法人カードをポイント還元率含めお得に利用する方法とは?

法人カードをポイント還元率含めお得に利用する方法とは?

36view

2018.07.26

法人カードを持つ機会とメリット

大企業の法人が持つ

クレジットカードは、大きく分けて個人向けカードと法人カードに分かれます。個人向けカードとは、その名の通り実店舗やインターネットを含めて買い物をした時の支払いに使ったり、ATMからキャッシングをしたりする時に使用します。また、個人向けカードの中には、あらかじめ全ての支払いがリボ払いになり、色々な付帯サービスが受けられるリボ専用カードもあります。

一方で、法人カードとは、法人化している企業や団体がビジネス上での支払いで使用するカードです。法人カードは、会社名義や部署名義、経営者名義などで持てます。さらに、支払いの引き落とし口座も個人向けカードは個人の口座のみ指定できますが、法人カードなら法人名義の口座から引き落としが可能です。

また、法人カードは発行手続きを受ける時に事業内容や経営状態、企業の規模などの審査を受けます。その結果、十分な資金があり支払い能力があると認められた法人にのみ審査が下りて、法人カードが発行します。よって、資金が十分にある法人が持つことが前提のため、一部のカードを除いてほとんどの支払方法が一括払いのみになっています。

法人カードを利用すると、事業で必要な経費の支払いをカードでできるようになるほか、資金の流れも利用明細から把握できますので、使途不明金が発生するのもあらかじめ防げます。また、カードの引き落とし先を法人名義の口座にまとめられるので、帳簿付けも楽になり、税務面でも財務面でも処理が楽になるメリットもあります。

中小企業の法人が持つ

法人カードを持つのは、大企業だけでなく中小企業も持ちます。特に、銀行からの融資が受けられずに資金繰りを改善するために、中小企業名義で法人カードを持つことも少なくありません。さらに、法人カードを持てば、事業で使う支払いを全て法人カードで決済できるので、ビジネス上での支払いを全てまとめて、財務処理を簡略にできるメリットもあります。

個人事業主や自営業者が持つ

法人カードは、法人、という名前がついていますが、個人事業主や自営業者が発行できるものもあります。個人事業主や自営業者が、事業での支払いとプライベートでの支払いを分けるために、法人カードを持つことも少なくありません。また、個人事業主や自営業者でも、法人カードなら屋号やお店の名前名義の口座からの引き落としが可能などのメリットもあります。

法人カードの選び方

企業や事業の規模に応じて発行できるカードを選ぶ

法人カードの中には、キャッシング枠が大きく利用できる代わりに審査が厳しく、資金が十分にある大企業向けのカードから、キャッシング枠が少ない代わりに審査も比較的通りやすい中小企業向けのカードまであります。さらに、個人事業主や自営業者でも発行できる法人カードもあります。

企業や事業の規模に応じて発行できる法人カードを選べば、「なかなか審査が通らない」ということも回避できます。なお、借入額が多い法人カードの場合、カードの審査が下りるのにも時間がかかりますので、発行は余裕を持って行うようにしましょう。

事業にメリットが大きい付帯サービスを選ぶ

クレジットカードには、法人カードも含めてそのカードそれぞれで付帯しているサービスが異なります。事業に関連した付帯サービスのある法人カードを選べば、事業面でも多くのメリットを受けられます。例えば、カーシェアリングのサービスやガソリン代を安く利用できる法人カードなら、外回りなどで車を多く利用する法人の支払いをその法人カードで行えば、経費面でもお得になります。

ポイントがつく法人カードを選ぶ

クレジットカードで支払うと、利用金額に応じてポイントが付帯されるものがほとんどです。貯まったポイントは現金ポイントなどのほかのポイントに変換したり、商品に交換したりできます。事業では高額の支払いになることが多いので、その分だけポイントも多くつきます。

よって、還元ポイントがつく法人カードを選ぶのはもちろん、ポイント還元率の高さや、利用状況によってポイント還元率が高くなる法人カードを選ぶと、より有益に法人カードを使用できます。

ポイント還元率をよりお得に得られる法人カードの選び方

ポイント還元率の高さで選ぶ

色々な法人カードがありますが、ポイント還元率はだいたい0.5%のものが多くなっています。一方で、通常の利用でも1%のポイント還元率を誇る法人カードもあるので、普通の状態からポイント還元率の高い法人カードを選ぶのも有効です。

ただし、ポイント還元率が高い代わりに年会費や入会費がかかる、ほかの付帯サービスが少ない法人カードもありますので、ポイント還元率の高さだけでなく、総合的な機能で法人カードを選ぶようにしましょう。

ポイント還元率が上がるカードを選ぶ

通常のポイント還元率が0.5%でも、利用状況によって1%や2%になるなど、ポイント還元率の上がるプログラムやサービスのある法人カードもあります。

例えば、利用金額ごとに〇%ポイントアップや、特定のサービスを複数同時利用するとポイントアップ、年間の利用状況を総合して、翌年のポイント還元率がアップする、などです。

事業の経費で良く使うサービスなどを、ポイント還元率の上がるサービスやプログラムなどに限定すれば、効率よく法人カードでも付帯ポイントを貯められるようになります。

キャンペーンの有無で選ぶ

通常のポイント還元率が、決められた期間内に使用するといつもよりも高いポイントが付く、または特定の条件を満たすと同じくポイント還元率が上がるなどの、限定キャンペーンを多く行っている法人カードを利用すると、高いポイントを得られる機会も多くなります。

ポイントの交換先で選ぶ

付帯されるポイント還元率が高くても、交換できるポイント先が少ないとあまりメリットがありません。付帯されるポイントの交換先が豊富なところや、事業にも関係あるポイント交換先が選べることも、ポイントをお得に得られる法人カード選びには重要です。

さらに、せっかく多くのポイントを得られても、交換先によってはポイント還元率が低く、結果的にポイント還元率が下がってしまうことがあります。交換先によってポイント還元率が極端に低くならないことも法人カードを選ぶポイントです。

ポイントの有効期限で選ぶ

付帯するポイントの還元率が高くても、ポイントの有効期限が短い場合、せっかく貯めたポイントも使う前に失効してしまうことがあります。法人カードの場合、付帯するポイントも高いため、ポイントの有効期限が長いものや、利用していれば有効期限を延長できるものなどを選ぶと、せっかく貯めたポイントも無駄にならずに済みます。

ポイント還元率の高さを活かせる法人カードを選ぼう

法人カードを発行する機会や、法人カードを選ぶポイント、ポイント還元率を含めて有効にポイントを貯められる法人カードの選び方をご紹介しました。ここでポイントをまとめておきます。

  • 法人カードを発行するのは、大企業だけでなく中小企業や、個人事業主や自営業者でも発行が可能なカードもある。よって、事業や企業の規模や資金によってふさわしい法人カードを選ぶのが重要。
  • 法人カードを発行すると、事業の支払いを簡単にまとめられるので、帳簿付けを始めとした税務や財務処理が楽になる、資金の流れが明確になるなどのメリットがある。
  • 法人カードは事業の経費の支払いに使えるので、付帯しているサービスが事業に関係のあるものや、ポイント還元率が高いもので選ぶとより有効に法人カードを利用できる。
  • ポイント還元率の高い法人カードのほかにも、付帯ポイントの交換先やポイントがアップするサービスやプログラムの有無、ポイントの有効期限でも法人カードを選ぶと良い。

これらを踏まえて、経費の支払いでたまった法人カードのポイントを有効活用してください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る