アメックス・ビジネス・プラチナカードの特典や審査・メタルカードの高級感など徹底解説!

プラチナカード

アメックスが発行する最上位の法人カードである「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(以下:アメックスビジネスプラチナ)」

この記事では、アメックスビジネスプラチナの基本スペック・特典をはじめ、どのような人が持つべきカードなのか、そして申し込みハードルはどうなのか、というところまで解説します。

アメックスビジネスプラチナカードの基本スペック

>> アメックスビジネスプラチナの公式サイトはこちら

カード名称アメックス・ビジネス・プラチナカード
年会費130,000円(税別)
申込対象個人事業主
法人代表者
限度額制限なし
メタル製カード本会員のみ※追加カードはプラスチック製。
追加カード年会費:12,000円
発行枚数:4枚まで無料
発行手数料:無料
※5枚目以降はゴールドカードで発行。
ETCカード年会費:500円
発行枚数:最大5枚
発行手数料:無料
空港ラウンジ・国内空港ラウンジ
・プライオリティパス
・インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
・デルタ・スカイクラブ
・エアスペース
・プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ
電子マネーApple Pay

アメックスビジネスプラチナは、アメックスビジネスカードの中で最高ランクの法人カードです。

  • アメックスの法人カードで最高ランク
  • 限度額に上限がなく無制限
  • ポイント還元率が優秀でマイルも貯まりやすい
  • プラチナカードならではの「コンシェルジュサービス」付き
  • 金属製カードにデザイン変更されて高級感がアップ
  • 数々のホテル上級会員になることができる
  • 毎年更新ごとに高級ホテルへの無料宿泊が可能
  • 世界中の空港ラウンジやVIPラウンジを利用できる
  • 付帯保険が旅行保険以外にもかなり充実
  • 年会費は13万円(税抜/月々12,000円ほど)

さすがというスペック&特典の数々です。
数ある法人カードの中でも紛れもなくトップクラスと言えます。

アメックス自体がT&E(Travel & Entertainment)に力を入れているため、出張(旅行)が多い社長さんにとってはかなり魅力的なカードです。

出張が少なかったとしても、ステータス性の高さ、そしてコンシェルジュサービス、各種付帯保険の充実度を考えると、発行する価値は十分にあります。

年会費は13万円ですが、月々で言うと12,000円であり、さらに法人カードの年会費は経費計上ができるので、気になる場合にはぜひ発行してみてはいかがでしょうか?

>> アメックスビジネスプラチナの公式サイトはこちら

年会費は130,000円(税別)と高めな水準

アメックスビジネスプラチナの年会費は130,000円(税別)で、お値段も高級です。

年会費が高い法人カードですが、法人カードは年会費を全額経費にできますので、黒字経営の法人であれば節税効果も得られます。

法人カードの年会費は一括経費(損金算入)!消費税も含めた勘定科目や、ちょっと背伸びして高級カードを持つべき理由まで。
【確定申告】個人事業主・法人設立初期で迷いがちな法人カードの年会費。勘定科目は支払手数料 or 諸会費?消費税は課税対象?全額経費にできる法人カードだから、背伸びして持てるおすすめプラチナカードも紹介!

しかし、それでも「正直、年会費が高い・・・」と思うのは確かで、コスパを重視するなら他の法人カードのほうが検討しやすいかもしれません。

価格を抑えてコンシェルジュ特典を利用できるプラチナカードなら「セゾンプラチナ」がおすすめですし、同価格帯(やや安め)だと「ラグジュアリーカードのブラック」のほうが珍しい特典もあったりと、有利な面もあります。

セゾンプラチナの詳細はこちら

特典コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・申込基準・年会費や気になるコンシェルジュなどを所有者が徹底解説!
【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

ラグジュアリーカードブラックの詳細はこちら

法人カード最強!?ラグジュアリーカード(法人口座決済用)Black Cardの所有者が徹底解説!審査ハードル・追加カードはお得?
ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック

アメックスビジネスプラチナにユニークな点、強力なメリットとしては、1枚で保険・特典含め間違いのないスペックが手に入ること・追加カードの年会費が本カード年会費と比較して安いことです。

限度額(利用可能枠)が柔軟になるデポジット制度で高額決済がスムーズにできるという強みもあります。

プラチナカードでコンシェルジュ特典やステータス性を享受しつつ、高額な決済など機動力ある意思決定を、役員含め複数名で実施したい」組織には最適なカードです。

ポイント還元率は高い&Amazonや海外では3.0%も可能

名称メンバーシップリワード
ポイント付与100円で1ポイント
ポイント還元率0.3%~1.0%
1ポイントの価値(円)0.3円~1円
ポイント交換・支払い
・ギフト券
・クーポンコード
・ポイント移行
・景品交換
ボーナスポイントパートナーズ100円で2ポイント~10ポイント(1PT=1円でポイントを使う場合、還元率は最大10.0%)
メンバーシップリワードプラス年会費3,000円(税別)が無料
ポイント有効期限無期限

アメックスビジネスプラチナは「メンバーシップリワードプラス(年会費3,000円税別)」が無料付帯しており、ここがポイントの一番のメリットです。

メンバーシップリワードプラスは「交換レートがお得な使い道(1PT=1円が増える)」と「100円で3ポイントのお店」が増えるサービスで、これを無料利用できることから通常に比べて自由に高還元率を目指しやすくなります。

ボーナスポイントパートナーズ

ボーナスポイントパートナーズは100円で2~10ポイントを獲得できるお店のことで、アメックス法人カードの場合は「ボーナスポイントパートナーズ(通常版)」と「法人カード向けボーナスポイントパートナーズ(法人専用のキャンペーン)」の2つを利用可能です。

キャンペーン版は時期によって各店のポイント付与が異なり、殆どのお店は100円で2~5ポイント、100円で10ポイントのお店がない時期もあります。

アメックスビジネスプラチナは100円で1ポイントが基本なので、少しでもポイント還元率を高めたいならボーナスポイントパートナーズをフル活用しましょう。

メンバーシップリワードプラス

メンバーシップリワードプラスへ登録すると「ボーナスポイントプログラム」も付いてきます。

通常、アメックスのポイントは「1PT=0.3円~0.5円」ほどの交換レートが多く、「1PT=1円」で交換できるのは「シップスクーポン(5,000ポイント=5,000円)」など一部のピンポイントな商品しかありません。

しかし、メンバーシップリワードプラスを利用できると「ANAマイル(1,000ポイント=1,000マイル)」や「カード支払額(1ポイント=1円)」といった交換先が増えるため、より実用性も加味して高還元率を目指せるようになります。

また、ポイント付与もボーナスポイントパートナーズにはない「Yahooサービス」や「Amazonショッピング」など大人気のショップでも100円で3ポイントを獲得できるようになるため、人気のお店でお得にポイントを貯められるようになるのも魅力です。

ポイント付与は、通常100円で1ポイント。「ボーナスポイントパートナーズ」は100円で2~10ポイント。「メンバーシップリワードプラス(ボーナスポイントプログラム)」は全ショップ共通で100円で3ポイント。
マイル交換はANAマイル(1,000ポイント=1,000マイル)」がおすすめです。他のマイル交換はすべて「1,250ポイント=1,000マイル」なので、ANAマイルよりもやや交換レートが下がります。また、アメックスの1ポイントの価値は約1円が最高ですが、ANAマイルは「1マイル=1円以上」で使うこともできるので、さらにポイント還元率を高めやすいですよ。

付帯保険は充実!9種類も付いていて補償額も高額

アメックスビジネスプラチナは、合計9種類の付帯保険が搭載されています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの付帯保険
付帯保険に関する公式URL公式サイトへ
海外旅行保険付帯条件一部利用付帯
死亡・後遺障害1億円
傷害治療費用1,000万円
疾病治療費用1,000万円
賠償責任5,000万円
携行品損害100万円
救援者費用1,000万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)3万円
出航遅延費用等保険金(食事代)3万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)3万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)6万円
家族特約-

■その他・備考
-

国内旅行保険付帯条件一部利用付帯
死亡・後遺障害5,000万円
入院日額5,000円
手術費用20万円
通院日額3,000円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)3万円
出航遅延費用等保険金(食事代)3万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)3万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)6万円
家族特約-

■その他・備考
-

ショッピング保険付帯条件利用付帯
国内 最大500万円
海外 最大500万円

■その他・備考
ビジネス・ワランティ・プラス(カードで購入した商品の購入日から3年間、メーカー保証の延長として自然故障を補償する「オフィス・ワランティ・プラス」と、偶発的な事故(火災、破損、水漏れ、盗難など)により生じた損害を購入日から3年間補償する「オフィスウェア・プロテクション」を組み合わせたサービス)

その他保険カー・ピッキング・プロテクション(会社所有の全ての自動車に適用される保険) ゴルフ保険(傷害死亡・後遺傷害保険金額/最高1,000万円、入院保険金日額/15,000円、通院保険金日額/10,000円、第三者賠償保険金額/支払限度5,000万円、用品損害保険金額/年間限度額10万円 、ホールインワン・アルバトロス費用保険金額/支払限度30万円)

おそらく、全プラチナカードの中で一番保険が充実していると思います。

これだけさまざまな保険が搭載されている法人カードはなかなかありません。カテゴリー別の詳細を下記に記載しています。

国内旅行保険

保険金の種類本会員(自動付帯)本会員の家族(自動付帯)追加カード会員(利用付帯)追加カード会員の家族(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円最高1,000万円最高5,000万円最高1,000万円
入院保険金日額5,000円日額5,000円日額5,000円日額5,000円
手術保険金最高20万円最高20万円最高20万円最高20万円
通院保険金日額3,000円日額3,000円日額3,000円日額3,000円

国内旅行保険は本会員とその家族に対して自動付帯されています。

利用付帯では追加カード会員とその家族に対しても保険が適用されるので、補償額だけではなく補償対象者が多いのも利点です。

海外旅行保険

保険金の種類本会員(自動付帯)本会員の家族(自動付帯)追加カード会員(利用付帯)追加カード会員の家族(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高1億円(5,000万円は利用付帯)最高1,000万円最高1億円最高1,000万円
傷害治療費用保険金最高1,000万円最高1,000万円最高1,000万円最高1,000万円
疾病治療費用保険金最高1,000万円最高1,000万円最高1,000万円最高1,000万円
賠償責任保険金最高5,000万円最高5,000万円最高5,000万円最高5,000万円
携行品損害保険金最高100万円(1旅行中)最高100万円(1旅行中)最高100万円(1旅行中)最高100万円(1旅行中)
救援者費用保険金最高1,000万円最高1,000万円最高1,000万円最高1,000万円

海外旅行保険は本会員とその家族に対して自動付帯されており、追加カード会員とその家族に対しては利用付帯です。

航空便遅延費用

 航空便遅延費用
乗継遅延費用保険金最高30,000円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用保険金最高30,000円
受諾手荷物遅延費用保険金最高30,000円
受諾手荷物紛失費用保険金最高60,000円

航空便遅延費用は合計4種類の保険があり、「受託手荷物遅延費用保険金」や「受託手荷物紛失費用保険金」など荷物関連でも補償を受けられます。

飛行機や荷物の遅延等を理由に「ホテルへ宿泊」や「衣類を購入」などを行った場合、それぞれの補償額まで保険金を受け取ることができます。

保険金が支払われないケースは「戦争や暴動」・「地震や噴火、これらによる津波」が主な場合とされており、一般的な遅延状況はほぼ支払対象になることからフライト出張が多い方にとっては利用機会の多い保険でもあります。

ビジネス・ワランティ・プラス

 オフィス・ワランティ・プラスオフィスウェア・プロテクション
補償対象故障火災・盗難・破損・水漏れ
購入日から6ヶ月以内メーカー保証購入金額の100%
6ヶ月から1年メーカー保証購入金額の90%
1年から2年購入金額の80%購入金額の80%
2年から3年購入金額の70%購入金額の70%

ビジネス・ワランティ・プラスは、以下の対象製品をアメックスビジネスプラチナで購入した場合に適用される保険です。

  • パソコン
  • プリンター
  • オーディオ機器
  • テレビ
  • FAX、など

他にも「プロジェクター」や「電話」などさまざまな製品が対象で、オフィス機器で良く使うものは殆ど対象になっています。

保証期間は購入日から3年間で、限度額は年間20万円です。

ただし、メーカー保証が1年未満の製品は、対象製品であっても補償を受けることができません。

ビジネス・カー・ピッキング・プロテクション

 ビジネス・カー・ピッキング・プロテクション
補償額年間30万円(1事故につき5,000円は自己負担)

ビジネス・カー・ピッキング・プロテクションは、役員が10名以下の法人あるいは個人事業主が対象の保険です。

毎年2月1日をスタートとして年間30万円まで補償を受けることができ、1事故につき5,000円までは自己負担です。

キャンセルプロテクション

 キャンセルプロテクション
補償額年間50万円(キャンセル理由が会員関係の場合は年間15万円)

キャンセルプロテクションは、アメックスビジネスプラチナで支払ったホテル等のサービスをキャンセルした場合に発生した「キャンセル料」の損害を補償してくれます。

個人的な理由でキャンセルした場合は対象外ですが、地震や戦争といったどうしてもキャンセルしなければならない理由の殆どは対象なので、航空便遅延費用と同様にアクティブ派の方にとっては利用機会が多そうです。

リターンプロテクション

 リターン・プロテクション
補償額年間15万円(1商品最高3万円)

リターンプロテクションは、アメックスビジネスプラチナで購入した商品を故障等を理由に返品したい状況で、お店が返品を受け付けてくれない場合にアメックスに返品できるという保険です。

お店によって返品可能かどうかはさまざまなわけですが、返品不可でも年間15万円までは補償してくれるので安心です。

ショッピング・プロテクション

 ショッピングプロテクション
補償額1会員につき年間500万円(全体は年間最高10億円が限度額)

ショッピングプロテクションは、会員1名につき年間最高500万円まで補償してくれます。

ショッピングプロテクション全体としては年間最高10億円が限度額になっているため、追加カードをたくさん発行した場合も十分に補償額が足りるように設計されています。

ゴルフ保険

 ゴルフ保険
死亡保険金1,000万円
後遺障害保険金最高1,000万円
入院保険金日額15,000円
通院保険金日額10,000円
用品損害保険金10万円
ホールインワン・アルバトロス費用保険金30万円
第三者賠償保険金5,000万円

ゴルフ保険は合計7種類の保険が用意されており、ユニークなのが「ホールインワン・アルバトロス費用保険金」です。

ホールインワンあるいはアルバトロスを達成した場合に「贈呈品」や「記念品」をプレゼントすることがありますが、そうした費用を保険でカバーできてしまうという嬉しい保険です。

ゴルフ接待が多い企業に最適ですね。

追加カードは4枚まで無料

アメックスビジネスプラチナは、社員用の追加カードを年会費無料で4枚まで発行できます。

4名までの役員クラスに追加で持たせるカードとしては最高ランク。

※アメックスビジネスプラチナはメタル製ですが、これは本会員の券面のみです。

追加カード4枚まではプラスチック製のプラチナカードが発行され、5枚目以降は「ゴールドカード」が発行されます。

「プラチナカードなのに5枚目以降はゴールドカード・・・」これがアメックスビジネスプラチナの隠れたデメリットかもしれません。

コンシェルジュサービスは24時間365日

コンシェルジュサービスは、24時間365日いつでもホテルやレストランの予約手配を代行してくれます。

毎日、忙しい日々の中で出張の準備をするのは大変ですが、そんな時にコンシェルジュサービスは便利です。

法人カード特典、コンシェルジュの使い方・依頼内容のアイデア・おすすめカードは?
【徹底解説】飲食店の予約など秘書のように使えて便利なコンシェルジュサービス。おすすめの使い方や、コンシェルジュ付帯のおすすめ法人プラチナカードなどを解説します!

電子マネーにも対応

アメックスビジネスプラチナは「Apple Pay」に対応していますが、以下の電子マネーもチャージできます。

  • 楽天Edy(チャージ可能)
  • モバイルSuica(チャージ可能)
  • SMART ICOCA(チャージ可能)
  • American Express Contactless(カード一体型)

「モバイルSuica」や「SMART ICOCA」など交通系ICにも使えるので、電子マネーをよく使う企業にとっても汎用性のある法人カードです。

アメックスビジネスプラチナの豪華特典

アメックスビジネスプラチナは高スペックであり、ここまででも十分に魅力的な法人カードですが、さらに豪華特典が付帯しています。

旅行系の特典

旅行系の特典としては空港ラウンジ・ホテル優待・ホテルの上級会員資格・高級ホテル無料宿泊などの特典があります。

空港ラウンジは超豪華&国内外ほとんどを利用可能

アメックスビジネスプラチナはプライオリティパスの「プレステージ会員」が無料付帯しています。

▼通常プランでプライオリティパスを契約すると、下記の料金がかかってきます。

料金スタンダードスタンダードプラスプレステージ
年会費・99$
・日本円で10890円
※1ドル110円の場合。
・299$
・日本円で32,890円
※1ドル110円の場合。
・429$
・日本円で47,190円
※1ドル110円の場合。
会員のラウンジ利用料金・32$
・日本円で3,520円
※1ドル110円の場合。
・10回まで無料でラウンジを利用可能
・10回以降は32$
・・日本円で3,520円
※1ドル110円の場合。
・回数無制限でラウンジを無料利用可
同伴者のラウンジ利用料金・32$
・日本円で3,520円
※1ドル110円の場合。
・32$
・日本円で3,520円
※1ドル110円の場合。
・32$
・日本円で3,520円
※1ドル110円の場合。

プライオリティパス以外にも下記の空港ラウンジをすべて無料利用でき、利用方法は「アメックスビジネスプラチナ」+「航空券」を提示するだけ。

  • 国内空港ラウンジ
  • プライオリティパス
  • センチュリオンラウンジ
  • デルタ・スカイクラブ
  • エアスペース
  • プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ
  • インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ

※プライオリティパスだけは最初に登録しなければならないので、カードが届いたら忘れないように登録を済ませておきましょう。

クラブオフ

クラブオフは、ホテルやレジャー施設を優待価格で利用できる特典です。

この特典は「アメックスグリーン」と「アメックスゴールド」でも利用することができるアメックス限定特典。

会員だけではなく家族も一緒に利用できるので、ビジネスシーン以外でもフル活用できます。

アメックスのクラブオフ(Club Off)とは?映画やホテル・レストランで使える特典やVIP会員のポイントを紹介
アメックス法人カード会員であれば無料のアメックスのクラブオフ(Club Off)とは?友人や家族には使えるの?入会方法、ポイントの仕組みまで徹底解説!

ホテル・メンバーシップ

アメックスビジネスプラチナは、以下の対象ホテルにおいて無条件で上級会員になれます。

  • ヒルトン・オナーズのゴールド会員
  • Radisson RewardsのGold会員
  • シャングリ・ラ・ゴールデンサークルのジェイド会員
  • Marriott Bonvoyのゴールドエリート

各ホテルの上級会員になるためには、年間に指定されている宿泊回数をクリアするなど条件があります。

しかし、アメックスビジネスプラチナは無条件で上級会員になれるため、ホテルの利用回数等が少なくてもVIP待遇を受けられるというまさにプラチナカードにふさわしい特典です。

グルメ系の特典

グルメ系の特典としては、「2 for 1 ダイニングby招待日和」がとてもお得で魅力的です。

また、プラチナ・アクセスと言う、一見さんお断りのお店に行ける特典まで付帯しています。

2 for 1 ダイニングby招待日和

2 for 1 ダイニングby招待日和は、世界約200店舗のレストランで対象メニューを2名以上で予約すると1名分が無料になる特典です。

対象店舗は高級レストランが多いため、約10,000円ほどは簡単に浮きます。

国内の有名店も対象なので、海外出張時だけではなく日常的にも使えますよ。

その他特典

旅行系やグルメ系以外にもビジネスなどに関わる特典もあります。

ビジネス・コンサルティング・サービス

ビジネス・コンサルティング・サービスは船井総合研住所が提供する特典で、同社の「セミナー」と「ビジネスノウハウ CD/DVD」が優待価格になります。

さらに電話や面談による経営コンサルタントを紹介してもらえたり、経営の相談をすることも可能。

全国規模でコンサル事業を行っており、セミナーも頻繁に開催されているため、時期を問わずに特典を利用しやすいですよ。

プレミアゴルフアクセス

ゴルフ場の中には、会員制を設けて一般の方(ビジター)を受け付けていない一流のゴルフ場も存在します。

ですが、プレミアゴルフアクセスを利用することで、会員からの紹介なしで一流のゴルフ場をビジター料金でプレーすることが可能になります。

ゴルフ予約専用のデスクへ電話することで申込むことができます。

スポーツクラブ・アクセス

スポーツクラスアクセスは、入会するために数十万〜数百万円かかる超高級スポーツクラブに入会費・年会費無料で利用できるというものです。

1回ごとの料金はかかりますが、同伴者も1人利用可能です。

ですが、たとえばホテル併設のジムの場合だと、ホテル宿泊者のみに限定されていることもありますので、注意してください。

アメックスビジネスプラチナが向いている方

アメックス自体がT&E(Travel & Entertainment)に力を入れているため、出張(旅行)が多い社長さんにとってはかなり魅力的なカードです。

逆に出張や旅行をする機会が少なく、空港ラウンジを利用しなかったり、ホテル宿泊をしない場合には、アメックスビジネスプラチナを最大限に利用し切ることができないかもしれません。

ですが、ステータス性の高さ、そしてコンシェルジュサービス、各種付帯保険の充実度を考えると、発行する価値は十分にあります。

年会費は13万円ですが、月々で言うと12,000円であり、さらに法人カードの年会費は経費計上ができるので、気になる場合にはぜひ発行してみてはいかがでしょうか?

>> アメックスビジネスプラチナの公式サイトはこちら

もしアメックスビジネスプラチナがピンッと来なかった方は、ラグジュアリーカード BLACK CARDがオススメです。

ラグジュアリーカード BLACK CARDという選択肢もあり

ラグジュアリーカード BLACK CARDは、アメックスビジネスプラチナのように高スペックであり、法人カード最高級のステータス性を備えたカードです。

秘書役になるほどの特典満載なハイスペック法人カード

アメックスビジネスプラチナが旅行系の特典が充実しているのに対し、ラグジュアリーカード BLACK CARDは、国内での接待などについての特典が充実しています。

なので、高スペック・ステータス性を求めていて、アメックスビジネスプラチナがピンと来なかった場合には、ラグジュアリーカード BLACK CARDを検討してみてはいかがでしょうか?

法人ラグジュアリーカード公式サイト・今すぐ申込み

その他アメックス法人カードという選択肢は?

今回はアメックスビジネスプラチナを紹介しましたが、下位カードに「アメックスビジネスグリーン」と「アメックスビジネスゴールド」があります。

もしもアメックスビジネスプラチナは手が出せないけど、アメックスビジネスカードを発行したい場合には、下位カードをご検討ください。

アメックスの法人カード徹底比較!おすすめの1枚やビジネスカードとコーポレートカードの違いまで紹介
ステータスの高さが魅力のアメックス法人カード!個人事業主でも大丈夫?限度額、追加カード、ETCカード、空港ラウンジの利用可否、付帯保険、コンシェルジュの有無、他カードと比較しながら徹底解説!

グリーン・ゴールド・プラチナの主要スペックを比較しています。上下左右にスクロールしてご確認ください。

※表はスライドできます。
券種名
年会費
還元率
年間の
お得度目安
追加
カード
ETC
カード
海外旅行
付帯保険
国内旅行
付帯保険
空港系
特典
コンシェルジュ特典
編集部
レビュー
カードの
メリット
  • 初年度:12,000円(税別)
  • 2年目:12,000円(税別)
  • 基本:0.3%
  • 上限:1.0%
  • ■上限の根拠
    (基本還元率)カードの支払代金にポイントを充当する場合、ポイント=0.3円 (上限還元率)メンバーシップ・リワード・プラス(参加登録費3,000円+税)に登録し、ポイントをANAマイルに交換した場合 ※法人アメックスは原則、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しマイル交換を狙うのがセオリーなので還元率1.0%と考えていいでしょう。

  • 50万円利用の場合:-10,000円
  • 100万円利用の場合:-5,000円
  • 300万円利用の場合:15,000円
  • 1000万円利用の場合:85,000円
  • 3000万円利用の場合:285,000円
  • 発行可能枚数:無制限 ※枚数に関する記載なし
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:6,000円
  • 発行可能枚数:5
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:500円
  • 付帯条件:利用付帯
  • 死亡・後遺障害:5,000万円
  • 傷害治療費用:300万円
  • 疾病治療費用:300万円
  • 賠償責任:4,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円※
  • 救援者費用:400万円
  • 乗継遅延費用保険金:-
  • 出航遅延費用等保険金:-
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:-
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:-
  • 家族特約:×
  • ■その他・備考
    ※免責3千円/年間限度額100万円

  • 付帯条件:利用付帯
  • 死亡・後遺障害:5,000万円
  • 入院日額:-
  • 手術費用:-
  • 通院日額:-
  • 乗継遅延費用保険金:-
  • 出航遅延費用等保険金:-
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:-
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:-
  • 家族特約:×
  • ■その他・備考
    -

  • 空港・ラウンジ特典:◯
  • プライオリティパス:-
×
定番法人カードのアメックス。ANAマイルを貯めやすく、利用実績やデポジットに応じて限度額にゆとりを持たせやすいのが特徴。国内空港ラウンジも使えます。
・設立初年度、赤字でも申込OK
・空港ラウンジが使える
・ANAマイルを貯めやすい
・アメックスのステータス感
  • 初年度:0円(税別)
  • 2年目:31,000円(税別)
  • 基本:0.3%
  • 上限:1.0%
  • ■上限の根拠
    (基本還元率)カードの支払代金にポイントを充当する場合、ポイント=0.3円 (上限還元率)メンバーシップ・リワード・プラス(参加登録費3,000円+税)に登録し、ポイントをANAマイルに交換した場合 ※法人アメックスは原則、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しマイル交換を狙うのがセオリーなので還元率1.0%と考えていいでしょう。

  • 50万円利用の場合:-29,000円
  • 100万円利用の場合:-24,000円
  • 300万円利用の場合:-4,000円
  • 1000万円利用の場合:66,000円
  • 3000万円利用の場合:266,000円
  • 発行可能枚数:無制限 ※枚数に関する記載なし
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:12,000円
  • 発行可能枚数:5
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:500円
  • 付帯条件:一部利用付帯
  • 死亡・後遺障害:1億円
  • 傷害治療費用:300万円
  • 疾病治療費用:300万円
  • 賠償責任:4,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円
  • 救援者費用:400万円
  • 乗継遅延費用保険金:2万円
  • 出航遅延費用等保険金:2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:4万円
  • 家族特約:×
  • ■その他・備考
    ※免責3千円/年間限度額100万円

  • 付帯条件:利用付帯
  • 死亡・後遺障害:5,000万円
  • 入院日額:-
  • 手術費用:-
  • 通院日額:-
  • 乗継遅延費用保険金:2万円
  • 出航遅延費用等保険金:2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:4万円
  • 家族特約:×
  • ■その他・備考
    -

  • 空港・ラウンジ特典:◯
  • プライオリティパス:-
×
アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。
・設立初年度、赤字でも申込OK
・空港ラウンジが使える
・旅行保険が充実
・ANAマイルを貯めやすい
・アメックスゴールドのステータス感
  • 初年度:130,000円(税別)
  • 2年目:130,000円(税別)
  • 基本:0.3%
  • 上限:1.0%
  • ■上限の根拠
    (基本還元率)カードの支払代金にポイントを充当する場合、ポイント=0.3円 (上限還元率)ポイントをANAマイルに交換した場合

  • 50万円利用の場合:-125,000円
  • 100万円利用の場合:-120,000円
  • 300万円利用の場合:-100,000円
  • 1000万円利用の場合:-30,000円
  • 3000万円利用の場合:170,000円
  • 発行可能枚数:無制限 ※プラチナは最大4枚発行でき、5 枚目以降はゴールドにて発行
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:12,000円
  • 発行可能枚数:5
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:500円
  • 付帯条件:一部利用付帯
  • 死亡・後遺障害:1億円
  • 傷害治療費用:1,000万円
  • 疾病治療費用:1,000万円
  • 賠償責任:5,000万円
  • 携行品損害:100万円
  • 救援者費用:1,000万円
  • 乗継遅延費用保険金:3万円
  • 出航遅延費用等保険金:3万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:3万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:6万円
  • 家族特約:-
  • ■その他・備考
    -

  • 付帯条件:一部利用付帯
  • 死亡・後遺障害:5,000万円
  • 入院日額:5,000円
  • 手術費用:20万円
  • 通院日額:3,000円
  • 乗継遅延費用保険金:3万円
  • 出航遅延費用等保険金:3万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:3万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:6万円
  • 家族特約:-
  • ■その他・備考
    -

  • 空港・ラウンジ特典:◯
  • プライオリティパス:◯
アメックスの法人カードで最高峰。旅行保険や空港ラウンジサービスが超充実。
・世界中の空港ラウンジが使える
・旅行保険が充実
・ANAマイルを貯めやすい
・コンシェルジュが利用可能

まとめ:アメックス・ビジネス・プラチナカードでビジネスを有利に

アメックスビジネスプラチナは、アメックスビジネスカードの中で最高ランクの法人カードです。

  • アメックスの法人カードで最高ランク
  • 限度額に上限がなく無制限
  • ポイント還元率が優秀でマイルも貯まりやすい
  • プラチナカードならではの「コンシェルジュサービス」付き
  • 金属製カードにデザイン変更されて高級感がアップ
  • 数々のホテル上級会員になることができる
  • 毎年更新ごとに高級ホテルへの無料宿泊が可能
  • 世界中の空港ラウンジやVIPラウンジを利用できる
  • 付帯保険が旅行保険以外にもかなり充実
  • 年会費は13万円(税抜/月々12,000円ほど)

さすがというスペック&特典の数々です。数ある法人カードの中でも紛れもなくトップクラスと言えます。

ぜひアメックスビジネスプラチナを手に入れて、ビジネスを加速させてみてはいかがでしょうか?

>> アメックスビジネスプラチナの公式サイトはこちら
年会費は全額経費計上できます!

▼アメックスビジネスプラチナのスペック詳細・編集部レビューのまとめ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格-
発行スピード3週間程度
年会費初年度130,000円(税別)
2年目以降130,000円(税別)

■年会費優遇条件
-

ポイント・還元率基本0.3%
上限1.0%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)カードの支払代金にポイントを充当する場合、ポイント=0.3円
(上限還元率)ポイントをANAマイルに交換した場合

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル-
ANAマイル通常:1:1マイル
Amazon-
キャッシュバック or 請求充当通常:1:0.8円
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数無制限 ※プラチナは最大4枚発行でき、5 枚目以降はゴールドにて発行
発行費用/枚0円
年会費/枚12,000円
ETCカード
発行可能枚数5
発行費用/枚0円
年会費/枚500円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件一部利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
傷害治療費用1,000万円
疾病治療費用1,000万円
賠償責任5,000万円
携行品損害100万円
救援者費用1,000万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)3万円
出航遅延費用等保険金(食事代)3万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)3万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)6万円
家族特約-

■その他・備考
-

国内旅行保険
付帯条件一部利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)5,000万円
入院日額5,000円
手術費用20万円
通院日額3,000円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)3万円
出航遅延費用等保険金(食事代)3万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)3万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)6万円
家族特約-

■その他・備考
-

ショッピング保険
その他保険カー・ピッキング・プロテクション(会社所有の全ての自動車に適用される保険) ゴルフ保険(傷害死亡・後遺傷害保険金額/最高1,000万円、入院保険金日額/15,000円、通院保険金日額/10,000円、第三者賠償保険金額/支払限度5,000万円、用品損害保険金額/年間限度額10万円 、ホールインワン・アルバトロス費用保険金額/支払限度30万円)
国際ブランドAMEX
支払いサイクル締め日毎月19日、毎月20日、毎月21日、毎月26日(ご指定銀行により異なります。金融機関が休日の場合は翌営業日。正確な締め日についてはサポートデスクにお問い合わせ下さい。)
支払い日翌月10日(デフォルトは翌月10日。一部カードは翌月21日、翌月26日、正確な支払い日についてはサポートデスクにお問い合わせ下さい。)
入会特典

とくになし

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

アメックスの法人カードで最高峰。旅行保険や空港ラウンジサービスが超充実。

カードのメリット(強み)
・世界中の空港ラウンジが使える
・旅行保険が充実
・ANAマイルを貯めやすい
・コンシェルジュが利用可能

カードのデメリット(弱み)
・年会費がやや高め
・従業員用追加カードの年会費が高め

プラチナカード法人カードの券種紹介

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

(上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました