法人カードは連帯保証人がいなくても発行してもらえるの?

法人カードは連帯保証人がいなくても発行してもらえるの?

79view

2018.07.25

法人カードの保証人について

法人カードの保証人には誰がなるのか

一般的に法人カードを発行する際に必要となるのが、連帯保証人です。連帯保証人になると、会社の支払い能力がなくなった場合、会社に代わって個人(連帯保証人)が支払わなければなりません。実は法人カードを発行する際、会員規約や同意書にチェックを入れますが、これらの文章の中に、カードに生じた一切の債務を連帯して責任を負う内容の文言が書かれています。

これはチェックを入れて確認ボタンを押下すると、同意したことになります。これは法人カードを申し込んだ会社の代表者が連帯保証人になることを意味します。会社により役員などが連帯保証人になることもありますが、この場合、会社の代表者ではなく、該当の役員に支払い義務が生じてしまいます。この点は十分に注意しましょう。

個人の信用に影響する

もともと法人カードを作る際、重要視されるのは、会社の売上や利益というよりも、会社の代表者の金融関係の信用度です。以前にブラックリストに掲載されるような金融事故を起こしていると法人カードは作れません。

法人カードを作れたとしても、会社の未払いにより、支払い義務が会社の代表者に移った時に、もし支払えない場合、同様に事故扱いとなってしまいます。こうなると、個人でローンを組みたくても組むことが難しくなります。

個人宛に請求が来る

会社が事実上倒産した時などで、個人に支払い義務が生じてしまった場合、一体どうすれば良いのでしょうか。このような時は、弁護士に相談することが大事です。債務の分割払いや減額など、前向きな相談ができる可能性があります。

また社員に追加カードを発行している場合、該当社員に支払いを催促する手紙が届く可能性もありますが、基本的に連帯保証人でなければ支払い義務は発生しません。

法人カードローンのメリット・デメリット

法人カードローンとは

法人カードローンとは、法人向けに事業性資金として資金を借入れできるサービスを指しています。法人カードと違い、連帯保証人を必要としないため、一定の需要があるため、今回ご紹介したいと思います。法人カードローンのメリットとデメリットに分けてみていきましょう。

メリット

一つ目は、「無担保・無保証人」です。銀行などでは一般的に、融資やローンを組む際には必ず必要となりますが、法人カードローンでは一切不要です。審査が心配な方にとっては大きな魅力のあるサービスといえます。ただ最初の契約時に、代表者が連帯保証人になる必要があるクレジットカード会社もあるので、事前に確認するようにしましょう。

二つ目は、「最短即日で借入できる」ことです。上述のように審査項目が少ないため、機械による自動判定で行う場合が多いです。申込んだ当日に資金調達できる可能性がありますので、急いでいる方には魅力的なサービスです。

三つ目は、「総量規制の対象外である」ことです。個人が借り入れできる融資上限は、年収の3分の1までと決められている法律があります。これを一般的に総量規制と呼んでいます。法人カードローンは、個人ではなく法人ですので、規制の対象外になります。とはいえ個人で借り入れ上限額に達している場合、金融機関の審査によりますが、融資額が小さくなる可能性も考慮しておきましょう。

四つ目は、資金の借り入れなので「現金調達できる」ことです。法人カードはあくまでクレジットカードであり、現金ではありません。法人は現金による銀行振込が多いですので、クレジットカードで支払いができない場合など、現金の必要に迫られている時にピッタリです。

デメリット

法人カードローンはメリットだらけのように感じますが、マイナス面もしっかり把握することが重要です。次にデメリットをみていきましょう。

一つ目は、「高金利」であることです。無担保・無保証人のため、当然金融機関はハイリスクのサービスの位置づけをします。初めての借入時やローン総額が少ない申込みの場合、ローン金利は最大19%前後となる可能性があります。ローン総額が高ければ、数%から借りられる場合もあります。

二つ目は、「限度額の低さ」です。やはり無担保・無保証人のため、銀行などのような大きな限度額設定は望めません。一般的に1,000万円程度上限といわれています。個人の信用が低ければ、数百万円単位の可能性もあります。

三つ目は、「返済サイクルが短い」ことです。1回払いを利用すると、30日前後となり、リボルビング払いの場合で毎月一定額での支払いとなります。銀行のように数ヵ月先、半年先などのような猶予はありません。 支払いに余裕が見込めない場合は、リボルビング払いにして、毎月の支払金額を低めに設定してもらうように相談することになるでしょう。

四つ目は、「書類不備という理由で融資不可」になることもあります。先述の通り法人カードローンの審査は、機会による自動判定です。このため、記入内容が不足している場合や誤記入などにより、審査通過条件を満たせなくなり、融資不可との判断になる可能性があります。

申込書に記入する際は、注意深く行うことが大切です。上記のようなデメリットは、借りる側にとっても、かなりハイリスクといえそうです。他に類似サービスとして、法人カードが挙げられます。それでは早速、法人カードのメリット・デメリットを確認していきましょう。

法人カードのメリット・デメリット

メリット

一つ目は、利用限度額に幅を大きく持たせているため、希望額の満額を借りられるかは分かりませんが、多少金額が小さくても審査が通る可能性が高いことです。前もって支払い実績があれば、借りられる額も大きくなる可能性があります。

クレジットカード会社やゴールド、プラチナなどのカードランクによって変わりますが、限度額は10万円~最大1,000万円と幅が大きいのが特徴です。稀にキャッシング枠が設定できるタイプもあるようです。

二つ目は、引き落としまでの猶予が最長64日あることです。法人カードローンの場合、30日前後が平均であることに比べて、法人カードは猶予期間が長いです。毎月の支払いとなると厳しいですが、50日以上あると精神的にも楽になります。

三つ目は、「ポイント獲得でお得になる」点です。法人のクレジットカードではポイントが貯まるタイプのカードが存在します。個人でクレジットカードのポイントを利用されている方ならご存知だと思いますが、年間数万円以上に相当するポイントを獲得することはよくある話です。 年会費が掛かってもすぐに元は取れてしまいます。節約の意味でも積極的に利用していきましょう。

四つ目は、「付帯サービス」の存在です。ETCカードの発行や、福利厚生サービス、出張時のアシスタントサービス、保険関係など様々なサービスが付属してきます。特に空港ラウンジを利用できる点は社員にも人気があるようです。

デメリット

やはりリボルビング払いなどでは、15%という高金利となります。金額によっては安くつく場合もありますが、金額が大きくなればなるほど、比較的高い手数料といえるでしょう。

会社の代表者の連帯保証人が必要ない法人カードはあるの?

法人カードローンと法人カードのメリットとデメリットを見てきましたが、一長一短があることが分かりました。ひとつ気になるのが、法人カードを利用したい場合に保証人を会社の代表者で設定することが必要とのことでしたが、それでは審査が通らないケースも考えられます。

そんな時でも保証人不要で法人カードを持てる会社があるのでしょうか。答えとしては複数のクレジットカード会社で存在します。連帯保証人が不要なので、リスクヘッジの一つとして持っておきたいカードです。キャッシング枠がある場合もありますが、金額は数十万円程度と低い額です。

上述の通り、クレジットカードを持とうとすると、連帯保証人が必要であるケースは多いことが分かりました。しかし、保証人なしでも借りられるケースも多々あることが分かりましたので、ご自身にあったサービスをしっかりと事前にリサーチして、準備にあたりましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る