これが法人カードのメリット&デメリット!上手な活用の仕方

これが法人カードのメリット&デメリット!上手な活用の仕方

36view

2018.07.26

法人カードのメリット

持つだけで得られるメリット

法人カードを所有できるのは個人事業主や中小を含めた企業の経営者ですが、家族経営の事業者や副業で利益を得ているサラリーマンも持つことができます。法人カードは色々なメリットがありますが、使わなくても価値があります。例えば法人カードには付帯サービスがついており、旅行傷害保険が自動的に適用されます。

個人事業主などで法人カードを使わない場合でも、所有するだけで万一のケガや事故がカバーできます。また光熱水費などの固定費を法人カードの口座引き落としにしておけば自動的にポイントが貯まって、色々な景品と交換できたり、サービスを受けることができます。

複数枚発行できるメリット

法人カードの最大の効果は経理事務が簡素化できることです。会社で使う消耗品、交通費、ガソリン代、接待費用などは経費で落とせますが、法人カードなら法人口座で一括引き落としされるので経費の仕訳が楽になります。

しかも経営者だけでなく従業員向けに複数枚発行できるので、従業員も自腹を切ったり立て替えたりする必要がなくなり、経費の計上に必要な事務手続きが不要になります。法人口座の明細を見れば誰が、いつ、何を購入したかが一目瞭然なので、コスト削減に応用できます。

用途に特化したメリット

法人カードを持つことでステータスを手に入れることができますが、それに伴って色々な付帯サービスがあります。先に述べた旅行傷害保険なども一例ですが、その他にも法人カードならではの用途に特化したサービスがあるのです。そのサービスについて見ていきましょう。

ETCカードの発行

多くの法人カードに申し込むと、付帯サービスとしてETCカードが発行されます。会費などは永年無料の場合が多いので、法人カードを作った時はETCカードに申し込んだ方がお得です。ETCカードは高速道路や有料道路を使う時に便利ですが、外回りの営業が多い企業などは経費の一元化に役立つのでとても便利です。しかもポイントが貯まるというメリットがあります。

ガソリンカードとしての用途

ETCカードとセットで持っておきたいのがガソリンカードです。ガソリンを入れる時に法人カードを使用すればガソリン代は経費として法人口座から引き落とされますし、経費の仕訳が簡単になって経理の仕事が簡素化されます。法人カードでガソリンを利用すれば割引価格が適用されたりキャッシュバックがあったりなど、お得なサービスを受けられます。

ラウンジカードとしての用途

法人カードを所有して最もステータスを感じられるのが空港のラウンジを無料で利用できることです。ほとんどの法人カードは国内空港のラウンジを無料利用できます。飛行機を使った出張が多い企業にとって、ラウンジサービスはとてもお得です。備え付けのドリンクを無料で飲めるだけでなく、充電やWi-Fiサービスなども受けられます。海外の空港ラウンジも利用できる法人カードもあります。

法人カードのデメリット

年会費が必要になる

法人カードには経理事務の簡素化と経費削減という大きなメリットがありますが、実はデメリットもいくつかあります。一般的な個人カードには年会費が無料のものが多いですが、法人カードは有料で年会費が必要になります。安いものでは年間1,000円から2,000円程度、高くても年間10,000円ぐらい。

ただし、これらの年会費は経費として落とすことができます。法人カードのメリットに比べれば必要なコストともいえます。多くの法人カードでは初年度が無料などのサービスがありますし、使えば使っただけ年会費以上のメリットを受けられます。

ポイントの還元率が良くない

法人カードのメリットの1つにポイントが貯まるということがあります。ただし一般の個人カードに比べるとポイントの還元率がイマイチです。その理由は法人カードの目的はポイントを貯めるということではなく、経理事務の簡素化や経費削減だからです。

いわばポイントは副次的なメリットといえます。とはいえ会社の経費専用として使う法人カードは金額も大きいので、ポイントが貯まるのも早いという特徴があります。その点を踏まえればポイントの還元率はそれほど問題になりません。

社内ルールを徹底する必要がある

法人カードを有効に活用するには従業員にも持たせることが必要です。ただし法人カードを利用するに当たっての社内ルールを決めておくことが大事になります。私的なものまで法人カードを利用すると、あとで経費の仕訳が大変になってしまいます。

法人カードで支払えるものや、支払える金額の上限、利用した時の事後報告などのルールを決めておけば、従業員も安心して利用できます。ルール作りの手間を考えれば、デメリットといえるかもしれません。

上手な法人カードの選び方

キャッシング機能つきのカード

法人カードはショッピングに対応しており、キャッシングも可能なカードは数が少ないです。なぜかというと、ビジネスにおける資金調達は銀行融資が基本だからです。しかし緊急のつなぎ融資が必要なこともありますので、万一の時のためにはキャッシング可能な法人カードを選んでおくと安心です。

リボ払いができるカード

法人カードの基本は一括払いです。しかし実際にビジネスの現場にいると、支払をあとにして資金繰りを改善したいケースが出てきます。そのような時はリボ払いできると便利です。リボ払いなら毎月一定の金額を支払うことになるので、一括支払いをしなくてすみます。法人カードの中にはリボ払い可能なものがあるので、そのようなカードを選ぶと便利です。

キャッシング機能がある法人カードはこれ

楽天ゴールドカード

ネットショップ大手の楽天が発行しているカードで、楽天市場でショッピングするとポイントがたくさんもらえます。年会費は2,160円(税込)と安くなっており、無料のETCカードや家族カードもあります。国内の主要空港のラウンジが無料になるなどゴールドカードならではのステータスがあります。

キャッシングも利用できるようになっており、入会し時に自動的に50万円までの融資枠が設定されています。また入会してから6ヶ月経過すればキャッシング枠の増枠を申請できます。分割払いとリボ払いも選択できるようになっています。

MUFGカード

三菱UFJニコスが発行しているカードです。年会費は1,905円(税別)とリーズナブルで、しかも初年度は無料になっています。海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険、国内渡航便遅延保険などの付帯サービスがついています。

キャッシングも可能で入会時には自動的に50万円の限度額が決められています。ただし利用実績によって再審査を受ければキャッシング枠の増額もできます。また「楽Pay」というリボ払いも利用できるので、資金繰りの調整がしやすくなっています。

dカードGOLD

モバイル大手のドコモが発行しているカードです。ドコモの携帯やスマホを使っている人にはおすすめで、dポイントがたくさん貯まります。ドコモ光を使っているとさらにポイントが増えます。年会費は10,000円(税別)ですが、ポイント獲得で充分ペイできます。

また、申し込み時にキャッシング枠も同時に付帯させることができます。年率は18パーセントで利用可能枠は5万円から90万円と幅広いので、緊急時に助かります。またリボ払いも可能になっており、「こえたらリボ」「あとからリボ」など支払い方法を選べるようになっています。

セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

クレディセゾンが発行しているカードです。年会費が10,000円(税別)でアメックスならではのステータスがあります。付帯サービスが充実しており、ETCカードやファミリーカードも発行されます。

また、20歳以上ならキャッシングの申込ができます。アメックスはもともとキャッシングサービスがないので、アメックスでキャッシング機能を使いたい人にはおすすめです。定額リボ払いができるので、資金繰りに合わせて利用すると便利です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る