法人カードとビジネスカードの違いは?おすすめはどこ?

法人カードとビジネスカードの違いは?おすすめはどこ?

43view

2018.07.26

法人カードとビジネスカードの違いは?

個人向けに対し法人向けがある

まず、クレジットカードには個人で利用する個人カードと個人事業主や企業が利用する法人カードの2つがあるところから話を始めましょう。個人カードは私たちが個人で所有しショッピングや旅行などさまざまなシーンで使うクレジットカードです。申し込みから発行までの日にちが短く、さらに特典も豊富にあるため多くの人が日常的に利用をしています。

一方、法人カードは個人事業主や会社を対象に発行されるクレジットカードで、名義人はそれぞれ企業や法人で勤務をする、または属性のある個人となります。法人カードを利用することができるのはあくまでカードに名前のある個人のみとなるのが特徴です。

法人カードの特徴

法人カードの特徴は、まず支払い口座として会社が名義である「法人口座」を選ぶことができることでしょう。法人口座から支払いの引き落としができれば、会社としても管理がとても容易になります。また、クレジットカードを利用する上で最も大切な項目の一つである「限度額」についても個人カードと比べて高いく設定されていいます。

多くのクレジット会社で最大数百万の幅を設けており、高額の支払いにも対応をしています。会社の返済履歴が良好であれば、さらに限度額を広げることも可能であるため、多方面で支払いが必要とされる企業や法人であれば、使い勝手も大変よいと言えます。

法人カードはビジネスカード・コーポレートカードの総称

個人事業主や会社向けに発行するクレジットカードには「法人カード」「ビジネスカード」「コーポレートカード」の3つがあります。どのカードが個人事業主や会社それぞれに対してどのカードが適しているのか、よく理解できない部分もあるでしょう。法人カードは個人事業主、中小企業、大企業の類に関係なく、事業を運営している人すべてを対象としてクレジットカードになり、さらに用途によって2つに分類されます。

個人事業主や中小企業を対象に発行されるクレジットカードはビジネスカード、そして大企業を対象に発行されるクレジットカードはコーポレートカードとなります。法人カードとビジネスカードとコーポレートカードの総称です。したがって呼び方が異なるものの、総じて機能的には同じということを理解しておきましょう。

ビジネスカードには個人事業主向けと中小企業向けの2つがある

個人事業主向けのビジネスカードの特徴

個人事業主を対象としたビジネスカードの特徴は引き落とし先になる法人口座がないということでしょう。法人カードの類になりますが、決済は個人口座からになります。ランクは一般からプラチナまでありますが、事業内容や個人の利用範囲によってランクの選択は異なります。

また個人事業主を対象としたビジネスカードは個人カードと同じように現金の引き落としができる「キャッシング機能」の利用が可能です。そのため万が一現金が必要になった場合に大変便利です。個人事業主の場合は起業して間もなかったり、事業が不安定な時期を迎える時もあるでしょう。そのような場合にはキャッシング機能を利用して上手に乗り越えていきたいものです。

中小企業向けのビジネスカードの特徴

中小企業を対象としたビジネスカードは企業や法人の代表者がカードの名義人になるのが特徴です。平均的に20名~30名程度の中小企業を対象とし、数名の役員に対しても追加でビジネスカードを作るパターンがほとんどでしょう。ビジネスカードの発行上限数はおおむね社員数に該当する20名前後のところが多く、あらゆるビジネスシーンで幅広く利用されています。

ビジネスカードのランクは一般からプラチナまでありますが、法人の代表者や役員が利用することもあり、より保証の高いプラチナを選ぶことが多いようです。高級ホテルやレストランでの特別優待など、ワンランク上のサービスを得られることで人気があります。

ビジネスカードでおすすめはどこ?

楽天ゴールドカード

幅広く事業を展開する楽天グループが提供するのが楽天ゴールドカードです。中でもあらゆるビジネスシーンで役に立つ法人カード「楽天ビジネスカード」は年会費2,160円で申し込みができるリーズナブルなカードとして人気があります。「楽天ビジネスカード」は親カードである「楽天プレミアムカード」の子カードとして申し込みをすることが前提であるため、セットで利用する流れとなります。

楽天ビジネスカードは100円ごとに1ポイントが貯まるという高ポイント率を誇り、出張や外回りで利用するETCカードを複数枚発行してくれます。使い心地のよさ、特典の豊富さ、優待の充実度とビジネスを円滑にかつスムーズに行うためのサービスが充実しているのが特徴でしょう。

MUFGカード

MUFGの法人カードの大きな特徴は企業規模や目的によってビジネスカードが豊富に取り揃えてあることです。Visa、Mastercard、アメリカンエキスプレス、JCBとトップ国際ブランドと提携し、一般、ゴールド、ゴールドプレステージ、プラチナの4つのランクを提供しています。

個人事業主と中小企業を対象としたプラチナでは海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5,000円、ショッピング保険でも年間補償限度額が300万円と高い保証額を設定しているのも特徴でしょう。一般の場合でも航空予約サービスやETCカードの利用も可能です。キャッシュレスを目指し経理の業務軽減を図ることができる他、経費の支払いで効率的にポイントを貯めることもできます。

法人カードを利用するメリットを再チェック

「社員カード」が発行できる

法人カードと個人カードの違いは法人カードの場合「社員カード」の発行ができることです。これは個人カードの家族カードにあたるサービスです。法人カードの名義がある企業に勤める社員は社員カードを使うことできるため、車のガソリンや高速道路料金、出先での食事や出張での宿泊代、航空券や電車代などで幅広く利用することができます。

キャッシングが原則不可のため使い過ぎが防げる

個人カードでは現金が必要になった際にキャッシングの利用ができますが、法人カードの場合は個人事業主及び海外での利用を除いて原則的には利用が不可となっています。

法人カードを導入すると社員の給料の支払いや備品の購入、事業を継続するための資金調達として法人カードを多く利用しますが、法人カードをキャッシングで利用してしまうと会社の経営に思わぬ影響を与えることが考えられます。

会社の経営が不安定にならないように、さらには倒産という最悪の事態を避けるためにも法人カードにキャッシング機能を付帯させていないことが多くあります。

利用限度額が高い

法人カードは個人カードと比べて利用限度額が高いのが特徴です。法人カードの場合は利用限度額を最大で数百万円の単位まで設定していることがほとんどで、個人カードにはない利用額の幅の広さも企業としては魅力の一つでしょう。

また法人カードを長期間利用し支払い状況も良好でトラブルが見受けられない場合には、利用限度額をさらに高くできることもあります。法人カードは一般的に支払いを一回で済ませる(一回払い)のが原則です。個人カードのようにリボ払いやボーナス一括払いなどの支払いオプションは基本的にありません。

「会社決済型」と「個人決済型がある」

法人カードを導入するなら利用金額の決済がどのように行われるのかについても知っておきましょう。法人カードの場合は個人カードと異なり、個人口座から引き落としがある「個人決済型」と法人口座から利用金額の引き落としがある「会社決済型」とがあります。

一般的に個人事業主の場合は「個人決済型」、中小企業や大企業の場合は「会社決済型」を主な支払い形態としています。決済のかたちに違いがあることをあらためて認識し、ビジネスカードの導入を本格的に始めましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る