NTTファイナンスBizカードは年会費無料なのに高還元率で超お得な法人クレジットカード

一般カード

NTTファイナンスBizカード レギュラー

NTTファイナンスBizカードは、個人事業主向けと法人向けの2種類あり、グレードがそれぞれ2種類あるので計4種類あります。

その中でレギュラーカードは年会費が無料なのですが、法人カードでは珍しく年会費無料を実現したカードです。

年会費無料なので、必要最低限の特典以外はカットされているものの、高還元率を誇るので、できる限りお得な法人カードを持ちたい方や法人にはオススメです。

そんなNTTファイナンスBizカードの基本的なスペックや特典などについて紹介します。

NTTファイナンスBizカードは数少ない年会費無料&高還元率の法人カード

NTTファイナンスBizカードは、レギュラーカードの方であれば年会費が永年無料であり、さらにポイント還元率が1.0%と高還元率を誇るオススメクレジットカードです。

法人カードによく付帯特している「旅行保険」や「空港ラウンジ」などの特典はできる限り抑えめ、もしくはカットされていますが、だからこそ年会費無料を実現できていると思われます。

もしも年会費無料の法人カードをお探しなら、NTTファイナンスBizカードがもっともオススメなのでぜひ発行してみてください。

>> NTTファイナンスBizカードの公式サイトはこちら

※NTTファイナンスBizカードのレギュラーカードには、個人事業主向けと法人向けの2種類ありますが、引き落とし口座を法人口座にしたい場合には法人向けをお選びください(法人向けの場合にはネット申し込みができず、資料を取り寄せて郵送して申し込みになります)

NTTファイナンスBizカードの基本スペック

 ノーマルカードゴールドカード
国際ブランドVISAVISA
年会費無料11,000円
ETCカード
年会費
550円無料
追加カード
年会費
無料2,200円
ポイント
還元率
1.0%1.0%
海外旅行保険最高2,000万円最高1億円
国内旅行保険最高2,000万円最高5,000万円
ショッピング保険100万円300万円
空港ラウンジなしあり

NTTファイナンスBizカードは、個人事業主向けと法人向けの2種類あり、グレードがレギュラーとゴールドの2種類あるので、計4種類あります(※上記の表は個人事業主向けの券面です)

レギュラーとゴールドではスペックや特典などの違いが大きいですが、個人事業主向けと法人向けではほぼ違いはありません。

 個人事業主向け法人向け
カード名NTTファイナンスBizカード
for Owners
NTTファイナンスBizカード
引き落とし口座個人口座法人口座
連帯保証人不要必要
支払い回数1回/2回/リボ/分割/ボーナス一括1回

もっとも大きな違いは、引き落とし口座が法人名義なのか個人名義(屋号名も可)なのかが異なる点です。

あとは、連帯保証人の有無や、カード利用代金の支払い回数とカードの申し込み方法といった部分が少しだけ違います。

年会費

レギュラーカードは永年無料なのに対して、ゴールドカードは11,000円です。

法人カードは年会費無料のカードが少なく、数少ないうちの1枚がNTTファイナンスBizカードです。

ゴールドだと年会費が11,000円必要になってきますが、その金額を出すなら他にも魅力的な法人カードの候補が出てくるので、年会費を出してもいい前提でしたら他のカードも検討することをおすすめします。

▼オススメの法人クレジットカードまとめはこちら

【厳選】おすすめ法人カード比較!今作るべきクレカ・選び方完全解説
実際に複数の法人カードを比較・所有する経営者・個人事業主が【日本一わかりやすく】まとめる「法人カード調査部」です!税理士・日銀OBとも意見交換・監修に入っていただき、信頼できる情報発信に努めています。

ポイント還元

NTTファイナンスBizカードはポイント還元率が1.0%と高水準です。

また、それが年会費無料で実現できるのがすごいです。

たとえば、初年度年会費無料の法人カードでいうとせいぜい0.5%ほどで、年会費1万円を超えてきて1.0%を実現できるほどなので、NTTファイナンスBizカードのコスパの良さが際立っています…!

なので年会費無料のポイント還元率も高い法人カードを探しているなら、NTTファイナンスBizカードで決まりです。

有効期限はポイント獲得月より2年間なので、執行しないように注意しましょう。

倍増TOWNでさらに還元率アップ

NTTファイナンスBizカード会員専用のポイントモール「倍増TOWN」を経由してお買い物をするだけでポイント還元率が最大26倍になります。

ファッションや美容・健康、家電・パソコン、本、旅行など、さまざまなジャンルでポイント還元率をアップすることができるので、ポイント還元率をさらにアップさせたい場合には活用してみてもいいかもしれません。

出光なら最大40円/Lもガソリン代が安くなる

NTTファイナンスBizカードレギュラーは、出光サービスステーションで割引を受けられるのですが、利用額に応じて、ガソリン代が2円~40円/L、軽油が1円~20円/Lも安く利用できます。

もしも車をよく利用する場合には、出光でNTTファイナンスBizカードレギュラーを使うとかなりお得です!

ポイント交換先やキャッシュバックについて

貯めたポイントは、各種ポイントなどに交換できたり、キャッシュバックすることもできます。

また、他にも景品交換やカタログギフトなどポイントの使い道には困らないほど幅広いです。

Amazonギフト券10,000ポイント10,000円分
nanacoギフトID10,000ポイント10,000円分
楽天Edy10,000ポイント10,000円分
dポイント10,000ポイント10,000ポイント
Tポイント10,000ポイント10,000ポイント
ANAマイル10,000ポイント4,000マイル
Pontaポイント10,000ポイント10,000ポイント
スターバックス
カード入金
10,000ポイント10,000円分

追加カード・ETCカード

NTTファイナンスBizカードは、レギュラーなら追加カードが年会費無料であり、ETCカードは年会費500円です。

ゴールドだと追加カードが年会費2,000円でETCカードは無料です。

NTTファイナンスBizカード レギュラーの追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数(0~無制限)無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費:初年度0円
年会費:2年目以降0円

■その他・備考
-

ETCカード
発行可能枚数(0~無制限)無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費:初年度500円
年会費:2年目以降500円

■その他・備考
-

NTTファイナンスBizカード ゴールドの追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数(0~無制限)無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費:初年度2,000円
年会費:2年目以降2,000円

■その他・備考
-

ETCカード
発行可能枚数(0~無制限)無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費:初年度0円
年会費:2年目以降0円

■その他・備考
-

付帯保険

付帯保険でいうと、レギュラーでもゴールドでもそれぞれ旅行保険とショッピング保険が付帯していますが、レギュラーでもゴールドでも海外旅行保険には注意が必要です。

それは海外旅行保険の傷害治療費用や疾病治療費用についてです。

傷害治療費用や疾病治療費用は怪我や病気をしたときの補償なのですが、海外だと全額負担なので平気で数百万円かかりますし、場合によっては数千万円にも…

実例をいくつか紹介します。

 国名医療費症例
1ハワイ3,052 万円ホテルの部屋で意識を失い救急車で搬送。心筋梗塞と診断され 19日間入院・手術。家族が駆けつける看護師が付き添い医療搬送。
2ノルウェー3,019 万円クルーズ船内で意識を失いヘリコプターで搬送。肺炎と診断され 13日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。
3アメリカ550万円カヤックで遊んでいたところ、波にのまれ海底に頭をぶつけ救急車で搬送。脳震盪と診断される。
4スペイン455万円歩行中に段差に躓き救急車で搬送。大腿骨頚部骨折と診断され 5 日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。
5韓国353万円吐き気と嘔吐のため受診。急性すい炎と診断され 11 日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。

引用:ジェイアイ傷害火災保険株式会社-2018年度 海外旅行保険事故データ

上記のように、NTTファイナンスBizカードではカバーしきれない事例がたくさんあるので注意しましょう。

ちなみに傷害治療費用や疾病治療費用は他のクレジットカードとも合算できるので、旅行・出張時は自動付帯のカードを個人法人併せて3枚くらい携帯しておくと安心感あります。

レギュラー

NTTファイナンスBizカード レギュラーの付帯保険
付帯保険に関する公式URL公式サイトへ
海外旅行保険付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用50万円
疾病治療費用50万円
賠償責任2,000万円
携行品損害-
救援者費用200万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

国内旅行保険付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害2,000万円
入院日額-
手術費用-
通院日額-
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険付帯条件利用付帯
国内 最大100万円
海外 最大100万円

■その他・備考
自己負担額:1回の事故につき
3,000円

その他保険ネット予約キャンセル補償サービス 年間5万円【内 通院1.5万円(年間)】

ゴールド

NTTファイナンスBizカード ゴールドの付帯保険
付帯保険に関する公式URL公式サイトへ
海外旅行保険付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害1億円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任5,000万円
携行品損害1旅行につき50万円
救援者費用400万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
※年間100万円限度

国内旅行保険付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害5,000万円
入院日額5,000円
手術費用-
通院日額2,000円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険付帯条件利用付帯
国内 最大300万円
海外 最大300万円

■その他・備考
自己負担額:1回の事故につき
1万円

その他保険ネット予約キャンセル補償サービス 年間10万円【内 通院3万円(年間)】

空港ラウンジ特典

NTTファイナンスBizカードは、ゴールドだけは国内の主要空港ラウンジとホノルルのダニエル・K・イノウエ空港で空港ラウンジを利用できます。

国内の空港ラウンジは正直なところ待合室みたいな感じではありますが、アルコールやソフトドリンクがあったりネット環境があるので、フライトまでの時間をより快適に過ごすことができます!

NTTファイナンスBizカードが向いている方・法人

NTTファイナンスBizカード(レギュラー)は無料で法人カードを保有したい個人事業主・法人にオススメなカードです。

個人向けカードであれば年会費無料のカードはたくさんありますが、法人カードに関してはほぼなく、その中でも還元率が1.0%もあるのはNTTファイナンスBizカードだけですし、実際にオススメできるスペックですよ!

年会費無料なので、特典などはカットされている部分も多いですが、カード決済できてポイント還元があればOKなら全く問題なしです。

>> NTTファイナンスBizカードの公式サイトはこちら

ゴールドでいうと、年会費10,000円かかりますが、もしもそれだけ支払うなら別にもオススメの法人カードはあるので、是非他のカードを検討してみてください。

【厳選】おすすめ法人カード比較!今作るべきクレカ・選び方完全解説
実際に複数の法人カードを比較・所有する経営者・個人事業主が【日本一わかりやすく】まとめる「法人カード調査部」です!税理士・日銀OBとも意見交換・監修に入っていただき、信頼できる情報発信に努めています。

まとめ:NTTファイナンスBizカードは設立間もない経営者の味方!

以上、NTTファイナンスBizカードについてでした!

NTTファイナンスBizカード(レギュラー)は、初年度無料なのに還元率1.0%とかなり高スペックなので、負担なくかつお得に利用できるおすすめ法人カードですので、発行して活用してみてはいかがでしょうか?

>> NTTファイナンスBizカードの公式サイトはこちら

※NTTファイナンスBizカードのレギュラーカードには、個人事業主向けと法人向けの2種類ありますが、引き落とし口座を法人口座にしたい場合には法人向けをお選びください(法人向けの場合にはネット申し込みができず、資料を取り寄せて郵送して申し込みになります)

NTTファイナンスBizカードのスペック表

NTTファイナンスBizカード レギュラー
NTTファイナンスBizカード レギュラー
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格カード使用者は、満20歳以上の方となります。 ※法人向けのみ連帯保証人が必要となります。
発行スピード3週間程度
年会費初年度0円(税別)
2年目以降0円(税別)

■年会費優遇条件
-

ポイント・還元率基本1.00%
上限1.00%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)1.0%
(上限還元率)特にボーナス等がないため

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル-
ANAマイル1:0.4マイル
Amazon1:1円
キャッシュバック or 請求充当1:1円
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費/枚0円
ETCカード
発行可能枚数無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費/枚500円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)2,000万円
傷害治療費用50万円
疾病治療費用50万円
賠償責任2,000万円
携行品損害-
救援者費用200万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

国内旅行保険
付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)2,000万円
入院日額-
手術費用-
通院日額-
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険
その他保険ネット予約キャンセル補償サービス 年間5万円【内 通院1.5万円(年間)】
国際ブランドVISA
支払いサイクル締め日月末締め
支払い日翌月25日(金融機関の休日にあたる場合は翌営業日)
入会特典

-

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

年会費無料・追加カードやETCカードも無料で発行できて、還元率常時1%、保険もそこそこにいい個人事業主・フリーランスにおすすめのビジネスカードです。Amazonギフト・キャッシュバックの還元率が1%相当なので、マイルを貯めずにAmazonや請求額充当したい方に特にオススメです。

カードのメリット(強み)
・還元率常時1%
・年会費無料なのに保険までつく
・追加カード無料
・個人事業主、フリーランスが発行しやすいカード

カードのデメリット(弱み)
・法人だと申込フローが煩雑、登記簿謄本が必須
・法人だと連帯保証人が必要

NTTファイナンスBizカード ゴールド
NTTファイナンスBizカード ゴールド
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格カード使用者は、満20歳以上の方となります。 ※法人向けのみ連帯保証人が必要となります。
発行スピード3週間程度
年会費初年度10,000円(税別)
2年目以降10,000円(税別)

■年会費優遇条件
-

ポイント・還元率基本1.00%
上限1.00%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)1.0%
(上限還元率)特にボーナス等がないため

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル-
ANAマイル1:0.4マイル
Amazon1:1円
キャッシュバック or 請求充当1:1円
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費/枚2,000円
ETCカード
発行可能枚数無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費/枚0円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任5,000万円
携行品損害1旅行につき50万円
救援者費用400万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
※年間100万円限度

国内旅行保険
付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)5,000万円
入院日額5,000円
手術費用-
通院日額2,000円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
出航遅延費用等保険金(食事代)-
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険
その他保険ネット予約キャンセル補償サービス 年間10万円【内 通院3万円(年間)】
国際ブランドVISA
支払いサイクル締め日月末締め
支払い日翌月25日(金融機関の休日にあたる場合は翌営業日)
入会特典

-

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

還元率常時1%、ETC年会費無料・保険も十分について個人事業主・フリーランスにおすすめのビジネスカードです。Amazonギフト・キャッシュバックの還元率が1%相当なので、マイルを貯めずにAmazonや請求額充当したい方に特にオススメです。

カードのメリット(強み)
・還元率常時1%
・付帯保険が安心の補償内容
・個人事業主、フリーランスが発行しやすいカード
・ETCカードの発行、年会費が無料

カードのデメリット(弱み)
・法人だと申込フローが煩雑、登記簿謄本が必須
・法人だと連帯保証人が必要
・年会費1万円だと、他のカードを検討する余地あり

一般カード法人カードの券種紹介

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

(上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました