アメックスビジネスゴールドは、法人設立したて&個人事業主でも発行可能な特典充実・ステータス法人クレカ!

アメックス法人ゴールドゴールドカード

「アメックスビジネスゴールド」ステータス性が高く、特典が充実していることで人気があります。

この記事では、アメックスビジネスゴールドの基本スペック特典おすすめ申込対象者などについて解説していきます。

アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード

※当記事では「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」を「アメックスビジネスゴールド」と表記することがあります。

アメックスビジネスゴールドは審査ハードルが低め&充実した特典が特徴のステータスカード

アメックスビジネスゴールドカードは世間のイメージがとは異なり、「法人設立年度でも持てる法人カード」です。

申し込みのハードルが低いもののスペックと特典は非常に充実しています!

【アメックスビジネスゴールドカードの魅力】

  • 申込が簡単でステータスが高い
  • 法人設立初年度でも持てる
  • 限度額が実質無制限(デポジット制度もある)
  • ポイント還元率が高い(とくにANAマイル)
  • 付帯保険が充実している
  • 空港ラウンジ特典も付帯

「限度額が無制限」「ANAのマイル還元率が高い」この2点がおもな特徴です。

全体的にバランスがとれた仕上がりで、どのような使い方をしてもさまざまなビジネスシーンでお得に使えるよう設計されています。

限度額には一律の制限がないため、まとまった限度額を持ちたい企業にはとくにおすすめです。

>>アメックスゴールドビジネスカードの公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの基本スペック

アメックス法人ゴールド

カード名称アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
年会費31,000円(税抜)
申込対象個人事業主
法人代表者
限度額制限なし
追加カード12,000円(税抜)
ETCカード500円(税抜)
ポイント還元率基本:0.3%~1.0%
空港ラウンジ国内28空港
海外2空港
付帯保険最高1億円
当サイトの解説こちらをクリック

年会費

アメックスビジネスゴールドは年会費が31,000円(税抜)です(月額2,600円程度)。

法人カードでそれなりの特典が付帯している場合には、3万円前後になるので、このカードがとくに高額というわけではありません。

決済額が多ければ、付与されるポイント数も多いため、ポイント還元も加味すると結果的に年会費が高いカードをもつ方がお得なケースも多いです。

ちなみにアメックスビジネスゴールドは初年度の年会費無料です!
お試し感覚で1年間使ってみることができます。

ポイント還元率

アメックスビジネスゴールドは、基本還元率が1.0%※と高いです。

上位カードのアメックスビジネスプラチナ(年会費13万円+税)もポイント還元率が1.0%で、同率だと考えると高い水準なのがわかります。

※メンバーシップリワードプラス(年会費3,000円)加入時

アメックスは公共料金や税金では「ポイントが付かない」or「条件が悪くなる」ものがあり、固定費の支払いには不向きです。
※例:HKの支払いではポイントゼロ、国税の支払い時は還元率半減

ポイントの交換先

アメックスビジネスゴールドカードは、100円ごとに1メンバーシップリワードポイントが貯まりますが、ポイントの交換先によって交換レートが異なります。

  • ANAマイル移行:0.5%(1.0%)
  • 提携航空パートナーポイント移行:0.5%(0.8%)
  • ヒルトンオーナーズポイント移行:0.625%(1.25%)
  • 楽天スーパーポイント移行:0.3%(0.5%)
  • 支払に充当:0.3%(0.5%~1.0%)
  • 旅行代金に充当:0.4%(0.8%~1.0%)
  • ヨドバシカメラ商品券に交換:0.3%(0.5%)
  • オンラインショッピングで支払い:0.3%(0.5%~1.0%)

※カッコ内はメンバーシップリワードプラスに登録した場合の還元率

メンバーシップリワードプラスで交換レートがアップ

アメックスカードは通常のポイント還元率は高くありませんが、メンバーシップリワードプラスに登録すると高還元率カードに変わります。

メンバーシップリワード加入後は、「ANAマイル移行1.0%」「提携航空マイル移行0.8%」となり、非常にお得です。

アメックスカードが旅行に力を入れていることもあり、マイル以外にもホテルポイントへの交換レートが高いのも特徴です。

飛行機に搭乗する機会が少ない方は、アメックスビジネスゴールドよりも、Amazonギフト券などに高レートで交換できる法人カードを選んだほうがいいかもしれません。

付帯保険

アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カードの付帯保険
付帯保険に関する公式URL公式サイトへ
海外旅行保険付帯条件一部利用付帯
死亡・後遺障害1億円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任4,000万円
携行品損害1旅行中最高50万円
救援者費用400万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
家族特約×

■その他・備考
※免責3千円/年間限度額100万円

国内旅行保険付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害5,000万円
入院日額-
手術費用-
通院日額-
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険付帯条件利用付帯
国内 最大500万円
海外 最大500万円

■その他・備考
免責1事故1万円、購入日から90日間補償

その他保険-

アメックスカード自体が旅行やグルメに強いことがあるため、旅行保険も充実しています!

また、他の法人カードと比較すると、アメックス法人カードは「プロテクション」が充実しているのが特徴です。

キャンセルプロテクション

ホテルや航空機などをキャンセルした場合に補償を受けられる保証で、出張や接待などを急にキャンセルした場合のコストを回収できます。

オンラインプロテクション・リターンプロテクション

「オンラインプロテクション(ネット上の不正使用)」・「リターンプロテクション(商品返品)」もあり、より安心してカードを使えます。

海外旅行保険の「傷害治療費用」と「疾病治療費用」は注意

アメックスビジネスゴールドは旅行保険が充実していますが、海外旅行保険の「傷害治療費用」と「疾病治療費用」はやや不足気味です。

これらは海外で病気や怪我をした時の補償ですが、最高300万円までしかありません。

アメックスビジネスグリーンの保険だけでは足りないケースがありますので、ご注意ください。

「傷害治療費用」と「疾病治療費用」は他のカードと補償額を合算できます。
手持ちの個人カードなどとあわせて、保険額を最低でも1,000万円以上にしておくと安心です。

追加カード・ETCカード

社員用の追加カードは、発行枚数に制限がないのがアメックスビジネスカードの強みです。

社員さんなどに追加カードを発行予定の社長さんにとって嬉しいポイントになるでしょう。

※追加カードは1枚ごとに12,000円(税抜)かかります。

あまり追加カードが必要ない方には、当サイトで人気高いセゾンプラチナ・ビジネスカードをおすすめします。

セゾンプラチナ・ビジネスカードなら追加カードを無料で4枚まで発行できます。

できる限りコストを抑えつつ、追加カードを発行したい場合には、セゾンプラチナ・ビジネスカードをご検討ください。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト・今すぐ申込み

ETCカードは5枚まで発行可能

ETCカードは、1枚のカードに対して最大5枚まで発行できます。

  • 年会費:500円(税抜)
  • 発行枚数:最大5枚
  • 発行手数料:無料

年会費は500円(税抜)かかりますが、高速道路を利用する企業にとっては実用性が高いため発行しておきたいですね。

追加カードに対してもETCカードを発行できるため社員が高速道路を使った経費を簡単に管理できます。

空港ラウンジは利用できるがプライオリティパスはなし

アメックスビジネスゴールドでは、日本国内の主要空港ダニエル・K・イノウエ国際空港 (旧・ホノルル国際空港)の空港ラウンジを利用できます。

北海道
東北
新千歳空港函館空港
青森空港秋田空港
仙台国際空港
関東羽田空港成田国際空港
中部
北陸
新潟空港富山空港
中部国際空港小松空港
近畿伊丹空港関西国際空港
神戸空港
中国
四国
岡山空港広島空港
米子空港山口宇部空港
高松空港松山空港
徳島空港
九州
沖縄
北九州空港福岡空港
長崎空港大分空港
熊本空港鹿児島空港
那覇空港
海外ダニエル・K・イノウエ国際空港

※利用できる空港ラウンジの範囲は他社のカードと大差なく、アメックスならではの特典ではありません。

世界中で利用したいならプライオリティパス付帯の法人カードを選ぼう

空港ラウンジと言えば、プライオリティパスが重要です!

プライオリティパスは、クレジットカードとは別のカードで、空港ラウンジへのアクセスカードのようなものです。

このプライオリティパスがあれば、世界中1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できます。

プライオリティパスを持ちたいなら、当サイトでも人気のセゾンプラチナ・ビジネスカードがおすすめです。

年会費は条件次第で1万円になり、1万円で4万円以上するプライオリティパスが無料でついてきます!

コンシェルジュサービスもついているなど、コスパ抜群で筆者のメイン法人カードでもあります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト・今すぐ申込み

【個人事業主もOK】アメックスビジネスゴールドの審査ハードル

アメックスビジネスゴールドは「法人設立年度でも持てる」ため、審査申込条件のハードルが非常に低いです。

一般的には「アメックス=ステータスカード」という認識が強いですが、申し込みのハードルはそこまで高くありません。

審査条件は3点のみで「日本国内に法人または事業所住所をお持ちの方」「20歳以上、定職がある方」「パート・アルバイトの方のお申込みはお受けできません」とだけ記載されています。

【重要】個人事業主でも発行可能!

アメックスビジネスカードは個人事業主でも発行可能です!

法人3期目でしかも黒字じゃないと発行できない法人カードもある中、アメックスビジネスカードは個人事業主にも寄り添い、ビジネスの手助けをしてくれている印象があります。

>>アメックスゴールドビジネスカードの公式サイトはこちら

審査に不安があるなら下位カードのグリーンもおすすめ

審査に不安がある方は、このゴールドカードの下位カードにあたる「アメックスビジネスグリーン」に申し込んでもいいでしょう。

アメックスの特徴(上限額 実質無制限など)はそのままに、年会費は12,000円(税抜)と維持しやすい価格です。

>> アメックスビジネスグリーンの公式サイトはこちら

アメックスビジネスグリーンは、できる限りお得にANAマイルを貯めるのにオススメな法人クレジットカード
※当記事では「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」を「アメックスビジネスグリーン」と表記します。 この記事では、アメックスビジネスグリーンの「基本的なスペック」・「特典」・「どんな個人事業主や法人にオススメなのか」について...
ただし「アメックスビジネスグリーン」にはゴールドにある「初年度 年会費無料」特典がついてきません。
審査がよほど不安な方以外は、ゴールドカードに申し込んだ方が初年度は圧倒的にお得です。

アメックスビジネスゴールドの特典やメリット

アメックスビジネスゴールドカードには、ビジネスを加速させる特典が多数付帯しています。

その中からいくつかピックアップして紹介します。

詳細については公式サイトをご覧ください。

駅構内からホテルまでの手荷物無料宅配

駅構内からホテルまでの手荷物無料宅配サービスを利用することができます。

対象となる駅は東京駅・新宿駅・博多駅の3つであり、駅構内の宅配カウンターから東京23区内、または博多区・中央区のホテルまで無料で手荷物を宅配してもらえます。

ホテルに荷物を置きに行く暇なく商談するときなどには、先にキャリーケースなどを送っておけば、快適に移動ができ便利です。

往復1個までの手荷物無料宅配サービス

アメックスビジネスゴールドでは、国際線利用の際に往復でそれぞれ1個までの手荷物無料宅配サービスを利用することができます。

対象の空港は、羽田空港・成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港で、自宅~空港・空港~~自宅でそれぞれ、スーツケース1個までの手荷物を無料で宅配してもらえます。

ビジネス・ダイニング by ぐるなび

ぐるなびが提供するサービスですが、会食や接待にふさわしいレストランを経験豊富なコンシェルジュが、エリアや予算や人数などの希望に合わせて案内してくれます。

忙しくて会食の手配どころではないときには、とても役に立つでしょう。

アメックスビジネスゴールドが向いている方・法人

アメックスビジネスゴールドは以下に当てはまる方・法人にオススメな法人クレジットカードです。

  • 法人設立初年度で法人カードを発行したい
  • 個人事業主でビジネスカードを持ちたい
  • ステータス性が高いほうがいい
  • 限度額がなかったりデポジット機能付きがいい
  • ANAマイルを貯めたい
  • 空港ラウンジ特典が付帯している

アメックスビジネスゴールドカードは、法人カードの中でもスペック・特典ともに充実したカードであり、ビジネスの手助けになることでしょう。

これだけの法人カードが初年度の年会費が無料で、1年間はお試しで利用できるのは非常にありがたいです。

まずは発行して利用してみてはいかがでしょうか?

>>アメックスゴールドビジネスカードの公式サイトはこちら

※1年後の更新月の前月までに解約すれば次年度年会費は請求されません。

その他アメックス法人カードという選択肢は?

今回はアメックスビジネスビジネスを紹介しましたが、下位カードに「アメックスビジネスグリーン」と上位カードに「アメックスビジネスプラチナ」があります。

アメックスビジネスゴールドがピンとこなかった場合、下位カードもしくは上位カードをご検討ください。

アメックスのコーポレートカード徹底比較!審査・限度額・特典までまとめて紹介
ステータスの高さが魅力のアメックス法人カード!個人事業主でも大丈夫?限度額、追加カード、ETCカード、空港ラウンジの利用可否、付帯保険、コンシェルジュの有無、他カードと比較しながら徹底解説!

グリーン・ゴールド・プラチナの主要スペックを比較しています。上下左右にスクロールしてご確認ください。

※表はスライドできます。
券種名
年会費
還元率
年間の
お得度目安
追加
カード
ETC
カード
海外旅行
付帯保険
国内旅行
付帯保険
空港系
特典
コンシェルジュ特典
編集部
レビュー
カードの
メリット
  • 初年度:12,000円(税別)
  • 2年目:12,000円(税別)
  • 基本:0.3%
  • 上限:1.0%
  • ■上限の根拠
    (基本還元率)カードの支払代金にポイントを充当する場合、ポイント=0.3円 (上限還元率)メンバーシップ・リワード・プラス(参加登録費3,000円+税)に登録し、ポイントをANAマイルに交換した場合 ※法人アメックスは原則、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しマイル交換を狙うのがセオリーなので還元率1.0%と考えていいでしょう。

  • 50万円利用の場合:-10,000円
  • 100万円利用の場合:-5,000円
  • 300万円利用の場合:15,000円
  • 1000万円利用の場合:85,000円
  • 3000万円利用の場合:285,000円
  • 発行可能枚数:無制限 ※枚数に関する記載なし
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:6,000円
  • 発行可能枚数:5
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:500円
  • 付帯条件:利用付帯
  • 死亡・後遺障害:5,000万円
  • 傷害治療費用:300万円
  • 疾病治療費用:300万円
  • 賠償責任:4,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円※
  • 救援者費用:400万円
  • 乗継遅延費用保険金:-
  • 出航遅延費用等保険金:-
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:-
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:-
  • 家族特約:×
  • ■その他・備考
    ※免責3千円/年間限度額100万円

  • 付帯条件:利用付帯
  • 死亡・後遺障害:5,000万円
  • 入院日額:-
  • 手術費用:-
  • 通院日額:-
  • 乗継遅延費用保険金:-
  • 出航遅延費用等保険金:-
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:-
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:-
  • 家族特約:×
  • ■その他・備考
    -

  • 空港・ラウンジ特典:◯
  • プライオリティパス:-
×
定番法人カードのアメックス。ANAマイルを貯めやすく、利用実績やデポジットに応じて限度額にゆとりを持たせやすいのが特徴。国内空港ラウンジも使えます。
・設立初年度、赤字でも申込OK
・空港ラウンジが使える
・ANAマイルを貯めやすい
・アメックスのステータス感
  • 初年度:0円(税別)
  • 2年目:31,000円(税別)
  • 基本:0.3%
  • 上限:1.0%
  • ■上限の根拠
    (基本還元率)カードの支払代金にポイントを充当する場合、ポイント=0.3円 (上限還元率)メンバーシップ・リワード・プラス(参加登録費3,000円+税)に登録し、ポイントをANAマイルに交換した場合 ※法人アメックスは原則、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しマイル交換を狙うのがセオリーなので還元率1.0%と考えていいでしょう。

  • 50万円利用の場合:-29,000円
  • 100万円利用の場合:-24,000円
  • 300万円利用の場合:-4,000円
  • 1000万円利用の場合:66,000円
  • 3000万円利用の場合:266,000円
  • 発行可能枚数:無制限 ※枚数に関する記載なし
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:12,000円
  • 発行可能枚数:5
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:500円
  • 付帯条件:一部利用付帯
  • 死亡・後遺障害:1億円
  • 傷害治療費用:300万円
  • 疾病治療費用:300万円
  • 賠償責任:4,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円
  • 救援者費用:400万円
  • 乗継遅延費用保険金:2万円
  • 出航遅延費用等保険金:2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:4万円
  • 家族特約:×
  • ■その他・備考
    ※免責3千円/年間限度額100万円

  • 付帯条件:利用付帯
  • 死亡・後遺障害:5,000万円
  • 入院日額:-
  • 手術費用:-
  • 通院日額:-
  • 乗継遅延費用保険金:2万円
  • 出航遅延費用等保険金:2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:4万円
  • 家族特約:×
  • ■その他・備考
    -

  • 空港・ラウンジ特典:◯
  • プライオリティパス:-
×
アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。
・設立初年度、赤字でも申込OK
・空港ラウンジが使える
・旅行保険が充実
・ANAマイルを貯めやすい
・アメックスゴールドのステータス感
  • 初年度:130,000円(税別)
  • 2年目:130,000円(税別)
  • 基本:0.3%
  • 上限:1.0%
  • ■上限の根拠
    (基本還元率)カードの支払代金にポイントを充当する場合、ポイント=0.3円 (上限還元率)ポイントをANAマイルに交換した場合

  • 50万円利用の場合:-125,000円
  • 100万円利用の場合:-120,000円
  • 300万円利用の場合:-100,000円
  • 1000万円利用の場合:-30,000円
  • 3000万円利用の場合:170,000円
  • 発行可能枚数:無制限 ※プラチナは最大4枚発行でき、5 枚目以降はゴールドにて発行
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:12,000円
  • 発行可能枚数:5
  • 発行費用/枚:0円
  • 年会費/枚:500円
  • 付帯条件:一部利用付帯
  • 死亡・後遺障害:1億円
  • 傷害治療費用:1,000万円
  • 疾病治療費用:1,000万円
  • 賠償責任:5,000万円
  • 携行品損害:100万円
  • 救援者費用:1,000万円
  • 乗継遅延費用保険金:3万円
  • 出航遅延費用等保険金:3万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:3万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:6万円
  • 家族特約:-
  • ■その他・備考
    -

  • 付帯条件:一部利用付帯
  • 死亡・後遺障害:5,000万円
  • 入院日額:5,000円
  • 手術費用:20万円
  • 通院日額:3,000円
  • 乗継遅延費用保険金:3万円
  • 出航遅延費用等保険金:3万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金:3万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金:6万円
  • 家族特約:-
  • ■その他・備考
    -

  • 空港・ラウンジ特典:◯
  • プライオリティパス:◯
アメックスの法人カードで最高峰。旅行保険や空港ラウンジサービスが超充実。
・世界中の空港ラウンジが使える
・旅行保険が充実
・ANAマイルを貯めやすい
・コンシェルジュが利用可能

まとめ

アメックスゴールドビジネスは、ステータス性があり特典も充実している法人カードですが、法人設立したての企業や個人事業主でも申し込み可能な法人カードです。

年会費が31,000円と安くはないですが、初年度年会費が無料でお試しできます。

法人カードの年会費は経費計上可能なので、ビジネスを楽にそして加速させるためのツールとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

>>アメックスゴールドビジネスカードの公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カード
申込・審査・発行
申込対象
(審査対象)
法人代表者
個人事業主
法人そのもの-
申込資格日本国内に法人または事業所住所をお持ちの方。申込基準は、20歳以上、定職がある方とさせていただいております。パート・アルバイトの方のお申込みはお受けできません。
発行スピード3週間程度
年会費初年度0円(税別)
2年目以降31,000円(税別)

■年会費優遇条件
基本カード会員様のみ初年度年会費が無料になります。

ポイント・還元率基本0.3%
上限1.0%

■基本・上限の根拠
(基本還元率)カードの支払代金にポイントを充当する場合、ポイント=0.3円
(上限還元率)メンバーシップ・リワード・プラス(参加登録費3,000円+税)に登録し、ポイントをANAマイルに交換した場合
※法人アメックスは原則、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しマイル交換を狙うのがセオリーなので還元率1.0%と考えていいでしょう。

主要交換先の
ポイント交換レート
JALマイル-
ANAマイル通常:1:0.5マイル 上限:1:1マイル ※上限はメンバーシップ・リワード・プラス(参加登録費3,000円+消費)登録時
Amazon-
キャッシュバック or 請求充当通常:1:0.3円 上限:1:0.8円 ※上限はメンバーシップ・リワード・プラス(参加登録費3,000円+消費)登録時
追加カード・ETCカード
追加カード
発行可能枚数無制限 ※枚数に関する記載なし
発行費用/枚0円
年会費/枚12,000円
ETCカード
発行可能枚数5
発行費用/枚0円
年会費/枚500円
付帯保険
海外旅行保険
付帯条件一部利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任4,000万円
携行品損害1旅行中最高50万円
救援者費用400万円
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
家族特約×

■その他・備考
※免責3千円/年間限度額100万円

国内旅行保険
付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)5,000万円
入院日額-
手術費用-
通院日額-
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
家族特約×

■その他・備考
-

ショッピング保険
その他保険-
国際ブランドAMEX
支払いサイクル締め日毎月19日、毎月20日、毎月21日、毎月26日(ご指定銀行により異なります。金融機関が休日の場合は翌営業日。正確な締め日についてはサポートデスクにお問い合わせ下さい。)
支払い日翌月10日(デフォルトは翌月10日。一部カードは翌月21日、翌月26日、正確な支払い日についてはサポートデスクにお問い合わせ下さい。)
入会特典

カードご入会後1年以内に200万円以上のカードご利用で、メンバーシップ・リワード®のポイント30,000ポイント獲得可能

その他のキャンペーン情報

-

編集部レビュー

アメックスの上位カード。法人初年度でもステータスをその手に。

カードのメリット(強み)
・設立初年度、赤字でも申込OK
・空港ラウンジが使える
・旅行保険が充実
・ANAマイルを貯めやすい
・アメックスゴールドのステータス感

カードのデメリット(弱み)
・年会費がやや高め
・従業員用追加カードの年会費が高め

おまけ:海外だとメタルのアメックスビジネスゴールドがある?!

日本でもアメックスプロパーカードはプラチナカードがメタル製になりました。

海外ではゴールドカードもメタル製になったようです!

今後、日本でもゴールドカードがメタル製になれば、さらにステータス性が高まり人気のカードとなりそうですね。

2019年1月9日までは、限定でローズゴールドバージョンのアメックス・ゴールドに申し込むことも可能でした。

カラーバリエーションが増えるのもアリですね。

筆者自身もアメックスビジネスゴールドを保有しているので、メタル製になるのが待ち遠しいです!

>>アメックスゴールドビジネスカードの公式サイトはこちら

ゴールドカード 法人カードの券種紹介

【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

(上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

三井住友VISAビジネスfor owners
三井住友VISAビジネスfor owners

三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

コメント

タイトルとURLをコピーしました