Staple(ステイプル)なら支払い~精算までがスムーズに!法人カード+経費精算が一体化した画期的なサービス。

stapleカードコラム

経費精算はまだまだ「現金」と「紙」が多く登場する業務で、非効率の塊です。

そんな経費精算を「キャッシュレス」+「ペーパレス」に変えるのが「Staple(ステイプル)」です。

ステイプルは支払い経費精算サービスの2つから、企業の経理精算を変えてくれます。

Staple(ステイプル)の特徴

ステイプルは「経費精算サービス」と「法人プリペイドカード」が一体化した今までにないサービスです。

法人プリペイドカードの「ステイプルカード」を単体で持つことはできず、経費精算サービスとセットで利用します。

従来のように、法人カードと経理精算サービスを別々に契約する必要はありません。

また、ステイプルについてくる法人カードは「プリペイドカード※」のため、審査に不安がある法人代表者さんでも安心です。

プリペイドカードとは?:事前に入金した金額だけを使えるカード。前払い制のためカード入会時の審査がありません。

ステイプルカードの利用がコスト削減につながる

通常、社員が現金で立替払いを行ったときは、立替払いのデータ入力・申請作業に加え上司による確認作業が必要です。

ステイプルカードなら利用内容を自動でデータ化してくれるため、データ入力や確認時間にかかるを大きく削減できます。

同時に、振込手数料も削減できます。

【削減コストの想定】
例:従業員100名にステイプルカードを導入

  • 振込手数料:平均300円/振込×100名×2回×12ヶ月=¥720,000
  • 経費精算作業:時給2,500円×100名×1.5h×12ヶ月=¥4,500,000
  • 年間コスト削減効果:¥5,220,000
  • 引用:staple/staple card資料-CROWD CAST

    使いやすい工夫がいろいろ:他サービスともつながる

    ステイプルはこれまでの独立した経費精算サービスとは異なり、拡張性が非常に高い(=他サービスとあわせて使える)です。

    すでに「slack」と連携しており、slack上で確認と承認を進められます。

    ほかにも「Microsoft Teams」にも対応予定です。

    支払い:法人向けプリペイドカード「Stapleカード」を利用

    Stapleカード

    ステイプルを導入したら、支払いはステイプルカードを利用しましょう。

    ステイプルカードを積極的に利用し、社員にもカードを配布することで現金による立替を大きく減らせます。

    法人プリペイドカードなのでどんな企業でも作れる

    冒頭で紹介した通り、ステイプルカードはプリペイドカードのため事前の与信審査がありません。

    起業直後の会社であっても、すぐにキャッシュレス清算の手段として導入できます。

    1枚165円(税込)で追加カードを発行でき、正社員だけでなく派遣社員やアルバイトにも配れます。

    アルバイトを含む全社員にステイプルカードを配れば、会社全体のキャッシュレス化が一気に進むでしょう。

    限度額はカードごとに設定できる

    ステイプルカードはカードごとに限度額を設定でき、各カードは管理者によって一元管理されます。

    専用口座にお金を振り込んだら、その金額の分配は管理者が行います。

    付与する金額や、付与の有無(カードだけ渡し残高0円の状態でもOK)は管理者の自由です。

    ▼イメージ図
    ステイプルカード(金額付与のイメージ)

    安心設計で安全に使える

    ステイプルカードの利用履歴はリアルタイムで確認できます。

    怪しい利用や盗難・紛失が発覚した際は、「リモートロック機能」「チャージ額の減額」を使うことで、カードの安全を守れます。

    もともとプリペイドカードは前払い制のため安全度が高いとされていますが、ステイプルカードは各種機能によりさらに安全に使えるよう設計されています。

    ▼ステイプルカードの管理画面(見本)
    ステイプルカードの管理画面(見本)

    経費精算:Stapleを利用

    Stapleシステム

    経費精算は専用サービスのステイプルを利用します。

    ステイプルならペーパレスで経費精算ができ、フルリモートワークにも対応しています。

    ペーパレスでいつでも、どこでも申請できる

    今までの紙ベースの経費申請は手間も多く、申請を後回しにする従業員も多くおり、経理担当者が月末に忙しくなるケースも多々ありました。

    Stapleならペーパレス申請のため時間場所を問わず申請でき、手間もかかりません!

    システムはGOOD DESIGN賞を受賞したスマホファーストの高い使用感を誇っています。

    ▼操作画面のイメージ図(見本)
    ステイプル承認画面(見本)

    レシートは自動読み取り

    レシートはスマートフォン撮影で自動読み取りされます。

    今までのように、申請書に手書きすることや、所定のフォーマットに手入力する必要はありません。

    ※レシート撮影と同時に画像にタイムスタンプが押されるため、電子帳簿保存法にも対応しています。

    交通費精算はタッチするだけ

    「Staple リーダー」iOS版

    交通費精算は専用リーダーの「Staple リーダー」にタッチするだけで完了します。

    「Staple リーダー」はSuicaやPASMOといった主要な交通系ICカードの利用履歴を読み取ることができるため、交通費精算の手間がかかりません。

    営業職の方など、移動が多く交通費の精算だけで週に何十分も時間を取られていた人には、非常にありがたいシステムしょう。

    Stapleカードが向いている組織・企業

    「キャッシュレスの支払い手段」と「経費精算サービス」をまとめて導入したい企業に向いています。

    起業したばかりの方や従業員を増やし1人社長ではなくなった方などが、タイミング的に導入しやすいでしょう。

    経費精算サービスが必要ないなら

    Stapleカードは一般的な法人プリペイドカードと異なり、経費精算サービス「Staple」の付属カードという位置づけです。

    Stapleカード単体での利用はできません。

    そのため、「経費精算サービスはいらない」・「法人カードだけほしい」という方は、カード単体で申し込める通常の法人カードを選びましょう。

    次の章で代表的な法人カード3種類を紹介します。

    法人カード3種類:基本的にはクレジットカードを持とう

    法人カードには主に下記の3種類がありますが、基本的にはクレジットカードを選べばOKです。

  • クレジットカード←最も一般的
    利用金額を1ヶ月ごとに集計して後払い
  • デビットカード:
    銀行に紐づけて利用ごとに銀行口座から随時引き落とし
  • プリペイドカード←Stapleカード:
    事前にチャージした金額が利用できる
  • 3種類の大きな違いは「審査の有無」です。

    クレジットカード以外のデビットカードとプリペイドカードには審査がありません。

    審査に不安がある方は、作成が簡単で柔軟に利用額を変更できる「プリペイドカード」がおすすめです。

  • プリペイド型(事前に利用分を入金する)なので与信審査なし
  • 1枚月額110円と格安で法人カードが作れる
  • 発行可能枚数は無制限
  • Bizプリカ公式サイト
    Bizプリカは法人向けプリペイドカード!評判・メリットは?仮払金・小口現金効率化を目指す、運営会社にインタビューもしてきました!
    法人・店舗ビジネスにおける小口現金・現場の立替金に対して非常に使いやすいカード「Bizプリカ」の紹介・運営者会社のTOMOWEL Payment Service株式会社に迫るインタビュー記事です!

    どのような会社でも法人カードは導入したい…!

    どのような規模、事業内容の会社であっても、「法人カード」は導入しておきたいです。

    基本的に、法人カードの作成はデメリットと比べメリットの方が圧倒的に多いです。

    【法人カード導入の代表的なメリット】

    1. 経理処理が楽になる
    2. キャッシュフローが改善する
    3. 会社とプライベートの線引きができる
    4. ポイント還元が受けられる
    5. 従業員に追加カードやETCカードを発行できる
    6. 付帯サービスを受けられる

    法人カードには個人カード同様に「ポイント還元」や「付帯サービス」といったメリットがありますが、何よりも「経理処理」で大きな恩恵を受けられます。

    現金で経費を支払う場合、領収書やレシートを1つ1つ確認しなければなりません。

    しかし、法人カードで経費を支払えば、利用明細から一目で内容を確認でき業務軽減に繋がります。

    ▼今作るなら!失敗しない法人カード3選▼

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
  • 【最短3営業日発行】初年度無料&コスパ最強のイチオシカード
    高還元率で便利なコンシェルジュつき。 新規入会で、最大9,000円相当プレゼント中!

  • アメックス法人ゴールド
  • 法人設立初年度・赤字でも作れるステータスカード!
    初年度年会費(34,100円)が無料になるキャンペーン中なので、1年のお試し無料利用ができます!

  • 三井住友 for Owners(クラシック)
  • 格安法人カードのド定番!
    最短3営業日発行でスムーズに手元に届く上、安心の三井住友カードブランドなのも魅力です!。

    Stapleの利用料金

    Stapleシステム

    30日間試用版スタンダードプラス
    ¥0月額¥660(税込)
    ※年額プラン(¥6,000/1ユーザー)
    Ask
    ※スタンダードプランに追加して購入
    スタンダードプランの全機能iOS/Androidアプリスタンダードプランの全機能
    Stapleカード
    AI OCRによるレシート読み取り
    電子帳簿保存法対応
    交通系ICカード読み取り
    Stapleコネクト(プラグイン機能)
    多段階承認、社内ルール等各種設定
    --会計システム/ERP連携(標準以外)
    --人事マスタ連携
    --その他API連携
    通常サポート:なし通常サポート特別サポート
    初期設定サービス:なし初期設定サービス:オプション初期設定サービス:お問い合わせ

    Stapleのサービス料の中にStapleカードの利用料金も含まれています(別途、カード発行手数料は必要)。

    Stapleカードの利用料金

    Stapleカード

    Stapleカード
    利用可能店舗国内・海外のVisa加盟店
    申込対象法人のみ(個人事業主は含まず)
    有効期限発行から5年間
    申込方法経費精算サービス「Staple」管理画面より申込
    必要情報・書類・会社法人番号
    ・実質的支配者に関する情報
    ・管理責任者の本人資料
    ※経費精算サービス「Staple」の管理画面に情報入力およびアップロード
    チャージ上限額無制限
    カード年会費無料
    ※経費精算サービス「Staple」利用費のみ
    発行手数料165円(税込)(1枚あたり)

    前述の通り、Stapleカードは経費精算サービス「Staple」の付属カードです。

    Stapleカード単体では申し込めないためご注意ください。

    利用料はStapleのシステム料金+カードの発行手数料(1枚150円)のみとなっており、カード導入の負担感は少ないです。

    まとめ:決済から経費精算まで一貫して使えるサービス

    ステイプルは、「経理精算+プリペイドカード」がひとつのサービスとしてまとまって提供されています。

    ステイプルを導入すれば、経費の支払いから精算までをキャッシュレス&ペーパレスで進められます!

    独立した経費精算サービスではなく、slackなどに連携させられるのも魅力です。

    新しい経費精算サービスを探している企業にとって、ステイプルはおすすめの選択肢です。

    ▼今作るなら!失敗しない法人カード3選▼

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
  • 【最短3営業日発行】初年度無料&コスパ最強のイチオシカード
    高還元率で便利なコンシェルジュつき。 新規入会で、最大9,000円相当プレゼント中!

  • アメックス法人ゴールド
  • 法人設立初年度・赤字でも作れるステータスカード!
    初年度年会費(34,100円)が無料になるキャンペーン中なので、1年のお試し無料利用ができます!

  • 三井住友 for Owners(クラシック)
  • 格安法人カードのド定番!
    最短3営業日発行でスムーズに手元に届く上、安心の三井住友カードブランドなのも魅力です!。

    画像の出典・参考情報

  • クラウドキャスト株式会社|公式サイト
  • Staple|公式サイト
  • staple/staple card資料-CROWD CAST
  • コラム

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    年会費1,000円、スタートアップ・スモールビジネスに強く・デザインが美しいカードです。

    追加カードやETCが年会費0円で4枚まで発行できます。2020年新登場の法人カード!

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも...?年会費は安いほうがいい!)という方にオススメできる1枚。

    三井住友VISAビジネスfor owners
    三井住友VISAビジネスfor owners

    三井住友VISAビジネスカード for ownersは3種類あり、ランクによって年会費やスペックが異なります。

    ビジネスサポートサービスの特典は共通しているため、安い法人カードを求める方は「クラシック(一般)」がおすすめです。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました