審査がゆるい?法人カードより楽天ゴールドカードがおすすめ!

審査がゆるい?法人カードより楽天ゴールドカードがおすすめ!

36view

2018.07.25

法人カードを作るなら審査を通過するために必要なものを揃えよう

必要書類を用意する

一般カードと異なり、法人カードを作るには必要書類をそろえなければなりません。運転免許証や運転経歴証明書、パスポートなど本人確認書類は法人代表者本人の確認書類となるので、法人の本人確認書類として「現在事項全部証明書」「履歴事項全部証明書」が必要になります。この2点は原本ではなくコピーでも大丈夫です。

申込する法人代表者の本人確認書類として顔写真無しの健康保険証などを使用した場合、補完書類として納税証明書・社会保険料または公共料金の領収書が必要になります。この3つの補完書類は発行後、半年の有効期限となっています。法人カードの作成を検討しているなら、このような有効期限などにも注意して事前に用意しておくと安心でしょう。

カード利用料金を引き落とす口座

法人名義でクレジットカードを作るわけですから、もちろん銀行口座も法人名義でなければいけません。法人口座をお持ちでない場合、新規で開設していただかなくてはいけません。地方銀行・都市銀行は窓口で開設申し込みができるので安心ですが、開設までに1週間から2週間かかります。お急ぎであれば短時間で開設可能なネットバンクがおすすめです。

しかし、ネットバンクは引き落しや融資など取引においてデメリットも多くあります。そのため、法人カードを作るなら最初はネットバンクを登録し、法人カードが届いてから地方銀行や都市銀行の法人口座を登録するのがベストでしょう。

連帯保証人も必要

一般カードでは不要な連帯保証人ですが、法人カードは利用額が大きいので利用料金を支払えない状況になってしまった場合、連帯保証人へ請求がいきます。負担が大きいので誰かに気軽に頼めるものではありません。

でも法人カードの連帯保証人は法人代表者、または代表者以外の法人関係者でも連帯保証人としてたてることができるのです。これは法人のみの特権で、個人事業主は連帯保証人を本人にすることはできませんのでご注意ください。

法人印

個人事業主は法人印を持っていないので関係はありませんが、法人の場合、法人印の捺印が必要になります。その際に使用する法人印は上記でご説明した必要書類で使用している印鑑と同じものでなければなりません。異なるものを使用してしまうと審査に落ちてしまいますので注意しましょう。

赤字決算でも返済能力あり?法人カードの審査は何を見ている?

法人代表者の信用情報をチェック

法人カードの審査では、契約者である法人代表者の信用情報をチェックしています。これは一般カードでも同じで過去の支払遅延はもちろん、年収に対して適正な借入額であるのかなど本人のお金の使い方を審査しています。

ついうっかり…という返済遅延であっても、年に2回以上あると信用度は低くなります。また、年収に対する借入額ですが、貸金業法の総量規制により年収の3分の1を超える融資は禁じられています。そのため、法人カード申し込み時点で借入額が年収の3分の1を超えている場合、返済能力が低いと判断されて審査落ちの可能性が高くなってしまうのです。

複数から借入をしている場合、借入総額が年収の3分の1以上にならないように注意しましょう。個人の信用情報は「CIC」に手数料を払って開示請求をすればチェックできますので、少しでも不安があるならお申込み前に確認しておくと安心です。

法人(会社)の信用情報

法人代表者に返済能力があっても、法人の信用情報に傷があると法人カードの審査には通らない可能性があります。法人の信用情報は個人とは違って、帝国データバンク・東京商工リサーチに収集されています。これまでの業績はもちろん、株主構成や借入状況、従業員数、取引先の情報などあらゆる情報が収集されています。

こうした情報を基に「返済能力」を審査しています。しかし、帝国データバンクへ信用情報の開示を求めるには有料になるため、帝国データバンクに法人情報が載っているということは法人としての評価も高いと判断するケースもあります。

赤字決算の理由が節税ならOK

赤字はネガティブなイメージがありますが、法人カードの審査に赤字決算は思っているほど影響はありません。重視しているのは「赤字になった理由」です。印象の良い赤字に節税があげられます。利益をごまかすのではなく、経費や控除をうまく利用して節税した結果での赤字は多額の負債をかかえているわけではないので、赤字決算であっても会社がつぶれかかっているとはなりません。

法人カード申込時に決算書の提出を求められることもないので、申し込み時には誰も本当の利益はわからないのです。でも、いくら審査に通りたいからといってウソの利益を書いた場合、疑われた際に決算書など利益がわかる書類提出を求められ、審査落ちになる可能性もありますので基本的にはウソは書かないようにしましょう。

法人カードの審査がゆるいかどうかは本人と法人(会社)次第?

法人カードの審査についてご説明してきました。審査がゆるいかどうかは契約する法人代表者本人や法人(会社)の信用情報にもよりますが、法人設立の年数なども審査項目に入っています。設立1年未満で赤字決算…マイナス要素だらけでも、法人カードの審査に通過する方法があります。

それは法人カードを契約する法人代表者自身がゴールドカードを所有しておくことです。年会費無料の一般カードが普及していますが、ゴールドカードは年会費が必要になります。審査においても一般カードより厳しい印象があるため、所有しているだけである程度のステータスが保たれている証明にもなるのです。

また、ゴールドカードを発行しているカード会社は、法人カード(ビジネスカード)を発行していることも多く、ステップアップがしやすいのも特長です。クレジットカードを使うわけですから、せっかく所有するならポイントが貯まる「楽天ゴールドカード」がおすすめです!

審査がゆるい?法人カードを作るより楽天ゴールドカード!

法人カードのように使える楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは楽天市場から会社に必要なものを購入できますし、街中でのお買い物や経費のお支払いでもどんどん楽天スーパーポイントが貯まるので高い人気を得ています。定期的に開催されるキャンペーン期間中に使用すれば、通常よりもポイント還元率も高くなるので楽天市場ヘビーユーザーには本当におすすめです。

さらに楽天ゴールドカードは通常年会費540円(税込)がかかる楽天ETCカードが、永年無料でご利用いただけます。楽天カードをお持ちでなくても楽天ゴールドカードへのお申込みは可能です。年会費2,160円(税込)がかかりますが、ポイント還元率を考えるとかなりお得といえるでしょう。

会員ランクによって受けられる利用特典はもちろん、国内主要空港ラウンジ無料、海外旅行損害補償保険も付帯しています。年会費540円(税込)で家族カードも発行可能などうれしい特典が受けられるのです。将来的に法人カードを作りたいなら、まずは楽天ゴールドカードで利用実績を作るのもおすすめです。

審査がゆるい?楽天ゴールドカードでワンランクアップ!

こんなにたくさんの特典が受けられて年会費2,160円(税込)のゴールドカードと聞くと、お得なだけに審査は厳しいのでは?と思う方も多くいらっしゃるでしょう。ご安心ください。楽天カードは専業主婦や学生であってもお申込み可能なクレジットカードで、よほどのことがなければ審査落ちにはなりません。申し込み時の入力フォームに正しい情報を入力していただければ審査通過できます。

楽天ゴールドカードも一般カードと同様に審査はゆるいのですが、20歳以上の安定した収入というのが申し込み条件となっています。そのため、収入のない専業主婦や学生さんはむずかしいかもしれません。

しかし、楽天ゴールドカードは他社のゴールドカードと比べてもゴールドカード初心者にとって持ちやすいというメリットがあります。法人カードの作成をご検討中なら、まずは年会費2,160円(税込)の楽天ゴールドカードでワンランク上のステータスを手に入れましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る