがおすすめで、とくに個人事業主や法人1年目の企業に最適ですよ。

三井住友の法人カード(for owners)の審査・マイル還元率・年会費を所有者が解説!(通常・ゴールド・プラチナを徹底比較)
基本情報 ※税抜き表示 三井住友VISAビジネスカード for ownersは、個人事業主や法人代表者向けの法人カードです。 「アスクルサービス」や「DHLエクスプレス」など、ビジネスサポートサービスの特典が充実してい...

【おすすめ】アメックス法人ゴールド

アメックス法人ゴールドは、ステータス性を求める企業におすすめです。

高級カードとして名高いアメックスの法人カードで、ポイントも高還元率で入手できます。

ゴールドの利用実績に応じて申し込みから作ることができないプラチナカードを目指せるのも魅力です。

アメックスの法人コーポレートカード(グリーン・ゴールド・プラチナ)の比較&メリット・デメリット徹底解説!
基本情報 ※年会費は税抜で記載 アメックス法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」が対象で、ステータスの高さが魅力です。 法人カードは申込基準が高いカードが多い中、アメックス法人カードは「会社設立初年度」でも持つことがで...

最低限必要な運転資金の計算方法

経営に関する情報として、「絶対に手をつけてはいけない運転資金」の計算方法を2つ紹介しておきます。

  1. 経常運転資金の計算方法
  2. 回転期間からの計算方法

経営に不測の事態は付き物であり、しっかり運転資金を把握しながら経営していくことが大切です。

①経常運転資金=売上債権+棚卸資産-買入債務

企業例
売掛債権5,000万円
在庫3,000万円
買掛金2,000万円
計算式5000万円+3000万円-2000万円=6000万円

経常運転資金は、

「売上債権」+「棚卸資産」-「買入債務」=「経常運転資金」

で計算します。

売掛債権は、売上には計上されているが現金化されていない収益のことで、受取手形や売掛金などが該当します。買入債務は、売上原価には計上されているが支払っていないコストのことで、支払手形や買掛金などが該当します。棚卸資産は在庫のことです。

②回転期間から計算する方法

企業例
日商300万円
売掛債権5,000万円
在庫3,000万円
買掛金2,000万円
売掛債権回転期間16.7日
棚卸資産回転期間10日
買入債務回転期間6.7日
計算式300万円✕(16.7+10-6.7)=6000万円

回転期間をもとに運転資金を計算する場合、

「日商」×「売掛債権の回転期間」+「棚卸資産の回転期間」-「買入債務の回転期間」=「運転資金」

で計算できます。

実際は人件費や事務所維持費など様々な費用がかかります。最低限必要な運転資金を死守しつつも、月商の2倍程度の金額を目指して余裕のある経営を行いたいですね。

まとめ

資金難は早めに対策を立てて、次に繋げることが大事です。

  • 突然の大型受注などイレギュラーな資金不足
  • 季節性や繁忙期による資金不足
  • 慢性的な資金不足

資金不足の理由や状況によって、資金調達のベストな方法はさまざま。

売掛債権があるならファクタリングで早期に資金調達できますし、法人クレジットカードならキャッシュフローを改善できることから資金難に陥りにくい状況を維持しやすいです。

その都度、ベストな対策を模索して資金難を乗り切ってくださいね。

記事の監修を担当した税理士

 

会計事務所タクシス

東京都内を中心に、「クラウド会計に強い税理士」として活動中。税務顧問だけでなく、事業所に合わせた管理会計の整備や創業融資の資金調達支援も行う。

法人*資金調達

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

年会費は初年度無料のキャンペーン中。当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
法人カード調査部をフォローする
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました